CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山旅キャンプ-2 黒部源流へバックパッキング

081022_h.jpg(クリックで画像拡大)
北アの雲ノ平周辺はスイス庭園など諸々に命名されているように、自然の不思議な力によって生み出された、まさに庭園。天上の楽園です。※写真は黒部源流部の清冽な沢水

雲ノ平から見て、東の野口五郎岳は僕の大好きな山。そして南西にあるのが黒部五郎。
この五郎というのは、おそらくのことでしょう。夏場だとほんとうにあっという間に雲が湧きだし、ゴロゴロ・・・となります。こうした雨の多さも、豊かで美しい自然環境に一役買っているのでしょう。

薬師沢の小屋は黒部の深い渓谷を見下ろす岩の上に立てられた、ちっぽけな古びた山小屋です。地点リンクは下です。国土地理院の地形図にリンクします。
地形図リンク

この薬師沢小屋がある場所は、登山黎明期まで秘境中の秘境とされてきた場所で、現在の上高地の代表的な山小屋の先代あるいは先々代が山の民としてこのあたりを跋扈していた時代に、数々の不思議・怪異が記録されています・・・

それらの面白い物語は黒部の山賊という本にぎゅっと閉じ込められています。近年復刻されたのかされていないのか・・・僕はこの本をかなり前に、神田の古書店で手に入れて、今でも頻繁に読み返しています。山岳本では、もっとも面白い部類に入る本だと思っています。

このルートを遡行しようと思い立ったのも、実のところ黒部の山賊の影響です。

081022_map1.jpg 081022_map2.jpg
(左)マップ1  (右)マップ2

マップ1にあるように、沢へは薬師沢小屋から渓谷の岩場にかけられた鉄階段の先から入ります。結構な水量があり、出だしをすぎたあたりに右岸(向かって左側)の岸壁の、ごうごうと流れる水流に向かって滑り落ちそうなほど傾斜した細い部分を突破する箇所がドキドキ感あります。
落ちたら確実に危険です。沢初心者であればザイルは欲しい場所。

さて、これを過ぎれば存分に黒部の美しい渓谷を堪能しながらの沢登りがたのしめます。楽しみは赤木沢との出会い部分。僕はカメラをビニール袋に入れて、それをさらに大きなビニール袋に着替えやら一切合財とともに入れてしまっていたため、画像がありません。
赤木沢、で検索すれば素晴らしい画像の数々を見ることができるはずです。

沢を小さな滝を登りつつ、どんどんつめ上がります。

そして途中でビバーク。増水時のエスケープルートを確保してからシュラフにシュラフカバーだけで適当な岩の上に寝転びます。ビリー缶と呼ばれるコッヘルで焚き火をしながら炊飯し、食後はそのまま就寝。
※ビリー缶と言って「ああ、あれね」とわかる人って、たぶんほとんどいないかも・・・(^^;;

夜中に熊なのか何なのか・・・獣の気配が周囲をうろついて目を覚ましてしまったため、翌朝2時過ぎに起床し、ジャム入り紅茶を飲みながらホットケーキの朝食。いろいろ楽しいことをしながら空が白むのを待ち、4時過ぎに出発。

マップ2にある青い矢印は当初の計画ルート。祖母沢を過ぎ、左から流れ込む祖父沢に入って、それを詰め上がって雲ノ平に登ろうという計画だったのですが、この沢はなぜだかヒルがやたらと多く、サイズもでかい。そのうえ異様に獣臭くて、ついに断念。

苦労して登ったのに・・・と思いつつふたたび戻り、そのまま黒部の源流部まで遡行して、祖父岳の南で沢から上がり、祖父岳をまたいで向こう側の雲ノ平へと至った・・・というわけです。

※この写真は沢を黒部源流部まで詰め上げた場所から、今来たルートを振り返って撮影したものです。


しかし、そう簡単にお天道様に雲ノ平に入らせてもらえず。

源流部手前からゴロゴロという遠雷が聞こえていて「いっきに走って越えてしまおう」という計算でしたが、岩山を登りだしてしばらくすると・・・ドカン、ゴロゴロ、バシャーン!!と、山特有の雷雨。計算が狂ってしまいました。場所が岩山だけに、電流が四方八方に走るので、“祖父沢の往復さえなければ・・・”と悔やみつつ、低みを目指して駆け下りて草間の土の岩陰に身を潜めます。

途中の岩陰で、頭を抱えるように丸まって避難していた男性がいたので声をかけますが・・・雷鳴のために怒鳴っても声が届かず、彼の雨具をバシバシと叩いて促し低みへ避難。その直後に鼓膜が破れると思えるほどの落雷音が断続的に炸裂。たぶん上の岩場に何箇所が落ちたはずです。危機一髪・・・僕にとって、山で一番怖いのは落雷です。(ついでに、山で嫌いなのは、熊鈴やラジオをつけた登山者と団体です)

さて、二人で雷待ちをしながらトランギアのストーブでジャム入り紅茶を入れて彼にもふるまいました。雷が遠くなっても危険ですので、かれこれ一時間ほどは山の話でお互い盛り上がりました。
下は、黒部川の源流の写真です。左の沢筋をさらに詰め上げて登ると、やがて右のようにちょろちょろ・・・と。

膨大な水量を誇る黒部川も、源流はこんな一筋の水流なんですね。
この水がまたおいしいんです♪

081022_2.jpg  081022_3.jpg

この雷雨の後の景色が、前回の虹の写真だったというわけです。それにしてもポジフィルムっていいですね。今回、改めて見てみて、よさを実感しました。次回のアウトドア活動より、再び昔のレンジファインダーのカメラにポジフィルムを入れて撮影しようと思います♪

■関連記事リンク■
雲ノ平 北ア・バックパッキングと沢旅の風景

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

                                               
Comment


「天上の楽園散歩」良いですね
上の廊下付近での緊張感を強いられる釣りや、五郎沢、祖父沢でのヒルやハチの恐怖も忘れられません。
>この五郎というのは、おそらく雷のことでしょう
私もそのように聞いたことあります、現役は引退してしまいましたが知り合いのマタギも雷の事を「ゴロ」とか「いかづち」を略して「いか」などと言ってましたよ。
  • 2008/10/22(水) 12:37:37 |
  • CJK|URL
  • [編集]


リクエストした甲斐がありました、これが源流部ですか! 登山道しか歩いた経験がありませんが このように自由に歩けるのは気持ちいいのでしょうなあ
  • 2008/10/22(水) 15:47:26 |
  • 風|URL
  • [編集]


こんな奥地でも他の人に遭遇するんですね、その事に驚きました(笑)
岩山に電流が走る状況が恐すぎますが、釣りで感電した事が何度もあるので分かる気がします(^^ゞ
あとジャム入り紅茶がとても美味しそうです、疲れもとれるのでしょうね。
  • 2008/10/22(水) 20:17:53 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★CJKさん★


上下の廊下は、たしかに緊張しますね(^^;;
ライフジャケットが欲しくなります。
CJKさん、例のストーブを持って行ってるのですか?
いいですね~!
  • 2008/10/22(水) 20:30:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


スライドが沢山あって、見ていると時間がたつのを忘れてしまいます(^^;;

そのうち機会があったら雪山とか沢登とかも掲載するかもしれません♪
  • 2008/10/22(水) 20:32:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


奥地ではあるのですが、祖父岳付近は一般の登山道があって、山歩きの方もけっこう多いです♪
  • 2008/10/22(水) 20:33:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさん こんばんは

勿論持っていってますよ、沢や釣りメインの時はビリーにブッシュバディーを入れて2バーナー?体制です。
荷物を減らすのも好きですが道具も好きなので・・・・

http://bushbuddy.ca/
  • 2008/10/22(水) 20:49:05 |
  • CJK|URL
  • [編集]


赤木沢...他の方々のサイトでその姿を見させて頂きました。
も~、クラクラしそうですねえ。山の中はこんな場所が他にも有るんでしょう。
正直、山をやらなくて良かったと思ってます。
絶対世捨て人になってる^^;


ビリー缶って、そんなにマイナーでしたっけ?
今は焚火缶って名前でDUGが販売してますよね-

あれ、違う?

お山のことはモチロンですが、ワタクシはユウさんが使われてるレンジファインダーが気になってしまいましたw
  • 2008/10/23(木) 01:05:08 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


雪山&沢以外にも見せてほしーものですな じつに美しー 最近どこもかしこもデジカメの加工画像ばかりで辟易しとりますもんでw
  • 2008/10/23(木) 08:45:58 |
  • 風|URL
  • [編集]

★CJKさん★


ブッシュバディの動画、拝見しました!
いいですね~これは。
欲しくなってしまいました。
それをぐっとこらえて、愛用中のネイチャーストーブを見る、です(笑)

ブッシュバディだったら、ビリーにしっかりスタッキングできそうですね。最高です。
  • 2008/10/23(木) 11:18:04 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


見ていただけましたか!
赤木沢の美しさは多くの沢屋さんが知るところですが、ほかにもまだまだ、美しい別天地は山ほどあります・・・山だけに(笑)

世捨て人・・・そういう人、多いです
  • 2008/10/23(木) 11:20:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


沢屋さん、釣り人などにとってはあたりまえの道具なんですが、ファミリーキャンパーさんにとったら、たぶん眼中に入らない道具・・・(^^;;バケツデスシ

レンジファインダーは、少年時代に買ってもらったオリンパスの古いモデルです。いまだに使ってます(^^;;
  • 2008/10/23(木) 11:22:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


でも、ポジフィルムでも、スキャンしてデジタルになった時点で加工は自由にできちゃいます♪

これは面倒なので、そのまま切り取って記載してますけれど・・・
  • 2008/10/23(木) 11:24:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ビリー缶? と思って調べたでする。ホットン社?ん~マニアックでするねナカナカ でも焚き火で調理することあまりないし~ん~~今使ってるユニフレームのコッヘル・クッカーのほうが~ん~~たぶん、いいかも~
  • 2008/10/23(木) 18:58:35 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


赤木沢も調べたら、ん~~スッテキでする~~
  • 2008/10/23(木) 19:00:35 |
  • たるたる|URL
  • [編集]

★たるたるさん★


まあ・・・沢登りとか渓流釣りをしている方の間では、もう普通にコッヘルといえばホットンビリー、というぐらいに普通に使われてたりするのですが・・・オートキャンパーさんは、豪華なセットが溢れてるので、ビリーを知っている人が少ないです。

ユニフレームも素晴らしいコッヘルリリースしてますもんね・・・

赤木沢、どうでしたか??
行きたくなりますよね!
行きます??
  • 2008/10/23(木) 21:56:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


高2の夏山が黒部源流でした。梅雨が明けずに、停滞に次ぐ停滞で、結局三又蓮華で撤退でした・・・雲ノ平・・・行ってみたいです・・・
  • 2008/11/02(日) 21:39:49 |
  • うなう|URL
  • [編集]

★うなうさん★


そういえば、うなうさんも山岳部でしたね!
ぜひご一緒したいものです。
うなうさんの南房総とボクの外房、そんなに遠くないので、うなうさんのファームに近々遊びに行こうかな・・・(^^♪
  • 2008/11/04(火) 14:51:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示