CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

プラスチックを分解するバクテリアを特定した救世主な高校生

081217.jpg近頃の若者は?

最近の若い者は・・・という言葉はいつの時代にも聞かれたようで、江戸時代の文献にも若者の所業を嘆く言葉が散見できる。が、しかし、これは嘆くのとは正反対で「近頃の若者はなんとも素晴らしい」というニュアンスで話したくなるような、まさに偉業を成し遂げた若者。カナダのオンタリオ州ウォータールー市に住む高校2年生(16歳)のダニエル(Daniel Burd)君だ。

この画像は海に廃棄されていたミニバイク。全て朽ちてボロボロだけれど、プラスチック部分だけはきれいに残っている。プラスチックは朽ちる(自然分解する)ことがないために環境ダメージが大きいといわれてきた所以(ゆえん)なのだけれど・・・厳密には数千年という気の遠くなるような歳月をかければ自然分解する。

ダニエル君はこれに着目した。つまり自然分解には1000年という歳月が必要ではあるけれど、最終的には分解される・・・ということは、プラスチックを分解しているのはバクテリアなのではないのか、と考えたのだ。うん、まさしく正しい仮説。

そこでダニエル君は、土にイースト菌と水を加え、そこにプラスチックバッグを粉末にして投入し温度を30度Cにした。すると自然界に放置した場合よりも早くプラスチックの分解が認められた。

そこで彼は温度や条件などを変えて、さらに実験を繰り返す。その結果、彼はプラスチックを分解するバクテリアの正体を突き止めてしまったのだ。この研究に要した期間は・・・なんと、たったの3ヶ月!! ブラボーです。彼が特定したバクテリアの種類は2種。ひとつは緑膿菌属で、もうひとつはスフィンゴモナス属。

これらのバクテリアはプラスチックを食べて発熱し、排出するのは水と少しの二酸化炭素だけ。実に素晴らしい偉業だ。人類がもっとも手こずるだろうとされていた廃プラスチック問題だけに、マスコミはもっともっと大きく取り上げて拍手喝采してもいいだろうに。なぜかマスコミは横並びで同じような事柄しか報道しない。誰かに動かされてでもいるのだろうか。

ともあれ、人類が抱える廃プラスチック問題に解決の風穴をあけた高校二年の少年ダニエル君の偉業ではあるけれど、分解させる一方で相変わらずどんどん作り続けていたのでは化石資源の消費は変わらない。2008年は実際の燃料不足に先駆ける形でヴァーチャルな石油高騰が勃発した。これは前兆ともいうもので、本格的な高騰はすぐそこまで来ているような気がする。それを隠しつつ先進国の利権を保持するために新興国の需要を減らそうとしている巧みなデマゴギーが地球温暖化理論だとボクは感じている。

そんないろいろな思惑を感じつつ、ダニエル君の快挙に拍手します(^^

アメリカの会社Global Resource Corporationが、マイクロ波を照射してプラスチックを石油へ戻す技術を開発しています。しかし、電気として膨大な石油エネルギーが必用なので・・・(^^;;

◆記事本文◆
ニュース記事リンク

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

                                               
Comment


そういえばペットボトルのリサイクルには新しいペットボトルを作るよりも多い石油資源が必要になるというのを聞いたことがあります リサイクルすればするほど資源の無駄になるとは なんともエコは難しいものですなあ
  • 2008/12/17(水) 19:20:56 |
  • 風|URL
  • [編集]


先日のメタノール合成に続いて個人的には元気が出る話題です(^^)

でも一人の発見、発明が100万人の仕事を意味のないものにしてしまうなんて本気で考える人もいるのかもしれませんね(^^;)?
人間ってそんなに弱くないと思うんだけどなぁ。。。
  • 2008/12/17(水) 23:47:54 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


頼もしい限りですね

記事本文は英語で、翻訳サイト使えないみたいだったので読めませんです。
どんなプラスチックなのかな?
PTFEは(商品名テフロンなど)無理だろうな

種類によって色々でしょうから

小さな発明発見の積み重ねで、快適な世の中になると思います。
必要は、発明の母でしょうか

★風さん★


まあ・・・・エコは、エコというビジネスなので、仕方ないですよね。

パタゴニアが始めた、ペット素材のリサイクルを行うと、逆に資源の浪費になっている、なんてこともありますし(^^;;
  • 2008/12/18(木) 09:01:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


今回の金融危機みたいなものかもしれないですね。
新しい仕組みが生まれるインパクトのようなものでしょうか・・・大企業から多くの人材が放出されて、やがて彼らのスキルがその他の企業で活かされれば、スキル拡散によって世の中が活性化しそうですし。
アップルやマイクロソフトなども、経済が最悪と言われた80年代のアメリカで、IBMの瓦解と大々的リストラの最中に萌芽して、躍進。
こうした発明も、近視眼的に見れば既存ビジネス圧迫かもしれないけれど、長期的に見ればどんな夢のある連鎖が起こるのか、ワクワクします♪
  • 2008/12/18(木) 09:06:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


原文だと買い物袋になっているので、ポリ袋で特定できた、ということかもしれないですね。
今後、同じ手法で次々と素材別に有効なバクテリアが特定されると素晴らしいですね♪
  • 2008/12/18(木) 09:09:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


プラスチックってバクテリアが食べるなんて思っても見ませんでしたね。夢の島にこのバクテリアを撒くのもいいのでは、と思いましたよw
  • 2008/12/18(木) 22:55:40 |
  • fumi|URL
  • [編集]


これはなんとも・・・素晴らしい報告です。
人類が滅びてもプラスチックは生き残る・・・と言われているほどですものね。

あ~なんかこの記事見ていい気分になりました~
あざ~~す(^^
  • 2008/12/19(金) 00:37:20 |
  • lag|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示