CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

エスビットストーブとトランギアの時代がやってくる?

081003_1.jpg


エスビットストーブトランギアといえば、ご存知のようにアルコール系燃料のストーブです。燃料のメタノールは天然ガスや植物から作られます。もちろん産油国でも、ものすごく安価なメタノールが作られています。

080629_2.jpg別に環境を考えてこれらアルコール系のストーブを使っていたわけではないのですが、どうも環境に優しい燃料に変わろうとしているようなんです・・・

その理由は少し前に報道された“CO2からメタノールを合成・三井化学”という小さな記事。なぜ、このような内容の記事が、もっと大々的に扱われなかったのか。メディアの姿勢にどうも腑に落ちないものがありますが、これはすごい。
2008年10月に建着工し2009年2月から生産開始とのこと。

日本が救世主になるのか~!?なんてドキドキします。

081003_2_2.gifなぜって・・・メタノールは様々な化学製品の原料。このメタノールを天然ガスや植物(バイオ)からでなく、なんとやっきになって減らそうとしているCO2から作り出しちゃうというんですから、すごいじゃないですか。

世界の穀物価格上昇の原因にもなっているバイオエタノールなだけに、これが稼動し始めたらすばらしいです。

バイオメタノールから“バイオ”の文字を削除して、「エコ・メタノール」あるいは「グリーン・メタノール」と表記してほしいくらいです。
作れば作るほどCO2が減るという夢の技術です。しかし産油国のメタノールはかなり安いので・・・この資料を見ると、競合せずにメタノールをオレフィンアロマ類といった別の形で利用しようとしているのかもしれません。

ともあれ将来的にアルコール系燃料イコール、エコという日がやって来そうです。メタ、エスビット、トランギア・・・空き缶ストーブも(^^ で、フジツボSPの時代が来る?!・・・って、まあそんなことあり得ませんが。

最近ナチュラムのブログでもファミリーキャンパーさんがエスビットストーブやトランギアメスティンの記事をアップしたり・・・確実に流れはシンプルキャンプか?!

080707_13.jpgこうした、環境に優しいグリーンケミストリーから生まれるエネルギー“メタノール”に、グリーンマークが付けられて販売されないとも限りません。たぶん二倍ほどの価格差はあると思いますが、そのときには可能な限りグリーン製品を買うことに・・・お財布にお金があれば・・・のお話ですが ^^;

もちろんたくさんは買えないので、高価な分大切に使いたいなと思います。
※写真はメタノールを燃料とする自作空き缶ストーブです。

工場などから排出されるCO2が原料になる・・・それもメタノールになるなんて、ほんとうに夢のようです。

VIVA、アルコール系燃料!!の時代がやってきそうです。

■関連リンク:CO2からメタノール生産 三井化学が実験設備

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


本当ですね~作れば作るほどCO2が減るなんて・・・
夢のような技術です。それも日本の企業が開発したなんて素晴らしいです!
  • 2008/10/03(金) 18:09:44 |
  • チャイ|URL
  • [編集]


ソロでキャンプへ行くと調理する分量も少ないので火力ってあまり必要ないんですよね。
プリムスの高カロリーバーナーでも絞って弱火で使いますし・・・
それで以前からユウさんの記事を拝見していて、ついにトランギアその他を手に入れました^^
先日試しに点火したら思いの外火力が強くて驚いちゃいました、これならファミリーキャンプでも十分使えますね。

また楽しみが増えました。
  • 2008/10/03(金) 19:41:43 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★チャイさん★


さすが財閥系ですね。
CO2を減らしつつ、資源を生み出す。資料を見ると、太陽光エネルギーも使われていて・・・まさにクリーンなプロジェクトですね♪
  • 2008/10/03(金) 21:58:37 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


風をブロックすれば、火力は充分すぎるほどです。フライパンでの焼肉だって、ジュージューと猛烈に焼けます(^^;; ご飯だっておいしく炊けますし。

ケロシンのストーブ全盛時代は、軽量化を計るクライマーのメインストーブとして活躍していただけあって、不足は感じないです。

長時間の煮込みなどは、ちょっと苦手かもしれませんが、キャンプであれば、長時間の煮込みは焚火を活用しています(^^v

故障はしないし、リスクはほとんどないのが安心要素。オフロードツーリングでの調理、きっと楽しくなるはずです♪ 
  • 2008/10/03(金) 22:04:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


最近アルコール系が注目されてますよねー
ガスと違ってキャニスターの空き缶も出ないしポンピングも不要、使い方さえちゃんとすれば火力も必要充分。
トランギアを使うようになって、すっかりMSRドラゴンフライの出番が無くなってしまいましたw
さらに環境にもプラスになるなんて、言う事無しですよね。
Co2が原料なら、アルコールを引き取ればお金もらえたりしてwww

ちなみにナチュブロの時の検索ワード、放置民に次いで2位がトランギアだったんですよー
それだけ気になってる人が多いんですかねー。
  • 2008/10/04(土) 05:26:56 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


アルコールってco2から作れるのですね。国がアルコールを主要エネルギーに位置づける目標を立てて推進すれば世の中変わるかも。
しかし、今度はco2が不足して、地球が冷える~~ってなる時がきちゃうかもですね(w
  • 2008/10/04(土) 08:52:48 |
  • fumi|URL
  • [編集]


トランギアで炊飯?てありましたけれどちゃんと炊けますかね?ただでさえ飯炊き下手のワタシ^^Λ

炭酸ガスからアルコール


興味が有ったので、ネットで調べたところ
エチレンプラントの排気中の炭酸ガス使用のようですね
工場のクローズサイクルが少しづつ進歩しています。
そのうち工場から出るのは、製品だけになるかもしれませんね。v-221v-208
  • 2008/10/05(日) 06:33:50 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


2位がトランギアですか!
僕のナチュラムのブログでは、1位が自作焚き火台、2位が穴場キャンプ場でした。
トランギアで検索しても、たぶんいのうえさんの放置民と違って、僕のブログは埋もれているます(^^;;
  • 2008/10/06(月) 13:43:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★fumiさん★


そうなんですよね。
なんでもやりすぎると、その反動がきちゃうんですよね。
人間って、やりすぎますもんね・・・
  • 2008/10/06(月) 13:44:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★fumiさん★


トランギアで炊飯、もちろんとても簡単ですよ。おいしく炊けます。今度、記事にします♪
  • 2008/10/06(月) 13:45:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


恵那爺さん、以前の発電の記事でもそうでしたけど、めちゃくちゃ専門的ですよね。海外出張も、その手の分野のプロジェクトでは(^^?

工場から出るのは、製品だけ・・・なんだか夢見たいですね。その前に、排水をどうにかしないといけませんね。すでに排水もきれいに浄化されてるような気もしますけど・・・(^^;
  • 2008/10/06(月) 13:48:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

排水


今工場からの排水はそのまま飲めるくらいキレイになってます。今は、生活排水の方が汚いのでは?
ところで、私は単なる定年を過ぎた嘱託のおじいさんですよv-39
  • 2008/10/07(火) 05:05:30 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
秋田の乳頭温泉郷キャンプ場の時以外に、バックパックのライトウェイト化が必要なときに活躍するストーブがトランギア。空き缶ストーブも...
2008/10/03(金) 21:16:35 | ClubNature +
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示