CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

究極のリゾート

=ClubNature仮想調査室潤・3=


手にした雑誌にこういう記事が掲載されていた。

「この贅沢な空間こそがリゾート・・・アルファトマム・・・」
「リゾートの究極は温泉。温泉といえば箱根。箱根は宮ノ下の富士屋ホテル・・・」
これを目にした次の瞬間、僕は乱暴に雑誌の頁を閉じて、ゴミ箱に放り込んでしまった。リゾートについて、僕は一握りの貧しいばかりの知見しか持ち合わせてはいないけれど、それでもこの記事を読んだ瞬間、どうにも浅はか極まりない記事内容にムカムカしてしまったのだ。

僕らは普段なにげなく“リゾート”っていう言葉を使っているけれど、そもそもリゾートって何なのだろう。

避暑・避寒・保養のための土地(大辞林)
避暑・避寒・行楽などのための土地。保養地(大辞泉)


しかし英文でresortとは、上記同様の意味を持つ以外に、他力本願、助けを求めたり、何度も帰る場所・足しげく通うなどの意味を表す場合にも使われる。

つまり、何か外部からの助力を求めて足しげく通う、という本来の機能なり意味が隠されているのではないのか・・・と、ここまで考えたとき、はっと思った。避暑にしろ避寒にしろ、それは暑さ寒さから逃れるために助けを求める行為なのではないのか、と思ったからだった。さらには、避暑避寒など快適に過ごさせてくれる場所に繰り返し足しげく通う・・・つまり、こういうことが、やがて避暑避寒保養のための土地をリゾートと呼ぶようになったのではないのか、と直感したからだった。

しかし、先の雑誌の記事にあったように“究極”のリゾートの定義となると、これだけでは決定的に選択基準が不足する。そこで、以上の考察を元にリゾート機能を定義してみることにした。

<リゾート機能の定義>
リゾートの機能1:リゾートとは人間の心身をリフレッシュし、蘇生させる機能を有する。
リゾートの機能2:リゾートとは人間の満たされない心の渇きを癒し、幸せにしてくれる機能を有する。
人間の生存に不可欠なものである、ということを前提にさらに考えると、人間の身体の飢えを癒すのが田畑であるなら、心を癒すのがリゾートである、と言い換えることもできそうだ。これらをもとにリゾート全体の定義を明確にすると・・・

<リゾートとは>
リゾートとは、人が心の飢えを癒し、何度も帰る場所。人はそこで蘇生し、幸せになって戻ってくる。
となるのではないだろうか。

つまり、リゾートとはゴルフ場やスキー場やホテルといったレジャー施設ではない、ということ。上記の要素を満たさなければ、いくら立派なレジャー施設があっても、それはリゾートではなく、レジャー施設に過ぎないことになる。

言い換えれば、リゾートとは人を蘇らせ、幸せにすることができるソフトであって、レジャー施設というハードではない、ということ。ソフトとは考え方であり魂であり物語であり、ハードとはモノであり施設。

ほんとうに大切なものは目に見えないんだ」と星の王子様が言い、テグジュペリを信奉するジミー・ディーンがぼそりと呟いたけれど、まさにそのとおりだと思う。

リゾートとは、生まれ変わる(蘇生)するために何度も帰る場所・・・これから連想できるのは“あの世”だ。あの世がリゾートであるのなら、リゾートの別名はパラダイス(天国)か。天国は清き水と緑、動植物たちで満ち溢れ、悲しみや心配は無く、飢えもない。それはまさにエデンの園。人類はここを追い出されて以来、パラダイスを求めて下界で苦悩しているのだろうか。

では、この世のリゾートはなんだろう。その原型をたどってみると庭園に行き着く。紀元前のギリシャの哲人らは哲学や天国の真理を形にするために庭園を造った。庭園には、宇宙の法則がこめられている。そういえば日本でも小堀遠州などは庭園に宇宙を写し取っていた。龍安寺の心字池は、心の字を模(かたど)ったとされているが、事実は宇宙の秘奥をここに封印し、天への入口を秘かに地上に創りだしたのだ。

心字池の“心”は天の川の“竜”の頭部分の形象だと僕は断定する。天の川の各部位(溥儀など)が神話とともに書に描かれ字(ツンギ文字など)となった。その天の川は、上下に二つの頭を持つ竜として秘儀参入者らは捉えている。

話が脱線してしまったけれど、リゾートのひとつの形態は“ガーデン(庭、庭園)”ということになる。桃源郷もエデンの園もガーデンという要素を含んでいる。ガーデナー(庭師)とは、本来は哲学を持ち、宇宙の真理・法則と秘儀を知り、人に救いの物語を提供する聖なる職業だった。庭園デザインの根本には宇宙の法則があり、宗教があり、人を癒し幸せにする哲学がある。

庭には、水があり、緑が生い茂り、花が咲き乱れる・・・ということは、自然(ネイチャー)こそが究極のリゾートということになるのではないのか。なんてことを考えつつ、ClubNature(クラブネイチャー)もリゾートに近づけたらいいなぁ、なんて思ってしまいました(^^;;

さらに突っ込んで“究極のリゾート”というものを考えると、日本の神社仏閣という存在に行き当たる。その昔、どこの村にも鎮守の森というものがあったという。うっそうと茂った木立の中に、掃き清められた参道があり、手水の清水が涼やかな水音を響かせる・・・

人は、ここで何かを願い、感謝し、時には神々と一緒に飲み食いし、禊を行い、清められて蘇る。これこそ幸せの原型ではないだろうか。そして、はっと思った。もしかしたら、日本最初のリゾートを作り出したのは・・・弘法大師(空海)だったのではないだろうか。

四国の山岳地に88箇所の霊場を開拓し、その巡礼をシステム化した弘法大師。人は仮の死を体験し、そして新たな生として蘇る・・・という究極の見立てが働く究極のリゾート“四国八十八ヶ所巡礼”。近年のリゾートは数年、数十年というものが多いけれど、四国八十八ヶ所巡礼地は千年以上経た今でもなお、多くの人を魅了し続けている。かくいう僕もチャンスがあれば、お遍路したい。

江戸時代にお伊勢参りなどで流行した伊勢神宮、熊野詣での熊野、富士講の富士山・・・リゾートには気持ちのいい場所というハード(環境)に加えて、幸せになれるソフト(物語)が必要だ。

<ClubNatureの結論>
究極のリゾートとは温泉などではなく、魂を安らかにさせてくれる救いの物語(見立て)であり、豊かな自然であり、それが形になった場所が「四国八十八ヶ所巡礼地」である。
そういえば山には菩薩や如来、仏の名が付いているものが多い。もしかしたら縦走も一種の巡礼になり得るのだろうか・・・こんなことを思っていると登山者が巡礼者に見えてしまいそうだ(^^;; リゾートとは救いの物語に満ちた劇場空間である。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


『言葉』を『記号化』しちゃう方が、発信する側には簡単でラクチンなんですよねー
逆に言うと、『記号』に惑わされ食い付く人が多い、ってのもあるんですがw
いずれにしろ『本質』で物事を見極められない人が増えたってことなんでしょうね。
もっと言えば、作られたイメージに浸る事で満足できる、心が「安い」人が増えたってことなんでしょうw
リゾート=心を癒す場所・モノ・コトなんでしょうけど、それすら買う事で手に入れられる。現在の需要側も供給側もが望んだ結果かなのもしれませんねー
はぁ、貧しい『社会』だw
  • 2008/08/23(土) 12:59:52 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


違和感を感じながらも、すっかり型に嵌ってがんじがらめ、
今更型から抜け出すということは、
今までの自分の生き方を否定すること
と、錯覚して踏み切れない。。。
という人が結構存在しているようにも思えます。
  • 2008/08/23(土) 18:29:37 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


★いのうえ さん★
そうなんです、記号化です。
諸悪の根源です。
記号化すると、なんとなくわかった気になりますが、じつは何も実体を知らなかった、ということに。
天国まで買う時代にならなければいいな、と思うこの頃・・・
  • 2008/08/24(日) 10:10:28 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★onkichi88さん★
その型にはまっているのすら気付けないという仕組み・・・いちど全てをリセットするのって、とても勇気が必要なんですよね(^^;;
  • 2008/08/24(日) 10:12:00 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


出だしの一文、笑えますね^^
山に行かないと心身が淀む。訳無く山の中に居ればなにか帰って来たと言う安堵感と充足感。別におもてなしされている訳でも無いのにこんなに癒されて帰って来れる。
金の臭いがする所は、心落ち着かん。
WindowsよりMacの方が使い心地がナチュラルだと僕は感じているがそれも関係が有るのだろうか^^;(←余分な事ですみません)


★ノブさん★
自然あってこその人間ですもんね。
お金は必要ですけど、それだけになっちゃうのも考え物ですし。
僕も、最初はMAC派でした(^^;;
今はWindowsを使うようになっちゃいました・・・昔、クラシックとか?FXとか、ものすごい高いのを無理して買った記憶があります(^^;
  • 2008/08/25(月) 09:41:33 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
海外の旅先でで、メニューを見ながら、指さすだけでも何とか食事にありつくことはできます。でも・・・それではちょっと悲しいですよね? 自分の食べたいものをきちんと言葉で伝え、そのお店のお勧めメニューなどを聞いて、楽しい食事を楽しみたいものです。
2008/08/30(土) 21:39:19 | レストラン探しで英会話
(クリックで拡大)日本という国は、つくづく水との縁が深い国だと思う。リゾートとは理想土。パラダイスであり楽園であり、そういった場所には緑と花が溢れ、そして水が豊かに流れている。世界の大部分は清らかな水とは程遠い環境での暮らしが強いられている。それを思えば、
2008/08/31(日) 21:58:43 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示