CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

雪中キャンプへの憧憬

081227_01.jpg今日から休暇という方も多いのだろう。

すでにキャンプにでかけてしまった人もいるはず。二年前までのボクがまさにそうで、その年最後の仕事が終わるとアイスバイル2本をピッケルホルダーに装着したザックを背負い、新宿駅から特急の『あずさ』あるいは『かいじ』に胸躍らせながら乗り込んだもの。

冬に大好きなキャンプサイトは、やっぱり八ヶ岳エリア。たとえば赤岳鉱泉小屋のテント場とか、その奥の地蔵小屋テント場がとてもアプローチしやすいうえに、シーズン初期の冬山への体慣らしにぴったり。それに万が一のことがあっても赤岳鉱泉小屋にエスケープできる。さらに、大同心・小同心などのアイスクライミングの人気ルートもすぐ近く。

ボクは赤岳鉱泉のテント場で雪洞に寝起きすることが多かった。静かだし、ロウソク一本でとても暖かいし、なにより洞内に満ちる青い光がとても美しいのだ。光が雪面を透過するとこんなにも青く輝くものなのか、と感動すら覚える。こんな幻想的で快適なキャンプ体験がしたくて、冬は必ずスノースコップを携える。

以前の八方尾根の記事で、テントの周囲にスノーブロックを積み上げて激しい風雪から居住エリアを守っている画像をご紹介したけれど、雪は脅威であると同時に、身を守るアイテムとしてとてもありがたかった。無積雪時のキャンプと積雪時のキャンプでは、装備も楽しみ方も全く違うし、世界も別世界。

もしも無風であれば、スノートレックの野営場所として、雪面に洋式バスタブのような穴を掘り、上にスキー板を並べ小型携帯タープを被せれば、極上の居住空間ができあがる。下にはマットを敷き、可能であればビビィが快適。ビビィでなければシュラフにシュラフカバー。足元はザックに突っ込めば暖かい。

顔部分はタープをどけておくと・・・夜中、青く染まった一面の雪景色の中、あっちにもこっちにも、小動物がさかんに歩き回っているのを見ることができる。できれば月の明るい夜、島々谷のような静かな雪の谷で、こっそりと楽しんでみたい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新の雪山ギアは、こちらへ


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


今シーズンは準備不足で雪中キャンプは無理そうです。
憧れるんですけどね~
そもそも雪中キャンプできる場所を知らないです(^^ゞ
  • 2008/12/27(土) 12:11:24 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★横道さん★


雪を求めると・・・西は信州方面とか、北は栃木以北の山のテント場や通年キャンプ場が多いのでは、と思います。

ボクは、おもに山のテント場ばかりになってしまっています(^^;;
  • 2008/12/27(土) 15:31:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れさまです!

自分達も雪上キャンプ来年こそはやってみたいと思ってます!

しかしながら・・山は無理っす(汗)
そしてメンバー誰も冬タイヤを持っていないので、出来れば栃木あたりでノーマルタイヤでも行けるスノーキャンプ場でお勧めがあれば教えて下さい(笑)

スイマセン甘えて。
  • 2008/12/29(月) 19:32:37 |
  • 91|URL
  • [編集]

★91さん★


>栃木あたりでノーマルタイヤでも行けるスノーキャンプ場

こればかりは、よくわからないです(^^;;
冬でも営業している、国道あるいは県道沿いのキャンプ場なら除雪されているので、安心だと思うのですが、しかし、自信がありません(^^;;

このシーズンであれば福島の猪苗代湖のキャンプ場が、スノーキャンプ楽しめるのでオススメですけれど、タイヤチェーンは必携です。カンジキも無料で借りられますし、クロスカントリースキーやスノーモービルのレンタルもあるので、スノーキャンプがおもいっきり楽しめるんですけれど・・・

ボクは軽合金の音が静かで乗り心地がいいサイルチェーンを、プラスチックのソリとともに、後ろに放り込んでます♪
  • 2008/12/29(月) 22:43:37 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示