CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

宇樽部キャンプ場 十和田湖の風景

070428_h2.jpg


大人、とでもいえばいいのでしょうか。

ただ湖畔に小さなテントとちっぽけなテーブルを設えて、目的もなく、ただ漠然と瑠璃色の湖面を眺めているだけのひと時が、これほどまでに満ち足りているとは。忙(せわ)しなく何かに突き動かされるように多彩なアクティビティを提供するキャンプ施設が多い中、何もないということがこれほど幸せだったのかと気づかせてくれる大人のキャンプ場。それが十和田湖の宇樽部キャンプ場です。

周囲を深い森に覆われた二重カルデラ湖である十和田湖には興味深い伝説があります・・・

以前の記事で蛇について触れましたが、その伝説もまた蛇。

奥羽山脈に暮らしていた八郎太郎という大男は猟をして肉を食い、余った毛皮を売って生計としていた。あるとき仲間と毛皮を取りに深山へ狩りにでた太郎は、渓流に泳ぐ岩魚を見つけ、獲ると一人で焼いて食べた。その美味に夢中で仲間の分も食べてしまった。
すると、どうしたことか・・・突然激しい喉の渇きが襲い、水桶の水を全て飲み干しても止まない。ついには川に口をつけ、川の水を飲み続ける。そして、ふと顔を上げて水面を見れば、映る己が蛇に変化(へんげ)しているではないか。
太郎は、やがて狩から戻って来た仲間に、自分は魔性の者に変じてしまたため水から離れることはできないのだ、と語ると、最後に親を頼むと言い残し、十方より流れる川を堰き止めて十和田湖を作ると、そこの主になった。
・・・というもの。
この話には続きがあって、十和田にやってきた熊野で修行した僧に追い出され、八郎潟の主になる、という結末。十和田とは、この物語によれば、十方の川を堰き止めてできたため十和田と呼ばれる、ということになります。そういえば山は“”と呼び、山脈は“オロチ”と古代では呼んでいたように、山と蛇とは深い関係があります。たとえば“ヤマタのオロチ”は、多くの尾根を持つ山脈と現代語に解釈することもできます。

うっそうとした深い森の中で、大蛇の伝説を持つ十和田湖は実に神秘的です。宇樽部キャンプ場に着いたら、まずチェアをひとつ出す。そこにゆっくりと腰かけて、目の前の湖面をじっと眺める。ときおり風がブナの枝葉をそよがせますが、その風はまた身体にしみ付いた日常の忙しなさまでも洗い流してくれます。

070428_12.jpg

何かしなくては、などとあれこれアクティビティを探すのも忘れて深呼吸。次に小さなバーナーでお湯をわかしてコーヒーを淹れる。こうして時差に身体を慣らすように、十和田湖の時間に感覚を合わせます。このひとときが実に楽しいんです。そうして落ち着いたころ、テントを設営します。ですので十和田湖のようなキャンプ場に出かけるときには、できるだけ荷を軽くして、設営時間は極力少なくします。かかっても20分を目安にしています。

ひまだなぁ・・・という気持ち。これが日常の心の角質だと僕は思っているので、もっともっと暇にする(笑) 暇だからこそ見えてくるその場所の大切な何かがあるような気もするんですが・・・。

こうした、たゆたうような自然時間に生きた最後の時代が江戸時代なのかもしれません。不定時法といって、夏と冬とでは時間が変る。暗くなれば寝るし、明るくなれば起きる。普段の暮らしでは味わえない、こうした自然のリズムを味わうのも、けっこう楽しいです。ランタンも持っていきますが、夜暗くなれば煌々と人工の光で照らさずに、寝る。そして夜明けと共に起きる。起きたら、テントの薄い生地一枚を通して聞こえる周囲の音を楽しみます。

070428_22.jpg

刻々と明ける夜明けを待って、そしてテントの入り口からパチリと一枚。それが、この写真です。

明日からキャンプを計画していて当分ブログは休止しますが、まだ行き先は決まっていません(^^; いつも当日の朝の気分で、目的地が決まります・・・放浪のようなキャンプです。では、また来週!
地図はこちら

◆東北関連記事リンク◆
・宇樽部キャンプ場
・八幡平 ネイチャートレイル
・乳頭山に登り、野の湯に入る
・休暇村乳頭温泉キャンプ場
・東北カヌーキャンプ 田沢湖キャンプ場
・木賊温泉で男っぷりを磨く
・宮城 吹上高原キャンプ場



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


十和田湖っていいですねー
自分も行きますよキャンプに
行き先はアルプスキャンプ場です
  • 2007/04/28(土) 23:09:25 |
  • fumi|URL
  • [編集]


宇樽部キャンプ場・・いいところでした~!たぶん三沢の米軍さんだと思うのですが国際色豊かなキャンプ場でした!
ここの難点おあげるならば・・・・朝モーターボートの音とそれによる寄せる波の音が湖畔サイトでは五月蝿いことでしょうか~4時はいくらなんでも~って思いましたわ。
とことん山など~東北のキャンプ場が紹介されていると嬉しいです♪
明日から福島旅、例によって湖をハシゴ予定です~ではでは~GW後半戦へGO!
  • 2007/05/02(水) 18:27:17 |
  • akasatana|URL
  • [編集]


おはようございます。
もしかして、まだ休暇中ですか?
  • 2007/05/09(水) 10:19:13 |
  • fumi|URL
  • [編集]


akasatanaさん>遅くなりました!すみません。確かにモーターボートの音と波があり、ウルサイナァ・・・と思いました。それをのぞけは素晴らしいんですけれど(^^; とことん山キャンプ場は残念ながら場内を散策しただけでキャンプしたことはないんです・・・東北の他の場所でもかわりにレポートしますね!
  • 2007/05/11(金) 00:12:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


fumiさん>遅くなりました!先日より復帰していましたが、ずーっとスタジオに入っていたため記事かけませんでした。すみません、ほんとーに。不規則更新です(笑)
  • 2007/05/11(金) 00:14:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
田沢湖高原 国民休暇村は 十和田八幡平国立公園にある休暇村です。美しいブナ林は季節を問わず心を癒します。乳頭温泉郷のお風呂自慢の宿です。 休暇村 田沢湖高原のおすすめプラン 宿泊プラン 泉林浴プラン 料金 お一人様 ¥9,000~¥10,000 消費税込・入...
2007/05/07(月) 00:26:40 | 国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行
岩手網張温泉 国民休暇村は、十和田八幡平国立公園に位置し、”千年の名湯”と呼ばれる網張温泉にあります。宮沢賢治が愛した雫石盆地を見渡す別天地です。 休暇村 岩手網張温泉のおすすめプラン 宿泊プラン 新緑を満喫!壱万円満足プラン 料金 お一人様 ¥1...
2007/05/19(土) 23:40:49 | 国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行
支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖です。支笏洞爺国立公園内にあります。所在地 北海道(石狩支庁) 面積 78.4 km
2007/07/23(月) 16:44:41 | 北海道札幌から始まり全道の観光地、観光名所、市町村の情報紹介
アウトドアライフの主なレジャーは、ハイキング・トレールラン・登山・など様々です。アウトドア とは、アウトドア・アクティビティ のことで、日本では一般にアウトドアという表現で使用されています。それらアウトドア用品は、ブランドメーカー品が使われることが多いです
2007/08/18(土) 10:13:41 | アウトドア道具の達人
東北地方には本当に素晴らしいキャンプ場がたくさんあります。そして何よりもキャンプ場を包み込む森がブナなどの落葉広葉樹なんです。もちろん関東や西日本にも広葉樹の明るい森は無数にあります。しかし、これに較べても東北の森や山は原初のままの豊かさを維持しています
2008/07/22(火) 14:44:00 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示