CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

自作してみたくなる キャンプ場にあった藁葺き小屋

071226_h.jpg


【JAPANESE STYLE-3】
キャンプ場の藁葺き小屋


住居の原点の一形態といえば・・・竪穴式住居ではないでしょうか。

乱暴に分類分けすると岩穴(穴倉)に住まう形態と住処を作って住まう形態の二種類になるような気がします。もちろん樹の上や船の上なんていうのもあるようですが。

常陸国風土記には“つちぐも”などと呼ばれる人々が登場します。彼らは地面の穴倉に隠れ住む存在として語られており、残酷な仕打ちにより皆殺しのようなことになってしまいます。「つちぐも」とは「つくも」です。つくも神などということばがあるように、その土地に根付いている人々のことで元々はその土地(郷)の住人でした。

そんな彼らが、後からやってきたヤマト民族に迫害され自分たちの土地を追われてしまったのですね。まるでネイティブアメリカンの歴史を見るようです・・・

こんなことが太古の日本の各地で繰り広げられたわけですが、それによって新しい文化が徐々に浸透しはじめます。

文化の中には住居の形態もあったことでしょう。たとえば原初は穴倉だった住居が、やがて竪穴のように柱を立てて屋根を葺くようになったものか。いや、元々は穴倉の上、あるいは横穴の入り口に柱を立てるなどしていたものの派生なのか、詳細はわかりません。

が、竪穴式という住居は自然の穴を利用するのではなく、人間が自分の意思により、自分の都合に合わせた場所に作り出した住居スタイルです。これはネイティブアメリカンのティピやモンゴルのパオなども同様でしょう。

どうしたら効率的で快適な住処が作れるのか・・・知恵を絞り、その土地々々の風土にぴったりと適合した住居が世界各地で生み出されます。中でも竪穴式住居の藁葺き屋根の美しさはピカイチです。ともあれ、こうした住居は人間が作り出した住まいの原点であり、また普遍のスタイルだと思っています。

キャンプで使用するリビングシェルやスクリーンタープは床が地面です。周囲を高く盛り、設営面の地面を掘り下げれば・・・それはまさに竪穴式住居そのものです。地面を掘り下げると冬などは地表よりも温度の寒暖が少なく快適です。これは生活の知恵ですね。キャンプ場では穴など掘ることはできませんが、いずれリビングシェルを竪穴の上に設営しようと思っています。

ポールを柱とするドーム型テントの考え方も、まさにモンゴルのパオや竪穴式住居と符合します。

こうした原初のDNA的な記憶が僕らをキャンプにかき立てるのかもしれない・・・などといったらちょっと大げさかもしれませんが、作物を作って定住する以前、食料を求めて放浪していた年月のほうがはるかに永かったのですし、僕はどうしてもそのような記憶が血の彼方にあるように思えてなりません(^^;;

なぜキャンプに行きたくなるのか。なぜロッジではなくテントなのか。自問すればするほど迷宮に入り込んでしまいます。豪華で快適なテントではなく、よりシンプルなものへと原点回帰するような自分の嗜好を俯瞰で眺めると、どうしても狩猟的というか、流浪の血があるように思えてしまいます。

さて、竪穴式の住居は新石器時代の中国でも普遍的に見られ、円形あるいは方形(四角)の平面を持つ竪穴住居跡が見つかっています。それらの多くは南に入口が向けられています。南中の高い日差しが住居内に差し込む、という工夫だったのかもしれません。こうした知恵の法則化が風水なのでしょうか。生活の知恵の集大成なんでしょうね。

僕もこの季節の雪中キャンプでは、入り口をできるだけ南あるいは東南方向に設置します。地形にもよりますが冬特有の北風(あるいは北西風)が入り口に吹き付けるとジッパーなどはすぐに凍結してしまい開かなくなってしまいます。山岳用テントの外張りなどの入り口がジッパーではなく紐式というのは凍結対策でもあります。極低温の場所でキャンプするのであれば、ジッパーは避けたほうが賢明です。

話が逸れてしまいましたが・・・こうした原初的な住居形態としての竪穴式住居が、いま作りたくてしかたありません。

071226_1.jpg


周囲に土を盛り四隅に先端がY型になった柱を立てるのが最初の一歩。次にYの上に横木を渡し紐で縛ります。このときに役立つのが以前ロープワークでご紹介した縛り方。この四角の箱の左右から長い木を立てかけて、三角形にします。斜面は地面まで届く長い屋根。信州などでは地面まで続く長い屋根のロッジが普通に見られますよね。あれと同じデザインです。

この斜面に細い横木を下から順に渡し、その細い横木に下から上に順次、藁や萱といったものを被せれば屋根のできあがり。入り口とその反対側は屋根ではありませんが、壁面の補強に細い横木を何本も結び同じように藁などを下方から順次結びつければ・・・これで完成です。

太古のリビングシェル、っていったところでしょう(^^;; 

071226_2.jpg


これの中に囲炉裏を設えれば、壁面上部の煙窓から煙も抜けるし、その煙で虫除けにもなります。囲炉裏ではなく石窯でもいいかもしれませんね。近代的に作るのであれば土台は生コンの基礎。その四隅にアンカーで柱を固定し、屋根だけは藁葺きなんていいですね~。とにかくこうした住居作りって、最高に楽しい趣味だと思います。

ウマく作ろうと思わずに、ひとつひとつの作業や工程を楽しめればそれでいいと思ってます。仕上がりが、たとえ最悪だったとしても、そこからまた手直しという素敵な時間が始まりますし・・・こんなのをコツコツ作りながら暮らしてみたいものです。

それと・・・竪穴とは少し違うのですが、同じような小屋に宿泊できる僕の大好きなキャンプ場が富士五湖にあります。

それは「桧丸尾入会の森キャンプ場」。他が混雑していても、ここはとても静かで気持ちのいいキャンプができます・・・というより、ここはキャンプよりも“そま小屋”がオススメです。藁葺きの小屋の中の囲炉裏でダッチオーブンで料理したり、炊き立てのご飯をつぶしてチクワのように木の枝につけ、それを囲炉裏で焼き、比内鳥のスープに入れて食べるキリタンポなんてやったら最高です♪

ここは、今のような冬に“そま小屋”に宿泊するとものすごーく楽しいです!しかし“そま小屋”はひとつだけ。早い者勝ちです。年越しキャンプなんか最高ですよ。ただし普通のセダンなど床下が低い車だと県道からキャンプ場までの激しいダート道200メートルほどが入れないと思います。ここに行くなら床下クリアランスが充分あるSUV、4WDが必要です。
※以前ポルシェに乗ってやってきたキャンプメンバーは、ピカピカのカレラ4をダートの入り口に置いて歩いて入場しました。

翌朝は、煙のにおいが思い切り体に染み付いていますから・・・すぐ近くで日の出から営業する「紅富士の湯」の露天風呂で、初日の出に赤く染まる富士山を眺める・・・うーん、これ以上の極楽キャンプはありませんね(^^

地図はこちら
●桧丸尾入会の森キャンプ場公式HP

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんなキャンプ場があったんですねー 富士五湖周辺ですけれど湖から離れているのですいているんでしょうか。
冬キャンて楽しいけれど、寒さがつらいので、こんな小屋で囲炉裏の火にあたりつつ友達と夜を語り明かす、ってのも悪くなさそうです
  • 2007/12/27(木) 08:47:05 |
  • fumi|URL
  • [編集]


ユウさんが古民家をゲットしたあかつきには
敷地内にこんな竪穴式住居を自作されるんでしょうか。すごく楽しそうですねー。
器用なユウさんならすごいのができそうですね。
  • 2007/12/27(木) 22:32:08 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんにちはぁ~(^ー^* )
こりゃー(☆゜o゜)まさにティピ型テントの原型
竪穴式住居…風にも強くて中も暖かそうですね~♪(^0^*
そま小屋に泊まる…
実はありふれたバンガローやコテージよりも贅沢な事かも知れませんね★
いつか泊まってみたいものです。
ユウさんが自作したら、是非格安で泊まらせてください(≧∇≦)/ ハハハ
  • 2007/12/28(金) 13:39:12 |
  • lilt|URL
  • [編集]


立派な柱ですね、確実に我家の物より丈夫そうです。
でも最初の写真見たときはマンモスまたは怪獣かと思いました(笑)
  • 2007/12/28(金) 19:39:14 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★fumiさん★
なかなかいいでしょ! 欠点は、煙が抜けにくいため、煙でいぶされちゃうことです(笑) 翌朝、体中から焚火のにおいがプンプン(^^;;
  • 2008/01/06(日) 00:52:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
小屋を自分で建てて見たいものですね~!手始めに、こういう竪穴式っぽい小屋にチャレンジします(^^
  • 2008/01/06(日) 00:54:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ liltさん★
おお!それでは小屋を建てた暁には、liltさんに招待メールを出します(^^
  • 2008/01/06(日) 00:55:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★横道さん★
マンモス・・・・なるほど、まさしく怪獣に見えますね(笑) 生きているような小屋です(^^;
  • 2008/01/06(日) 00:56:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示