CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

雲ノ平 北ア・バックパッキングと沢旅の風景

虹(画像はクリックで拡大)
早月尾根で剱岳を超え、大日をピストンし、雷鳥沢のテン場には二日ほどのんびりと滞在。ふらふら放浪を楽しんで、龍王岳から五色ヶ原を経由して薬師岳までの気持ちのいい稜線散歩をテン場を経由しゆっくり楽しみ、そののち薬師小屋から沢に入り、黒部川を源流まで辿りながら、赤木沢のこの世のものとは思えぬ美しい風景に身を泳がせ、そうして沢を遊びながら途中で一泊ビバーク。

翌日、水がぽたりぽたりと滴る源流まで登りきり、祖父岳を越えて到達した先が、この雲ノ平のテント場です。

数年前に夏の長期休暇を利用して楽しんだ、縦走というより山旅との表現がふさわしい、とてもマイペースな旅でした。つまりバックパッキング。

旅はこの後、黒部五郎を越えて太郎から折立で終焉を迎えます。

当時は写真なんてほとんど撮らず、マニュアル操作のできるコンパクトカメラにリバーサルを入れ、時々気に入った風景をパチリとやる程度。でも、そのときの出来事や、風景など今も克明に覚えています。それに、写真はあまり撮りませんが、小さな手帳に色鉛筆でスケッチしていました。

そんな山旅で心に残った光景を、手元のリバーサルフィルムをスキャンしてアップしてみることにしました。

上の画像は、雲ノ平のテント場で激しい雷雨の後の光景です。高天原方面の虹と黒部・カベッケ方面の夕日です。

地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

                                               
Comment


きれーでする!!!!
雲ノ平いいでするなーーー!!
リバーサルってポジでするか?
なんだか、デジカメ以外のこういう写真て心なごみますですよ しゃしんー!!ってカンジでする!
  • 2008/10/21(火) 09:54:40 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


美しいです(^^)
こういった景色を目にすると、最初興奮して、
慣れるとボーっとして、更に慣れると湯を沸かすのかな?
こんな景色の下で日頃から暮らしていても、フト見とれるでしょうねぇ(^^)
  • 2008/10/21(火) 11:17:26 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


雲ノ平!いつかは必ず行ってみたいです。
高天原温泉も!!
  • 2008/10/21(火) 11:59:01 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


いい感じ♪ナイスです。
もはやフィルムのパーフォレーションが新鮮に感じる自分がいます。怖いです。
めったに写さなかったこと、そのほかの記憶が克明なこと、だからこそ素晴らしい写真になったのでしょう。残るべくして写された写真ですね。
  • 2008/10/21(火) 13:32:27 |
  • somtam|URL
  • [編集]

これは


良い山旅ですね。
はじめまして。ワタシはルートに感銘しました(w

普通なら「ウンペイ」が目的になるのに、前後の尾根と谷と組み合わせたルートが、素晴らしい。剛と柔ってムードで。

何より「山旅」というコトバ使いが、素晴らしい。
  • 2008/10/21(火) 14:11:25 |
  • ラード|URL
  • [編集]


すでに風ではなく、風邪というHNにしたほうがいいと思うほど、熱で寝込みましたぞ。 いまだに体調が戻らず、鼻水にタン・・・なんとなく熱っぽさが残るため、本日も有給休暇。雲ノ平よかですね。 黒部の源流、見てみたいものです
  • 2008/10/21(火) 14:59:58 |
  • 風|URL
  • [編集]


なんとなく「あっちの方かなぁ」と思いますが、何処をどのように歩いたのかチンプンカンプンです(^^ゞ
毎月「山渓」とかを買って読まないと駄目ですかねぇ
出来ればユウさんお奨めのコースをカテゴリに加えて頂けると嬉しいです。
初級と上級に分けていただければ初級の方へ行きます(笑)
  • 2008/10/21(火) 18:14:35 |
  • 横道|URL
  • [編集]


最近コンパクトデジカメの限界を感じて、久々にポジ撮影をしようか考え中のいのうえですこんばんわw
露出のこととか考えると失敗も多くなりますが、それだけに「想い」も写し込める気がするんですよねー

それはそうと、雲ノ平あたりのテン場をユルユルと巡るトレキャンも、そのうちチャレンジしてみたいです。
  • 2008/10/21(火) 19:49:12 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


ここに紹介されている山旅のルート。残念ながら本当の山登りをした事の無いノブとしてはよく分かりません。
が、背中がゾクゾクします。四駆でシリアスに山や廃道や涸れ沢を攻めて人に知られず悪戦苦闘と達成感で陶酔する。この世の楽園のような心地でいる。なんかそんな陶酔感にも似た感じがしました。

本当はギンギンに厳しい沢登りや未踏の地への旅って好きなんですがね。記事読んで夢見心地です。

★たるたるさん★


そうです。ポジフィルムです。
なんだか雰囲気あるので、自分でもびっくりです。
  • 2008/10/21(火) 21:28:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


いつも見ていても、
やっぱり見とれてしまうでしょうね~!
そろそろ雪景色ですね。
  • 2008/10/21(火) 21:34:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★kimatsuさん★


雲ノ平も素晴らしいですが、
実はトレイル全てが素晴らしいので、
縦走というより、横断してはいかがでしょう。
折立から太郎経由で雲ノ平に入り、東の湯俣方面におりる、なんてコースいかがでしょう?
  • 2008/10/21(火) 21:37:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★somtamさん★


パーフォレーション自体も知らずにリバーサルフィルムを使ってます(^^;;

ここのところデジカメばかりだったので、ほんとうに新鮮です。

今までの山の写真は全てスライドになってしまっていて、昨年までは時々映写機で白壁に写して楽しみながら、お酒を飲んだりしていました(^^
  • 2008/10/21(火) 21:42:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


はじめまして。
コメントありがとうございました。
ほんとうに素敵な山の旅でした。
こんどはビバークではなく、薬師沢の小屋に泊まって
カベッケを数日かけて味わってみようと思っています。
  • 2008/10/21(火) 21:45:50 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


鼻水と痰が出ているのであれば、
もうそろそろ治癒ですね。よかったです。

黒部の源流ですか?
源頭部のポジフィルム、ちょっと探してみます♪
  • 2008/10/21(火) 21:47:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


おすすめコースをやっちゃうと
登山系のブログになっちゃいそうですね(^^;;

基本的には山でも沢でも、どのコースでもそれぞれ気持ちいいので、人知れず埋もれている場所を探すのも楽しいかもしれないですね。

これから、ゆっくりと房総の登山の穴場を探そうと思ってます♪
  • 2008/10/21(火) 21:54:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


想いも写しこめる・・・いい言葉ですね!

以前は、クライミングなどで会の発表のためにリバーサルを使用していましたが、味がありますよね。

次回からコンパクトカメラにリバーサル、というスタイルを復活させてみようかな、なんて思ってしまいました。

いのうえさんだったら、
すごい作品になりそうですね。
  • 2008/10/21(火) 21:59:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


そのゾクゾク感、陶酔感・・・ありますね~!
特に黒部の源流を目指して沢をつめ上げて登っていて、途中でビバークした夜など、ほんとうになんともいえないワクワク感でいっぱいでした。

これが多人数になってしまうと、きっと味わいが薄くなるような気がします。ソロでの登山やクライミングが好きなのは、密度を求めているからかもしれないです♪
  • 2008/10/21(火) 22:03:06 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


度々スミマセン。
投影出来るのがリバーサルの楽しいところですよね。今ではプロジェクターでデジタルも投影できますけど。ビュアーでのぞいても色がコッテリしてるし生々しいのでとても好きです。
  • 2008/10/21(火) 22:54:05 |
  • somtam|URL
  • [編集]


追伸。
機材でもテクニックでもなく
その瞬間に居合わすことが幸せですね(^^)d
  • 2008/10/22(水) 00:49:57 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

フィルム


一瞬ディジ画像にフィルム風のの額縁つけたのかと思ったら、本物のフィルムだったんですねv-212
雷雨の後の虹
きっとすごく感激したのでしょうね
  • 2008/10/22(水) 06:24:02 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★somtamさん★


たしかに!
色がこってりしていますね。
プロジェクターにスライドセットして、部屋を暗くすると、なんだか子供時代に戻ったようで、自然とわくわくしてきて困ります(^^;;
  • 2008/10/22(水) 20:23:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


そのとおりですね♪
僕なんか、テクニックも機材も、なんにも誇れるものがありませんから(笑)
  • 2008/10/22(水) 20:25:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


ものすごい雷雨の後、スカッと晴れ渡り、じつにすがすがしい気分でした。雷雨は毎日のようにありましたけど、こんなきれいな虹が見られたのは数少ないです。
  • 2008/10/22(水) 20:27:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんはじめまして。雲ノ平のこんな素晴らしい風景を見せてくださってありがとうざいます。
来年こそ、雲ノ平に行きたいと思いました。

★MIDタウン太郎さん★


雲ノ平、ぜひ!
  • 2008/11/01(土) 21:51:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


とても美しい写真に心動かされます。
このような山旅をしてみたいものです。
山登りは未経験ですので、眺めているだけです。
  • 2008/12/17(水) 22:41:08 |
  • ハジメ|URL
  • [編集]

★ハジメさん★


リバーサルフィルムを使うと、
写真下手なボクでもそれなりに見られるものが
撮影できるので、うれしいです。

登山なしであれば・・・
黒部方面の雷鳥沢という手もあります。
大町の扇沢から公共交通機関を乗り継いで
黒部ダムを通過して、北アルプスの中心に入れます♪
  • 2008/12/18(木) 09:14:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
(クリックで画像拡大) 北アの雲ノ平周辺はスイス庭園など諸々に命名されているように、自然の不思議な力によって生み出された、まさに庭園...
2008/10/22(水) 14:33:52 | ClubNature +
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示