CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

混浴の秘湯・湯岐山荘

080710_1.jpg


温泉好き、というよりも、山屋の心をくすぐる温泉宿です。なんたって名称が湯岐山荘(ゆじまたさんそう)ですから(笑)

なんだか、ものすごく懐かしい・・・・その理由がどうも判然としないのだけれど・・・この懐かしさは、なんなのだろう。子どもの頃、初めて連れて行かれた山麓の山小屋とか、新潟魚之川の河畔の古い釣り宿とか、ああ、そういえばカヌーキャンプの天国のような場所・・・奥銀山キャンプ場を擁する小白沢ヒュッテにも似ているし・・・建物に入る前に、ぼーっと突っ立ったまま、そんなことを考えてしまった。


奥銀山キャンプ場は、豊かなブナの森の中にある最高に気持ちのいいキャンプ場のひとつ。風が吹けば木漏れ日がきらきら揺れて、何もしないことが、こんなにも気持ちのいいことだったかと思わせてくれます。カヌーもできるし、下の只見川では釣り三昧も。もちろん尾瀬や平ケ岳の登山基地としても最適。トウゼン直火で焚き火も可能。ソロテント1張¥1,000円。そしてオートキャンプができない、というのもポイント高し。いつ行っても空いている天国のようなキャンプ場です。バックパッキングでのファミリーキャンプにも、ここならオススメです。
奥銀山キャンプ場(小白沢ヒュッテ)HP

じりじりと照りつける日差しの下、汗が流れる。しかし、一歩日陰に入れば風がひやりと涼しいのはありがたい。あとわずかで、けたたましいセミ声がこのあたりいっぱいに満ちるのだろう。

ここは福島県の東白川郡。十重二十重に山並み連なる故郷のような場所。風がふくたび、濃い緑の匂いがむんと香る。遠くに聞こえる蜂の羽音に、あくびを誘われるほどの長閑(のどか)さ。高山などに行かずとも、こうした豊かな自然はどこにでもある。かえって、こうした場所のほうが人も少なく、自然を堪能するには好都合だったりする。

このことはキャンプ場選びにも当てはまることで、だからへそ曲がりの僕などは、ブログを巡回して誰もが記事にしない場所を探し回っている。もちろんガイドブックも読むが、それは掲載されていないキャンプ場を確認するためなのだから自分でも笑える。

さて、湯岐山荘は新湯岐温泉のエリアに位置する。多くの地図では新湯岐温泉という表記ではなく“三つ又温泉”とされているのも、正体を隠しているようでワクワクさせてくれる一要因。この近くには“塩沢グリーンビレッジ”のような高規格・温泉キャンプ場である「湯遊ランドはなわ」がある。しかし、こうしたありのままの自然の中で過すのであれば、付近にひっそりと存在する低規格型のオート不可な自然タップリのキャンプ場で過すべきだ。そして温泉は、この湯岐山荘。

付近には当然ながら温泉宿が数多くある。その中でも湯岐山荘は広々とした気持ちよさと混雑とは無縁の秘湯感があってとても気に入っている。道路から山に入るわき道の先にあり、豊かな森に囲まれた別天地。見えるのは山ばかりというロケーションも気に入っている。そのたたずまいは、まさに山荘、あるいは別荘といってもいいのではないか。とにかくのびやかで気持ちいい姿。

080711_2_20090120164644.jpg 080710_3.jpg


干泥の湯1号泉」という独自の源泉を持ち、湯船は3つ。男湯と女湯、そして男女入替制の大露天風呂。混浴となるのは男の入浴時間。混浴は以前記事にしたように、若い女性たちに囲まれて以来、入るのは気が引けてしまいますが、ここの露天は、あのときのようなうら若き女性の姿もほとんどなくて、安心して入っていられる。これも高ポイント。

もしも女の子が入ってきたとしても、優に数十人がのんびりと湯を楽しめる広々湯船だから、無視してもいられるだろう。福島県の塙ふれあいの森キャンプ場や、あるいは尾瀬方面で遊んだら、ちょっと車を走らせて秘湯ムード楽しめるこの湯をぜひご堪能いただきたい。無色透明ながら、つるつる感は気持ちがいい。誰にも教えたくない温泉です。

◆新湯岐温泉「湯岐山荘」(白川I.Cから1時間)◆
場所:福島県東白川郡塙町大字湯岐字三ツ又2番地
電話:0247-43-2121
料金:500円
泉質:単純温泉・32度・pH9.1(干泥の湯1号泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩など
ホームページ:塙町HP

地図はこちら

◆湯岐温泉が位置するのは阿武隈山中の川上川の上流。1533年に播磨公が発見したと伝えられている。昔から「中風の湯」として知られる。湯岐(ゆじまた)の由来は、源泉が花崗岩の割れ目から湧き出していることに起因する。春の山菜取り、夏の渓流釣り、秋のきのこ狩りなど四季を通じてアウトドアが楽しめる天国。

◆300年の歴史ある共同浴場は男女混浴。山形屋旅館で入浴料を支払って利用する。ぬる湯のため、長時間入用が楽しめる。付近には「湯遊ランドはなわオートキャンプ場」があり、温泉キャンプが楽しめる。僕が利用するのは、人気があるここではなく、塙ふれあいの森キャンプ場。オート不可、森の中で直火が可能な穴場キャンプ場。付近の折篭渓谷などではヤマメやイワナが釣れる。

◆関連記事:塙ふれあいの森キャンプ場でシンプルキャンプ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

                                               
Comment


うひゃー、また天国のような場所連発ではないですか!!
こちらで紹介されてる場所だけを辿ってしばらく旅に出たくなりました。
が...これ以上社会から遠ざかってしまうと真面目にヤバいので、ガマンするのが大変ですw
  • 2008/07/10(木) 12:15:33 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


この湯岐の温泉もいいでするが~中にちょっとだけ書かれていた銀山のキャンプ場、よさげでするね~!!
薪は枯れ枝を自由に拾って~ってありましたでする。来週の連休に行きたいでするよ
  • 2008/07/10(木) 18:05:40 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


混浴ですか・・・・。
気が小さい自分にはは入れないなきっとw
  • 2008/07/11(金) 04:03:18 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


★いのうえ さん★
僕も旅に出たいですね(^^
バックパックでの、自由気ままな旅・・・してみたいなぁ
カブを手に入れたら、バックパックではありませんけど、あちこち、うろついてみたいです♪
  • 2008/07/11(金) 08:49:12 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
奥銀山は、ほんとうに素晴らしいですよ。まさにこれぞキャンプだ!っていう醍醐味が味わえます♪
  • 2008/07/11(金) 08:50:13 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ダミアン  さん★
若い女性のほうが、平気で入っていたりしますから(^^;; 慣れればどおってことないのでしょうけれど・・・なれるまでが・・・(笑)
  • 2008/07/11(金) 08:51:31 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


混浴、無色透明なお湯・・・なるほど・・・
カテゴリーに「混浴」も追加してもらいたくなります(笑)
というかカテゴリーはタグのように複数選択できると良いですよね~
夏は涼しい場所へ行きたくなります。
  • 2008/07/13(日) 10:35:25 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★横道さん★
混浴にするか温泉キャンプにするか・・・迷いが生じそうですね(笑)
そのうち、上方記事が蓄積されたら、そのときに混浴タグで、タグバナー作ります(^^
・・・でも、混浴は避けてるから・・・蓄積するかなぁ
  • 2008/07/14(月) 09:27:05 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


この記事
見逃しておりました。
こんな混浴温泉、、もしも、ですが
もしも大町方面にあったら、
ぜし、教えてくださいませm(..)m
  • 2008/07/19(土) 02:58:14 |
  • fumi|URL
  • [編集]


あの、、、できれば来週くらいまでに、、、
お盆直後の山の帰りに
ぜしとも行ってみたいなと、、、、なければ
べつにいいんですけど(^^ゞ
  • 2008/07/19(土) 03:00:00 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★fumiさん★
あいにく、大町近辺の混浴は知らないです。すみません。大町から東方面の山間部にある昔ながらの美麻村には、気持ちのいい温泉があります・・・でも混浴ではないです(^^;;
  • 2008/07/19(土) 08:50:28 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumiさん★
お盆にどちらか山に行かれるんですか?楽しみですね。社会人最初の夏・・・でしたっけ(^^;; ??
  • 2008/07/19(土) 08:51:39 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
ヒダル神という妖怪がいます。この妖怪は山中で人に憑き、意識朦朧とさせて、最悪の場合死に至らせるのだといいます。有名なところではヤビツ峠。江戸時代の山廻り同心は、ヒダル神のために、自分の分とは別に握り飯を持ち、ヤビツ峠にさしかかるとそれを谷に投げて、逃げる
2008/07/10(木) 10:08:50 | † ClubNature †
楽しい湯めぐり日記!!
2008/08/05(火) 13:18:11 | 楽しい思い出
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示