CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ベッドキット

080603_1.jpg
(c)オグショー


前回の記事の補足Verです。

前回はワーゲンバスのキャンパーでしたが、いつも同行させてもらっている山岳会の仲間のひとりが愛用しているのはライトエースのキャンピング仕様。キャンピング仕様とはいっても、車中泊用にベッドキットを導入しているだけですが。

その知人のキットはオグショーという・・・これは俗に言うトランポ専門店、つまりトランスポーターのプロショップの製品です。僕が以前、エンデューロのレースに参戦していた頃、レース用のオフロードバイクのトランスポーター車に、ここのラックキットを愛用していました。アウトドア系とは毛色の違うこのオグショーがベッドを扱っていたんですね。

現在、選択肢として考えているのが、バンコンと呼ばれる「キャンピングカー仕様」、ピックアップ型の荷台に載せるタイプの「キャンピングハウス」、そして「ルーフテント」、「ベッドキット」導入による室内のワンメイク改造のどれか・・・

お手軽さでいえば「ルーフテント」でしょう。これだったらジムニーのルーフにも乗せられて、車を追加せずに車中泊での旅が楽しめそうです。で、ちょっと快適性を追求するのが「ベッドキット」導入による車中泊仕様のワンボックス、です。

もしも現在ライトエース、キャラバンなどワンボックスに乗っているのであれば、迷わず「ベッドキット」にするでしょう。知人はヤフオクで15万ほどでライトエースを手に入れて、ベッドキットを導入しています。このキットの優れている点は、なんといっても簡易キャンパーに変身させてくれる、という点。

080603_2.jpg

ベッド部分はセパレートできるためベンチソファにすることができて、さらにオプションのテーブルを床パネルにワンタッチでセットできるから、一瞬で快適なリビングにすることができます。しかし、山での朝食はたいていインスタントラーメンです(^^;;

このキットは17万近い値段です。

で、僕が注目したのは「BASE床パネル」。4万9800円也。これはワンタッチでハイエースやキャラバンをフローリングに変身させることができるパネルキット。この上にエレクターのパイプキットで骨組みを組み、コンパネをのせればベッドスペースが完成します。コンパネだと硬くて・・・という場合はコンパネにウレタンを乗せて帆布で包み裏側周囲にテープでほつれ止めしてビス止めすれば・・・たぶんものすごくナチュラルなベッド&ソファスペースになるはず。

080603_3.jpg

追加オプションとしてテーブルキットだけそろえておけば、ベッドキットのようにセパレートしたコンパネの通路部分を外し、カフェにすることだってできます。

いろいろと考えを巡らし、僕はデリカD5を第一候補に、この手の方式で改良しようかな、と思いつつあります。もちろんワーゲンバス、あるいはキャラバン、ライトエースも視野に入れています。

オグショーのHP

と!!! なんとナチュラムでオグショーのベッドキット、扱ってました!意外です。ナチュラムってこんなに手広くやっていたんですね。価格は・・・ふむ・・・定価です(^^;;

OGUshow(オグショー) BASEロータイプフルフラットベッド200系標準/標準
OGUshow(オグショー) BASEロータイプフルフラットベッド200系標準/標準

車中泊用品の王道といえばベッドキット。うれしいことにナチュラムでも扱い始めたようですね。これはトランスポーター専門店として知る人ぞ知るメーカー「オグショー」のベットキット。ナチュラムで扱っているのは快適なフラットベッド・ワイド(ロータイプ)で、価格は16万8千円。ケッコウしますよね。しかし、オグショーにはベース床パネルというものがあって、少しは自作をしてみたい・・・という方であればこの床パネルをセットした上にエレクターなどのパイプキットでベット&ソファのベースを組み立て、縦長にカットし、ウレタンを載せて生地を張ったコンパネの自作ベッドがきっと楽しいです。僕なら時間をかけて手作りする方を選ぶかもしれません。この床パネルキットの優れている点は、なんといってもフロアにセットしても純正のイスのロック機構がそのまま使える、という点です。ということは、シートアレンジは元のまま使える、ということ。これは嬉しいです。

さて、このベットキットはベッド長を180cmに延長してシート面位置を廃止し、ゆったりくつろげるマット上空間が確保されています。180cmなので、僕は少々きつめですが、身長170後半までであればふかふかしたこのベッドに毛布だけで充分寝られます。おまけにベッドマットは汚れたら交換できるファスナー式。出来は非常に良くて、これはこれで捨てがたいものがあります・・・

OGUshow(オグショー) リクライニングフルカーゴベッド200系ハイエースS-GL標準ボティ
OGUshow(オグショー) リクライニングフルカーゴベッド200系ハイエースS-GL標準ボティ

同様なもので、より手軽にベッドスペースを生み出すのがこのフルカーゴベッドです。上記のベッドキットと違って、価格が安い上に床パネルも必要としないので、ワンメイク、といった感覚でほんとうに手軽にベッドスペースが作れます。床パネルにパイプの構造体、そしてコンパネによるベッド面製作より若干高いかもしれませんが、リクライニングというのは読書にもいいです。ただし難点は面として作られているのでリビングスペースにはできないですね。車中泊のみを考えれば、これが最も手軽だし快適です。これを供えてテーブル&チェア&タープをベッド下に収納しておけば問題はありません。どちらにするか、悩みどころかもしれません。

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


新車購入ご計画中ですか?ということはジムニーのどちらかはドナドナされちゃううのでしょうか。^^
でもオフロード性能のあるD5にこんなベッドを装備したら登山のベースキャンプとして最強ですね!
  • 2008/06/03(火) 13:02:56 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんにちは!
私は、現行ハイエースにベッドキット・・寛ぐのは、タープの下・・雨の日はサイドオーニングの下で・・とゆうのが理想です。
スタイルと大きさ的に、奥さんのOKがでませんが・・・なにか荷物でも運ぶの?・・・と
  • 2008/06/03(火) 13:18:12 |
  • WORKER GOAT|URL
  • [編集]


こんにちは!
このベッドキット・・・VWバスに収まるのでしょうか??
どちらにしても購入する気ですね~・・・(にやッ)
  • 2008/06/03(火) 15:27:47 |
  • TOKU|URL
  • [編集]


使いかってで選ぶと~~ワンボックスでするか オープンカーのスポーツカーもかっこいい~ので、2台だったら スポーツカーのオープンのやつと、ワンボックスがいいでする 林道なんかに入るから~ ワンボックスはデリカスペースギアがよい組み合わせと考えまする(^^ゞ
  • 2008/06/03(火) 16:02:35 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


ジープ&テントで3ヶ月くらい生活してました(^^;)
心の中では、ジープをキャンカーと呼び、テントを家と呼んでましたよ(笑)
ジープの運転席と助手席の隙間を埋めて、フルフラットにしてただけですが、私には快適な空間でした。
  • 2008/06/03(火) 17:33:05 |
  • ジープ乗り|URL
  • [編集]


ジムニーで車中泊にお尋ね頂きました。
宣伝めいてなんですが、ボクのHPでその辺りをアップしていますので、参考に成ればと思います。
http://web.mac.com/yamnob/iWeb/Public/C7B0030D-4968-4202-A791-42D8131C8D96.html
コンテンツジムニーに有ります。
これは完全にボクのオリジナルと言うより、サイトで他の方のを参考にアレンジした物です。極小の空間が逆に収まりが好きです。
基本はカウボーイです^^;


キャンピングカーですか・・・・。
うらやましいです。
いつかトレーラーハウスを・・・・・。
  • 2008/06/04(水) 04:28:36 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


ワーゲンのキャンパーもいいですが このワンメイク?バージョンも手軽でよろしいですなー 小生そろそろ買いかえなもので ライトエースいいかもしれんです
  • 2008/06/04(水) 08:50:47 |
  • 風|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
ジムニーは温存です。JB23は普段の足とシンプルキャンプ用。SJ30は房総の林道探索用。で、ファミリーキャンプとか仲間と登山に出かけるときに複数名で使えるワンボックス・・・今すぐにというわけではないので、ゆっくりと楽しみながらチョイスしようと思ってます(^^;
  • 2008/06/04(水) 12:55:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ WORKER GOATさん★
同じく・・・まさにそんな感じです。ハイエースはイスを畳めば、ものすごく広々ですし。奥さんに、それとなく耳打ち作戦をはじめたところです(^^;
  • 2008/06/04(水) 12:57:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★TOKUさん★
バスにはマッチングしないので、バスの場合は本物のフローリング床材をカットして自作するしかなさそうです。
キットで済ませることを考えると、ハイエース。エレクターパイプでワンメイクDIYだと林道に強いD5でもいけるかな・・・って考えてます。まだ、思案段階なんです(^^
  • 2008/06/04(水) 12:59:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
やっぱりワンボックスいいですよね。MTBだってオフロードバイクだって、ファルトカヌーだってガンガン詰め込めますもんね。
  • 2008/06/04(水) 13:01:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ジープ乗りさん★
3ヶ月とは、すごいですね。ジムニーの助手席倒して自作ベッドで同じことできるかもしれませんね。
バイクやらファルトカヌーやらMTBやらを積んで、3ヶ月は無理なので数週間くらい旅したいです♪
  • 2008/06/04(水) 13:03:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ノブ さん★
どうもありがとうございます。ぜひ参考にさせてください。ジムニーはジムニーで、あのコンパクトさを活かして乗りつぶす予定です♪
  • 2008/06/04(水) 13:04:41 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ ダミアンさん★
トレーラーハウスで、コールマンの素晴らしいのを見つけたんですよ。清水クニアキさんも愛用しているらしいのですが、コンパクトに牽引し、現地で天井部分を引きあげ、両ウイングを広げるとものすごい気持ちのいいキャンピングトレーラーハウスが完成します。URLは忘れましたが、コールマン、キャンピングトレーラーで検索できると思います♪
これもいいなぁ、と眺めていました。
  • 2008/06/04(水) 13:07:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★風さん★
ぜひワーゲンバスを買って欲しいです(笑) ここからリンクしている横道さん風にデリカD5もいいなぁ、と思いますが・・・ただ、ベッドはパイプ組んで自作になりそうです。
  • 2008/06/04(水) 13:09:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


D:5だと大人4人と荷物でゆったり感の限界の気がします、思ったほど広くないんですよね(^^ゞ
二人で移動するならこんなベットキットあると良いですね、また1人なら半分ベットキットで隣にMTB等積んだら何処でも行けそうです。
  • 2008/06/04(水) 23:05:25 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★横道さん★
四人+荷物、でOKです(^^ もしくは三人+荷物・・・二人でベッドキット自作して楽しむのもいいですよね。まだ購入はちょっと先ですが、ライトエースかD:5にしたいです。
  • 2008/06/05(木) 21:37:29 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
登山は登るのが目的で、バックパッキングは自然なかの徒歩旅が目的。これらからキャンプを切り出して、より快適に車で方々を移動しつつ自然滞在を楽しもうとするのがオートキャンプであれば、最終的に行き着くのはキャンピングカーなのかもしれませんね。道の駅などでも車中
2008/06/03(火) 12:55:03 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示