CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

超軽量ザックG6ウィスパー

080717_1.jpg

超軽量ザックG6ウィスパー
【Gossamer Gear G6 Whisper】


超軽量化の波はとうとうザックまで変えようとしている。今まで僕の持っているザックの中で軽量といえばノースフェイスの20リットルのサブザック。極薄ナイロンで作られており、200グラムちょと。しかしGossamer Gear G6 Whisperはそれをはるかに凌駕するスペックのザック。

容量33リットル(推奨容量15ポンド以内)。重量はなんと99グラム。もう笑っちゃいます。ヤクルト2本分ですよ。発案したのはライトウェイト・バックパッキング界の宣教師的なライアン・ジョーダン氏。もうジョーダンじゃないです。彼の著書は、かの有名なLightweight Backpacking and Camping。今までこのGossamer Gear G6 Whisperを手に持つジョーダン氏のサイトをお気に入りにリンクしていましたが、先日削除してしまいました。とにかく、Lightweight Backpacking and Camping誌は、ひたすらギアの軽量化を目指すバックパッカーたちのバイブルです。

080717_2.jpg素材はHEX3などでおなじみの“シルナイロン”。シリコンコーテッド・リップストップナイロンの210デニールです。さらりとしていて引っ張り強度と耐水性にすぐれ、風のように軽い素材です。しかし引き裂き強度はありませんので岩角や立ち木の枝など要注意。ストラップはショルダーのみ。33リットルの容量ですから、ヒップストラップは軽量化のために省いたものでしょう。ショルダーストラップのフォーム材は必要とあらば取り外しも可能。

通常備わる背面パッド類もナシ。これは、僕の愛用する軽量サブザックも同様です。このタイプのザックでは、通常だと着替え、雨具などの衣類やリッジレスト、Zレスト(Cascade Designs)などのマット類をパッドがわりに背面にパッキングする。これは、昔の山岳部などで使われていた帆布製のキスリング(ザック)などでおなじみの方法。

さて、この超軽量ザックでどれほどのバックパッキングが可能でしょうか。

先日記事にしたBlack Diamond社のシェルターテント“HiLight”を持ち、チタンコッヘル、ガスストーブ+ガス1本、キャンドル、プラティパス(水筒)、エマージェンシーキット、軽量コンパクト雨具、ドライ系フーズ、ヘッドランプ、携帯ラジオ、トイレットペーパー、緊急時の着替え用アンダーウェア1組、シュラフマット、フェザーシュラフ・・・などを持つとしてざっと3泊~4泊はバックパッキングが可能でしょう。

もちろん超軽量化のギア類ですから、ジョーダン氏がしているように、片手で軽々と持ち上げられるはずです。

HEX3は軽量ですがNESTを持参するとなると重量増ですので、クローズ環境を居住に求めつつ計量化を図るなら、やはりアライテントかブラックダイヤモンドでしょう。しかし、これはあくまでもG6 Whisperをメインザックとして考えた場合のこと。メインザックは別にあって、軽量かつ容量の確保できるサブザックが必要という場合にチョイスするのもいいかもしれません。つまりキャンプをベースにトレッキングする際の現地行動用ザックとしての用途です。もちろんクライミングにも・・と書きたかったのですが、素材がシルナイロン。引き裂きに弱いので岩角などで裂けるリスクが大きいため危険です。ということで、あくまでもバックパッキング(トレッキング・ハイキング)用途に限られます。

もしも余裕があれば、これは常備しておいて損はないザックだと思います。ウルトラライトバックパッカーの、心強い武器になるザックです。僕は、現在200グラムちょっとのサブザックを愛用していますが、もし今数泊程度のライトウェイトバックパッキングおよび行動用サブザックを手に入れるとしたら、G6 Whisperを選びます。もちろん、独善的ギア評価です(^^;;

G6 Whisperの3Dヴュワー
Ryan Jordan with the G6 Whisper

追記7月19日:繰り返しになりますが、シルナイロン(210デニール4オンスのウレタンコーテッド二重壁リップストップの生地ナイロン)なので、岩角や木の枝で裂ける危険があります。しかし、そんなに神経質になる必要もないでしょう。

推奨の内容量は15ポンド以内。6キロ程度の荷ですので、これだったらテントも含めて3泊程度は可能な重量です。しかしあくまでもライトウェイトを標榜するバックパッキング(山歩き)向きです。ここにこんなことを書くまでもなく、上にThe Magazine of Lightweight Hiking and Backcountry Travelのサイトの”Ryan Jordan with the G6 Whisper ”記事へのリンクを貼ってますので、その中に取扱説明書がPDFでダウンロードできます。ご興味ある方は、ぜひそちらをご参照ください。

別製品で愛用しているシルナイロンのサブザックは、中身が透けて見えることはさておいて、普通に使用していても今まで特に問題はありません。ノースフェースのライトウェイトザックよりも丈夫だし軽い!G6ウィスパーは十分に普通に使い倒せるザックですよ。

中身が透けて見えるザックなんてあたりまえにありますから。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


この100グラムちょっとの違いが山なんかでは重要なんでしょうね。
シビアな世界です。
  • 2008/07/17(木) 14:15:59 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


オミヤは気に入っていただけましたか?
とつぜん、まことに、すみませんでした。
小生、職場が成田なもので、いつでも行けます、ふふふ。
  • 2008/07/17(木) 15:09:26 |
  • 風|URL
  • [編集]


★ダミアンさん★
これ、30L超で99グラムです!
まさに奇跡的な軽さです。
一般的に1500グラム以上もあるザックが一般的ですが、その10分の1以下の重さです。これはすごいです。
  • 2008/07/17(木) 17:51:53 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風 さん★
おいしくいただきました(^^
ありがとうございます。
偶然メールチェックしたからよかったものの、
かなり危険だと思います。
僕は、結構、メール無視しますから(^^;;
  • 2008/07/17(木) 17:53:06 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


99gは法外に軽量ですね!
Lightweight Backpacking and Campingは本以外にも雑誌版があるんですか。購読してみたいです。
それにしても、風さん神出鬼没ですね。^^
  • 2008/07/17(木) 21:01:46 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
すごいですよね!
99グラムですよ。
シェラカップより軽いんですから
それも33リットル・・・
ちょっと知人をあたって実際に体験して、よかったら入手に動こうと思います。
これは雑誌は出ていなかったと思います。
あ・・・誌というワードですか?!これ誤字です(^^;;
関連サイトはbackpackinglight.comというWebマガジンです。マニアックすぎるので削除しちゃいました(笑)
  • 2008/07/17(木) 21:20:33 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
お気に入りリンクに復活させました(^^
  • 2008/07/17(木) 21:24:21 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


すごい軽量ですね!
私だとすぐ切っちゃいそう
  • 2008/07/18(金) 05:20:20 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]


ユウさん、おはようございます。♪
いつも重さに泣いている私には朗報です。(^O^)/
軽さと強度、どこまで進化しましょうか。
でも、このザックは究極ですね。
自分のは…。
あはは、どれも10年以上使用している重みのあるものばかりです。(^<^)
  • 2008/07/18(金) 07:01:45 |
  • クロちゃん|URL
  • [編集]


これは軽いですね~! 99g?すげ~です。
ライトウェイトもここまでいけば、もう芸術の域です。でも私だったら、すぐに壊しそう(^^ゞ
  • 2008/07/19(土) 02:47:00 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★恵那爺 さん★
薄いうえ、伸縮性のないトンボの羽のような素材なので裂けやすいですもんね。僕もメインは他のアタックです(^^;;
  • 2008/07/19(土) 08:30:44 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★クロちゃん さん★
そうなんです。これはライトウェイトの究極です。全てを軽さのためにつぎ込んでいます。
僕のザックでイチバンの古参は・・・もう30年使ってます。まだまだ現役の紫のカリマーです。写真にも時々写っています(^^
  • 2008/07/19(土) 08:32:12 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumi さん★
藪コギしたりクライミングしなければ、まあふつうに使っている分にはだいじょうでしょう。友人2人がこれを使用していますが、シリコン系シーラーで補強しています。
そういう手があったか・・・と。
内容量6キロ少々までならOKなので、3泊のバックパッキングは余裕そうです♪
  • 2008/07/19(土) 08:36:16 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


本日、成田のスポーツオーソリティでシルナイロンの異様に軽いザックを見つけ購入しましたよ。 めちゃくちゃ軽い軽い、ルンルンしちゃうほど奇跡の軽さ。
こりゃあいいもの手に入れましたぞ。
おっしゃるとおりで、普通に使えそうですぞ。
中身がスケるので 変なものは入れられませんが、ほっほっほ
  • 2008/07/28(月) 22:20:23 |
  • 風|URL
  • [編集]


こんばんは~、GOSSAMERは欲しいバックパックの宝庫ですが、これだけは絶対手を出してはいけないだろう(笑)と思っていた逸品です。
  • 2008/07/29(火) 19:10:17 |
  • roadman71|URL
  • [編集]


★風さん★
成田にこれ売ってるショップがあるんですか?!
成田だったらすぐなので、僕もぜひ行ってきます。スポーツオーソリティって、アメリカのショップですよね?!
  • 2008/07/30(水) 09:33:42 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★roadman71さん★
最初は、なんてクレージーなザックなんだろう、なんて思っていましたが、今では全ての装備の軽量化で、どれだけ身軽になれて、行動範囲も広がるのだろう?という期待感です(^^
クレージーなワクワク感です♪
  • 2008/07/30(水) 09:38:20 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
(下の画像はクリックで拡大します)CN(クラブネイチャー)流シンプルキャンプ、名付けてシンプソン(シンプ尊)。えと・・・“シンプルキャンプは尊いぞ”っていう程度のものですので、お気になさらずに(笑)以前より、度々登場させてきた、手のひらサイズの焚き火台。
2008/07/17(木) 10:11:21 | † ClubNature †
キャンプスタイル同様に、テントひとつとっても実に様々。どれを選ぼうか・・・迷ってしまいますね。僕の場合、キャンプの目的は3つ。快適家族オートキャンプ、シンプルキャンプ(ソロ含む)、山岳キャンプです。1:快適家族オートキャンプ《目的:快適リゾート》高さ、広さ
2008/07/17(木) 10:11:36 | † ClubNature †
【逸品CLUB №15】エスビットポケットストーブ僕が究極のソロストーブとして愛用しているのがエスビットポケットストーブ。思えば25年前にスイスメタのメタクッカーを軽量化が求められるクライミングで使用して以来このかた、どこに出かけるにも必ず持参しています。当
2008/07/17(木) 10:11:52 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示