CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

奥久慈 上小川キャンプ場

080620_1.jpg


渓流キャンプ【上小川キャンプ場】

前回、ワイルド系の奥久慈・所谷キャンプ場を記事にしました。所谷はほんとうに昔ながらの穴場キャンプ場で、河畔と林間の両方がキャンプサイトになっていますが、夏場は林間だとブヨが多いのが難点。夏場の河畔の日中は、非常に暑くて、キレイな奥久慈の水流に身をひたすか、木陰で涼やかな風に吹かれるか・・・

まあ、ブヨ(ブト)がいる、ということは、それだけ水がきれいという証拠ではあるのですが、蚊と違って刺すのではなく「かじる」ので、始末が悪い。風がよく吹き抜ければブヨも群れることはできないので、樹木が密生しておらず、かつ木陰があるキャンプ場が夏場には快適かもしれません。

釣りができて、カヌーが楽しめて、浅瀬の清流では子供も大人も水遊びもできる。木陰に入ればひやりと涼しくて、広々開放的なキャンプ場。それが(穴場とは言えないかもしれませんが)久慈川の河畔にある上小川キャンプ場(奥久慈・所谷キャンプ場もカヌー、釣り、水遊びができます)です。もちろん、トイレは所谷同様にポットン・・・ですけど

080620_2.jpg

高規格ではありませんが、草地、林間、河畔から自由にサイトが選べます。広々とした景観が広がって、風がよく通る・・・ということはブヨが群れにくい環境です。さらにクヌギなど広葉樹系の太い木があちこちにあって、その下にベンチとテーブルが設置されており、灼熱の日中の河畔キャンプの避暑に気持ちのいいスペースとなってくれます。

080620_3.jpg 080620_4.jpg

おまけに、単線のローカル鉄道である水郡線が敷地の中を走っていて、ほんとうに時折ですが短い数両編成のかわいい車輌がコトコト走る姿が楽しめます。

080620_5.jpg

料金的には、安くはありません。ですが、普段キャンプなどしない友人を伴って出かけるには最高の場所です。河原ではデイキャンプする方が多く、砂地でスタックしている車が時々いるとのこと。僕はもっぱら鉄道高架横の草地がメインです。ここでキャンプしつつ、毛ばりで釣りして、汗を久慈川の清流で流し、サイトに戻って塩焼きしつつビールを飲む、というパターンです。

同じようなことが、奥久慈・所谷キャンプ場でも当然たのしめます。ツーリングあるいは釣り師などソロキャンパーが多い所谷。ファミリーの姿が多い上小川。どちらも僕は大好きなのですが、広々したリゾート的なロケーションの上小川は抵抗感なく誰でも過せると思います。でも、僕がジムニーでシンプルキャンプするのであれば・・・料金は数100円だし・・・利用者のほとんど居ない穴場の奥久慈・所谷キャンプ場の河原で焚き火をしつつ、魚を焼いて、バーボンを飲む、というのがいいですね♪
※マップに袋田キャンプ場という記載がありますが、ここはロッジばかりで、キャンプはあまりおすすめできません。

奥久慈・上小川キャンプ場
場所:茨城県久慈郡大子町頃藤3532
電話:02957-4-0006
サイト:150サイト(林間、草地、河畔)
期間:通年
料金:1,000円(大人)、500円(子供)
持ち込み料:1,000円(テント・タープ各1張り)
その他:レンタル品は豊富だし、夏場は生鮮食料品の売店もOPENします。直火も可能で、オーナーさんの気分によって、薪が無料になることがあります(^^;
地図はこちら
公式HP

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


砂地でスタック…
果敢というか、無謀なアタックをされる2駆の方、いらっしゃいますよね(苦笑)
4駆でスタックされてる方のレスキューに行くと、ハブがフリーのままだったり(笑)
見つけたらレスキューに行きますが・・・(^^;)
すいません。スタックに反応しちゃいました。。。
  • 2008/06/20(金) 11:33:48 |
  • ジープ乗り|URL
  • [編集]


これはまた気持ちの良さそうなキャンプ場ですね。ローカル線が敷地内に走ってるというのも子供たちが喜びそうです♪
写真のモデルさんは奥様ですか?^^
  • 2008/06/20(金) 11:46:48 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


昨日はお手数おかけしました。
地図見て確認したところ、やはり去年国道沿いに看板を見て立ち寄ろうとした所のようですね。
場所がよく分からなく、駅前で休息して通り過ぎたようです。
初河原キャンプということで、今回はこちらに変更しておきます。
色々有難う御座いました。
  • 2008/06/20(金) 12:09:40 |
  • hiro|URL
  • [編集]


ですよね~ ブヨはいないほうがいいですよね~
こんな鉄橋がキャンプ場の中にあるっていうのは珍しいのではないでしょうか。
ところで、先月のキャンプでブヨに刺された(噛まれた?)場所が、いまだに痛がゆくてたまりません どうしたもんでしょうかねえ 市販の虫ヨケスプレー、全く効果なしでしたし(泣)
  • 2008/06/20(金) 17:07:24 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★ ジープ乗り さん★
ちょうど河原が砂地になっているので、入り込んでしまうんでしょうね。そういえば、外房の白子海岸でもセダンで海間近の駐車スペースに乗り入れてスタックしている人いました(^^;; レスキューしようかな、と思ったら、横に止めていたジムニーがロープ出して救出にあたっていました♪
  • 2008/06/20(金) 18:08:33 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
そうです。怖い奥さんです(^^;;
ここのウッディハウスがキャンプより好きみたいです(笑)
  • 2008/06/20(金) 18:09:56 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★hiroさん★
そうなんですよ。ここは駅のちょうど真裏なので、アクセスわかりにくいんです。
駅を左手に見て、そのまま線路沿いの細道を行くと、すぐ左側に踏み切りがあります。踏切を渡って、こんどは線路の向こう側を駅方面に戻るようにして進むと・・・キャンプ場入り口が出現します。わかりにくいので、あまりキャンパーさんも多くはありません♪
我が家は、ここでファミリーキャンプのときは、ロッジ+タープ、という方が多いです(^^;;
  • 2008/06/20(金) 18:12:55 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumi さん★
沢登で藪漕ぎすると、ブヨが雲のように群れ寄ってきます。嫌ですよね。ペパーミントを毛嫌いするようですが、いまひそかに対策を考えています♪
  • 2008/06/20(金) 18:14:27 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


凄いうらやましいロケーションですね~。
キャンプ場に電車が走っているなんて
すごい。
昼間ガンガンそして夜通し走られると
ちょっと辛いですがたまにならええ感じに
雰囲気に浸れそうですね。
  • 2008/06/21(土) 01:14:07 |
  • norinori|URL
  • [編集]


★norinoriさん★
のどかな田舎の電車、なので
ほんとうに時たま走る程度です
子供は大喜びします♪
  • 2008/06/21(土) 08:49:06 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ユウさん初めまして。
ジムニー キャンプで検索してやって参りました。
私も昨年ジムニーを購入し、キャンプを楽しんでおります。
この上小川キャンプ場は私の行きつけのキャンプ場でして、ジムニーのほかにもバイクや徒歩で年に数回おじゃましております。
いつ行っても変わりなく落ち着けるいいキャンプ場ですね。
  • 2008/06/25(水) 21:50:33 |
  • まれ|URL
  • [編集]

★まれさん★


まれさん、レス遅れてすみませんでした!

近々、カヌーと燻製器を持参して、友人と再訪する予定です。

コメントほんとうに感謝します♪
  • 2009/08/27(木) 22:42:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
予約などしたくないし管理された区画サイトなんてもってのほか・・・なんて気持ちで選ばれるフリーサイトですがGW時期ばかりはフリーというシステムがあだになります。なんたって管理されないから花見のような場所取り合戦です。これはうかうかしてられません。せっかくキ
2008/06/20(金) 21:28:32 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示