CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山が好きだから、初詣は日光東照宮の横の二荒山神社へ

090105_1.jpgどうゆうわけか、初詣といえば雪がちらほら見える参道を真っ白な息を撒き散らしながら「ほら、そこの氷で滑らないようにね」などと寒さで凍えた口でモゴモゴ言いつつ、おお寒い、とマフラーを巻き直し歩く光景に憧れてしまう。

自分の中で今までこうした欲求を満足させてくれていたのが神奈川の大山阿不利神社、青梅の御岳神社、高尾山薬王院などなど山岳の寺社。どこもかしこもイイ感じに凍えている。今年も地元の氏神様には詣でるとして、凍え具合を満足させることができる場所はないものか・・・と思案した結果、日光へ。

090105_2.jpg日光の寺社といえば誰もが詣でるのが日光東照宮。しかしである。山好きとしては東照宮横に細く参道を分ける二荒山神社しかない。なんといっても奥宮を男体山山頂に、中宮祠をキャンプでお世話になる中禅寺湖畔に持つ神社の、その御本社がここ。

案の定、東照宮に比べて格段に空いている。由緒歴史を知れば、先に詣でるのはこちらではないのか、と思う。もったいない。もともと神社は社殿など持たず、儀式の際に神を降ろして祭祀を執り行う場所らしいが、ここ二荒山神社にはなんとなくその原初の面影が漂ってさえいるように感じた。

さて、初詣を終えたらお土産。日光といえば湯葉が有名だけれど、隠れた逸品が塩羊羹。日光には吉田屋羊羹本舗など美味しい羊羹屋が多くあり、中でも個人的に美味しいと思うのは国道119号をはさんで斜め前の「三ッ山羊羹本舗」。

090105_3.jpg場所は国道119号線の日光東照宮・神橋の数十メートル手前左側。水羊羹が最高との声も多いのだけれど、ここの絶品は塩羊羹。一本1500円と1000円のものがあり、小豆の旨味が思いっきり味わえるのが1000円のもの。1500円の塩羊羹は小豆の旨味が最高度に濃縮されており、抹茶あるいは上質のお茶にぴったり。※写真はモノクロモード撮影

マグロでたとえれば・・・一般の羊羹は冷凍もののメバチマグロ。それに対して三ッ山羊羹本舗の塩羊羹(1000円)は、本マグロの、それも冷凍していない生の刺身のこってりとした旨さだ。とにかく、ぜんぜん違う。ここの塩羊羹を食べると、今まで食べていた羊羹って何?と思ってしまうほどのインパクトがある。

祈りは心の滋養。羊羹は体の滋養。ネスカフェではないけれど、この味の差は、きっと誰でも実感できるはずです。

三ッ山羊羹本舗
日光市中鉢石町914
TEL0288-54-0068


◆日光アウトドア関連リンク◆
やっぱり気持ちいい【奥日光・菖蒲ヶ浜キャンプ場
奥日光 菖蒲ヶ浜キャンプ場

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

                                               
Comment

さすが


二荒山神社とは
確かに、こっちが本家ですね

塩羊羹ですか 
こだわりますね
  • 2009/01/05(月) 20:51:49 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


東照宮の正面の入場料販売窓口裏に二荒山神社へと続く参道がひっそりと隠れていて、大半の方は東照宮へ・・・

ここに初詣して、後ほど機会をうかがって、男体山の奥宮へ(^^

ここの塩羊羹、おいしいですよ~♪
オススメは1000円のほうです(^^
  • 2009/01/05(月) 21:55:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


二荒山神社はいいね 日光の一番ポイントじゃないかな(実は仕事で取材しました)宮司さんから聞いた話だと 男体山は二荒山神社の山らしいです。
  • 2009/01/06(火) 11:33:26 |
  • shin|URL
  • [編集]

★SHINさん★


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

> 実は仕事で取材しました

いろんなところに出没してますね!
次は伊勢神宮とか(笑)

>宮司さんから聞いた話だと 男体山は二荒山神社の山らしいです。

へ~~そうだったんですか!?
ということは、浅間神社の私有地である富士山八合目以上と同じですね。

明治時代くらいまで、日本の土地の多くは寺社の所有だったということは知っていますが、山もそうだったんですね!
  • 2009/01/07(水) 14:26:53 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示