CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

古民家 富士山麓の素敵な廃屋

071228_h.jpg


【JAPANESE STYLE-4】


今日は数年前の、冬とは程遠い季節のお話です。これは、富士の麓の本栖湖から程近い場所にある廃村の風景。

季節は春。あちらこちらの日陰には、固くザラメのようになった雪が解け残っています。キャンプ場を拠点に移住先を探していて偶然に発見した村でした。

山へと続く細道に、主のいない藁葺き屋根が点在し、野鳥がのどかに鳴き交わしています。陽射しは暑いのですが、風がまだまだ冷たくて、そんなところに富士山麓であるということが実感できもします。

村の入り口には小さな神社がありました。境内はきれいに掃除が行き届き、荒れた気配など微塵も感じさせません・・・


071228_4.jpg


とうとうと流れる水は、まだ冬の気をまとった痺れるほどに冷たい清水です。口に含めば、これぞ甘露とでもいうように甘みがある。見ているだけでも心洗われる、そんな清めの水です。

そのまま坂道をあがると、すぐに藁葺きの屋根が見えてきます。

071228_1.jpg


なんという美しさだろう。自然とこれほど見事に調和するとは。そう思い、ごめんください・・・と訪うも、聞こえるのは野鳥の鳴き声ばかり。庭に入りよく見ると、それは住む人のない廃屋でした。

広くはないけれど、気持ちのいい庭。藁葺きの屋根の下には縁側があって、中の雨戸は固く閉ざされていました。僕は軒縁に腰かけて、眩しい緑の中、木々のざわめきを楽しませてもらいました。

071228_3.jpg


ここでどんな人々がどんな暮らしをしていたのだろう。そしてどんな人生を送り、どんな喜びや、悲しみを体験したのだろう。その人は幸せだったのだろうか・・・そんなことを考えずにはいられませんでした。

電線が施設されてはいるけれど、水は井戸水。雪の降り積もる冬はさぞ冷たかったことでしょう。隙間風も入るだろうし、炭火で暖を取りながら春を心待ちにして毎日を送っていたのでしょうか。

春の日差しへの渇望は北欧も同じことです。

暗くて寒い長い冬に、ある日突如として、それまでとは全く別の気配が入り込む。なんと表現すればいいのか・・・それはひとかけらの陽気。陽気が混じると一気に冬が去り春がやってきます。人々は息を吹き返し歓喜を漲らせて、春が来た、と叫びたくなります。

ここ富士山麓に住んでいた人々も、同じように春を渇望していたことでしょう。

しかし、今は誰も住んでいません。きっと買い物や病院などが整う里に降りて、便利な暮らしをしているのかもしれません。この地域には、こうした主を失った古民家ばかりが連なっています。

ここに住もうかな。

一時はそんなことも考えました。古民家を借りて、コツコツ手直ししながら住むのも悪くないな、なんて思います。手直しするとは言っても、重要なのは柱や梁。場合によっては一度解体して、柱と梁だけを再利用して屋根や壁面は断熱処理を施して造りなおす。

とにかく、理想の家のスタイルです。理想の第一条件は平屋であること。次に石窯が造れるだけの庭があり、隣と隔たっているということ。便利さは・・・まあ、あまり追求しない事にしたいですね(^^;; だって、便利と楽しさは別物ですから。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


写真では・・感じませんが・・・日が暮れると・・恐そうです~
ゴーストタウン・・・気味悪そうで・・・臆病な・・私には住めませんよ~


おめでとーございます!!! 初日の出にコメントしようか迷いましたが、こちらに。 この古民家こわいですよお。画面に靄がかかったようになってません? まさか?!
  • 2008/01/02(水) 22:31:25 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★チャイさん★
昼間でも、ちょっと怖いかもしれないです(^^;; おまけに藁葺きの古い家・・・周囲は樹海・・・いろいろ考えると怖いです・・・
  • 2008/01/06(日) 00:58:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumiさん★
この画像のモヤのような白いものはデジカメのせいです。この時は、ビッグジョブという防水防塵型のデジカメで撮影したため、レンズの前についている防水用のガラス板に光が乱反射してこうなるんです。 今は普通のデジカメです。
  • 2008/01/06(日) 01:00:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示