CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

休暇村乳頭温泉キャンプ場


[乳頭温泉郷] ブログ村キーワード
仕事で地方から呼ばれることはそうそう多くはないので、仕事そっちのけで地図を広げてあれこれ山を物色しはじめる。そして最初に用意するのは、これまた仕事とは無関係な登山靴と登山(キャンプ)装備一式

これを終えないと、どうも仕事の準備をする気が起きない。

以前、お呼ばれした志賀高原観光協会の場合は、どこの山に登ろうか・・・と考える以前に、志賀高原でプレゼンする企画の仕上げのための徹夜続きで、それどころではなかった。しかし今回はプレゼンテーションではなく、単なる打ち合わせ。準備も不要で、非常に嬉しい。

向かった先は秋田県。あと一ヶ月遅ければ紅葉だったのに・・・と思いつつ降り立ったのは田沢湖駅。名湯、秘湯が山ほどある温泉エリアだ。東北とくに田沢湖とか十和田湖は距離があるため近いようで遠い。こういう機会でもなければ、なかなか行くことができない。ホームには田沢湖の竜神祭で使用される巨大な竜の頭が展示されている。

 


田沢湖には打ち合わせ予定日の前日に入って、じっくりとあちこちの温泉と山を楽しもうという魂胆。荷物はキャンプ&登山装備をパッキングしたザックとその他装備品と仕事ツールを詰め込んだ赤いサブザック。アタックザックを背負い、手にサブザックを持つという、なんともおかしな格好になってしまった。総重量はおよそ8キロ少々。まずまずです・・・

田沢湖駅からバスに揺られること40分ほどで休暇村・乳頭温泉郷に到着。

休暇村の受付でキャンプ場の料金を2日分、2000円支払い、ついでに場所を尋ねると・・・キャンプ場まで1.8キロ・・・ということは徒歩20分。結構ありますね・・・仕方ないので、まずは休暇村で温泉。硫黄のにおいプンプンのにごり湯と茶色い湯の二つの浴槽。窓の外のブナの森から冷たい風が浴室内を吹き抜ける。外にはもうひとつ硫黄の露天風呂。東北は豊かなブナの森に恵まれているとうことが実感できる。

さて、キャンプ場に着くと貸しきり状態。オートサイト以外のフリーサイトの中から好きな場所を選びサクサクとテントを設営。以前ここは休暇村田沢湖高原だったのだけれど、いつの間にか改名し「休暇村乳頭温泉郷」になってしまったようだ。

周囲には黒湯、鶴の湯、孫六、蟹湯、妙の湯、大釜温泉など、どれもこれも秘湯風情たっぷりの掛け流し温泉がひしめいているのだから、新しい名称のほうがイメージにぴったりくる。しかし、徒歩だとけっこうな距離があるので少々つらい。最低でもMTBあるいはモーターバイクが欲しくなる。


今回は軽さを追及し火器はトランギアのみ。食器はチタン。まな板と包丁は無しでナイフで代用。ランプはキャンドル。フェザーの軽量シュラフ。そしてHEX3に組み合わせるのは唯一贅沢にキャンプベッド。これで7キロ少々。レトルト食品とザック重量を入れて8キロちょっと。ザックはZero Pointとミレー。登山用のジャケットもミレー。別にミレー信奉者ではない。





設営を終えたらトランギアを使ってインスタントラーメンを作って、遅いランチ。食後はどこの温泉に行こうか、わくわくする。

この乳頭温泉キャンプ場の楽しみは、温泉と登山。日本離れした雄大な起伏と柔らかな隆起が楽しめる秋田駒ケ岳や荒々しさが同居する乳頭山(烏帽子岳)が間近で、下山したら多くの秘湯が選び放題・・・こんな贅沢ができるキャンプ場はとても貴重です。

今回の目的は乳頭山(烏帽子岳)。いくつかある登山道のうち、荒れていて利用者が少ないとされている道の、その途中の温泉跡地で自噴する硫黄泉に入浴する、というもの。これに関する記事は、また後ほど。

休暇村 乳頭温泉郷キャンプ場
住所:秋田県仙北市田沢湖駒ヶ岳2‐1
電話:0187‐46‐2244
期間:7月~10月上旬
サイト:林間と芝生(フリーサイト)
・オートサイト(60区画)、・常設テントサイト(40)、・フリーサイト(45)
施設:管理棟・売店(この時期は閉鎖で、休暇村受付で対応してました)、シャワー、コインランドリー、炊事棟、トイレ(男女別水洗・紙あり)
料金:オートサイト(管理費500円+1000円:電源サイトは3000~)、フリーサイト(管理費400円+1000円)、常設テント(管理費400円+5000円)
※今回フリーサイト2泊で、管理費なしの総額2000円でした。
HP:休暇村乳頭温泉郷

地図はこちら


主要装備
1:トランギア、防水マッチ
2:チタンクッカー
3:ボトル+燃料300cc
4:下着パンツ1枚、軽量ジャケット1枚
5:フェザーシュラフ・3シーズン
6:キャンドル、ヘッドランプ
7:ロゴスアルミのソロテーブル
8:ポンチョ
9:HEX3・本体+ポールのみ
10:ロゴスキャンプベッド
11:水筒プラティパス
12:小型携帯ナイフ
13:ビニール袋、トイレットペーパー三分の一巻

総重量:約8500グラム
(ザック重量約4500グラム+キャンプベッド約4000グラム)
※サブザック内の仕事道具は含まず


関連記事リンク
・八幡平 ネイチャートレイル
乳頭山に登り、野の湯に入る
シンプルキャンプの定番ストーブ
・木賊温泉で男っぷりを磨く

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


あれれれれ コメントが消えてしまったような?
  • 2008/09/24(水) 00:22:17 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★fumiさん★
こちらも、でしたか(^^;;
先ほど、別のコメントにレスしたのですが、たぶん以前いただいたコメントというのは旧ClubNatureだと思われ・・・

引越しで、そのコメントが反映できませんでした。すみませんです・・
  • 2008/09/24(水) 09:15:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
乳頭温泉郷 鶴の湯 実は、日帰りなのです。 昨日、秋田市内のビジネスホテルに泊まって、今日昼前から鶴の湯はいって、3時のバスに乗らないといけないのです。 滞在の段取りは、 まず、混浴露天風呂にザブン ランチ 内風呂でゆったり また、混浴露天風呂 3時に撤収...
2010/01/19(火) 17:04:51 | 証券マンの全国グルメ旅
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示