CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

エスビットポケットストーブ

【逸品CLUB】エスビットポケットストーブ

080629_3.jpg
【過去記事をリニューアルしました】


僕が究極のソロストーブとして愛用しているのがエスビットポケットストーブ

思えば25年前にスイスメタのメタクッカーを軽量化が求められるクライミングで使用して以来このかた、どこに出かけるにも必ず持参しています。当時はLONZA METAを使用していたため、ポケットストーブとしてメタクッカーをチョイスしたのだけれど、現在はよりコンパクト収納できるエスビットのストーブを愛用しています。

この分野にはさらに強力な超究極ストーブが存在するのだけれど、それは別の機会に。

さて、通常、一泊二日程度の山行やキャンピング、バックパッキングではエスビットをメインストーブに、サブにはネイチャーストーブを持参します。ネイチャーストーブは、もし万が一メタやエスビットが使用不能になった場合の担保。リスクヘッジです。ではエスビット(メタ)の底力はいかほどのものなのか・・・それを検証します・・・

080629_2.jpgまあ検証とは云っても、クラブネイチャー調査部はアバウトなので、適当に読み流してください。

ポケットストーブは85グラム。内部でエスビット(メタ)を燃焼させると非常に筐体自体が熱くなります。この熱対策に役立つのがタイル。ミニテーブルなどアルミ素材の上にこれを置き、その上にポケットストーブをセット。


080629_0.jpg燃料として使用するのはメタ(Lonza Meta)。通称スイスメタ
ドイツ製のエスビット。スイス製のメタ。
どちらもメチルアルコール系固形燃料。メチルアルコール(メタノール)なのでメタなんですね。

なぜメタにこだわるのか、と言われても理由はなくて、中学生の頃から愛用していたために今だに固形燃料といえばメタを選んでいるだけの話。


◆コーヒーをいれる
080629_4.jpg使用するのは王道シェラカップ

これは正真正銘のアメリカ・シェラクラブのシェラカップ。同じような形状でシェラカップなんていって売られているのをよく目にしますが、これを買うのであれば、SIERRA CLUBと刻印された“本物のシェラカップ”をオススメします。

あるいはロッキーカップですね。

さて水を200cc入れて、メタ一個をストーブに投入。相変わらずメタは素晴らしい勢いで燃えます。外気20度。水200ccが沸騰するのに約4分弱。充分に一個で間に合います。音なしで沸騰し、熱いコーヒーが味わえる・・・贅沢です♪
080629_5.jpg


・外気温:20度(無風状態)
・水:200cc
・燃料:メタ1個
・時間:沸騰まで約3分50秒
※いちばん重要なのは風をブロックすることです。


◆ラーメンを作る
使用するのはスノーピークのチタンクッカー。分量が増えるので、熱効率のいいチタンが役立ちます。

080629_6.jpgポケットストーブにメタ2個を投入し着火してクッカーをのせます。クッカーには水500cc
スープも全て飲み干すことを考えた、廃棄物を出さない分量です。その分、最後の粉スープの分量も少し減らします。

メタ二個の火力はさすがに強く、沸騰までわずか4分弱。


ここにチャルメラを二つに割りいれ、ポケットストーブにメタをさらに2個投入。火力がさらに強くなり、ぐつぐつと煮立っています。頃合を見計らい粉スープを投入し完成。まだメタは燃えています。完成までの合計時間は6分少々。早いです。

080629_7.jpg 080629_8.jpg

これが高山地帯になると沸点が低くなるのでさらに早くなるかと思いきや、麺が柔らかくならないので時間は同じ。やや水分量を大目にするのがコツです。余談ですが、チタンクッカーで炊飯すると焦げ付きやすくなりますが、そんな時は江戸時代の炊飯方法が重宝します。

この炊飯方法は“湯取り法”と云って、多めの水で米を煮るように炊く方法。ぐつぐつ湯だって頃合を見計らって、余分な湯は捨てて蒸らします。ふっくらしたご飯が炊き上がります。東南アジアのジャングルの部族もこの方法です。実際に旅したボルネオのダヤク族もこの湯炊き法で炊飯していました。

■関連リンク
・ボルネオ島アドベンチャー・カヌーキャンプツアー添乗員体験記
・ボルネオ島アドベンチャー・カヌーキャンプツアー2
・ボルネオ島アドベンチャー・カヌーキャンプツアー(完結篇)

・外気温:20度(無風状態)
・水:500cc
・燃料:メタ4個
・時間:完成まで約6分
※いちばん重要なのは風をブロックすることです。
ソロキャンプはもちろんですが、十代後半に、メタクッカーで数週間、南アルプスのほぼ全山を歩き回ったことがありました。当時はネイチャーストーブなんてありませんから、これ一本。一日10タブレット計算でメタを150タブレットほど持って、人のほとんど入らぬ最奥エリアをごそごそと歩き回りました。

080629_10.jpg

この写真のセットはメタ40タブレット+エスビット20タブレット。およそ一週間分の燃料とストーブが、この手の平サイズに収納できます。重量はおよそ160グラム。どうです、軽いでしょ。


◆関連リンク◆
・ネイチャーストーブはメインバーナーになり得るのだろうか。
・ソロキャンプのための焚火台

ロンザ スイスメタ(META)
ロンザ スイスメタ(META)

やっぱりアルコール系固形燃料の定番はメタ。ただし価格が高いのでこのナチュラム価格では僕は購入しません。メタは探せばけっこうセール価格で手に入りますし、海外通販で大量仕入れします。今であれば楽天で52%セールやってます。20タブレットで200円少々。もちろん僕は大量購入済みです(笑)昨夜の時点で残り15個でした。◆コチラ

Esbit(エスビット) ポケットストーブ/スタンダード
Esbit(エスビット) ポケットストーブ/スタンダード

昔の定番はメタクッカー。今はこのポケットストーブでしょうね。シンプルキャンプを標榜するのであれば、サブとしてこれはひとつ持っておいても損はありません。バックパッキングで野山を歩き、気持ちいい場所でコーヒーを、というときにガスストーブの“ゴー”という音は野暮。野鳥や山から山を渡る風の音を楽しみながらお茶をわかす悦楽が味わえます。重量は85グラム。このセットについてくるタブレットでも、最低2泊の山旅が楽しめます。

COGHLAN S(コフラン) エマージェンシーストーブ
COGHLAN S(コフラン) エマージェンシーストーブ

で、こちらはコフランです。A&Fが販売しているポケットストーブ&燃料ですが、メチルアルコール系ではないようです。サイズもやや大きくて重量は300グラム。山仲間はこれを使っていて、問題なく使用できます。コストパフォーマンスの面から考えれば、これが一番かもしれません。このストーブにも9分も燃焼する固形燃料が24個ついてきます。燃料がなくなったら、エスビットとかメタを使用すればいいと思います。かなりがっちりした造りになっています。

※2008年6月の記事ですが、内容を見直し、メタの持参個数などより正確な数字に修正しました。

ippin.gif


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


風に弱そうというイメージなので、近くの公園でコーヒーを入れて飲む時にだけ持参しているのですが、、エスビットで長期山行というのも可能なんですね。
テント内調理が基本で、風を考慮する必要ないということでしょうか。
ロンザメタはエスビットの燃料タブレットより高価のようですが、やはり高性能なのでしょうか?
  • 2008/06/29(日) 14:52:50 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


軽量且つ高性能と山登りのときというのは大変なのですね。
オートキャンプと比べると天と地ですよねw
  • 2008/06/29(日) 15:17:33 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


いいですね~これ、無音で燃焼・・・
私も、ザックの片隅に忍ばせたいです!


私はこのエスビットのほうがサブになってます
高山の場合のメインはプリムス。サブにポケットストーブ。
2000メートル以下の低山だとメインはジュニアガスバーナー。サブにポケットストーブ(笑
これをメインにする自信はありませんねーどうも(^^ゞ
  • 2008/06/29(日) 16:19:20 |
  • fumi|URL
  • [編集]


つい先ほど生還いたしました!
今回、メイン=ボルドーバーナー
サブ(保険)=エスビット
という装備でしたが、調理途中でボルドーがガス欠。コイツの出番となりました。
小粒ながらもなかなかの火力。おかげで御鶏様をおいしく頂くコトができました♪
やっぱり手放せない一品ですね。
  • 2008/06/29(日) 20:13:43 |
  • バードメン|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
旧メタは火力が強めです。海外マーケットから写真にあるような旧製品を探して手に入れていたのですが、すでに底をついてしまったようです・・・
現行はメタでもエスビットでもさほど変わりはないようです。
あと、登山、バックパッキングの際はテント内調理を基本にしてます。テント内で調理してテント内で食べてます(^^
テントはゴア素材のシングルウォールが人気のようですが、僕は一時シングルに浮気して再びフライを使用するダブルウォールに戻りました。雨天はじめ、ユーティリティ的に自立型のダブルウォールは機能的で快適です♪
  • 2008/06/29(日) 21:46:26 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ダミアンさん★
オートキャンプでもファミリーの場合はスノーピークのランドブリーズ設営し、ダブルバーナーもち込みます♪
  • 2008/06/29(日) 21:48:09 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
忍ばせるうちに、知らず知らす使用する回数が増えて、いつの間にかメインバーナーになる危険性もあります(^^;;
  • 2008/06/29(日) 21:49:12 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumiさん★
普通はエスビットやメタはサブバーナーですよね。僕も縦走やクライミングだったら、今は迷わずガスのプリムス選びます。
ジュニアガスバーナーでも、ブースターを使用すると3000メートルクラスでも問題なく使用できますよ(^^♪ ぜひ、機会がありましたら、ためしてみてください。
  • 2008/06/29(日) 21:52:46 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★バードメンさん★
うひょーボルドーがメインですか?!これはまた、すさまじいですね(^^;;
まさに放置系・・・その感覚がGoo!ですね♪
不調は・・・お決まりのノズル?ですか?この激しい雨の中、無事ご帰還、よかったです。
  • 2008/06/29(日) 21:57:23 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]



コメント間違えました。
ボルドーはガス欠だったんですね(^^;;
なるほどです。
昔、メスティンにボルドーバーナーを格納して持ち歩いていたこともありましたが、現在は、たぶん収納庫の奥で眠っています。こんど出して、火入れしてやろうと思います♪
  • 2008/06/29(日) 22:06:30 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ワタクシも今回、偶然にもバードメン氏同様ボルド-&エスビットでしたw
ちなみに今朝のコーヒーはコイツでいれました。
エスビットは想像以上に使えますよねー。
そいや、2つ合わせてトランギアのゴトクとして使った事もw
  • 2008/06/29(日) 22:32:43 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


コレ気になってます~
使うどうか分からないけど、持ってたいですね~(笑)
  • 2008/06/30(月) 01:17:58 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


★いのうえ さん★
いのうえ氏もバードメン氏もボルドー・・・・さすが放置メンバーです。今更ながら呆れました(^^;;;
エスビットポケットストーブのWあわせ技の伝説、風の便りで知っています(笑) その噂が本当なのかブログを読んで、笑ってしまいました。ここまでやるか~!って感心しました(^^;;;
あ・・・それよりも、洗髪風邪、こじらせないでくださいね。
  • 2008/06/30(月) 15:33:51 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★mb190splさん★
ファミリーキャンプだとあまり出番はないかもしれませんが、キャンプ場をベースに、ちょっと近場をハイキング・・・っていうときに、ものすごく役立ちます♪
音がしないのが、素敵です。トランギアなどのアルコールバーナーよりもお手軽です(^^
  • 2008/06/30(月) 15:36:04 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


 こんにちは!
昨日届いたので燃焼テストしてみました…自宅でですが?
ミニマムクッカーで400ccほど水を沸かしてみましたが、エスビット一つでは物足りなく2つ放り込んだら「アッ」っと言う間に沸騰してきましたね。
屋外でも折りたたみ式のアルミパネルの風除けでぐるっと囲めば問題なし!
ガスと違って高温になりすぎて爆発もありませんし、朝起きてコレで静かにコーヒーを入れたら最高ですね!
自然と一体化しているようでネーチャーストープにも手が伸びそうな・・・感じ?

★hiroさん★


hiroさん、ごめんなさい!
今までhiroさんの書き込み、わかりませんでした。
自然との一体感・・・まさに、これに尽きるんですよね(^^
  • 2008/10/03(金) 10:29:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


この記事、夏前に読んだ記憶があります。
でも、こうして引越しとリニューアルを機会に再び日の目を見て読む機会ができ、再読すると新鮮です。ブログって記事がどんどん埋もれてしまって、読まないですよねえ^^;
  • 2008/10/03(金) 12:29:19 |
  • fumi|URL
  • [編集]

★fumiさん★


学生時代に南アルプスを一ヶ月ほど徘徊した際の記録を読み直して、メタの個数が違っていたので、修正しました。

この引越しを機に、過去記事をリライトしてどんどんリニューアルする予定です♪
  • 2008/10/03(金) 22:07:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
【逸品CLUB:№2】一生モノのオリジナル・シェラカップクライミング、トレッキング、バックパッキング、オートキャンプなど、アウトドアで活動している人なら誰しも愛着のある道具というものがあるはずです。僕の場合は、クライミング道具ではなく、無骨でなんの飾り気
2008/06/29(日) 19:18:01 | † ClubNature †
(クリックで拡大します)(前回の続編のエスビットつながりの記事です)むかし愛用していたのがロンザメタを使用するメタクッカー。これを手に入れたのは、単にクッカーとして安かったからです。当事愛用していたマナスル、ラジウスといったケロシンストーブにはプレヒートと
2008/06/30(月) 19:36:48 | † ClubNature †
天気のよい週末に、ずっと書斎で仕事です。仕方ないので、仕事の合間の2時間ほどを費やしてアルコールストーブを自作。ストレス解消です。用意した材料は350ml.のアルミ缶ふたつ。2気室タイプのストーブの構造は、カットしたアルミ缶(高さ3センチ)の底ふたつに細めのアルミ
2008/07/06(日) 23:08:42 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示