CALENDAR
09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ザイルと穂高と氷壁と

081029_1.jpg引越し以来はじめて整理をするために、倉庫から登山道具を放り込みっぱなしにしていた大きな箱を引っ張り出した。紫外線に当てないように、ずっと保管してきたのだが、心持ち湿っぽくなっている。軒下にS字フックをセットして、そこにギアを吊り下げた。この光景、どこかで見たな・・・と思ったら、海岸通りの干物作りの光景だった(^^;;

このような箱が三つほどある。今回はまず、ひと箱分。相変わらずクライミングの道具はずっしりと重い。これがもっと軽ければなぁ、といつもながら思ってしまう。そしてひとつひとつの道具を眺めながら、何かキャンプに転用できるものはないか、と頭を働かせる自分がいることに気づく。

081029_2.jpgこのザイルは9ミリと10.5ミリ。11ミリは練習以外、最近ではほとんど使わなくなった。これは数万円もするけれど、消耗品だ。数年で買い換えるので懐にこたえる。場合によっては一年ももたないこともある。大きな墜落をしてしまうと買い換え頻度も多くなるので、ボクのように懐が寒い貧格組は上手に登るよう気をつけるようになる(^^;;

登山でも、バリエーションが広がるとザイル使用度は増える。使い方は実践で習得するとして、結び方は事前に覚えておくととても便利。様々なロープワークが紹介されているけれど本当に使用頻度が高いのは、ボクの場合たった4種類。エイト(八の字結び・エイトノット)、ボーライン(ブーリン結び)、クローブヒッチプルージック。これだけ覚えておけばたいがいのケースには対応できる。

墜落して宙吊りになった際の脱出にタイブロック、ユマールなどのデバイス(アッセンダー)が使われるけれど、上記4種のうちプルージック(あるいはバッチマン)などのフリクションノットが扱えれば登り返すことができる。ただし、アブミなどの人工登攀未経験者の場合、最初のうちは身体のバランスがとれず、振られたりして背中や太ももが痛くなったり、とにかくハアハアしてしまうかも(^^;;

ザイル、といえば思い出すのがナイロンザイル事件に言及した井上靖氏の山岳小説“氷壁”。この中で描かれる渦中の人物は、屏風岩の初登攀を成し遂げたと同時にナイロンザイル事件と戦い続けたクライマー石岡繁雄氏。石岡氏とボクの叔母が偶然にも知り合いで、氏は“山好きの甥っ子へ”と著書「屏風岩登攀記」を少年だったボクに贈ってくれた。この屏風岩中央壁の初登攀を綴った壮烈な内容は、小さな岩場で岩登りの真似事をしていた中学生の自分にとって衝撃的だった。

ボクが上高地に出かけるときのお決まりのルートがある。それは横尾から屏風岩中央壁初登攀のベースとなった岩小屋に向かうルート。ボクはそこで、わずかばかりの黙祷の後に、崩れかけた岩小屋でコーヒーを飲みながら真上に圧倒的な迫力で迫る屏風岩を眺め、命と情熱を捧げた若きクライマーたちに思いを馳せる。屏風岩の別名は氷壁。すでに涸沢は雪の中。今年もまた氷壁が姿を見せる時期になったようだ。

■ロープワーク記事のリンク
ロープワーク クローブヒッチでトライポッドを作ろう

片手で結ぶボーラインとキャンプで便利な自在結び

屏風岩登攀記 書籍リスト

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

                                               
Comment


あいや 申し訳ない こめんとひとつ削除お願いいたしまする
  • 2008/10/29(水) 15:32:38 |
  • 風|URL
  • [編集]


このザイルですか!ウフフウフフ、、コホン

それにしても氷壁の主人公とお知り合いとは!

こうなるとウォルター・ウェストンもユウさんの
ご親戚にあたるとか告白戴いても驚かないように、
心の準備しておきますよ。
  • 2008/10/29(水) 16:29:47 |
  • |URL
  • [編集]


↑びっくりして、名前入れ忘れました。
  • 2008/10/29(水) 16:31:41 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]

★風さん★


あれれ・・・
ごめんなさい、風さん!
コメントひとつ削除したつもりが、
二つも削除してしまったようです。
コメント内容、わすれてしまいました。
どしましょう・・・・ごめんなさい!!
  • 2008/10/29(水) 18:12:53 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★kimatsuさん★


そうです!このザイルです!
今度kimatsuさんとのときのために
陰干しして、しっかりと傷などをチェックしました。

心置きなく、墜落してください(笑)

ボクは石岡さんとまったく面識ないです(^^;;
山岳会に入っていたのは母なのですが、母の姉妹の叔母がなぜか知り合いで、著書をいただくことになりました。当時、中学生だったボクは氏の偉大さをまったく知らず、レビュファばかりに傾倒していて、本当に残念なことをしました・・・
  • 2008/10/29(水) 18:18:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ザイルは子供の頃、従兄弟の兄さんが丁寧に手入れしているのを見た事があります。
ゴッツイ靴に分厚い靴下、今思えばあれが登山装備だったのですね^^
その兄さんは当時大学生でしたが、お風呂で「むっすめっさん~よっくき~けよ~♪」って歌ってたのを思い出します(笑)
今度会ったら、山の話聞いてみようかな^^
  • 2008/10/29(水) 20:25:25 |
  • 横道|URL
  • [編集]


おぉ~、サスガ山男ユウさん。
ザイルってかなりオトコノコ心をくすぐられる道具なんですけど、山をやらない限りは使いようがないですのでなかなか買えないんですよねー
ロープワークも自己流だし、いちどちゃんと学ばなければ。。。
  • 2008/10/29(水) 23:46:28 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


(;_;)メインのコメント、消されてしもうたですたい はぁ~なんて書いたか とんと見当つかんです なんだったかなあ たいした内容ではないような気もします
  • 2008/10/30(木) 08:43:04 |
  • 風|URL
  • [編集]

★横道さん★


そんな歌、ありましたね~
なつかし~です
お兄さん、登山されるのですね。きっと面白い話、いろいろ出てくるのでは・・・
  • 2008/10/30(木) 13:12:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


このザイルを編みこんで、ハンモック作り!
・・・なんてのは購買理由になりませんか(^^;;
あとは・・・・脱出用とか、眺めていると、きらきらしてキレーです♪
  • 2008/10/30(木) 13:15:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


ほんとーにごめんなさい。

2つ並んでたコメントの一つを削除クリックしただけなんです。しかし、なぜか同じコメントが2つとも消えていました。

もしよろしければ、再度・・・・(^^;;
  • 2008/10/30(木) 13:17:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


あいや 忘れてしまったぞい な~んて書いたかな? 干物のことだったのか はてさて???????
  • 2008/10/30(木) 18:12:22 |
  • 風|URL
  • [編集]

★風さん★


以後、気をつけますm(..)m
  • 2008/10/30(木) 21:05:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは。ググって検索中にたどり着きました(W)。

石岡さんの鉄塔が少し前に撤去された記事を、
何かで読み返しました。ひとりの人生でも、
いろんな方法で人間社会に役立てることもできるんだと、
しみじみしたことを教えられました(石岡さんの著作などで)。

ロープも大事に使うものですが、僕も貧乏ながら壁登りを
やっていたころ、ハーケンや捨て縄の回収に、
必死だったのを覚えています。
「こんな高価なもの、残置すんなよー」
しっかり他人のモノまで回収したことも(恥)。

古い道具を掘っくり返すと、古い思い出や記憶も、出て来るものですね。
僕は古い道具を全て捨ててしまっているので、
ユウさんの記事やコメントが、大切な道具箱のようですよ。
  • 2008/10/30(木) 22:21:24 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

★いまるぷさん★


あの検証用の鉄塔ですか?!
ちっとも知りませんでした。なんだかひとつの時代が終わってしまった寂しさがありますね。

ボクも岩場でシュリンゲの残置すら、ひじょうにもったいないと感じていました。貧乏性ですね(^^;;

ハーケンも残置せねばならない箇所は軟鉄。回収前提であればクロモリ、と打ち分けしてました。高額なザイルが何本もそのままフィックスしてある場所もあり、自分では考えられないことでした。たぶん使い古しのものかもしれませんが・・・

昨年の引越しで、数々の古い道具を処分してしまい、今考えると貴重なものも数々あったので、後悔しています。いまるぷさんに道具箱として思っていただけて、うれしいです(^^
  • 2008/11/01(土) 21:42:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示