CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ブヨ対策とエジプト

080621_1.jpg


=ClubNature仮想調査室=


ブヨって、足元もそうだけれど、なぜか顔の周囲に群れ飛んで、目に入ることも多い。動物の場合、ブヨは目じりを狙うので、習性として目に寄ってくるのかもしれない。このブヨは水のきれいな場所に生息するので、“ブヨが居る”ということは自然環境が温存されている証拠でもあるわけですが・・・しかし、うっとおしい。

そいうえばエジプトでも太古の昔からナイル川のブヨに悩まされていたようで、たとえば聖書の旧約の出エジプト記には、イスラエルの民をエジプトから連れ出すことを許可しないファラオとエジプトに対し、モーセは自分が信じる神が10の災厄を起こす、と預言するくだり。杖で地を叩いてチリをブヨに変えエジプトの民や家畜を苦しめる、というように・・・ブヨ(または旧約のモーセの信じる神)に関する恐ろしく嫌悪すら覚える記述を見ることができる。

聖書はさておいて、このようにエジプトではブヨは定期的に大量発生していたようで、対策のひとつが目の周囲を隈取りする、あの独特のメークアップ。化粧品である顔料の中にブヨ除けの薬草を練りこんであって、それで目の周囲を縁取ることでブヨが寄らなくなるのだとか。

ではどんな薬草が入っていたものか・・・

ユーカリレモンなどのシトロネラ成分だったのか。しかし、虫除けスプレーにシトロネラをたっぷり入れても、ブヨだけは、どうも効果が薄い。であれば、もうひとつの昆虫忌避作用のあるカンファー?カンファーは別名“樟脳(しょうのう)”とも呼ばれる、クスノキ(松)から採取できる精油の主成分。

ブヨ対策用のスプレーにはメントール成分が使用されていますが、ペパーミント(メントール)が強すぎると顔噴霧はキツイです(^^;; カンファーは性質的にハッカ(メントール)のようなスースー感があり、やけど治療や強心剤、麻酔剤としても古代には使用されている。エジプトといえばミイラ作り、医術なども発達しており、その過程でカンファーが多用されていたとすれば、ブヨ除け成分としても活用されていたことも十分考えられる。※一般的にはハッカ水が一番ブヨよけに効果があります。ハッカ水2:水8、が目安で、スースー感に抵抗がなければ、ハッカの比率を高めても良いと思います。

もしもブヨにカジラレてしまったら・・・その時はスウィートオレンジオイルの精油とか副腎皮質ホルモン入のフルコート軟膏を塗る・・・あるいは“手身近な薬草”をすり込み対処。使用する薬草で代表的なものはヨモギ、フキ、ユキノシタ。これらの葉を手のひらで(石の上でナイフの柄で磨り潰すのがベストですが)よく揉み混んで青い汁がにじみ出てきたらブヨや蚊などに刺された箇所に乗せてしばらく固定。このときバンドエイドなどを使用すると便利です。乗せる前に、幹部を爪でギュッと押して毒気を出しておくとすぐに治癒します。
※ブヨは刺すのではなく、お尻カジリ虫のように、カジリます。だから刺された後、蚊とは別次元の痛くて痒くて辛い日々が続くんです(^^;;

僕のブヨ対策は焚き火です。

ブヨは煙を非常に嫌う性質があるため、サイトに着いてテントを設営したらすぐに付近の松葉、松ぼっくりや松の枝で燻すように煙多目の焚き火をします。ソロででかけるキャンプ場の多くは、たいてい貸切で直火OKの場所。ただし、直火OKであっても、灰の後片付けを考えて“逸品CLUB”でご紹介したような、手のひらサイズの焚き火台を使用。煙が付近に流れると、あっという間にブヨは霧散してしまいます。

この焚き火をさらに強力にするのが、先の薬にもなるヨモギ。普段から近所の野原でヨモギを採取し天日乾燥しストックしていて、これを焚き火や七輪にくべると・・・ブヨは逃げ散ります。そういえば・・・韓国の薬草蒸し風呂でヨモギをカンファーと呼んでいますよね。ヨモギ水をスプレーしてみたら、ひょっとしてブヨ除けとして効くかも・・・こんど試してみることにしよう♪

ふと思ったのだけれど、使用するのはたいてい松の枝マツボックリ。カンファーは松からも抽出できるので、煙に含まれるカンファー成分がブヨを追い払っているのかもしれない、と、これは思いつき。だとするとエジプトのメイクに含まれるブヨ有効成分は“カンファー”ということになるのでは?!

神秘家の間ではアメジストを入れた湯に入ると肌が非常に美しくなり、また虫に刺された箇所をアメジストでなでると快癒する、ともされているようです。これに関してはなんとも言いようがない(^^;

こんなわけで、ブヨは焚き火をすることで、寄らなくなるし、マツボックリや乾燥したヨモギを投入するとパワー倍増。僕にとって焚き火は単なる嗜好を越えて、なくてはならない虫対策なのでした(^^;; 他のキャンパーがいるところでは焚き火はあまりしないし、しても煙は出さないようにしています^^

=虫対策の関連記事リンク=
HEX3(シャングリラ)に最適なモスキートネット
虫よけスプレー
キャンプで出会う”こわい毛虫・かわいい芋虫・おいしい芋虫”

=焚き火関連記事リンク=
焚き火賛歌
素敵な焚き火は薪選びから(タキビストへ)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんちは!(^^)!
ブヨ、、きもちいサイトほど沢山いるような気がします(^^ゞ
焚き火の煙が効果あるのですね♪勉強になりました!(^^)!
清流の際のサイトでは即実行します♪
  • 2008/06/21(土) 11:57:44 |
  • piyosuke-papa|URL
  • [編集]


ヤマメを釣りに行くと必ずブトにやられちゃいます(>_<)
吸引器を使って毒?を吸い出し、そのあとはオキシドールパックです(笑)
  • 2008/06/21(土) 14:41:15 |
  • ジープ乗り|URL
  • [編集]


小生 このまえの記事読んでつくりましたぞ ユーカリレモンはネットで安かったためそこで通販購入。ハッカはドラッグで500円でゲット! 2対8だと、すぐになくなってしまいそうなので1対20程度で作る予定 これでもかなりのスースー度ですぞ 2対8は、小生には少しきつすぎかもしれませんな
  • 2008/06/21(土) 17:05:49 |
  • 風|URL
  • [編集]


いつも、ユウさんのブログの虫除け対策を参考にさせてもらっています。
今回のもかなり使えそうです。
次回のキャンプにでも早速生かせそうw
  • 2008/06/21(土) 18:27:57 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


★piyosuke-papaさん★
ブヨ(ブト)はホタルと同じようにきれいな水が必要らしいですね。ブヨに噛まれなければ、ほんとうに最高なんですけどね~♪
  • 2008/06/21(土) 20:21:49 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ ジープ乗り さん★
吸引器・ポイズンリムーバ、大活躍ですね。僕は、もっぱらツメでギュッと毒素を押し出して、軟膏です(^^;; 処置しないでおくと数日後から地獄の日々が・・・
  • 2008/06/21(土) 20:24:08 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
ハッカ水効果はいかがですか?刺激、強すぎますか(^^;; 顔の正面より、頭髪中心にスプレーしたほうがいいかもしれません♪
  • 2008/06/21(土) 20:25:39 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ダミアン さん★
キャンプと同時に、沢登りなどで薮に潜り込むことがおおいので、こういうものを自作するようになりました(^^;; 奥山の沢沿いは黒雲のようにブヨが群れてきます。怖いほどです。
  • 2008/06/21(土) 20:27:54 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


先月、シーサーでblog立ち上げたのですがネタがなく、毎日の日記のようになってしまっております(w
よく毎日更新できますよね。ワタシは毎日PCの前で頭捻っておりますよ。記事ひとつあたり時間かかりませんか?
ワタシのは、もうちょっと軌道にのらないとお恥ずかしくて公表できませんよ(*´∀`*)
  • 2008/06/21(土) 21:58:52 |
  • fumi|URL
  • [編集]


あぶ、ぶよ。
どっちも嫌なヤツですね。盆休みに山へ行くとアブは特に多い様です、時期なんでしょう。
ハッカ油が非常に有効と聞いてます。山仕事の方達はよく使っている様です。
暑い時にはスースーして気持ちいいかも知れませんね。
今度ブヨが活発に出る夕方頃から煙たくかな。


★fumiさん★
計ったことないのでよくわかりませんが、blogは1日30分ほど。blog記事はストレス発散手段なのでネタが切れる、ということはまずありません(^^;;
blogは記事・巡回含めて1日30分程度なので、一週間で3時間ちょっとといったところです。
fumiさんのblog楽しみです♪
  • 2008/06/22(日) 17:51:49 |
  • ユウ_Zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブ さん★
そういえば、いまはまだブヨ、ブトだけですが、これからアブが出てきますね・・・アブもうっとおしいんですよね。小さなやつだけならまだしも、黄色くて大きいアブは蜂と間違えます(^^;; ただ・・・蜂は人に群れてこないので、寄ってきた時点ですぐにブヨだ、ってわかるんですが・・・ハッカ水、たっぷり作って常備するのがいちばんよさそうですね♪
  • 2008/06/22(日) 17:54:50 |
  • ユウ_Zetterlund|URL
  • [編集]


ブヨ、ブト系はつらいですよね。
しかし大好きな焚き火が効果あるなんて
知りませんでした~。
結構かまれたあとはしばらく辛かったので
こんど「ここはあやしそうだな。。」なんて時
には焚き火をしてみる事にします。
ヨモギも拾っておいて常備しとこ。。。
  • 2008/06/22(日) 19:55:19 |
  • norinori|URL
  • [編集]


はじめまして。天と申します。
虫刺されが気になる時期になって来ていますし、虫が嫌いなので焚き火で虫除けできることを知りとてもタメになりました。
お気に入りに追加させてください。
これからもよろしくお願いします~。


★norinoriさん★
ヨモギ・・これは効きますよ♪ 他のキャンパーが多い場所だと、煙い、って言われちゃうかもしれません(^^;;
  • 2008/06/23(月) 15:31:17 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★天さん★
こちらこそ、よろしくお願いします。
煙って、スズメバチも逃げていくので素晴らしいです。
でも、焚き火すると、どういうわけか、いつも自分のほうに煙が流れてくるので、それが不思議です(^^;;
  • 2008/06/23(月) 15:38:54 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示