CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

アウトドアの相棒シューズ6種

【逸品CLUB No.11】アウトドアシューズ


アウトドア活動を楽しんでいると、アイテムは次第に用途や目的に特化されてきます。僕の場合、テントに関しては山岳用、バックパッキング用、キャンプ用の3タイプで5つ。ザックもアルパインクライミング、縦走、トレッキング、沢登りなどに応じて容積バリエーション含めて8つほど。そして、同じように重要な相棒であるシューズも以前は数々ありましたが、現在では6足にまでシェイプアップされました。

使用頻度が多い順に並べてみます。まず最初は・・・サロモンです。

080524_1.jpg
登山・トレッキング用:SALOMON・Xトレーニングシューズ
いちばん頻繁に使用しているのがサロモンのクロストレーニングシューズ。超ローカットのため、荷物10キロ以内を目安に、低山から無積雪時期の北アルプスまで活躍しています。特に北アの岩稜では身軽な格好で長時間&速度のトレーニング的な使い方をしています。足首が自由に動くので岩場が非常に面白いです。さて次は、ファイブテンの逸品です・・・

080524_2.jpg
岩場、岩稜用:5.10(ファイブテン)・アプローチシューズ
いわずと知れたクライミングシューズの大御所、ファイブテンのアプローチシューズ。これは二代目で、初代はファイブテンのガイド・テニーを愛用。クライミングの基点となる岩場の取り付きまでのアプローチに使用するシューズですが、僕はもっぱら岩稜ルートの登山で使用しています。特に北アルプスの岩の稜線歩きではものすごい安心感。靴底に使用されているのはクライミングシューズと同じステルスラバーのソール。岩にピタリと吸い付くようなフリクション性能です。西穂から奥穂のコース上にあるジャンダルムも楽しめますし、大菩薩の新道のクライミング的なルートもとても楽しいです。とにかく岩場が楽しみになる靴です。ただし岩屑や堆積土などには弱いです。これで小川山のクライミングだって楽しめました♪

080524_3.jpg
クライミング用:5.10(ファイブテン)・ASYM(アシム)
クライミングのマルチピッチ用に使用(これ以外にあるもう一足はスリッパタイプで、室内璧とゲレンデ用)。マルチピッチあるいはロングルート用なので足入れが良く、アキレス腱にも負かが少ないようなサイズを選んでます。どちらかというと小川山のガマスラブのようなフェース系のクライミングが快適ですが、本番のマルチピッチ全般が快適です♪

080524_4.jpg
トレッキング用:AKU(アクー)
主に、低山ハイク用です。これ以外にモンベルなどいくつかありますが、履き心地、快適性、疲労感、足首サポート性能の面でこのAKUばかりを履いています。基本はXトレーニングシューズですが、のんびりと散歩感覚で歩きたいときの靴です♪

080524_5.jpg
冬季アルパイン用:KAYLAND(カイランド)・ギオーブ
ワンタッチアイゼンはもちろん、驚くほどの軽さのため、アイスクライミングの際のアイゼンのツメの蹴りこみも軽いし、疲労感が違います。この前には巣鴨のGORO(ゴロー)でオーダーメイドした冬用の靴を履いてましたが、ギオーブは別次元の軽さです。しかし、僕はこれからもGOROの大ファンです。カイランドのギオーブは冬季中心に愛用してますが、それ以外でも重いザックを背負っての縦走の際はこれを使用します・・・が、今ではそんな縦走をする機会は減ってしまいました。

080524_6.jpg
フェルト底の沢登り用シューズ
これを購入するまでは地下足袋にワラジで沢を登ってました。この沢靴はこれからの季節、大活躍ですが、ワラジもまだ愛用しています。やっぱりワラジがいちばんグリップ性能が優れていて登りやすいように感じます。この沢靴で登った中でいちばん印象深いのは黒部の赤木沢という場所です。天女が泳いでいそうな明るく清冽で、コバルト色が美しい沢です。

その他:ノルディカ、マインドル・アイガー、ニッピン・メスナーなど
上記以外に、複数の重登山靴がありますが、出番がほとんどないため納戸の奥深くで眠っています。皮革の重登山靴で僕の足にぴったりなのがノルディカです。ノルディカは夏冬問わずに愛用し、へたってきたためマインドル社のアイガーを購入。すでに5年以上酷使して、今はきれいに梱包してしまってあります。

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ

ippin.gif

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ん~、シューズも奥が深いですよね(^^;)
私は山に登らないのでシューズには無頓着なんですよ。
とりあえずメレルを長年愛用していますが、私の足のカタチにはメレルが一番フィットします(笑)
ちなみに嫁もメレル愛用者なので、玄関&下駄箱はメレルオンリーです。。。
  • 2008/05/24(土) 18:00:37 |
  • ジープ乗り|URL
  • [編集]


★ジープ乗り さん★
メレルもいいシューズですね。
憧れて、試し履きもそこそこに購入したことがあったのですが、山で数時間履いていたら甲の指の曲がる付け根部分が痛くなってしまいました・・・残念でした(^^;;
  • 2008/05/24(土) 20:52:52 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


参考になります^^
知らないブランドばかりですが・・・
やはり専用のシューズがいいですねぇ
  • 2008/05/24(土) 21:08:18 |
  • simoji|URL
  • [編集]


★simojiさん★
コールマンのように有名ではないかもしれませんね(^^;;
オールラウンドよりその道のエキスパートがいいですよね。ジムニーがオン・オフ両方強い、なんて言うより、やっぱりオフロードのジムニーのほうが安心感ありますし(^^;; 何言ってるか、わからなくなっちゃいました(笑)
  • 2008/05/24(土) 21:29:42 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


岩用に、沢用に、雪用に、かっこよくはきこまれた靴の数々、ご披露ありがとうございます!それぞれの靴でのいろいろな思い出とか記事も読んでみたいです♪ 気が向いたら、他の山道具関連の記事とかもお願いします!
それにしても、ユウさんくらいだと北アルプスもこんなローカットで行かれるんですね。
  • 2008/05/24(土) 21:37:35 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんばんは。
一番最後のフェルト底のシューズがきになります。
あまご釣りにも最適では?
モンベルからもサワタビなんかも出てますけど、カラフルでカッコイイし・・・・
僕も1足欲しくなりました。
  • 2008/05/26(月) 00:11:52 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


ファイイブテンのアプローチ用シューズ?は北アルプスの岩のルートで使いやすいですか?
私はゴアのトレッキングシューズで前穂高まで登りましたが、足首が固定されてて、少し怖い思いをしました。
いろいろな雑誌を読んで独学していて、ほとんどがハイカットの登山靴を履くべき、と書かれていました。
ローカットでも問題ないですか?
  • 2008/05/26(月) 08:54:44 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
もちろん登山を始めた頃は、重登山靴でした。そして、20代の後半からローカットで登山するように。ものすごく柔軟で歩きやすい反面、荷が重くて、筋力不足だと足首を捻ったりしますが、スネやフクラハギ、脚力を維持しておけば、問題ないです。
特に岩場のあるルートを登るときは、これほど快適な選択はない、と僕は思ってます。実は・・・登山家の小西さんの影響です(^^;
  • 2008/05/27(火) 11:49:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ゆっちゃん さん★
友人はサワタビとかいうのを使っています。でも、このアクシーズクインの渓流シューズのスタイリッシュさに、思わずコレにしちゃいました。滝だって、いいかんじで登れます(^^
  • 2008/05/27(火) 11:51:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumiさん★
基本は足首を保護するハイカットだと思います。筋力、脚力が不足していると怪我しますし。登りより下りをゆっくり、というのも基本ですが、足音をたててどんどん下るようになったら脚力不足なので、そんな場合はハイカットだと思います。
  • 2008/05/27(火) 11:53:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


冬用の黒い登山靴 かっこいいですなー こういうのを履いて雪山にのぼりたいものです が寒さは苦手で 冬キャンが関の山でしょうな(笑
  • 2008/05/28(水) 10:22:44 |
  • 風|URL
  • [編集]


★風さん★
冬だったらバックパッキングキャンプとして八ヶ岳の本沢温泉のテント場が手軽で気持ちいいと思いますけれど♪
  • 2008/05/28(水) 15:39:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ん~どれも知らないメーカーでするなぁ サロモンは~スキーで知ってますです わたしはキャラバンの登山靴をいつも履いてまする
そろそろビブラム交換せねば、、、と思っていたところでした AKUってどこで売ってまするか?
  • 2008/05/30(金) 09:56:33 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
キャラバン社の靴はスグレモノですよね。AKUは「ICI石井スポーツ」とか「さかいスポーツ」などの登山用品店で扱っていたはずです。
  • 2008/05/31(土) 22:00:33 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示