CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ソロキャンプ・スタイル

070519_h.jpg
画像は奥さんです。2007年の記事に加筆修正


ソロキャンプに出かけるときにいつも悩むのは、なんといっても重量です。

道具一式をザックに入れて二本の足で自然の中に分け入るときに、できるだけ軽いほうがいい。で、いろいろ余分なものをどんどん切り詰め、無駄が無くなったら、次にグラム単位で軽量化を計ります。使用しないフタなどは持たない、食料なども必要量だけ小分けにして余分をカットする、燃料を日数分に合わせる、サブ燃料は超軽量なものを持つ。

このほかにも着替えや食器は極力少なく、スプーンなどは柄を切ったりプラ製の軽いヤツを複数持つ・・・

100グラム程度であっても積もり積もればけっこうな重さ。それを50~60リットル程度の中型ザックにパッキングしてのんびり電車にコトコト揺られるってわけです。

僕のちょっと豪華めの装備は以下のようなもの。

070519_1.jpg

1:カリマーのザック:ハストンヴァロットという珍しいタイプ。少年時代から30年以上使用している絶版モデルです。長期にわたる場合はさらに大型のザックを利用します。

2:たためば煙草サイズになっちゃうサブザック:キャンプサイトからトレッキングや散策するのに重宝します。

3:シュラフ:コンプレッションすればもっともっと小さくなるフェザー(羽毛)タイプ。3シーズン用ですが、厳冬期の登山でも、これにシュラフカバーを装着し、フリース&アルパインジャケット、パンツを装備して寝れば問題ありません。

4:テント:かさばるため普通は山では使用しないmossテント(登山ではライペンとエスパース)。ソロキャンプにはちょっと贅沢してこれを持ち込みます。画像では大きそうに見えますが、これをしっかりとテープで縛って小さく小さくコンプレッションします。ですので隣のシュラフ以下には圧縮できます。今は収納状態なので、カビ防止のため通気性を考えてブカブカのままの状態です。

5:コッフェル:チタン製の超軽い食器。調理と食器の二役使用。中にはチタンの18グラム程度のスプーンとフォークを収納。

6:キャンドルランタン:山ではヘッドランプだけ。ソロキャンプということで、これもちょっと贅沢して真鍮のキャンドルランタンを・・・(^^;

7:トイレットペーパー:山のキャンプ場など水が調達しにくい場合はこれで食器をお掃除。紙なしトイレでも必須。パッキングの際は外側をガムテープでぐるぐる巻いて、芯を抜く。そして内側(芯側)から紙を引っ張り出して使用する。

8:ガスカートリッジ

9:固形燃料(メタ):もしもの際のサブ燃料。僕はメタとエスビットを愛用していますがトランギアのアルコール系なんか洒落てますよね。これだけでお茶がわかせちゃいます。

10:小型ストーブ(プリムス)

11:医薬品:ポイズンリムーバー、テーピングテープ、包帯、消毒薬、抗ヒスタミン軟膏、正露丸、止血剤(ビスマス)、絆創膏、三角巾、傷縫い用の針と糸とアロンアルファ、ガムテープ1m、減菌ガーゼ・・・など。セルフレスキューに必要な最低限を防水製の入れ物に携帯。

12:ラジオ(短波受信できるタイプ:天気図作成用の定点気圧放送受信用)

13:シュラフマット(インフレータブル)

14:雨具(ポンチョの場合もあり)

15:ヘッドランプ

16:水筒(最近はプラティパスなどコンパクトになるものを使用)

※このほかに、着替え、食料袋、お酒(スキットル)、ナイフ、携帯電話、保険証、ライターなどが加わります(時にはマップ・コンパス)

さて、登山ではなくキャンプが目的のソロキャンですから、できれば快適さには多少なりともこだわりたい(^^; で、軽量化を計ったうえでプラスアルファで持ち込むのは・・・

070519_2.jpg

上がモンベルのヘキサタープHXで、下が折りたたみ式のトレッキング用アルミテーブルです。このタープ、めちゃくちゃコンパクトのうえ、ポールも2本入ってるんです。テントにタープをセッティングして、小さなテーブルを前にくつろいでいると、ほんとうに贅沢な気持ちになれます。これだけのものに最低限の衣料と調味料、木切れ(まな板がわりのかまぼこ板)あるいは牛乳パック、ナイフ(包丁代わりにも利用)をパッキングしても、まだまだザックは余裕あり。そこに現地調達の食材を押込んで野山をのんびり歩きます。

070519_3.jpg

これが一週間にも及べば、荷が増えます。主に食料なんですけれど、その場合は大型ザックもしくは背負子を使用。大量の食材を一斗缶に入れて、それを横にして背負子にくくり、その上にザックをのせてゴムひもで固定。昔、バックパッキングでケルティとかジャンスポーツのフレームザックがありましたが、まさにそんな感じです。とっても背負いやすいので見た目よりはるかにラクチンです。これなら上高地の河童橋横の小梨平キャンプ場やずーっと奥の徳沢キャンプ場など、どこへでも行けちゃいます。

夕暮れの、誰一人いない上高地・河童橋横のテーブルで、キャンドルの灯を前に飲む水割り、とってもおいしいですよ♪それに早朝、刻々と明るくなる上高地の景色を独りじめできる幸せったらありません。下の画像は奥さんと二人で北アルプスを五日間縦走(バックパッキング)したときの写真で雲ノ平手前の光景です。

070519_4.jpg

北アルプスの気持ちのいい稜線をのんびり気ままに歩いて、その日の都合で気ままにキャンプ場(幕営指定地)でキャンプ。車でアプローチする野反湖キャンプ場や一の瀬高原キャンプ場などの場合は、これらに“ダッチオーブン&焚火台&バイヤーのチェア”が加わります。

とにかく、思い立ったらものの30分もしないで家を出られるのがソロキャンプのいいところ。それに荷物も少なくて済みますし・・・オートキャンプからソロキャンプまで、キャンプって・・・とっても奥深いです(^^

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


コメントありがとうございました!我が家はファミキャンでオートが基本ですが道具はやはりコンパクト軽量を「目指して」ますので勉強になります(^^ゞまた遊びに来ま~す!今後とも宜しくです(^^)
  • 2007/05/19(土) 13:48:16 |
  • びあ!|URL
  • [編集]


こちらではお初!ってことで........しっかし、グラム単位の軽量化とはまるでボクサー(w 今度夏前にでもごいっしょさせてくらはい
  • 2007/05/19(土) 21:25:33 |
  • 魚主|URL
  • [編集]


気持ちよさそうですが、諸事情を考慮すればやはりオートになってしまいます。こういうの憧れますけれど・・・
  • 2007/05/21(月) 11:26:06 |
  • fumi|URL
  • [編集]


びあ!さん>こちらこそ、どうもありがとうございます!お互いにシンプルキャンプに磨きをかけましょう(^^♪
  • 2007/05/21(月) 22:50:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


魚主さん>わざわざお江戸よりお越しいただき感謝!そうですね、再来週あたりいかがでしょうか?プランUPします♪
  • 2007/05/21(月) 22:51:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


fumiさん>ご家族がいらっしゃると、どうしてもオートキャンプですよね。今度ソロで、というときにでも、ぜひ(^^
  • 2007/05/21(月) 22:53:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


はじめまして、yu zetterlundさん
とても興味深く拝見いたしました。
今すぐではありませんが
いつの日にか上高地「徳沢キャンプ場」へと
あこがれております。
夢が叶うようにと只今、勉強中であります。
また、お邪魔して勉強させていただきます。


チャイさん>どうもはじめまして!遅くなりました、失礼しました。 そのときは、徳沢あたりで合流してトレッキングでもしたいですね♪
  • 2007/05/27(日) 13:57:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


トラックバックのおかげで、見逃していたユウさんのバックパッキングキャンプのザックの中身記事を思いがけず拝見することができて得した気分です♪16番はグランテトラですよね?ヤフオクで人気が出てるとか。。
チャイさんが”はじめまして”だったんですね。^^
  • 2008/06/09(月) 22:37:53 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
そうです。グランテトラです。3つか4つほど各サイズ持ってます。これ、人気が出ているのですか?? 大切にしないといけませんね(^^
改めて読んでみて・・・チャイさんと”はじめまして”の挨拶してますね。以前の記事をじっくり読んでみるのも楽しいですね♪
  • 2008/06/10(火) 08:49:40 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ほお。。。。。このような記事があったんですなーどのような装備内容なのか ちと気になっておりましたので まさにナイスタイミング ここでまた疑問なのですが、、、、、、、コッヘルより医薬品のほうが多そうに見えますが この中身 また そのうちにでも 公開いただけたらうれしいですじゃ 小生の場合  マキロン バンドエイド 胃腸薬 虫刺され軟膏ですので 小さなビニールに入れておりまして ほんとうにコンパクトですわ はたして これでよいのかも判断できず 参考にできればと思った次第 kimatsuさんのようなヒル対策もしとかねばなりませぬで
  • 2008/06/10(火) 11:24:14 |
  • 風@携帯|URL
  • [編集]


★風さん★
僕のエイドキットですか? 残念ながら中身の撮影をしていないので、そのうち・・・でもよろしいでしょうか(^^;; 
軟膏は抗ヒスタミンがいいです。あと、大量の出血の際のためにビスマス剤は必須です。それに包帯&伸縮系の包帯、減菌ガーゼ、傷塞ぎや骨折の際の応急処置用のガムテープ・・・週末あたりデジカメで撮ってみます、たぶん(^^;; 期待しないでください。気まぐれです。
  • 2008/06/10(火) 21:54:10 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ユウさんの内臓露出とは珍しい!と思いきや、過去記事でしたかw

最近キャンプのスタイルに幅を持たせようとして試行錯誤中なワタクシ。
バックパッキングで行くキャンプの道具セレクトはなかなか難しいです。。。が、楽しいw

グランテトラを数個もお持ちとは!
大切に使ってやってくださいまし~

あと、ワタクシもユウさんのファーストエイドキットの中身が気になります~
  • 2008/10/07(火) 01:49:17 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

エイドキット


私もすごく興味が有ります。
v-116何を持っていくべきかすごく悩んでますんで
よろしくお願いねv-237
  • 2008/10/07(火) 05:10:41 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]


とても参考になります(^^)
現状、いくら軽くてもいらないものが一番重いことに気が付きました(^^;)
ただ、非常用の備えといらないものの区別を誤らないようにしなくては。。。
  • 2008/10/07(火) 14:46:09 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


私の”はじめまして”コメント、この記事だったのですね。
ちょっと恥ずかしいです~昨日、いまるぷさんにサポートして戴き
初登山体験してきました、ザック(荷物)の軽量化の必要性、改めて実感しました。
  • 2008/10/08(水) 11:24:52 |
  • チャイ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


そうなんです。
これは1年前の記事です。
ブログの引越しをして、記事の整理をしておりまして、記事のリニューアルをしてみました。

エイドキット、今度、記事にします(^^
  • 2008/10/08(水) 15:05:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


了解しました。
こんど、記事にさせていただきます♪
  • 2008/10/08(水) 15:06:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


必要なもの、不要なもの

これの見極めってなかなか難しいんですよね。
僕の基準は、「あったほうがいいかな」と思えるものは不要なものとして、真っ先にカットします(^^v
  • 2008/10/08(水) 15:08:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★チャイさん★


松本城の記事見ました。いまるぷさんと登山だったんですね!

でもチャイさん、この時に宣言していた上高地はクリアしちゃいましたね。過去記事のコメントって、なかなか感慨深いです♪

記事のお引越し、してみるものですね。
  • 2008/10/08(水) 15:11:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
今回は車のことではなく、キャンプ場のことについて書いてみましょう。 最近はキャン...
2007/05/23(水) 14:07:53 | キャンピングカー【キャンピングカー情報】
キャンプとひとくちに言っても、実に様々です。僕の場合、テント泊というと登山の際の宿営手段のひとつでした。あるときは雪洞、またあるときは岩の下、そしてまたあるときはツェルトやテント、といった具合で、テント泊はまったく目的にはなっていませんでした。それがある
2008/06/07(土) 19:26:15 | † ClubNature †
(クリックで拡大します)【逸品CLUB №6・続編】コンパクトな焚火台昨年、思わぬ場所で、思わぬ商品名で売られているアイテムを即買いしてしまいました。それは万能蒸し器として売られていた、間違いなくファイヤーボウル。グリリプットのファイヤーボウルを飽きるほど
2008/06/15(日) 18:14:34 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示