CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

鋸山は千葉の戸隠山

080301_h.jpg


上の写真は信州・戸隠山に似ていると思いませんか?

屏風のようにドーンと聳える堂々とした山容。切り立った岩肌。大好きな“戸隠イースタンキャンプ場”から見る戸隠山そっくりの姿にいつもながら見とれてしまいます。

房総半島の半ばに位置するこの“鋸山”は、江戸の昔からよく知られていて、この山を境に北と南では気温が数度異なるとか・・・

それを、山を越えればシャツ一枚不要になる、などと表現したりするようです。


080301_1.jpg

ここには関東有数のクライミングゲレンデがあって、高校時代にたびたび登りに来たものです。(上の写真はゲレンデではなく、石切り場跡。現在は展望台になっています)十代にクライミングでお世話になったゲレンデは、湘南の鷹取山、小川山、廻り目平、丹沢の名も無き岩場群&広沢寺の岩場、中野哲学堂公園の石垣、御岳のボルダー群、伊豆城ヶ崎などなど。そのうちのひとつが、ここ鋸山の南壁とよばれる岩場でした。

岩の質は砂岩のためざらざらしていて、シューズのフリクションもあまり効果なし。快適とは程遠いのですが、海風を感じながらはるか彼方に伊豆大島を眺められるロケーションは、まさにブラボーと叫びたくなるほど。数あるクライミングゲレンデの中では群を抜く気持ちよさが味わえます。

素敵なクラックも充分にありますし、廻り目平のスラブでフリクションクライミングを楽しんだ後、ここを訪れればその違いがものすごく楽しめます(もろい砂岩なのでリードクライミングは危険・トップロープ)。

080301_2.jpg

さて、鋸山と海を隔てて目の前に見えるのが三浦半島。直線距離にして15キロ弱。以前、三重の戸羽港から神島までカヤックツーリングしたことがありますが、その距離より若干短めです。下の写真は、三浦半島の拡大写真。

080301_3.jpg

当初は、三浦半島には鷹取山がありますし、カヤックで東京湾を往復しながら砂岩の鋸山と石灰岩の鷹取山を贅沢に楽しめるのに、と思いましたが・・・ここは魔の海域。船の通行量がはんぱではありません。自然の驚異というよりも人的脅威の方が大きいため思いとどまりました。

鋸山を眺めつつ、今年のGWは久しぶりに誰一人キャンパーのいない“戸隠イースタンキャンプ場”で、のんびりするのもいいもしれないと思いました。

GW時期、イースタンの目の前の戸隠キャンプ場はかなりのイモ洗い状態。ですが、三回ほど利用したイースタンでは二組と一緒になった一度以外は独占状態。野鳥と葉擦の音ばかり・・・ものすごく気持ちのいい、キャンプ本来の静かな朝が楽しめます。

地図はこちら

FIVE TEN(ファイブテン) ガイドテニー
FIVE TEN(ファイブテン) ガイドテニー

ハイキングとは言っても、岩場のある場所を歩くのであれば、やっぱりファイブテンがおすすめ。中でもガイドテニーは名作とも呼べるシューズで、クライミングシューズに使用されているステルスラバーのソールががっちりサポート。僕が昔愛用していたのはこのガイドテニー。試しにどこかの岩をちょこちょこっと登ってみてください。ソールが岩にぴたり吸い付くような抜群のホールド性で危なげなく登れちゃいます。ハイキングも、北アルプスのような岩場の多いトレッキングも、このガイドテニーはけっこう軽快に歩けます。でもサイズは23のみ・・・残念ですね。それと、下のモデル・・・

FIVE TEN(ファイブテン) インサイト
FIVE TEN(ファイブテン) インサイト

こちらも上のガイドテニーと同じメーカー”ファイブテン”社のシューズ。もともとはロッククライミングの際の岩場までのアプローチシューズとして開発されていますが、トレッキングにはベストマッチ。縦走のように巨大な荷を背にするのではなく、数泊程度の山岳キャンプで、岩稜地帯の多い北アルプスあたりをバックパックするには最高です。浅いタイプなので足首が自由になり僕は好きなのですが、筋力の弱くなっているシニアの方には足首捻挫の原因にもなるのでオススメできません。ですが、それ以外の方で20キロ程度の荷物で山を歩いたり、あるいはキャンプの際のアクティビティであちこち行動する人であれば、トレッキングシューズよりも、こっちをオススメします。これ、ほんといいですよ!

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


以前友人の船で横浜マリーナから出港し富津へ向かう際、浦賀水道航路を横切るのですが大型船の往来が激しくいつまで経っても渡れなかったのを思い出します。
こちらの船の速度を考えて楽に渡れると思い飛び出そうものなら警戒船にサーチライトを浴びせられ警笛とマイクで注意と言うかもう「待機しろ」と命令です(笑)
繁忙時はきっとカヤックの速度では渡るの無理でしょうね^^
  • 2008/03/02(日) 07:32:48 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


前はお世話になりました. わたしは友達とこの場所にいきました. わたしは下を見るのが恐ろしかったです. わたしたちは、とてもきもちよかった気分を楽しみました!
  • 2008/03/02(日) 08:08:49 |
  • ジロン|URL
  • [編集]


素人考えだと船は2次元的に移動できるので大丈夫そうに思いますが、こういうところをカヤックで横切るのは高速道路を歩いて渡ろうとするみたいな感じなんでしょうか。
鳥羽から神島までカヤックでいけちゃうんですねー。びっくりです。
  • 2008/03/03(月) 09:12:26 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★横道さん★
やっぱり、そういった状況でしたか。以前横浜港でカヤックしたときは、停泊船を横切るのに、わざわざ右に迂回してルール通りに船尾から回り込みました。それだけではなくて、航行時の波がけっこう危ないんですよね。
でも船を持っている友人がいて、うらやましいです(^^
  • 2008/03/04(火) 11:24:02 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ジロンさん★
素敵な休日を過せたようで、よかったですね。お寿司も美味しいんですよ♪
  • 2008/03/04(火) 11:28:20 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
みな速度は落としていますけど、かなり怖いです。あちこちに入り乱れるように見えると、迂回の進路をドキドキしながら考えちゃいます。やっぱり勝浦あたりをのんびりツーリングするほうがよさそうです(^^;
  • 2008/03/04(火) 11:30:18 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示