CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

気持ちのいいテント写真

080609_1.jpg
(C) Coleman ※画像はクリックで拡大します。


これまで、テントについて山岳用・キャンプ用・バックパッキング用など様々なモデルを列記しましたが、ワンデリングせずに純粋にオートキャンプするのであれば、これが気持ち良さそうだな・・・というテントがあります。コールマンのSundome Camping Tentです。

これはアメリカコールマンのテントです。コールマンといえばグリーンとアイボリーのカラーコンビネーションで見慣れていますが、それはコールマンジャパンの製品。アメリカのコールマンとコールマンジャパンの製品は別物で、当然カラーリングもこのように異なります。

コールマンジャパンのテントは、コールマンと違って、いろいろな機能や装備が付加されていて便利なようにも思えますが、個人的にはコールマン(アメリカ)の製品のほうがシンプルで好きです。様々なメーカーがHPやカタログで製品のイメージ写真を掲載していますが、その中で個人的に気持ちいいなぁ、と思った写真がこれです。

2008年のSundome Camping Tent(6人用)は10フィート×10フィート・・・305cm×305cmですから、日本でよく見かけるBC canopy dome tent (280×280)よりやや大きめ。6人用なので4人でゆったり使うには最高です。2つの部屋と2つの出入り口、そしてWeatherTecシステムによって通気性が活かされる涼しいテント。モンベルのムーンライトとどこか形状的に似ていますね。グリーンのコールマンジャパンのテントがあふれる中、コールマンのこのカラーリングはひときわ目を引きます。価格は139.99ドル。通常、アメリカの店頭では100ドルほどで売られているので、1万3千円前後、といったところでしょう。

これからオートキャンプを始めるのであれば、高機能・高スペックの各社テントよりも、むしろこれを買ってもいいのでは・・・とふと思ってしまいました。それにしても、この日本で見ないカラーリングとイメージは気持ちいいですね~。

ご注意:コールマンジャパンではアメリカ・コールマンの製品に関しては平行輸入品とみなしてメンテナンス不可能とのことです。またアメリカコールマンの製品はパーツがないので修理もできない、とのことでした。海外通販される方は、ぜひご注意ください。ただ・・・テントなどの場合、パーツの流用もできるし自分で直せちゃいますしネ♪

◆テント関連記事リンク
モンベル・ムーンライトテントのレヴュー記事:ムーンライトテントの実力

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


目立つこと間違いなしですね。
人と違うものには弱いんですよね・・・。
全部買い替えか?
うーーー欲しい。
アメリカっていうだけでかっこいいと思う田舎物ですから・・・・。
  • 2008/06/09(月) 14:22:53 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


こんにちは!
イイ感じの色ですね~・・・
コールマンジャパンとアメリカのコールマン・・・別物だったんですね。
勉強になりました~。
  • 2008/06/09(月) 14:59:07 |
  • TOKU|URL
  • [編集]


なんと奇遇なことにこれの7ftx7ft版を持っています。でも私のは古ーいやつなので、こんなにかっこよくないです。。ともあれ、これから恥ずかしさを感じることなく使えそうです。。^^
  • 2008/06/09(月) 15:28:10 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんにちわ。
テントの中も明るくなる色合いですね~。
このカラーリングなら”コールマン・グリーン”が並ぶキャンプ場にいても、
迷子にならずにすみそうですね♪
  • 2008/06/09(月) 15:29:02 |
  • かつぶし|URL
  • [編集]


ふーむ これあ 確かに目新しいですな 小生もコールマンを持っておりますが キャンプ場で間違えたことが(笑 それいらい 目印に黄色いタオルを吊り下げておりますよ
  • 2008/06/09(月) 16:50:33 |
  • 風|URL
  • [編集]


フルフライじゃあないんですね。
色も,乾燥した感じに似合いそう。
で,モデルは,ユウさんと彼女ですか?
ホホホ
  • 2008/06/09(月) 18:11:43 |
  • 掘 耕作|URL
  • [編集]


テントは暑さと雨を考えて選ぶのがいいのでしょうね。モンベルのムーンライトなんか快適に使えそう。
が、屋根の下でテントの僕としては、たんに居住性で選ぶ事に。これ、ゆったり使えそうですね。


★ダミアンさん★
奥様に怒られちゃいますよ(^^; へたしたらキャンプ禁止、なんて・・・
  • 2008/06/09(月) 20:47:28 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★TOKUさん★
製品は別物です。名目上は日本の気候に合わせたオリジナル、とのことです。でも、充分にアメリカモデルで事足ります。
なにせ、他社のたとえばシェラデザインやREIやその他もろもろ、普通に使えてますから・・・(^^;;
  • 2008/06/09(月) 20:49:36 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
kimatsuさん、何気にいいもの持ってますよね~Hennessy Hammockも・・・kimatsuさんの記事で読んでから、体験してみましたが、本当に素晴らしい心地でした♪
  • 2008/06/09(月) 20:52:00 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ かつぶし さん★
もしも焚火タイムでお酒たくさん飲んじゃったら・・・たぶん僕だったら必ず間違えちゃいます(笑)
  • 2008/06/09(月) 20:53:15 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
風さん、けっこうのん兵衛さんですか?! これからキャンプ場で黄色いタオルのかかったコールマン見たら、風さんかもしれないので、のぞかせていただくことにします♪
  • 2008/06/09(月) 20:54:38 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★掘 耕作さん★
だったらいいですね~一度でいいから、キャンプでこんなことしてみたいです(^^;;
  • 2008/06/09(月) 20:57:00 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブ さん★
たしかに北米モデルだけに雨には弱そうですよね・・・このフライのカバー面積、ノンブランドのテントと変りませんし・・・ムーンライトは冬をのぞいて、特に雨天時には快適です♪
  • 2008/06/09(月) 20:58:50 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


友人が似たようなテントを持ってますね~
コストコで買われたようです。
青と白のテントで、コールマンらしからぬカラーリングでした(笑)
  • 2008/06/09(月) 23:14:09 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


★mb190splさん★
フレンチカラーですね!
青と白とは、珍しいですね。
実は僕も、コールマンの赤×アイボリーのmossカラー・スクリーンタープ、持ってます。
同じくコールマンらしからぬ・・・ですね(^^;;
  • 2008/06/10(火) 08:47:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


まさしく私のSUNDOMEもTARGETで$40くらいで購入しました。^^
幸い本体はメッシュではないのでハーフフライでもなんとか使えてます。本体がメッシュだときびしいでしょうね。
  • 2008/07/08(火) 14:56:48 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
たしかに本体がメッシュだとキビシイですね(^^; コールマンのランタンやバーナーはなかなか優れものなんですが、テントは、やはりそれなりなんでしょうね。
ただし、同じものを友人も使ってますが、なかなか良かったですよ(^^
  • 2008/07/08(火) 15:45:13 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


貴重な現地からのレポートですね、ユウさん。
日本のコールマンもたいして性能はよくないですよ。
数年前、スクリーンタープのポール破損問題でネットで騒がれていましたし。
このサンドーム、オートキャンプに限っていえば、特に使用で問題なかったです。でも、コールマンのテント製品は、買いたくないですね~(^。^)
  • 2008/07/08(火) 18:07:28 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★fumiさん★
何と比較するか、でずいぶん評価はかわっちゃいますしね(^^;;
REIなどで扱っているシェラデザインやMSRなどはバックパッキングあるいは山岳用なので比較対象にならないような気も(^^;;;
でも、この記事は”良いテント”ではなくて、あくまでも”気持ちのいいテント写真”なので(笑)
僕にとって、このテント写真は気持ちいい、ということです。
湿気や濡れに弱くて・・・使える使えないという判断は、ボトムや本体に使用しているナイロン繊維のデニール数や耐水圧をチェックして比較すれば済むことなので、それはこの記事に限っては趣旨違いなので、各自判断して決めればいいかな・・・と思います。
繰り返しになりますが、これは
気持ちのいいテント写真なんですよ~(^^;;
  • 2008/07/09(水) 09:28:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示