CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

菜の花と稲作

もうあちこちで桜が満開。気温も上昇してすっかり春ですね。

雨でなければ毎朝付近の森や川沿い、田のあぜ道を散歩するのですが、いままで寒々としていた自宅裏の竹林も、なんだか春めいたように明るくなりました。

こうした移り変わりの雰囲気ともうひとつ。それが田んぼの変化です。ある日ふと気付いたのですが、田んぼが菜の花畑になっています。きっと徐々に伸びていたのでしょうけれど、その変化があまりにも自然だったために気がつかなかったのです。

最初の頃は田に生えてきた植物を雑草だとばかり思っていました。それがここのところ暖かい気候で、ぱっといっせいに開花し、眩しいばかりの菜の花畑に変身していました。

080402_1.jpg

まず、これが裏の竹林です。

さて、日中ガーデニング作業を終えた僕は、その菜の花畑に子供が虫捕り網を持って蝶かなにかを夢中で追う姿を見つけ、時のたつのを忘れて眺めていました。僕も子供時代、蝶を捕まえたり、夏はカブトムシやクワガタを雑木林で探すのが大好きでした。

080402_2.jpg

満開の菜の花の芳香は家にまで漂ってきます。特に雨後や雨の前の湿った空気の時になると、その香はぐっと濃く強く香ることがわかりました。菜の花の香で天気が予測できちゃいますね。ところで、今乗っている2ストジムニーですが、この軽快な音でも天気がわかります。

晴れていて空気が乾燥していると、じつに軽やかでいい音なのですが、雨の前になると低くこもったような、なんともいえない柔らかな音に変化します。これもやっぱり湿度のせいかもしれません。

余談ですが・・・湿度の高い空気中では匂いが強くなる、ということは、獲物を追う動物にとっては好都合ってことでしょう。山中に長い間身を置くと、数時間前に通った人の匂いが判別できるようになります。僕は、この方法で登山道の遥か先行く人を予測したことがあります。そのときは空気中に残る匂いの痕跡から登山道上の分岐でも迷うことなく彼らがたどった道がわかりました。この方法は世代ごとに特有の体臭があるので数十分以内に通った人物のおおよその年齢も予測できます。※香水ではなく、人特有の匂いです。

さて話しは逸れましたが・・・この菜の花は、お米の時期以外の生産物なのだろう、と考えていたのですが、数日前のこと。菜の花が一日で消えてしまったため疑問に思い近寄ってみると・・・なんと、すべての菜の花が無残にも田んぼの土の中でぐしゃぐしゃにされているではありませんか。

そこでさっそく遠くの畑で農作業しているオジサンに理由を聞くと、これは化学肥料を減らすための自然栽培法とのこと。なんでも、菜の花を田んぼの土壌に梳き込むことで土壌中で徐々に分解し、緩効性肥料と同じように水稲の生育期間を通じて窒素を放出するのだということでした。これによって化学肥料の使用量をかなり抑えられるのだと教えてくれました。

なーるほど、です。菜種油とか菜の花として出荷するとばかり思っていた菜の花は、天然の肥料だったということです。人の目を楽しませてくれたうえ、その身を砕かれ土に混ぜられ肥料にもなる菜の花の重要性を、今はじめて知りました。

まだ、ほかの田では自分の運命を知らずに菜の花がきらきらと黄色い花を一面に咲かせています。たぶん、あと数日の命かもしれません。

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


おはようございます。
菜の花って肥料だったんですか。
なんだかちょっとかわいそうですね。
これから菜の花をもっと愛でて見ることにします。
  • 2008/04/03(木) 08:49:42 |
  • fumi|URL
  • [編集]


うちの実家の地方では同じ目的でレンゲの種をまきます。菜の花の方が壮観ですね。
それにしてもにおいの痕跡で先行登山者を
追えるというのは、すごいですね。
足跡からすべてを読み取るというトラッキング技術で行方不明者を捜したりする、トム・ブラウン・ジュニアという人がいるそうですが、ユウさんの方が上かもですね♪
  • 2008/04/03(木) 22:34:41 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


長年千葉県に住んでいるけど菜の花が肥料に使われているなんて初めて知りました^^
菜の花は天ぷらやおひたし等すごく美味しいのできっといい肥料になるんでしょうね。
  • 2008/04/05(土) 16:47:11 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★fumi さん★
全てが肥料じゃないと思います。たぶん、田んぼに植えてある菜の花が肥料ってことかと・・・
  • 2008/04/09(水) 22:21:18 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
これ、しばらくの間、山に入っていると、嗅覚や聴覚が異様に敏感になります。あと気配、というか・・・そんな感覚も。匂いは、本当によく残っています。ただし風が強いと難しいかもしれないです(^^;
  • 2008/04/09(水) 22:24:03 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]


★横道さん★
菜の花のおひたし、大好きです♪ これからの季節、山間部ではフキノトウやタラの芽や・・・山の幸いっぱいでしょうね。この時期のキャンプの楽しみです♪
  • 2008/04/09(水) 22:25:31 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示