CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

OPINEL(オピネル)のナイフ

080529_1.jpg

【逸品CLUB】OPINELのナイフ


僕は気心の知れた友人には、誕生日などの機会にナイフ・・・それもフランスのOPINEL(オピネル)を贈ることにしている。だからなのか、クリスマスなどにナイフをプレゼントされることも多く、今ではバック、ビクトリノックス、柄に彫刻が施されたアメリカ製のナイフ・・・などなど、かなりの本数を所有することになってしまった。

本当は「OPINELの何番が欲しい?」と聞いてくれると、もう小躍りしたくなるほど嬉しいのだけれど・・・No.8が2本もあるので、できればNo.6かNo.7が欲しと思っている。

さて、このOPINEL。僕が友人に気軽にプレゼントできるのだから高いわけがない。たかだか一本千円ちょっとで買うことができるのだ。じゃあもっと高級なものをあげれば、と思われるかもしれないけれど、OPINELは十分に素晴らしいナイフで、これさえあれば、もう他のナイフはいらないという気分にさえさせてくれるのだからウレシイ(笑)

そのうえOPINELは、MOSSテント同様に「ニューヨーク近代美術館」にも収蔵されており、加えてロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館による「世界で最も美しい100の製品」にも選出されている。つまり世界が認めた逸品ということ。


しかし逸品だから愛用している、ということではなくて、持っていたい気分にさせてくれる・・・ブナの天然木のハンドル、独特のデザインのブレード(刃)、そしてシンプルな構造。通常のナイフと違って、これは刃を出して、根元のリングを回してロックするというなんとも原始的な仕組み。これがまたいいんです。

柔らかな曲線を持つブナの天然木のハンドルは、しっくりと手に馴染み、使い込むほどに飴色の素晴らしい色に仕上がってくる。ブレードだって、見れば見るほど独特な形状であることが見えてきて、そんじょそこいらの工業製品的なデザインとは何かが違うぞ、という気にさせてもくれる。もちろんOPINELは大量生産の工業製品なのだけれど。

理由は多分にルーツにあるのだろうか。フランスの野鍛冶であったジョセフ・オピネルが、1890年に作り出したフォールディングナイフを原点に、基本的なデザインを変えずに現在に至っている。知人の登山家や怪談CLUBの“丹沢で幽霊を車で轢いた”記事に登場するフライフィッシャーマンのS氏など、多くの知人友人たちのザックのポケットに、このナイフは収まってもいる。

080529_2.jpgさて、サイズのバリエーションは、一般的にNo.2~No.12。仕様としてはNo.2~No.5は刃が炭素鋼で、リングのロック無し。No.6~No.12は炭素鋼とステンレス鋼の二種。このうち、ショップでよく見かけるのがNo.8~No.12。僕が持っているのはNo.8とNo.12の炭素鋼モノ。やっぱり原点はこれでなくちゃネ。

錆びにくいのはステンレスだけれど、切れ味にこだわると炭素鋼。ダッチの原点が鋳鉄であるLODGEであるのと同じだ。ダッチオーブンといえば鋳物、ナイフといえば炭素鋼。LODGEを選ぶ人は、きっとブナの無垢材のハンドルと炭素鋼のOPINELを手にしたときに、LODGE同様に歴史と伝統を所有する、という何ともいえない無常の喜びを感じてしまうに違いない。

以前はNo.4か5、No.10も持っていましたが、ほとんど出番がないうちに紛失してしまいました。結局手元に残ったのが、携帯ナイフとして便利なNo.8と、キャンプで包丁として使用しているNo.12。このNo.12には、伝統的な男のツールとしての背景もあって、フランスでは軍隊入隊時にNo.12が支給されます。

ナイフとしてだけでなく包丁としても使える大きめのOPINELで調理していると、僕などは、もうそれだけで“あーキャンプに来ているんだなぁ”という、喜びを感じてしまう。なんだか、いつまでも下ごしらえをしていたくなる、不思議なツール。

ハンドルに刻印されているマークは、通称“クラウンド・ハンド”と呼ばれ、オピネル家が鍛冶をしていた町に建つ“サン・ジャン・ド・マリアンヌ聖堂”の参事会の紋章を原型とし、3本の指を立てた右手は、洗礼者ヨハネがキリストに洗礼を施した時の手の形と云われている。

伝統とか歴史とか、機能一辺倒でないところに、持つ喜びを感じさせてくれる。OPINELとはそんな折りたたみナイフだ。

OPINEL(オピネル) オピネルフォールディングナイフ#8
OPINEL(オピネル) オピネルフォールディングナイフ#8

これが潤・。大きすぎず小さすぎず、手のひらにぴったりフィットするサイズのオピネル。ブナの無垢材のハンドルがいい味出してます。またブレードはステンレスではなく、切れ味のいいカーボンスチール(炭素鋼)。切れなくなったらシャープナーで研げば復活します。使えば使うほど、いい味でます。

OPINEL(オピネル) フォールディングナイフ#12
OPINEL(オピネル) フォールディングナイフ#12

で、こちらが大きめの潤・2。フランス軍入隊で支給される伝統的サイズです。アウトドアで様々使用するには機能的で用途が最も広いと思います。僕はこれを、もっぱらクッキングに愛用しています。ですから包丁は持参しません。潤・2で下ごしらえすることを考えるだけで、料理するのが待ち遠しくなってしまいます(^^;; それと・・・肉を切るのであれば、芸術品のように研ぎすぎてしまうと、かえって切れにくくなってしまいます。刃先に目に見えに程のぎざぎざがあると肉の脂肪がついても切れ味はかわりません。僕は仕上げの研ぎに、砥石と直角に刃をあててコシコシします。イメージとしては十字架の長いほうが砥石、そして短いほうがナイフのブレード、といったかんじです。これは日本刀の原理といっしょで、斬り合いとか合戦前に、武士が庭の砂山に刀をグサグサと突き立てて刃先をぎざぎざにするのと同じです(^^;;

ippin.gif


http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


たぶん12番だと思うのですが,カッコだけで買っちゃいました。
キャンプ時は,いつもバッグに忍ばしていますが,一度も使ったことが無いという,体たらく。
この記事読んで,改めて,このナイフのよさを実感しました。
ロック部分をもう少し軽く回せるといいなあといつも思います。
僕が持っているものは,結構硬いんです。
  • 2008/05/29(木) 14:53:06 |
  • 掘 耕作|URL
  • [編集]


ずいぶん昔に使っていましたが、現役を退いています。
今はナタと刺身包丁が一軍登録されています(笑)
とりあえず、どちらもブレードはハガネです(^^;)
  • 2008/05/29(木) 15:51:52 |
  • ジープ乗り|URL
  • [編集]


OPINELのナイフ・・以前から気になってたんですけど~
欲しくなっちゃいました・・魚も下ろすのには、向いてますかね?


意外とリーズナブルな価格なんですね。もっと高いものかと思ってました。
  • 2008/05/29(木) 18:21:54 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


小生このナイフ持っとりますよ こんなに番号があったとはビックリです 安かったのでかなりいい加減な扱いしておりまして これからは丁寧に使っていこうと 反省~
  • 2008/05/29(木) 18:51:06 |
  • 風|URL
  • [編集]


ず~っと昔から(25年前)何時も側に有った。形が良いのと値段に魅かれた。それから何年後かこれがオピネルと言うポピュラーなナイフと知った。機能がデザインと成り、デザインが機能と成る。使って良かった物は最終的にそう言った物だった。


★掘 耕作さん★
僕の№12もリングがとても硬いです。包丁代わりですのでオリーブオイルを垂らしたら、さらに滑って回しにくくなってしまいました(^^;;
  • 2008/05/29(木) 22:24:20 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ジープ乗り さん★
え・・・キャンプ場で刺身包丁なんて、カッコよすぎではないですか(^^ 僕は、刺身包丁、触れたことすらありません。現役を引退させる前に、OPINELで刺身を作ってみようと思います(笑)
  • 2008/05/29(木) 22:28:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
これで問題なくアジの三枚おろし、できました(^^ 塩焼きように、エラ取りも、横腹からワタ取りもOKです♪
  • 2008/05/29(木) 22:29:49 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
そうなんです、手頃なんです。なにせフランス版肥後守ですから(^^;; この価格だからプレゼントに躊躇なく選べますし・・・
  • 2008/05/29(木) 22:31:19 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
もしかしたら、全てをラインアップしているマニアな方もいらしゃるかもしれませんね。僕はコレクションはしないので、オイル・ストーンとかシャープナーを買っちゃいます♪
  • 2008/05/29(木) 22:33:03 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ノブさん★
気が付いたら使っていた・・・道具との、そういう出会いっていいですよね。僕のそういう出会いはノルディカの登山靴とカリマーのアタックザックでした(^^
  • 2008/05/29(木) 22:34:57 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ん~~わたしは~Buckナイフでする~ シャープナーもバック~ 缶詰がナイフで開けられる~というコマーシャルでバックにしちゃったでする オピネル、、、すこ~しほしいかもです
  • 2008/05/30(金) 09:52:43 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


ナイフ何を買おうか迷ってたところだったんですよぉ^^
オイラにとってタイムリーな記事でした
ユウさんもお薦めなら決まり^^v
  • 2008/05/30(金) 12:21:14 |
  • simoji|URL
  • [編集]


ユウさん、お久しぶりです。ステンレスタイプを持ってますが、意外と切れ味がいいですね。わが家の食卓ではパン切り用に使ってます。リングの口の開いている側に親指を当てて、リングを押し開くようにまわすと少しスムーズに回せますよね。
  • 2008/05/30(金) 19:30:25 |
  • ろんがあ|URL
  • [編集]


★たるたる  さん★
BUCKがあるのであれば、OPINELは我慢したほうがいいかと(^^;; BUCKが使えなくなったらのほうが、いいと思います。
  • 2008/05/31(土) 21:54:25 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ simojiさん★
タイムリーでしたね♪ とくにちょっと大き目のナンバー2はキャンプ用に使い勝手いいですよ。
  • 2008/05/31(土) 21:55:27 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ろんがあ さん★
どうもご無沙汰です。お元気ですか?最近ブログ更新されていないので、心配していました(^^ ハーモニカの次の記事、お待ちしています♪
  • 2008/05/31(土) 21:56:47 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


何度かショップで見かけたことあったのですが、そんなに気にしてませんでした(笑)
今使用しているのはブランド不明の五徳ナイフなので、そろそろ・・・・・・・・・・と気にしていたところの記事だったのでナイスなタイミングでした。
ふたつ買っても、と思っているので、8番か12番のどちらかになるとおもうのですが、12番は包丁がわりとのことなので、かなりの大きさになりますか?
どうせならクッキングにも使って、道具を減らしたいと思っていますので、お時間のあるときにでも画像見せていただけたら、なんて勝手な希望です。。。。すいませーん。
ナチュラムの画像を見たのですが、どれも同じ画像を流用しているようでしたので(--;;;
  • 2008/06/01(日) 22:48:01 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★fumiさん★
どちらがオススメか、と言われたら・・・僕の個人的な好みで言えば12番です♪
そのうちネタがなくなったらUPしてみます(^^
  • 2008/06/02(月) 20:59:38 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


こんにちわ。
とても参考になりました。
道具ひとつひとつに、こだわりと愛情を持つって、いいですよね。
いつか私も愛用ナイフを持ちたいと思いました。
  • 2008/06/16(月) 21:03:21 |
  • ヤタマン|URL
  • [編集]


★ヤマタン さん★
これは、伝統があるのに、非常に安くて素晴らしいです(^^ 安くても、切れ味が落ちた時に砥ぎなおせば、すぐにシュパッと切れ味復活!たぶん、一生ものかもしれません♪
  • 2008/06/16(月) 21:46:06 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


12のステンレスなんてあるの?
探してるんだけど…
  • 2010/01/08(金) 20:57:26 |
  • 質問者|URL
  • [編集]

質問者さん


> 12のステンレスなんてあるの?
> 探してるんだけど…

いちおう存在していると記憶していますが、国内に流通しているのか、まったく不明です。ボクの愛用している12もカーボンスティールなもので・・・
  • 2010/01/09(土) 22:41:59 |
  • ユウ (ユージ)|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
日本各地の日帰り情報をご案内。旅行・温泉・ドライブ・キャンプなどおすすめ情報をご用意致しております。
2008/06/07(土) 17:55:37 | わくわく♪日帰り旅行
ファミリーキャンプはクッキングパパ的な手作り料理。登山はドライフーズ系。ではバックパッキングとかソロキャンプの時はどうするか?これは、いつもの悩みの種。。あまりにも味気ないのはゴメンだし、ファミリーキャンプ時のように手間暇かけた凝った料理も気分じゃない。
2008/06/16(月) 19:00:03 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示