CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ガストン・レビュファとクライミング

人生において、その後の生き方を左右してしまう出会いというものが何度かあるようです。僕にとってそれは、中学時代に出会った幾つかの映画と高校時代の山岳部顧問の先生、そして22歳のときに出会ったひとりの彫刻家(石彫)でした。

そのうち山にのめりこむきっかけになったのが小学校5~6年頃と中学初期に出会った映画の存在。それまで両親や両親の山岳会仲間たちに連れられてあちこちの山には登っていました。しかし“クライミングしたい”と、ある種の熱病のようにどうしようもない気持ちにさせてくれたのがフランスの登山家であり山岳ガイドでもあったガストン・レビュファの映画でした。

山岳ドキュメンタリー映画ながら、夢のような映像美で迫真のクライミング技術がありのままに記録されています。「山の映画で何かいいのないかな?」と聞かれれば、今でもガストン・レビュファの三部作を選びます。そのうちの大好きな2作品をレヴューします。

080520_11.jpg

【天と地の間に】
レビュファが初老の登山家をガイドしてマッターホルンに挑むシーンに始まります。やがて到達した頂から一望できるモンテ・ローザやコルネル氷河に感動する初老の登山家の姿に、幸せそうなレビュファの姿。しかし圧巻はガイド仲間と挑むドリュ南西岩壁のクライミングシーン。

ここのクライミングでレビュファは常にトップに立って、神業のような技術と判断でルートを切り拓く迫力ある美しい映像は感動ものです。1961年、ガストン・レビュファ自身の監督によって製作されました。


080520_22.jpg

【星にのばされたザイル】
「天と地の間に」の続編的位置づけの作品で、ガストン・レビュファがシャモニ針峰群ほかの難関とされる絶壁にチャレンジする光景を記録しています。シャモニ針峰群はヨセミテなどと同じくらい憧れのエリアです。僕はこの写真のようなことがしたくてたまらなかったところ、15年くらい前に「廻り目平キャンプ場(クライミングゲレンデである小川山)」でやってみました(^^;;

高度は全く違いますが、このような針のような岩の上で、確保仲間が笑う中ポーズをとって余韻に浸りました。それでもビルにしたら20階以上の高度なので、眼下に渓流が蛇行し、キャンプ場のテントや人々も豆粒のように見えて、かなり気持ちいいです♪

クリフハンガー」というスタローン主演映画でクライミングシーンの代役を務めたのはドイツの超絶クライマー“ヴォルフガング・ギュリッヒ”。ギュリッヒはずいぶん前にアウトバーンでの自動車事故で亡くなってしまいました。生前のギュリッヒによるシャモニ針峰群のクライミングに、クライミングスタイルは全く異なりますが、レビュファの足跡を重ね見ていました。

ギュリッヒが華麗に登攀するシャモニー・・・それを何十年も前に成し遂げるレビュファの姿には、ほんとうにワクワクさせられます。とにかく実に美しい映像です(1975年製作)

クライミングをしなくとも、登山あるいはキャンプ、アウトドアが好きな方であれば、この映像美とクライミングシーンは、幸福感さえ提供してくれると思います。天気の悪い週末・・・居間でレビュファの作品でまったりする、なんてのも悪くないと思います。ただし見終わった後、どこかに登りたくてウズウズしちゃいますけれど。

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


これは是非見てみたいです!山の映画は「運命を分けたザイル」と「バーティカルリミット」というのを見たことありますが、どちらもとても面白かったです。それにしても廻り目平の岩場であんなポーズを決められたとはユウさんすごすぎです。
  • 2008/05/20(火) 19:33:25 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんばんわ☆
自分もいつか本格登山したいな。と思っています。
今は子供も小さいのでハイキング・トレッキングくらいしか出来ませんが。。。
今ちょっとバックパッキング用のテントが気になってるんです。
  • 2008/05/20(火) 20:15:41 |
  • 涼月|URL
  • [編集]


クウゥー小生なにを隠そう高度恐怖症だもんで トレッキングはわかるとして 何を好き好んでこのように危ない高いところに登るのでしょうな 見てるだけで心の臓がバックバクですわ( ▽|||)  そうそう このお方が夜叉神峠の記事で言っておられた方? レッドソックスってわけですな(笑
  • 2008/05/20(火) 21:21:47 |
  • 風|URL
  • [編集]


針の上に人がいますね・・・・・。
ダメですね自分は。
映像の世界なら見てみたいですね。
あの下からくるゾクゾク感がたまらないですね。リアルではとても耐えられそうにありませんが・・・・。
人生を左右する出会いは、人だと妻でしょうか、よくも悪くもwww
  • 2008/05/20(火) 23:14:52 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


レビュファ氏は知ってます。この作品も知ってます。でも見たことはありません。なんだか面白そう、っていうか、すごそうな映画ですね。
私は登山はしますがロッククライミングは怖いのでやったことはありません。やる機会もありませんでしたし。
30代後半でもできますかね?興味はあるんですけれどね。でも体力が(笑
  • 2008/05/21(水) 15:15:18 |
  • fumi|URL
  • [編集]



もしも機会があったら、今度クライミング体験させてもらうことってできますか?
道具も何も持ってませんが 根性も勇気も持ってません(笑
  • 2008/05/21(水) 15:20:14 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
他のメンバーも交代でクライミングして、みんな上に立って、僕は三番目でした(^^;
  • 2008/05/21(水) 21:59:25 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★涼月 さん★
山岳用にするか、バックパッキング用にするか、悩みどころですね。でも悩んでいるときって、楽しいんですよね♪
  • 2008/05/21(水) 22:01:06 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★風さん★
そうです。レビュファの赤いソックスと紺色の伸縮性あるのタイトフィットのニッカボッカをずーっと真似してました(^^;
  • 2008/05/21(水) 22:03:04 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ダミアン さん★
高度って不思議なもので、たとえば50メートルより数百メートルのほうが怖くなかったりします(^^;;
  • 2008/05/21(水) 22:04:28 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumi さん★
年齢はノープロブレムではないでしょうか。
メールしてください。いつでもOKです。手始めにどこかのゲレンデでいっしょに登りましょう♪
  • 2008/05/21(水) 22:06:12 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示