CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

不可思議を体験するために出かける春山

ものすごくいい天気です。

こういう天気だと、雪山に登りたくてウズウズしてきます。雪山は昨年の春に五竜、剣、白馬、北穂高を登ったきり、まる一年間ご無沙汰しています。雪山はGW頃まで楽しめるので、今年は八ヶ岳を登りたいと思っています。

春とは言っても雪山なので当然ながら雪山の重装備になります。夫婦で登るので、ザックは僕のほうが断然重くなります。なんせ奥さんは個人装備中心。僕は個人装備プラス共同装備。それでも極限までの軽量化を行うので4泊5日の重さは25キロ以内です・・・

個人装備は5kg弱。これにテント+竹ペグ(雪山用に自作)+マット類が2・5kg、ストーブ+燃料で1.4kg。食料(ドライ中心)1.5~2kg。アイゼンやらピッケル、ザイルで5kg少々。食器類0.8kg。飲料水が3kg。その他小物類で2kg。いちばんきついのが山スキー。これらを担いで山に入るわけです。

雪山のいいところは、夏と違ってルートが自由になるところ。道などありませんから、雪崩に気をつけてルートを選ぶ、という楽しさが味わえます。夏であれば高みにある針葉樹のてっぺんが足元の雪から出ているんですから。ものすごい積雪量です。

阿弥陀岳の南稜のように岩尾根だとテント設営できる場所は数箇所しかありません。そこにテントを張って過す誰一人いない雪山の夜は悪天候でなければものすごくロマンチックでさえあります。

いちど不思議な体験をしたことがあります。

夜中、ふと目覚めるとテントの外が昼間のように明るく輝いています。時刻は深夜2時過ぎ。顔を出してみると・・・なんと樹木も岩も雪も、あたりの空気そのものが青く発光して輝いているのです。この青は、夜光虫の光よりもまばゆくて、今まで見たこともない美しさでした。

これは雪の青さとか、そんな青さをはるかに凌駕するもので、なんといえばいいのか・・・しいていえば全てのものがことごとく青い発光体となって輝いている、といったほうがいいかもしれません。

当時同行していた青森出身の仲間も、こんな宇宙的な光景ははじめてだと、青い世界の中、ただうっとりと眺めていたその顔が忘れられません。

こんな話を友人に話してみても、いっこうに信じてはくれません。ですので、この、半透明の青い球体の中に入って、外側からものすごい光で照らされたような、そんなこの世のものとは思えない世界を体験してもらいたくて雪山に同行してもらっています。

かつてこの世界を経験したのは八ヶ岳・阿弥陀岳の南稜。

今年八ヶ岳に入るとしたら、同じく阿弥陀岳の南稜から入り赤岳を経由し横岳、硫黄岳から天狗岳を往復し緑池の手前にある森の中のテント指定地で静かな夜を過した翌日は稲子湯までいっきにスキー滑走して一泊。真っ赤な温泉にゆっくりと浸かりたいと思っています。

稲子湯は明治13年創業の歴史あるいで湯で、長方形の石作りの湯船に湯が掛け流されています。湯船を見ると赤みがかったにごり湯。八ヶ岳に入るときはかならずここに寄るようにしています。海外の友人たちには以前記事にした”本沢温泉”のほうが喜ばれますが、僕はこの素朴な稲子湯の大ファンです。

立ち寄り湯ミシュランHP:http://www.asahi-net.or.jp/~UE3T-CB/spa/inagoyu/inagoyu.htm
MapFan HP:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uukako/inago.htm
稲子湯の地図はこちら

阿弥陀の不思議体験地図はこちら

怪談クラブ記事カテゴリーへ

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


雪山登山、憧れます!でも自分には
到底無理そうですので、ユウさんの記事を読んで思いをはせるだけにします♪
タイトルの画像が変わったんですね。
どれもすごくかっこいい写真ですね~!
  • 2008/03/11(火) 22:23:24 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
雪山の記事は仲間のスケジュールの関係でGW頃になってからなので・・・かっこいい(?)写真はもっとたくさんあるのですが、ほとんどがポジフィルムなんです・・・時々プロジェクターでスライドショーしているのですが・・・いい方法ないでしょうかね(^^??
  • 2008/03/11(火) 22:46:37 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


ホント写真カッコいいですね、凄い所登ってますし^^
ネガもポジも読み込めるフィルムスキャナーあったと思いますが最近デジカメが普及して見なくなりましたね、以前は貸し出しもあったかな。
写真屋さんなら読み込んでCDデーターにしてくれると思います、もっともっと写真見たいですね~
  • 2008/03/12(水) 19:00:45 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


あれえ?
別のブログでこの写真アップされてましたよね^^
いろいろ登山する友人に聞いてみたんですが、だれも青く光る世界を見たことないとのことでした。
不思議です!
  • 2008/03/12(水) 23:20:25 |
  • fumi|URL
  • [編集]



向こうのブログはここのところ更新なしですが、こちらがメインに?!(≧∀≦)
  • 2008/03/12(水) 23:24:19 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★横道さん★
写真屋さんですか?! ポジをCDにしてくれるとは。さっそく行ってきます。でもマウントしてるので、全部とるの、かなりめんどくさそうですね(^^;;
  • 2008/03/13(木) 08:50:38 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★FUMIさん★
そうです。別のブログで記事に掲載していた画像です。向こうは登山専門の記事で、ここはネイチャー系とキャンプという具合に分けています(^^
  • 2008/03/13(木) 08:51:59 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


青く光る世界とは不思議ですね。
もしかするとオーロラかもしれません。
時折日本でも観測されるようですから。
  • 2009/06/17(水) 22:17:19 |
  • romesuke|URL
  • [編集]

★romesuke さん★


あ・・もしかして、不思議話の・・・?

この現象、オーロラですか!?
とは言っても、オーロラ自体、見たことないので・・・
でも、ロマンチックです(^^

いつかこの目でオーロラ見てみたいです♪
  • 2009/06/17(水) 22:25:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示