CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

房総の大好きな場所“秘密のキャンプサイト”でラーメンを作る

081212_1.jpgまず、この場所について偉大な先人の言葉を借りたい。三島由紀夫の作品に「岬にての物語」という短編があり、三島はその中で「秘密のキャンプサイト」のことを「鷺浦(さぎうら)」と名を替え綴っている。

以下はその見事な書き出しの一文。つらつらと文字を目で追うごとに、ボクが見たあの夢のような光景がみるみる蘇る。そこには情緒豊かに、抑えられた筆致で次のように語られる。

 房総半島の一角に鷺浦(さぎうら)というあまり名の知られぬ海岸がある。類いない岬の風光、優雅な海岸線、狭いがいいしれぬ余韻をもった湾口の眺め、たたなわる岬のかずかず、殆んど非の打ち処のない風景を持ちながら、その頃までに喧伝されて来た多くの海岸の名声に比べると、不当なほど不遇にみえる鷺浦は、少数の画家や静寧の美を愛する一部の人士の間にのみ知られていて、その誰にとっても、不遇なままの鷺浦が愛の対象であったので、世に紹介する労をとる人はなく、又知人にさえ洩らすまいと力めている人さえあった。

だが鷺浦が世に知られぬ理由は、美を保護せんとするこの種の人々の秘密結社・フリーメイソン的な態度にのみあるのではなく、ここの風景そのものに一種隠逸の美、世の盛りにあって明媚な風光をば酒宴の屏風代りに使おうと探している人々の目には何か容易に肯(がえ)んじ難いものを与える美が、潜在する点にあったのではなかろうか・・・云々。


こう書かれるように、あまりの美しさゆえに愛の対象として人に教えず、守られてきた場所を、こうしてブログで大々的に書くことに、なんとなく後ろめたいものを感じつつ記事を進めることに・・・

ボクが房総に引っ越して、最初に野外活動をしたのがこの場所だった。

三島由紀夫の短編小説は読み知っていて、いつか行ってみたいな・・・と漠然と思っていたので、ザックにHEX3、マット、トランギア、水、シュラフ&シュラフカバーなどを詰め込んで心躍らせて向かった。

081212_3.jpg目的はキャンプではなくビバーク。
地理がわからず、最初は漁港付近で野営準備していたところ漁港関係者に追い出されてしまい、うろうろ彷徨ったあげくたどり着いたのが、高台のこの場所だった。多くの人は海水浴場や入り江の景観にうっとりし、満足してしまい、この辺鄙な高台に足を伸ばす人はさほど多くはない。

アプローチは手堀りの低く暗く長~~いトンネルをいくつもくぐらねばならず、その先のハイキングコースとは思えぬ細道を登り、漁師の民家の脇の「トイレ」と記された坂道を登って到着する。風化する岩が奇景を創る、美しい場所だ。

081212_2.jpg 081212_4.jpg


さて、最初のビバーク時は芝地の上にマットを延べ、そこにシュラフカバーを装着したシュラフで横たわった。食事は東屋で景色を独り占め。ほとんど丸一日ほどのんびりしていたが案の定、誰もやってはこなかった。それ以来ここは大好きなカフェとして機能している。天気のよい午後はちょっと車を走らせここでお茶を楽しんだり、あるいはかんたんな調理をしてランチしたり。

岬の先からは海中展望台がまるで絵葉書の写真のように美しく見える。この写真は公式HPのものよりキレイに撮れている、とボクは思ってしまった(^^;;

このエリアでは石鯛やカサゴ、アイナメ、タチウオなどが良く釣れるらしい。が、ボクは海釣りをやらないのでいまひとつぴんと来ない。何を釣るのかまだ定まってはいないけれど、今週来週に一番安い海釣り用の竿とタイコリールを買う予定では、ある。

岬の高みからは眼下に湾で釣り糸を垂れる釣り人の姿も一望できる。ポイントを観察しながらザックより持ち出すのはフジツボSP&トランギア。メニューは大好きなサッポロ一番の塩ラーメン。

081212_5.jpg時折かなり強い風が吹くので、フジツボSPだとアルコールストーブの炎が煽られてしまう。やはりここはストームクッカーがいいかもしれない。あるいは次回から「プチかまど」をトランギアのゴトク兼風防にしようか。

そんなことを考えつつ、できあがった塩ラーメンを太平洋の大海原を独り占めしつつズルズルすする快感。三島由紀夫や与謝野晶子の愛した理想郷でラーメンをすすってしまって、ごめんなさい・・・(^^;;

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

海中公園


本当にきれいに撮れてますねv-221
鵜原って一回しか行った事が有りません。
こんど海中公園とセットで遊びに行こうかな
素掘りのトンネルも楽しそうだし
  • 2008/12/12(金) 18:46:27 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]


気持ちよ過ぎでしょう、ここは。
もう数十年も行ってませんが、伊豆半島突端に近い爪木崎にもこう言った海を望む高台で殆どプライベートサイトの様な場所が有ります。
満月の夜、銀鱗に輝く海を見ながら夜を過ごしたのが印象深かったなあ。
塩ラーメンもここで食べれば、一方ならぬお味かと存じます。^^


素敵な場所ですねぇ(^^)

フジツボが僕のツボに見事に嵌ってしまいまして(^^;)
ホントいいもの教えてもらいましたm(_ _)m
義理の母の家を掃除していたら、戸棚の奥からフジツボが出てきたのには驚きました。
でも、この使い方知らなかったら、、、そのまますれ違っていたかもです。

僕は強風時用に、ユニ折りたたみ風防をゴトクの巾着に入れてます。
  • 2008/12/12(金) 21:04:26 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


こんばんは。
あー。これで100万人のブログ読者が駆けつけてしまうではないですか(w
ココは「ぼくのなつやすみ」的「秘密の入り江」だったんです。
http://uemat.blog33.fc2.com/blog-entry-135.html

いやしかし、同じコトを考えるヒトがこの世にいたとは。
たはは。
  • 2008/12/12(金) 21:11:47 |
  • ラード|URL
  • [編集]

う…


はあ、出してしまいましたか~~

いいところですよ。
ゴミは、みなさん、持ち帰ってくださいね。

いや、ほんとに。

魚も釣れるんだわ、ここ。
  • 2008/12/13(土) 08:01:48 |
  • とき|URL
  • [編集]

ここは・・・・・・・・・・・


ここは小生も露天にそのまま寝転がって過ごしたこともある ひじょうに気持ちのよい場所ですわ ここは秘密にしておきたかったー 今からでも地名や場所は隠すことできぬだろうかしら いままで見た人は 言わず語らずで...www
  • 2008/12/13(土) 09:39:35 |
  • 風|URL
  • [編集]


おっと…。
ワタシ、流れを切っちゃうコメント、してしまいましたか?

「ココは野宿できる」「ココで寝るとキモチ良さそう」なんつーヘンな基準で風光明媚な場所を見ている、同じような人種がいるもんだなあ(w 
という、どちらかというとリコメンドの趣旨でした。すみません~。
  • 2008/12/13(土) 12:09:25 |
  • ラード|URL
  • [編集]


海中公園は子供を連れて何度も行った事あったのだけど、この砂浜の存在を知らなくて、以前ユウさんが書いた記事を読んで行ってみたくなり、ドライブしに行きました。
来年はシーカヤックで漕いで見たいです。
岬の見晴らし台の眺めも素敵ですね。
  • 2008/12/13(土) 13:01:20 |
  • raven|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


でしょ!!
キレイに撮れてますでしょ!
ものすごく古い時代の安いデジカメなので
こんなにきれいに撮れること自体、奇跡的(笑)
  • 2008/12/13(土) 18:50:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ 野宿屋ノブさん★


そ~なんです!
ここで食べる・・・すする、ラーメンはとても美味しいんです。

料理は目で食べる、という言葉を残すとは、魯山人もたまには良い事を言うんだな、と思ってしまいました(^^;;
  • 2008/12/13(土) 18:53:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


いえいえ、こちらこそ、
いろいろと素晴らしい使い方を楽しませていただいてます♪ ユニの風防とフジツボSP・・・なるほどです。

次回、そのフォーメーション、使わせていただきます(^^
  • 2008/12/13(土) 18:56:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


なはは・・・同じですね~!!
実はこの秘密エリアは、ロッククライミングのゲレンデでもあって、岸壁でクライミングの練習をしています♪

で、ボクもこのサイトに人が沢山来たらどうしよう・・・と思っていたので、ちょうどよかったです(^^;;

もうしばらく、秘密のキャンプサイト・・・というか、ビバークサイトとして愛用するつもりなので・・・(笑)
  • 2008/12/13(土) 18:59:47 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ときさん★


ときさんも、ご利用者でしたか!
ボクはここの岸壁でクライミングの際に、釣りして帰らない、と仲間に誘われましたが、海釣り道具もなかったため辞退・・・本日海釣り道具のアドバイスを仲間より受けたので、明日釣り具屋で揃える予定です。

ただし・・・最初は、どこかでイセエビ釣りた~い!!
  • 2008/12/13(土) 19:03:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


風さんもご存じだったとは!
ぬふふふふふ

しっかりと地名は削除しましたですよ(^^
しばらくは秘密のサイトとして、守秘義務まもりますよ~~!!
  • 2008/12/13(土) 19:04:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ravenさん★


あの砂浜、行きましたか!
キレイですよね~

ボクも、この冬は、この近辺をカヌーツーリングするつもりです。

気持ちいいだろうなぁ~今からワクワクしてます(^^
  • 2008/12/13(土) 19:07:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!

しまった!!!出遅れた・・。
ユウさんが削除する前にメモっておけば良かった(笑)

すごく綺麗なとこですね!
紅の豚の入り江(笑)的。こっそり教えて下さい(笑)
  • 2008/12/14(日) 00:14:52 |
  • 91|URL
  • [編集]

★91さん★


どうもこんにちは!
秋から翌春まで、静かに一夜を過ごすには
これ以上気持ちのいい場所はないと思います。

昨年の暮れ、そして今年の1月にも過ごしましたが、
星空が眼前の水平線の方向にまで広がっていて、
まるで光の中にいるいような、気持ちよさでした。

そのうち、
ふたたび記事にします♪
  • 2008/12/14(日) 08:48:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ここ良いですよねぇ、近くに先輩の家があるので何度か行きました。
その頃はバーナーで何かを作って食事するなんて事は知らなかったので、また改めて行ってみたくなりました^^。
写真ホント綺麗に撮れてます。
  • 2008/12/15(月) 20:06:15 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★横道さん★


>写真ホント綺麗に撮れてます

いやぁ、うれしいです!
ありがとうございます。

来春に、新しいデジカメを入手する予定です♪
やっと、この十数年前のコンパクトデジカメから卒業。
キレイに撮れると思いきや、同じだったりして(^^;;

ボクは、二週間に一回のペースで、
ここを訪れて楽しんでます♪

飽きないです(^^
  • 2008/12/17(水) 10:09:39 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示