CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ケロシニスト御用達?「灯油スポイト」

080722_1.jpg


シンプルキャンプの浸透とともに、フュアハンドランタンなどの昔ながらのケロシンランタンが見直されてきてますね。ここのところだんだんと愛用者(ケロシニスト ^^ ; )の姿をフィールドで普通に目にするようになりました。

僕は、やわらかな灯りで自然の暗さを破壊しないケロシンランタンの優しさが好きです。特別複雑な構造を持っているわけではないので、メンテナンスもカンタンだし軽々。

自己計測による燃焼時間は18時間少々。燃料タンク密閉度の関係で、なるべく移動時にはタンク内をカラにしています。ですから、燃料注入の際にも、使用する時間を考慮して灯油を入れるようにしています。灯油を注入する際に一般的なのはファンネルです。コフランコールマンからファンネルが発売されていて愛用している方も多いのではないでしょうか。

080722_2.jpgただし、こうしたファンネルだと、どうしても注入量の加減が難しい。で、僕が注目したのは“灯油スポイト”なるもので、マナスルなどのケロシンストーブを愛用していた学生時代から愛用しています。これはストーブから残った灯油を吸い上げるスポイト。灯油ポンプ同様に上部を指で押してから吸い上げます。

080722_3.jpg気になる1回の吸い上げ量はマックスで100cc前後。灯油を入れた燃料ボトルからこれで吸い上げて、ランタンに給油するというわけです。

吸い上げ量として個人差もありますが、これの八分目を目安にすれば一回あたり40~60cc。フュアハンドランタンの場合タンク容量が340ccなので6回弱でほぼ満タンになります。燃焼時間は60ccで約3時間。つまりスポイト一回で3時間、灯をともすことが可能です。ですので10時間灯したかったら多少多めに3回、あるいは4回入れるのを目安にしています。

シンプルキャンプ(シンプソン)では、場内照明のない、自然をより肌身で感じられる気持ちいいキャンプを目指しますので、そんなときの常夜灯としてスポイト3回分。そして、多少の誤差を考えて1回余計に入れます。

灯油スポイトは、ホームセンターで200円前後で売っています。残った燃料の吸い取りも、もちろんこれひとつ。入れる、抜きとる・・・こんな安いありきたりのアイテムですが、非常に役に立つ優れものです。

◆関連記事◆
日常で使うフュアーハンドランタン
シンプルキャンプ【塙ふれあいの森キャンプ場】

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


灯油を使うランタンなんですね。
静かなキャンプにもってこいのアイテムですね。
  • 2008/07/22(火) 11:41:09 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


フムフム、6回で満タン近く給油できるんならアリですよねー
実はワタクシ、先日灯油入れっぱなしでキャンプに行ったら漏れてました。。。グハァ
  • 2008/07/22(火) 12:55:36 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


これ、小生、ストーブの灯油抜くときに買いましたぞ。
電動ポンプでは底の灯油が抜けずに、どうしたもんだろうと思っていたところ、ホームセンターで発見。使い終わって、たぶん捨ててしまったかも(~_~)
  • 2008/07/22(火) 18:20:58 |
  • 風|URL
  • [編集]


ふ~む....
満タン入れて消える迄放っておく.....
いいかげんすぎですかあ?
あ、僕の場合は移動無しですのでね^^/
>やわらかな灯りで自然の暗さを破壊しないケロシンランタンの優しさ
そ~なのよ!お手元が暗ければスポットヘッドライトでOKでしょ。


これと同じ物使ってます!
確かに色々な給油道具使ってみましたが、
どれもイマイチだったり・・・
これ使い出してからはあまり給油にストレス感じなくなりましたよ(^^
(大量の給油は形状上難しいですけどね(^^;)
  • 2008/07/23(水) 00:05:09 |
  • lag|URL
  • [編集]


★ダミアンさん★
この手のケロシンランタン、オイルランプは、芯に沁みこんだオイルが自然に燃えるにまかせる、とてもネイチャーな灯り。
圧をかけて、燃料を気化させて燃焼させるものより、自然で気持ちが落ち着きます。
静かだし、柔らかな灯りは、シンプルキャンプの必需品です♪ けっこういいですよ。オススメ(^^
  • 2008/07/23(水) 09:22:32 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★いのうえ さん★
あらら・・・
いのうえさんも、お漏らししちゃったんですね(笑)
そういえば・・・・僕は白ガスが着衣にお漏らししちゃって、知らずにライター使ったら、青い炎のファイアーマンに大変身したことあります(^^;;
  • 2008/07/23(水) 09:25:57 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
さすが風さん。
始末のしかたも、さすが・・・(((^^;
  • 2008/07/23(水) 09:26:56 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブ さん★
プライベートキャンプ場用ですもんね~!移動なしで、キャンプ・・・これはうらやましすぎです。
僕の場合、田舎暮らしとはいっても、やっぱりキャンプの雰囲気とは違うので、移動しなければなりません・・・
こんどノブさんのキャンプ場、顔出してもいいですか??
  • 2008/07/23(水) 09:28:48 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★lagさん★
さすがMO ROOMに手を出すだけあって、すでにいろいろなアイテムを活用済みなんですね。
当初はマナスル付属のファンネルを利用していたのですが、溢れたり、少なかったり・・・で、ものすごく苦労しました。
これを使うようになってから、注入量を把握しながら入れられるので、ひじょうにラクになりました(^^
  • 2008/07/23(水) 09:32:43 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


確かに いくら入ったかな??
って給油中思いますね^^
オイラはトランギア使ってますけど
セルフのスタンドでコレに0.5Lっていうと
機械上0.5は入れられないんです^っていわれました^^;
ちょっと話しそれますけど白ガスランタン
抜いたほうがいいって話と満タンにして保管って話しありますけど どっちがいいんですか?いつもすみません^^;;
  • 2008/07/23(水) 12:05:01 |
  • simoji|URL
  • [編集]


★simojiさん★
ちょうど今、「いまるぷ」さんのところに行った帰りです(笑)blogデスガ・・・
これ、いろいろな方がいますから、迷いますよね。
僕はちょこちょこ出かける際には満タン保管で、シーズン終わりでしばらく使わないな、と思ったら完全カラにして、一日中まで乾燥させて、防錆材を軽くタンク内に吹きます。
で、久しぶりに使用する時に、白ガスで軽く中を洗浄してから満タンにします。
これ、あくまでも、ClunBature流です♪
  • 2008/07/23(水) 12:24:12 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示