CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

夏のかけらと紅葉

081010_1.jpg


子供たちの歓声や若いカップルの笑い声
人で賑わっていた砂浜も、今はただ乾いた風音が
波間に聞こえるだけになった
さびしいな、とふと思いはしたが、
砂浜に座って自然が紡ぐ豊かな音に耳を傾けていると
とても気持ちがいい
鳥の羽音、さえずり、波音、風の音、遠くを行く飛行機の音・・・
だれ~もいない砂浜も、けっこうな賑やかさだ、ということに気づいた。
彼方のタイル張りのシャワー棟の、シャワーのカランから、ポタリ・・・ポタリ
と小さな水滴が太陽にきらきらと宝石のように滴っていた

081010_2.jpg夏に、ここで、今のように座りながら“暑い暑い”と恨めしげに太陽をにらんだ自分を思い出した。
燃えるような夏の後姿がそろそろ見えなくなりかけている今、なんだか、ちょぴり寂しさのような、なんといえばよいのか、うっとうしい友人が帰った後の、なんともいえないポッカリと穿たれてしまった空気感のような、今になって思えば夏はよかったんだよなという、どこまでも自分勝手な思いばかりが大きくなっている。

やっぱり、なんだかんだ言っても、夏は大好きだ。

夏は人生でいえば20代~30代か。10代の春に蓄積し研鑽し目指したものが夏に花開く。僕の人生はすでに秋。錦秋華やかというよりは、丹沢あるいは小仏峠などでひっそりと誰に見られるともなく黄葉するウリカエデあるいはマンサクのような晩年を理想とする。

天高く、まっすぐ伸びやかに、穢れなき姿で気持ちよく生き、春に可憐な花を咲かせ、秋に黄葉するユリノキなんてのも、ものすごく魅力的ではあるが、紆余曲折の連続の僕にはふさわしくないだろうな。

それにしても、夏が終わり秋を経て冬を終着とする人生に比べ、樹木のなんと偉大なことか。人の人生を何度も何度も繰り返し、数十年数百年の永きにわたって生き続ける。ケルトを始めヨーロッパ各地さらにはスウェーデンなどの北欧でも、キリスト教に汚染されるまでは、木を聖なるものとして信仰の象徴としていた。

それは日本でも同様で、諏訪の御柱祭など最たるものではないかと思う。

081010_4.jpg夏が過ぎ去ると、いろいろな思いが去来する。さて、紅葉真っ盛り。残り少ない人生を謳歌しよう。

最後に、これは数年前に撮影した高尾の紅葉。昨年までは自宅から高尾山まで自転車で行ける距離だったんですよね。撮影日は11月。高尾の紅葉まであと一月近くありますが、山ではすでに紅葉の真っ最中・・・日光や那須の山々あたりも今が気持ちいいでしょうね。

081010_3.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


相変わらず読ませてくれますねー!
駒ケ岳と田沢湖が今年の夏の思い出です。
さーて秋は笠ヶ岳と御嶽山です。
黒姫山も行きたけれど、時間が問題で..^^;
  • 2008/10/10(金) 12:24:40 |
  • fumi|URL
  • [編集]


>うっとうしい友人が帰った後の、なんともいえないポッカリと穿たれてしまった空気感
>なんだかんだ言っても、夏は大好きだ。
まったくもって同感です(^^)

ボクはまだ、残暑の季節って年かな(^^;)?
  • 2008/10/10(金) 12:54:58 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★fumiさん★


???
黒姫も御嶽山も、さほど距離的に違いはないような??
  • 2008/10/10(金) 15:59:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


残暑ですか・・・まだまだ熱くてうらやましいです!
こっちは風が肌寒いです(笑)
  • 2008/10/10(金) 16:01:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


真鍮色の蛇口、いい雰囲気です。
思えば夏はあっという間だった気がします、もう夏の暑さも忘れてしまいました。

日曜日はまだ早い紅葉狩りに行ってこようと思ってます、本当は一番の見頃に行きたいのですが、なんたって混雑が嫌いなもので(^^ゞ

ジャコビニ流星群はもう終わっちゃってるかな。
  • 2008/10/10(金) 18:31:21 |
  • 横道|URL
  • [編集]

ナチュラルに生きるか


いやいや、そんな寂しいお言葉は横に。「おいといて」。
四季を何回も経験しながら木の幹の様に節と皺、枝を伸ばしていると言う事ですよ。
この記事で気が付いたんだけど、始まりと終わりの人生では無く繰り返しを糧として大きくなる人生。そんな風に感じてます。
これはきっと四季を生きて行くってことかな。人生謙虚に行くのも大事かもしれないなあ~。
しかし、ユウさん文才はいつも感心します。僕は殴り書きで行きます^^;

ダケカンバ


こんばんは。先日、西穂のダケカンバの林を眺めていて、
風雪にぐねぐねになった幹や枝を自分になぞらえ、
「こんな風になっても生きてるんだなあ」と
妙に元気が湧いてきたことを思い出しました。
僕もユリノキにはなれませんでしたが、ぐねぐねと
ひと気の少ないところにはびこって行こうと思います。

夏の尻尾を見るどころか、冬の露払いがやってきました。
信州の秋は、もう折り返し点のようです。
  • 2008/10/10(金) 23:01:32 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

あれ?


ユウさんてそんな年なの? 残り少ない人生なんて
ここの所の記事を読ませてもらって、少し落ち込み気味感じるます。
パーッと遊んで、エネルギー蓄えましょうv-92
人生どう生きようなんて考えた事なかったな
60過ぎて、いまさら今までの生きかた考え直してもしょうが無いので
このまま突っ走りますよ!
栃木のレポ待ってますね
  • 2008/10/11(土) 05:59:52 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★横道さん★


おはようございます
僕も、今日明日と紅葉狩り、いってこようと思います。
どうでしょうね(^^?
  • 2008/10/11(土) 08:20:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋さん★


な~るほど!
人間も四季を廻って幹を太くする、
っていうわけですね。

それにしても、樹木はほんとうにすごいですよね。
知れば知るほど、感嘆のみです
  • 2008/10/11(土) 08:22:53 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ いまるぷさん★


いやぁ~まさしく同じです!
ぐねぐねと(笑)
いまるぷさんとグネグネ度を競い合いたいほどです。ダケカンバはキレイに色づいていることでしょうね。

元気が出ますね!
  • 2008/10/11(土) 08:25:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


え・・・いえいえ、落ち込んでなどおりません(^^;;

どうも、”いつも青春”というスタンスが嫌いで、歳経ることを認めつつ、常に死を隣に置いて生きていきたいな、と思ってまして♪

すでに40代に突入したということは、人生を折り返したと思ってます。もう半分もありません。それを拒否せず、残り少ないと思えば、もっともっと濃く生きられるとの立場で(笑)

江戸時代だと男四十で隠居して、好き勝手に暮らすのが夢との随筆もあるほどに。四十は大きな節目。それは今も変わらないなぁと思ってたりします♪そんな立ち位置で記事を書いてるのでこうなっちゃうんでしょうね(^^;;
  • 2008/10/11(土) 08:32:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちは
んー深いものがありますね。季節についてこんなに考えたことなかったなァ。季節が変わるたびに次は何して遊ぼう位しか考えなかったです。
そういえば紅葉の季節、田舎暮らしは四季や自然がリアルに感じられるのでしょうか。いい文章です。
  • 2008/10/11(土) 10:38:58 |
  • somtam|URL
  • [編集]


秋ですか~。
私はサーフィン(ショート)やってる間はエンドレスサマーでいたいなあ~。55歳くらいまでかな?
でも秋もすごく素敵な季節なので早く秋になっちゃうのもいいかもですね。その後が冬ってのが嫌ですが・・(笑)
秋は田舎が似合いますね~。
  • 2008/10/11(土) 10:59:09 |
  • ぱる|URL
  • [編集]

★somtamさん★


ほんとうに季節が身近に感じられますね~
目の前の水田の刈り入れが終わり、籾殻を燃やす煙があちことでたなびき・・・水田跡地ではコスモスがいっぱい咲き乱れ、周囲のどんぐりの森が黄色く色づき、クリのイガがたくさん落ちて・・・・
いやというほど、季節に満ち溢れています(^^;;
  • 2008/10/14(火) 09:14:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ぱるさん★


僕もサーフィンをはじめたくて、今、ボードを購入する資金を貯金しています(笑)
仲間は、だいぶできたのですが、サーフィンはこれから。いつも、九十九里のたまり場で、はやくサーフィンはじめなよ~!って言われてます(^^;;
  • 2008/10/14(火) 09:16:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示