CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

SIMONDのピッケル

【逸品CLUB】SIMOND SuperD


080804_1.jpg少年の頃、親から譲り受け、17歳頃まで愛用していたピッケルがあります。フランスのモンブラン山群の登山基地として賑わうシャモニーの鍛冶屋・シモン家が手作りしたシモンのピッケルです。

シモン家がピッケルを作り始めたのは1860年代。アドルフとフランソワの兄弟によって、シャモニーモンブラン登山者のための道具が作られたのが原点といわれています。この初代兄弟の意思を受け継ぎ、1900年代初頭に2代目となったのがクラディウス・シモン。そしてクラディウスの後を引き継いだ3代目、ロジャー・シモンの頃になると、ピッケル、クランポンは手作りではなく量産型になり、ピトンやカラビナまで手広く扱うように。

僕が少年の頃愛用していたピッケルは、シモンのスーパーDというモデル。クラディウス・シモンにより手作りされる貴重なモデルです。

080804_3.jpgもともとシモンのピッケルは直線的なデザインでした。スーパーDでも、前期、中期モデルまでは、直線基調で構成されていますが、このスーパーDはカーブが強くなり、ピック(先端)の角度も急になっています。これは後期モデル(モデル5)で、氷の壁に打ち込んで使用することが目的になったための変化ではないでしょうか。昨日のアイスアックスは、両手に持って完全に氷壁に打ち込んで登るため、ピックの形状がさらに急降下のカーブを描いています。しかし、戦前戦後あたりは、このようなデザインのピッケルで氷壁を登っていたのですね。

こうした微妙なカーブでも、当時としては先鋭登山の道具だったのでしょう。ピッケルは登るだけでなく、滑落した際の制動ツールでもあります。頭から滑落した場合、横に転倒滑落した場合・・・様々なケースで様々な滑落制動テクニックがあります。あるいは、プレートで氷にステップを切ったり、セルフビレイ・確保のためのスノーアンカーとして使ったり・・・かなり便利な道具です。

080804_4.jpgこのような木製シャフトの手作りピッケルは、ひたすら難易度を求めるゲームクライマーが見たら、まったく使い物にならない時代遅れのモデル、と見えるかもしれません。僕自身も、使っていませんでした。「常念山脈に遊ぶ」というblogを展開されている「いまるぷ」さんの記事に“槍ヶ岳のピンバッジ”が登場しました。そこにあったのが、昔ながらのピッケルでした。

年老いたら、そのときは、以前、夜叉神峠で記念撮影した写真をアップしましたが、あのときのようなニッカボッカーにニッカーホース(ソックス)姿で、こうした時代遅れのピッケルを手にして、高低にこだわらず一年中あちこちをのんびりと山旅したいものです。もちろん、ザックは、帆布製の一本締めアタックザック

キスリングは・・・懐かしいけれど、背負いたくありません(笑)

ippin.gif


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


植村直己さんも生前
このスーパーDというピッケルを
愛用していましたね
まさに名品だと思います
古き良き時代のピッケルですね
  • 2008/08/04(月) 13:45:46 |
  • かずや|URL
  • [編集]


1900年代初頭のピッケルということですか!山岳博物館に展示されるべきような代物ではないのでしょうか。
オクで高値がつくのも納得ですね。
  • 2008/08/04(月) 16:44:09 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


ユウさん、ありがとうございます。
ウールのニッカーに、裏出し一枚側のアッパーレザーに、
一本締めのザックを背負って、稜線を歩く...
これって、スタイルの問題じゃなくって
根源的な冒険心の問題だと思うのですよ。
もちろん先鋭的な登攀はなされている...
冒険しようというのではない。
普通の登山者は違いますね。
一般ルートをコースタイム見ながら歩く。
でもそこに、山脈開拓期の浪漫が欲しい。
冒険はしないけど、冒険の匂いがする場所にいたい。
う~ん、ニッカズボン、嫁に縫ってもらいます。
  • 2008/08/04(月) 20:23:07 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]


★かずや さん★
植村さんの物語は読んだことありましたが、これをつかっていたとは驚きです。
もっと大切にしないと・・・と思いました。
  • 2008/08/05(火) 11:27:41 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
そうなんですよね。
一度ヤフオクに出したことがあって、
どんどん金額がつりあがってしまい、なんだか惜しくなって友人に落札してもらいました(^^;;;
これを手に、昔ながらのスタイルで山歩きしようと思います。
  • 2008/08/05(火) 11:29:30 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★いまるぷ さん★
そうなんですよね。
自分の責任で立って歩いて・・・というところです(^^
まず入門は5万図かもしれませんが、それを2万5千図にした時点で、コースタイムの呪縛から解放されます。水平距離、高度差から自分なりの予測タイムを割り出しますが・・・こうした小さなことがらでも、開拓期の浪漫を十分に楽しめますし♪
お互い、ニッカスタイルで、山旅しますか?!涸沢で落ち合って、前穂の北尾根をのんびり稜線散歩するのも気持ちいいかもしれません♪
  • 2008/08/05(火) 11:36:55 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


私、全く山登りには明るくなくて・・・
山登り系の記事に気の利いたコメントできないんですが・・・(^^;
先日初めてマンガの「岳」っていうのを読みまして、、、
山登りの悲痛な現実に思わず涙してしまいました。
なんとなく「山登りの世界って厳しいのかな?でも登頂の喜びは格別なんだろうなぁ」と漠然と考えておりましたがこれほどまでとは・・・
喜びも悲しみも一緒の過酷な世界。
そんな世界を覗いておられるユウさんと、ただ自然があるだけの山に畏敬の念を抱かずにいられません。
主人公の三歩もこんなピッケル(前記事のも)使ってたな~って思わずコメントさせていただきました(^^;
  • 2008/08/05(火) 23:23:45 |
  • lag|URL
  • [編集]


★lagさん★
ほんとうは、ここはキャンプ中心のブログだったのですが、たまに登山的な記事もどうしても入ってしまいます(^^;;
登山はスポーツと違って、以前だと、完全自己責任の世界でしたが、今では手軽に救助を要請するような、観光的な日常の延長になってしまった観があります。
僕も、最近は、難関ルートに挑みたい・・・なんてことはせず、のんびりと山旅派に変りつつあります。
その岳?という作品は知らなかったのですが、山を題材のコミックがあるんですか?!
ちょっと探してみます(^^b
  • 2008/08/06(水) 08:18:11 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示