CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

焚火台自作の詳細

080501_1.jpg


写真は白馬アルプスキャンプ場(旧チキンジョージキャンプ場)にてダッチ専用焚き火台でダッチオーブンをシーズニングしているところです。実はダッチが錆びたため鉄タワシで表面を綺麗にして再度シーズニング中(^^;

世界にひとつ、ダッチ専用・焚火台”の記事で何人かの方から“脚はどのように自作したのか”とのメールがあり寝かせっぱなしになっていましたので、遅ればせながら脚付きの画像をアップします。脚はスチールパイプ製で下側にホームセンターで購入したゴムキャップをつけています。本体には鉄のプレートを溶接し、そこに何箇所かネジ用の穴をあけました。パイプにも二箇所穴をあけ、プレートにネジで固定して組み立てます。傾斜地などではプレートの複数の穴から水平がでる位置を撰んで高さ調節できます・・・。

ホイールは軽量化のため無数に穴あけしたうえで黒の耐熱塗料で仕上げています。ダッチはこの中にスタッキング可能で、収納したあと周囲に新聞紙やウェスを入れれば強固なケースになります。ダッチの中にはコッフェル、メタなどが収納できるため便利です。ダッチと組み合わせると・・・まさにワイルドそのもの。お気に入りです。

どんなに手荒に扱っても破損する心配はなく、使い倒して消耗したら、また作れる優れもの。なんたってホイールは車屋からのもらい物だし、ホームセンターで手に入れる材料費はたかだか数百円。自分で工夫して作る楽しみもあります。画像の焚き火台は二代目。ホイール利用の焚き火台は焚き火のほかにダッチをガッチリと守る運搬用ケースとしてなかなか優れています。※ホイールの中はキャンプオーブン(ダッチ)の脚がぴたり納まるように穴を開けています。

080501_2.jpg


http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ホイールと分かる所がお洒落ですね、これは良いです。
因みに何インチホイールなんでしょう?14インチ位ですか?やはりFF用の方が深くて良いのでしょうか(^^ゞ
  • 2008/05/01(木) 18:54:52 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★横道さん★
むむ・・・何インチでしょう???オートバックスにダッチを持って行って、きれいにスタッキングできるのを貰いました(^^;;
いちいちダッチを入れながら選んでいたのでメカニックが不思議そうに僕を見ていました(笑) もしかして、軽トラ用の小さいのだと浅いし小さいし、何か面白そうな焚火台が自作できるかもしれませんね。FFって深いんですか??知りませんでした(^^;
  • 2008/05/01(木) 20:53:53 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ムムっ
これはハートを刺激しますねぇ(^^)
鉄筋3本に鉄輪通せばホイールに嵌る三脚脚もできそうですねぇ。
勝手ながらお気に入りに登録させていただきますm(_ _)m
  • 2008/05/01(木) 23:23:13 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


ようやく~~~~~!!
待ちくたびれました。
これが脚の画像ですか!
メールだといまひとつわからなかったですが、これで納得っす!
少々くふうして手直ししてみます。
そいじゃまた!
  • 2008/05/02(金) 08:51:43 |
  • 鉄男|URL
  • [編集]


はじめまして。
ホイールで焚き火台を自作とは・・・・。
いやはやすごいですね。
自分はまだダッチを使ったことがないのでとても参考になります。
  • 2008/05/07(水) 12:20:55 |
  • ダミアン|URL
  • [編集]


無骨でカッコイイ! ロッジにピッタリです。
どんなに手荒に扱ってもこわれそうにないですね~♪ でも、溶接って、、、、、、、、できないっす
  • 2008/05/08(木) 08:49:59 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★monkichi88さん★
ハート、刺激されちゃいましたか?! でも、これ、重いんですよね(^^;; 一度設置しちゃえば、これほどいい道具はないのですが・・・運び込む段階では、くじけそうになります(笑)
  • 2008/05/09(金) 09:17:09 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★鉄男さん★
ほんとうにごめんなさい。記事をアップしようと、いつも思っていたのですが写真がポジしかなかったため悩んでいました。幸い写真屋さんでポジからCDにできるサービスがあることを知り、記事にすることができました(^^
  • 2008/05/09(金) 09:19:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★ダミアンさん★
ダミアンさんの参考になれて、ほんとうに嬉しいです。このほかに試作初号機(^^; などがいくつかありますが、最終的にホイルの中の底にあたる部分にたくさんの空気穴をあけて上昇気流を作るこのタイプに落ち着きました。もちろん側面にも穴をあけています。
このほか、切込みを入れたり、様々なオプション加工をすると鉄串を立てたり、差したりといろんな機能が付加できるのも利点です。
  • 2008/05/09(金) 09:22:40 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


★fumiさん★
溶接は近所の住宅の工事に来ていた職人さんに仕事が終わった夕方、ビールを差し入れてお願いしました(^^;
  • 2008/05/09(金) 09:23:51 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


素晴しい!欲しくなります。三脚は必須ですか?


★ストーン さん★
ストーン さんのご紹介している火山も、携帯性ぬ優れていて、なかなかよさそうですね♪
この自作焚き火台の難点は、重量です。穴をたくさんあけて、軽量化してますが限度があります。まあ・・・ヘビーデューティではあるのですが(^^;
三脚が無い場合は、下の写真の左下にちょっと写っているグリル台でOKです。ダッチのケースとして重宝します(^^
  • 2008/06/06(金) 15:22:07 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
天気のよい週末に、ずっと書斎で仕事です。仕方ないので、仕事の合間の2時間ほどを費やしてアルコールストーブを自作。ストレス解消です。用意した材料は350ml.のアルミ缶ふたつ。2気室タイプのストーブの構造は、カットしたアルミ缶(高さ3センチ)の底ふたつに細めのアルミ
2008/07/06(日) 23:10:13 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示