CALENDAR
09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

白駒池キャンプ場:バックパッキング天国

080824_1.jpg


キャンプの中でも、とりわけネイチャーなのは、なんと言ってもバックパッキングでのキャンプ。荷を背にし自分の二本の足で歩き移動する。たったこれだけのことで、オートキャンプと比べ物にならないほどに自然を楽しむことができるのだ。

車で移動して観光するのと、歩いて移動して観光するのとでは、移動手段が違うだけで大きな差などあまりないように思える。しかし、実際に歩いて見ると、これが雲泥の差であることに気付く。

車で移動していると、実体験は車を降りた観光ポイントのみ。しかし二本の足で歩くと、点と点を結ぶ途中の全てが実体験となる。おおげさに言えば、車移動時の風景は、居間でDVDを楽しんでいるのとさほど違いはない、と思う。

背に荷という実体。風や陽射しや地上の傾斜を一歩一歩感じながら歩くという実体。こうして歩いた自然は、観光ポイント(キャンプ場)だけの分断された実体験とは違って、その一部始終が貴重な体験となって宝物のような記憶になる。だから、大人だけでなく、ぜひ子供にはバックパッキング体験を。

こうした素晴らしいバックパッキング型キャンプは、どんどん実践者を増やしている。人気のスポットはやはり上高地。小梨平キャンプ場や徳沢キャンプ場、ちょっと足を伸ばした涸沢のテン場が人気だけれど、上高地を超えるほどの気持ちいいバックパッキングスポットはまだまだ数多い。

そのひとつが八ケ岳。八ヶ岳とは言っても、バックパッキングで登山しなければならない、というのではなくて、気持ちのいい八ヶ岳ならではの風景の中をちょっとだけ歩いて、キャンプ場にアプローチする、というもの。

本来のバックパッキングであれば、山から山をてくてくと歩くことになるわけだけれど、ここにご紹介するのは、気軽にバックパッキング的なキャンプを楽しむことのできる場所。

080824_2.jpg場所は白駒池キャンプ場。北八ヶ岳に麦草峠という気持ちのいい高原の峠がある。ここの無料駐車場に車をとめて、キャンプ場まで数十分を、ほんとうに気持ちのいい風景の中を歩いて楽しめる。つまり、なんちゃってバックパッキング。でも、これだって充分にバックパッキングが楽しめるし、何よりも今までのオートキャンプに飽き足らなかった方にとって、ものすごく素晴らしい体験になるに違いない。

麦草峠に駐車場は何箇所かあるけれど、299号線(メルヘン街道)のいちばん茅野市側のパーキングが無料だし、コース的にもおすすめ。ここからだと、これからご紹介する八ヶ岳ならではの素晴らしいバックパッキングコースが楽しめる。用意するのは八ヶ岳の登山地図(5万分の1)とトレッキングシューズ。(もちろん雨具や救急用品などの装備は必携)

080824_3.jpg駐車場でトレッキングシューズに履き替えたらいよいよ出発。トイレ横に白駒池方面へのトレイルがある。ここを15分も歩くと麦草峠ヒュッテに飛び出す。ここからコースは面白くなる。最初は八ヶ岳ならではの苔生した森を堪能したら、いっきに風景が変り、まるでヨーロッパの山にでもいるかのような気持ちよく開放感満天の世界。

080824_okuniwa.jpg
親子で楽しみながら木道を歩けば30分しないで「白駒池キャンプ場」への分岐表示が出てくる。キャンプ場まではわずか。短いトレッキングだけれど、中身は濃い。到着したキャンプ場を管理するのは青苔荘という山小屋。キャンプ場はシンプルだけれど、ものすごく美しい。樹間からは青い湖が見える日本離れした景観が堪能できる。

080824_camp.jpg 080824_camp2.jpg

できればこのキャンプ場に2泊して付近の丸山や高見石小屋、湿原を散策するニュウへのコースなど堪能したい。ほんとうにこれでもか、というくらいキツイ登山をせずにネイチャーランドが堪能できるんです。

もしも・・・足に自信があれば、ぜひ天狗岳(東天狗)へ。小学生程度の子供なら、なんなく踏破できるコース。白駒池のキャンプ場から片道3時間あれば到着できるし、危険な箇所はナシ。登山者も比較的多いしルート整備もされている。バックパッキングキャンプで登山デビュー・・・ぜひ。ここの秋は素晴らしいです♪
※それに天狗は知る人ぞ知るUFOの名所でもあります♪

080824_4.jpg


◆白駒池キャンプ指定地◆
管理:山小屋「青苔荘」
現地:090-1423-2725(予約不可)
連絡先:0267-88-2082
料金:大人500円(子供400円)
備考:標高2100メートルで夜は寒いほど。トイレまでの距離はややあるけれど、山岳のテント場と比較すれば快適。もっと快適ならいいのに、というごく一部の意見もあるようだけれど、ここはキャンプ場というより、山のテント場として考えれば、整地されて平坦なサイト、日陰、トイレもあるし、売店も近い・・・充分以上の充実度。これ以上快適な環境はないと思う。
青苔荘HP

地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


白駒池までは歩いていったことがあります。
こんな手軽なキャンプだったら、私にもできるかも♪
  • 2008/08/24(日) 10:13:59 |
  • ピータン|URL
  • [編集]


おぉ!まさにワタクシ向きのナイスサイトではないですか!!
来年のヒショヒショ候補地にさせていただきますw
  • 2008/08/24(日) 11:02:09 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


30分くらいで歩いて行けるキャンプ場
手軽でいですね~無理せず行けますね!
子供と行きたいけど・・行かないだろうなぁ~(笑)


来年の候補地(^^)!
  • 2008/08/24(日) 13:57:08 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


ユウさんがこんなに気持ちいいバックパッキング野営をしてる時、僕はその足元で腰がぶっ壊れるかと思う程の肉体労働に勤しんでおりました^^;
北ヤツって結構お手軽コースが有って好きです。双子池も静かだったなあ。


おばんでやす。 昨日から一泊で奥秩父にバックパッキングのキャンプ行ってまいりましたぞ。それも先月の超軽量ザックの記事に刺激されて手に入れたシルナイロンの超軽量ザックで!!! 結果は~~~~~超~~~~快適!! ライペンの超軽量テント、イスカの軽量マット、ユウさんのマネしてエスビットの超軽量ストーブ、チタンの軽量コッフェル~~~~で、総重量5.8Kg。すご~く、ラクチンでしたぞ!
山は軽さは正義~~って、つくずく実感なり!
  • 2008/08/25(月) 00:20:51 |
  • 風|URL
  • [編集]


★ピータンさん★
ほんとうにお気軽・お気楽です♪
機会があったら、ぜひバックパックで白駒池まで行って、キャンプ楽しんでみてください♪
  • 2008/08/25(月) 09:43:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★いのうえ さん★
ここ、避暑にもなりますが、秋の紅葉の季節はことのほか美しいです♪
  • 2008/08/25(月) 09:44:55 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★チャイさん★
場合によっては、男いっぴき、ソロキャンプにいかがですか(^^ 
  • 2008/08/25(月) 09:46:15 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★monkichi88さん★
山小屋・青苔荘がすぐ横だし、ちょっと湖畔を散策した先に白駒池の山小屋があって、そこのソフトクリームも楽しめます♪
  • 2008/08/25(月) 09:48:50 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブさん★
重労働のノブさんを傍目に、極楽キャンプしちゃって、恐縮です(^^;;
  • 2008/08/25(月) 09:53:42 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
GossamerのG6Whisperですか?!
僕は友人から借りて使用して魅了されてしまいました!早く自分のG6Whisperが欲しいのですが・・・お金がなくて(^^;;
うらやましい・・・・
  • 2008/08/25(月) 09:57:23 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


これはですな~~背面パッドがないもんで、背中のフィッティングを整形するのが骨折りじゃもんで^^;; マットをエアーではなくて、ウレタンのコンパクトなタイプにして、それを背面にパッキングして背中のパット兼用にするのがベストと結論 中身が透けるので、防水袋で小分けパッキングしたのを入れるときれい^^ そんなに神経質にならず ごく普通に使えるザック
  • 2008/08/25(月) 15:58:29 |
  • 風|URL
  • [編集]


★風さん★
中身スケスケー、は今愛用している軽量サブザックでも同様なので、ノープロブレムです。
これは、毎回、
パッキングに工夫が必要ですね。
慣れてしまえば、たいしたことないのでしょうけど(^^♪
  • 2008/08/26(火) 09:36:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


以前は毎年蓼科へ旅行していたのでこの麦草峠は何度も走った事があるし無料の駐車場で休憩した事もあります、車で標高2000mを越えるこの峠は大好きなドライブコースでした。
しかしあの駐車場から少し歩けばもっと素敵な場所があったのですね、いつか行ってみようと思います。
  • 2008/08/27(水) 22:23:32 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★横道さん★
さすがに標高2000を越えると、涼しいですよね。
この素晴らしい場所は、駐車場からスニーカーでも行けます。ハイヒールの女性もいました(笑)
  • 2008/08/27(水) 22:41:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]

まだ過去記事お引越し中?


前に読んだ穴場キャンプ場を探そうとしましたが、文字が改行なしでビッチリ&画像なし(;_; まだ整備中でありましたか!
  • 2008/09/30(火) 16:27:13 |
  • 風|URL
  • [編集]

★風さん★


そなんです
まだまだ、データを流し込んだだけで、これから改行やら画像やら・・・あ~~頭いたい
  • 2008/10/01(水) 17:29:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

キャンセル


本日、ここ!! 白駒池のテント場に行こうと考えておりましたが、天気が~~ということで来週に延期いたしましたぞな ピーカンの秋晴れ、秋空がいいですもん つーことで、自宅周囲をうろうろしとります それにしても成田のイオンモールは中国人ばかり
  • 2008/10/04(土) 15:56:04 |
  • 風|URL
  • [編集]


先日は突然のコメント失礼しました。
ユウさんのブログでこのキャンプ場を見て、どうしても行きたくなり先週出かけてまいりました。
ものすごく素敵な場所でした。荷物がまだまだ重かったのでバックパッキングをもっと勉強しなければと思いました。素晴らしいキャンプ場教えていただきありがとうございました。
  • 2008/10/11(土) 01:13:40 |
  • ハジメ|URL
  • [編集]

★ハジメさん★


こちらこそ、どうもありがとうございます。
白駒池は今が紅葉の真っ盛り!
池面に映った紅葉と青空はほんとうに美しいことでしょうね。
今年はもう無理ですが、来年はきっと・・・
  • 2008/10/11(土) 08:37:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示