CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ビビィバッグとバックパッキング

Mなキャンパーの方程式

080612_1.gif近年、ライトウェイト化の潮流で、よく耳にするようになったのが“ビビィバッグ(ビビィサック)”です。これは見たとおりのもので、シュラフカバーがそのままシェルターに変身したようなものです。有名アウトドアショップなどでも「もうテントは不要」などという文句とともに、このビビィをしきりにアピールして、それなりに売上もあげてはいるようです。が、これは元々ビバーク用ですので、テントとは根本的に異なります(^^;;

僕が、新しいもの好きの山仲間からこれを借り受けて使用したのは、たったの2度。最初は、新島々から島々谷をたどって徳本峠を越え上高地入りしてウェストン祭に参加する際に、まだ雪の残る谷で、雪に風除けの浅い穴を掘ってそこに寝た時。2回目は北アの縦走の際。そして、北アの縦走での散々な体験を最後に使用するのが嫌になり、使用しなくなってしまいました。

最近、HEXなどのシェルターと組み合わせて使用するために、個人輸入でREIのビビィを手に入れてバックパッキングなどに活用するようになりました。


ビビィは、軽くて、自然との一体感も味わえる最高の道具として、アメリカのバックパッカーの間ではわりとメジャーなシェルターですが、これを体験した僕個人の意見としては、日本にはあまり適さないのでは・・・ということです。日本の気候は北米と違って、雨が多く、登山では日に何度も、あるいは午後になると雨に降られたりすることが茶飯事です。北アの縦走の際もそうでした。

まず、夜半から雨になり、ビビィだけで寝ていたため出るに出られず、雨具をどれだけスピーディに着込むか・・・など悶々と考え続け・・・結局、外に飛び出して、横のザックから雨具を取り出し着込む間に、びしょぬれ(笑)。この日、雨天行動で目的のテント場に到着してツェルトを設営し、その中でビビィに入りました。であれば、わざわざビビィでなくとも、シュラフにシュラフカバーのほうがはるかに軽量だし、快適です。それに問題は雨天の調理。ビバークであれば調理は視野に入れずにOKですが・・・

僕個人の意見としてですが、日本の登山では、ビビィよりも、むしろICIゴア・ライトのような軽量・シングルウォールテントのほうがはるかに快適だし、さらには、ゴアを使用していないダブルウォール・・・つまりフライ方式の軽量テントのほうが前室もあり、雨天時の快適度はさらにアップします。ですので、僕は、よっぽどの目的意識がなければ、軽量なフライ方式の山岳テントを使用します。ただし、テントの代用としてではなく、ビバーク用あるいはHEX、タープなどのシェルターとの組み合わせて使用するのであればビビィは重宝します。

ですのでテント目的としてではなく、雨の多い日本の場合タープなどとの組み合わせがベストだと個人的に思っています。たとえば、HEX3やシャングリラなどの超軽量シェルターなど、まさにビビィの相棒にピッタリです。シェルターであるHEX3(NESTなし)のみをを設営し、中に軽量グランドシートとマットを敷き、そこにビビィで寝る・・・ものすごく軽量で機能的だし、風雨・雪にも快適だし・・・これこそ軽量なHEX3(シャングリラ)などのシェルターとしての機能を如何なく発揮できる理想のスタイルのように思います。

シェルターと組み合わせて、登山ではなくバックパッキング用途に・・・そう考えると、キャンプの際はシェルター+キャンプベッド、バックパッキングの際はシェルター+ビビィで、ということになり、NESTは不要。ゴーライトはシェルターだけであれば海外通販で199ドル前後。ビビィも手ごろな価格ですし、けっこうイケるかもしれませんね。

080612_h.jpg


もちろん、晴れていれば、ビビィで星を眺めながら寝る一夜は、開放感が抜群で、野宿してるんだなぁ、という気分も満点。ものすごく気持ちいい。ボクが現在愛用しているREIのビビィはちょうど目の部分だけがメッシュになているので、晴れた夜は地面にマットを敷き、そこに寝ます。HEX3+ビビィは、もしかしたらキャンパーのM(マゾ)度を計るリトマス試験紙かもしれない、と思う今日この頃。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

【参考:こんな改良型ビビィもあります】
ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター

従来型のビビィザックの使いづらい点を改良した新しい「ビビィシェルター」。

高さ確保で中に座れたり、荷物も入れられたり、重量も750gでテントよりも軽く、ツェルトよりも設営しやすい、とされています・・・なんだかよさそうです。たぶん、稜線の突風にも強そうです。緊急時用のツェルトをこれから買うのであれば、これを視野に入れてもいいかもしれませんね。フレームを使用しないでも機能しそうですし。

アライテント シングルツェルト
アライテント シングルツェルト

キャンプでは不要かもしれませんが、バックパッキングの際に重宝するのがビバークグッズ。ビビィとかツェルトとか。値段も安いし、超軽量でかさばらない。もしもバックパッキングするのであれば、テントの破損やビバークなど万が一に備えて準備しておいてもいいかもしれません。280グラムです。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


テントとシェラフが一緒だからテントいらないとはならないんですね。
日本の気候というのは難しいものです。
自分の住む札幌は200万人近く住む都市では世界で一番の降雪量だということです。
世界で一番がこんな身近にある所の気候に合わせるのってむずかしいですね。
  • 2008/06/12(木) 13:59:47 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


マゾ系キャンパー、、、、、笑いましたぞ
たしかに登山以外のキャンプでここまでいくとM化あり~でしょうな~
小生は、ちょっぴりM化ありかも(笑
Mの方程式が気持ちよいですもんね、ぷぷ
  • 2008/06/12(木) 15:58:57 |
  • 風|URL
  • [編集]


むむむ
M化でなくて M気?
エムっけ、です 変換がぁ~ミスったぞな
  • 2008/06/12(木) 16:00:24 |
  • 風|URL
  • [編集]


ビビィはなんとも息苦しそう!と思ってましたが、モノポールシェルターと組み合わせれば冬は暖かーく過ごせそうですね。で、夏はタープとネストで涼しーくというのが快適なバックパッキングキャンプできそうですね♪
ツェルト、、買ったままザックの奧にしまって一度も広げたことないので、一度くらいは試しにキャンプ場で使ってみようかなーと思ってます。
  • 2008/06/12(木) 16:10:40 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


シンプルキャンプ。好きです。
僕もM系です^^;根性無しですからジムニーで山に入り込み、ジムベッドでは無く、ジムニーで方持ちツエルトを張ってその下でごろっと寝たいですね。
カウボーイのように酒と摘みだけでね。


マゾ系キャンパー(*^^)vワタシモ!
だって、時にはツェルトでキャンプするおバカなワタしです(笑)モノポールも流行の兆しだし、そろそろ時代はM系?
  • 2008/06/12(木) 19:38:19 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★ダミアンさん★
日本の気候は高温多湿で雨が多いですからね~。特に山などはたいてい午後から雨が降りますし。だからコールマンジャパンは、日本だけの製品展開なのでしょうかね??
  • 2008/06/12(木) 21:24:51 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
適度でしたらいいのですが、究極を求め始めるとマゾ化します。←これは、マゾになる、という意味でのマゾ化なので、間違いではありません(笑)
  • 2008/06/12(木) 21:26:38 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
ビビィ単独だと、かなり厳しかったです。ツェルト、僕はけっこう好きだったりします(^^; 以前は、テント代わりにツェルト持って山に登ってました。
  • 2008/06/12(木) 21:28:18 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブさん★
お・・・M仲間ですね!うれしい、うれしい。
ツェルトは究極です(^^
  • 2008/06/12(木) 21:30:15 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumiさん★
fumiさんもツェルトですか。初耳です。同じくM仲間ですね(^^;
  • 2008/06/12(木) 21:31:10 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
世の中には変わった人もいるものです。これは西穂山荘のテント場で出会った変わり者の話。西穂高岳の山荘に到着してみれば、テント場はすでに満杯状態。そんな中、テントひと張り可能な隙間を探していると、山荘横に三畳ほどのスペースを発見。僕はそこにザックを置いて場所
2008/06/13(金) 12:44:23 | † ClubNature †
ピッケル、バイルそしてアイスアックスなど。 山の道具を収納するラックに、これら全てで都合7本もある。その中でも愛着のある3本がこれです。 (左)親譲りのシモン(フランス)のハンドメイド・ピッケル。 (中)高校時代に購入したカジタの縦走用ピッケル...
2008/06/13(金) 23:46:14 | お江戸今昔堂
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示