CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

十和田湖 宇樽部キャンプ場

070426_h.jpg

青森・十和田湖”宇樽部キャンプ場”


東北地方には本当に素晴らしいキャンプ場がたくさんあります。そして何よりもキャンプ場を包み込む森がブナ、ミズナラ、コナラ・・・などの見事な落葉広葉樹。もちろん関東や西日本にも広葉樹の明るい森は無数にあります。しかし東北の森や山を豊かに包み込むブナの森は、原初のままの輝きをまだ維持しています。

樹種の分布は西では照葉樹林、東では広葉樹林という傾向です。

椿のようにつやつやとした黒い葉を持つ照葉樹林や針葉樹林などに較べ、広葉樹の森はとても明るい。実は僕の大学の専攻は林学・・・樹木学のようなもので、研究室で実験を行う林産化学だけでなく、あちこちの演習林での実習などで広葉樹の森の素晴らしさを肌身で感じました。

江戸期以降20世紀末までの日本では、富国のための資源として杉の人工植栽によって、世界的に見ても日本特有の美しいブナの森は数を減らしてしまいました。しかし、これは戦後、ことごとく禿山となり清流がなくなった日本を再生させるため。縄文時代から木を植え続けてきた日本は、1万年以上も木を枯らさずに栄え続けてきた世界的にも稀な文明国です。戦後、失業対策と砂防対策、水対策のために、日本は懸命に杉や檜を植林し続けたのです。その甲斐あって、清流が生まれ、岩山、砂山に木が茂り、肥沃な土が作られるようになりました。

かの四国の吉野川とて例外でなく、かつては荒れ放題で水不足だったところ、杉などの懸命の植林によってやがて清流が生まれました。自然を守れ、といいますが、実はほとんどの山や川は人工によるものです・・・話がそれてしまいました・・・

しかし、東北にはこうしたブナの広大で豊な森が健在で、縄文時代より受け継がれた自然の恵みを今でも私たちは享受することができます。

が、いかんせん東北方面は関東圏に住む僕にとって手軽に行ける場所ではありません。二日程度の休暇では、せいぜい宮城の“吹上高原キャンプ場”とか“とことん山キャンプ場”といったところがせいぜい。

これ以上北の、たとえば青森の薬研掘オートキャンプ場だとか竜飛崎十和田湖・・・などはせめて現地でのんびりできる時間を考えれば最低でも4日は休暇が必要です。理想的には10日間なんですけど(笑)

ともあれ、ほんとうに気持ちいいキャンプ場でも上位に選ばれた“宇樽部キャンプ場”へは輝く緑のトンネルの中を延々と車を走らせるのだから、気分爽快。ブナのトンネルをくねくねと走っているうちに、日常から非日常へと意識のスイッチが切り替わってしまいます。もう、夢の世界・・・夢心地です。うっとり(^^;; 

070426_1.jpgサイトは高台と湖畔の2ヵ所。僕は迷うことなく湖畔へと下りて、汀にテントを設営しました。しかし、風景を眺めるのであれば湖畔には下りず、上にテントを設営したほうがいいと思います。水場やトイレなどの施設は全て上。ということは湖畔だと調理やトイレなど、その都度上に登らねばならないので何かと不便です。

070426_3.jpgこの不便さは回数を増すごとにボディーブローのように効いてきます(笑)特に夜のトイレなんて、真っ暗闇の中ヘッドランプ頼りに滑りやすい土の斜面を登らねばなりませんから、けっこうキツイ。次回行くとしたら、僕は迷わず上段です。

さて食材ですが、このあたりではいろいろと地方の名産が取り揃う。十和田に入る前に秋田で手に入れたのはきりたんぽ。袋に二十本ほど入って500円ほど・・・安いです。それに、なんとも手作りらしいいい焼き色。きりたんぽを現地で作ってもいいのですが、こんなのが売っていたら買うしかありません。

【ClubNature流きりたんぽ】
1:米を炊く
2:焚き火をする(焚き火は後半の準備のため)
3:すり鉢で炊けた米をつぶす
4:適当な棒にほどよく潰れたご飯をちくわ状につける
5:焚き火のおきになった炭の周囲に、4を立てて焼く
6:焼く際に、適当に回して、全体に焼き色がつけば完成

焚き火を前に冷酒を飲みつつきりたんぽ鍋。酔いがほどよく五感を緩めるころ、自然に睡魔が。そのままテントに入り、僕は寝袋の上で一瞬で夢心地。白蛇が湖水を渡ってきたのはその直後でした・・・

まだ夜の闇が色濃く残る朝方のこと。湖水の彼方に何かがこちらに向かってくる小さな波紋が見えました。それはみるみる近付いて、目の前の砂浜へ姿を現したのは一匹の真っ白い蛇。うわ・・・と思ったのもつかのま、気がつけばテントの中。夢でした(^^;;

しかし、妙なリアル感をともなって、闇に浮かぶような白い姿態は目覚めた後も、ありありと残像として残っています。いろいろな神話やら昔話に出てくる神様の白蛇って、きっとあんな感じなんだろうな・・・と思いつつ、その夢が気になって仕方ありません。もしかして怨霊だったら嫌だなぁ・・・

そんな思いを抱きながら朝食の支度をしようとテントから顔を出す。目の前の十和田湖は波もなく、ゆらゆらと朝靄に包まれ神秘的でさえあります。まさに夢の光景と同じ。

この中を白い蛇が渡ってきたんだ・・・

そう思うと、何やら夢と現実の間境すら朧に思えてきます。

がさがさ・・・・

すぐ傍らの草がわずかに揺れました。ふと見ると、その中を一匹の大きな蛇がするすると動いています。ドキリとしました。僕はとっさに手ごろな石をつかむと、水際までの斜面を転がし蛇に注意を促します。蛇はその気配に驚いたのか、テントから遠ざかると、水際の大木の陰へと消えていきました。

しかし、実に不思議。夢の白蛇と、目の前の大蛇。こうした偶然の符合に古人は何やら因縁めいたものを感じ、物語を紡ぎ出していたのかもしれません。神秘的な十和田のキャンプ場だからこそ、なおいっそうこうした符丁に神秘性が増します。そういえばアラハバキ神を祭る神社も東北には残っています。もちろん全国的にアラハバキ神を祀る社はいくつもありますけれど・・・十和田の宇樽部キャンプ場は、こうした日本昔話が非常ににあう、数少ないキャンプ場であることは間違いありません。

最後に、ここはバンガローの古さや痛み方は許容できますがケビンだけはさすがにやめておいたほうがいいかもしれません。なにせ長屋風に棟割で二部屋がくっついているので、音のプライバシーはありません(^^; 

十和田湖「宇樽部キャンプ場」(★★★★☆ 4.5)
■ホームページ(http://www.oirase.or.jp/camp/camp.htm
■場所:青森県上北郡十和田湖町奥瀬字宇樽部16
■連絡
・管理棟 0176-75-2477(開設期間中・現地)
・観光推進課 0176-72-2311(通期)
■開設期間/7月1日~10月31日
■設備:キャンプ・テント200張・1,000名、コテージ7棟、ケビン8棟、バンガロー15棟、シャワー、トイレ(男女別水洗トイレ2ヶ所、紙あり)※シャワー、トイレは非常に綺麗です!
■入退場時間/入場15時~退場10時
■焚き火/ファイヤー場で可。薪あり(現地では焚火台を使用すればOKと言われました)
■料金:入場料 300円(1人)、デイキャンプ300円(1人)、持込テント 200円(1張り)、バンガロー (1250円(1棟)、ケビン 2050円(1棟)、コテージ 14000円(1棟)、駐車代 500円(1台1日)

070426_2.jpg

【キャンプ場の評価基準:最高五つ★】
    (-1) ← 0 → (+1)
清潔度 (汚い・まあまあ・きれい)
自然度 (団地的・箱庭程度・自然充分)
快適度 (不快・どちらでもなし・快適)
静寂度 (都会の公園並・公園並・静か)
景観度 (不満・まあまあ・満足)
★---1point、☆---0.5point


地図はこちら

ロゴス(LOGOS) UVタープ4029
ロゴス(LOGOS) UVタープ4029


僕が使用しているのは下のスノーピークのレクタです。こうしたレクタは、天候や状況によって様々なバリエーションで張ることができます。このロゴスのレクタのようなカラーは最高です。曇りや雨でもサイトが明るくなります。夏場の晴天時では多少、暑さは否めませんが、木陰を利用すれば問題なし。もちろんUVですから・・・雨天に明かるいサイトって気分まで明るくなりますよ。

スノーピーク(snow peak) HDタープ レクタ L レギュラーセット
スノーピーク(snow peak) HDタープ レクタ L レギュラーセット


僕が十和田で使用したのはスノーピークの旧型レクタです。値段は高いですが、アイボリーはMOSSと同様のカラーリングでサイトも洗練されて見えます。ただ・・・全てを同じブランドで揃える、となるとどうも僕は賛成できませんけれど・・・しかし、こうしたレクタはポールが6本あるので重いですが、本当に自由にいろいろと張り方が変えられます。

◆東北関連記事リンク◆
・十和田湖の風景(宇樽部キャンプ場)
・八幡平 ネイチャートレイル
・乳頭山に登り、野の湯に入る
・休暇村乳頭温泉キャンプ場
・東北カヌーキャンプ 田沢湖キャンプ場
・木賊温泉で男っぷりを磨く
・宮城 吹上高原キャンプ場

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


はじめまして。
青森地元です。
十和田湖はいつ行ってもいいですね。
と言いつつも冬には行った事がありませんが。
今年はまだ行ってませんが、近じか行ってみようと思います。
去年の年末にトンネルができて、休屋へのアクセスも容易になったようですし。
  • 2007/04/26(木) 20:50:27 |
  • carrera930|URL
  • [編集]


carrera930さん>こんばんわ!十和田が地元でほんとうにうらやましいです。冬の十和田は幻想的でしょうね・・・高橋克彦さんの霊の棺??だったかに十和田がでていてそれもまた良かったです。
今年のGW、東北に行く予定ですので、気合でいくかもしれません(^^;
carrera930さんは十和田でルアーですよね!
  • 2007/04/26(木) 23:26:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんこんにちわ。
宇樽部キャンプ場、ワイルド感もあっていいところですよね~。
奥入瀬も近いし。トレッキングにカヌーにと、アウトドアスポーツができて最高です。
紅葉したブナ林も圧巻です。
キャンプ場のオープンが7月1日ぢゃなくて春からになってくれるといいんですけどね。
すぐ近くにある生出キャンプ場の方は既にオープンしてるみたいですけど、こっちだとカヌーを下ろすのは一苦労だし、手を加えられたキャンプ場って感じ(公園ぽいとゆーか)がしてちょっと興醒めなんですよね。
あ、勝手ながらトラバさせていただきましたー。
  • 2007/04/27(金) 08:58:40 |
  • りえぴ|URL
  • [編集]


ここはウタルベ?と読むのですか?
十和田は以前から行きたいと思ってましたが遠くてなかなか(泣)奥入瀬渓流も写真でみるときれいだし。行くとしたら夏休みかな
  • 2007/04/27(金) 17:31:16 |
  • fumi|URL
  • [編集]


fumiさん>ピンポン!です。奥入瀬行きましたが、ほんとうに美しかったです。渓流横を散策路が通っていて、のんびりとハイキングできますよ♪
  • 2007/04/28(土) 01:32:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


小生はここを気に入っておりやして、それがためにカヌーやりたくてたまらんです
  • 2008/04/10(木) 08:57:40 |
  • 風|URL
  • [編集]


★風さん★
たしかに宇樽部キャンプ場は、カヌーを持ち込めば、魅力は何倍にもなると思います。
早朝の朝靄立ちこめる湖面にカヌーを漕ぎ出すときの厳かな期待感・・・これはもう言葉には表現できないです(^^
  • 2008/04/10(木) 21:44:20 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
静かな朝を迎えました。おはよーございまーす。早朝、定期船の波音で起こされるかと思
2007/04/27(金) 08:59:05 | Funky Hot Dog
こんばんは、酔っ払い管理人です。先週は、土日に東京に帰ってきていたのですが、その日は仕事で潰れましたので、12日間連続勤務という激務でした。その間、東京~佐賀間を2往復・・・。ほんとにバタンキューという形容詞がぴったりくるほど、眠りこけてしまいました。さて、
2007/04/29(日) 23:45:19 | 目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて 酒日記
こんにちは、「スノーピークのブログ」管理人の「こうた」です。よろしくお願いします。スノーピークのタープ「HDタープ・ヘキサ」です。【snow peak(スノーピーク)】HDタープ・ヘキサ(L) レギュラーセット(メーカー在庫)powerd by 楽市360しっかりと設営すれば、非
2007/06/20(水) 10:23:00 | スノーピークのブログ
十和田湖への交通アクセス 鉄道下車駅 乗車路線 所要時間 下車停留所 東北新幹線盛岡駅 岩手県北バスとわだこ号 約2時間 十和田湖下車 東北新幹線八戸駅 JRバス東北おいらせ号 約2時間20分 十和田湖下車 東北本線青森駅 JRバス東北みずうみ号 約3時間 十和田湖下車 十
2007/08/14(火) 17:48:24 | 国立公園の情報とアクセス
大人、とでもいえばいいのでしょうか。ただ湖畔に小さなテントとちっぽけなテーブルを設えて、目的もなく、ただ漠然と瑠璃色の湖面を眺めているだけのひと時が、これほどまでに満ち足りているとは。忙(せわ)しなく何かに突き動かされるように多彩なアクティビティを提供す
2008/07/22(火) 14:43:15 | † ClubNature †
大人、とでもいえばいいのでしょうか。 ただ湖畔に小さなテントとちっぽけなテーブルを設えて、目的もなく、ただ漠然と瑠璃色の湖面を...
2008/09/27(土) 22:03:07 | ClubNature +
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示