CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

田舎暮しと人付き合い

071215_h.jpg



★country life:No.2★


そういえば、いつごろから自然の中での暮らしに憧れはじめたんだろう・・・なんてことを思ってしまいました。

前回の「★country life:潤・★」で、ランチのあとコーヒーを飲んでいて、「そうだ、田舎暮らしをしよう!」なんて、JRの京都ディスティネーションキャンペーンよろしく、思い立ってしまい七年後の今年、外房暮らしにこぎつけたわけですが

しかし、それ以前には漠然とですが、静かで周りには四季が感じられる自然いっぱいの場所で暮らしたい、なんて思ってはいたんです・・・

高校時代の学食のオジサンは、山岳部員にはめっぽう優しくて、食券を何枚もくれたり、大盛のおまけをしてくれたり・・・なぜだろう、なんて感じていたある日、その秘密が判明しました。

オジサンは南アルプスの広河原小屋のオーナーだったのです。彼のサニーにはハムの設備が搭載されていて、車体には大きく彼のコールサイン(?)のようなものが貼り付けてある、アウトドア仕様。なかなかのカッコ良さ。

南アルプスの広河原小屋の前を通過するたびに、こんな場所にこんな山小屋を建てて住みたいな、と思ったものです。同時に高校の帰りに原宿や青山をぶらついたりするのも大好きで、土曜などたいてい青山の迎賓館前付近を友人たちとブラブラしていました。

071215_1.jpg


ヘンリー・D・ソローの“森の生活”という著書に触れたのもこの頃。都会生活にどっぷり浸かりながら、山に行くたびにこんな素敵な場所に住みたいなぁ、と思ったもの。

自然への憧れはありましたが、自然の中で快適に暮らしたい、というかなりワガママな考えです(笑)

八ヶ岳に八ヶ岳高原ホテルという素敵な場所がありますが、冬の深々と雪降る森のシャトー(別荘)のような高原ホテルのロビーでは、暖炉に火が燃やされ、重厚なクラシックムードいっぱいの室内には静かに四重奏が流れていたりします。

そんな暮らしがしてみたかったんです。

自然の中に粗末な小屋を建てて、読書にふけるというソローの“森の生活”がしたいわけではありませんでした。言い換えれば貴族的な、森の別荘暮らしに憧れた、というわけでした。しょうがない若造です(^^;;

そういえば上高地の帝国ホテルなんか、料理は別として・・・暖炉に火が入っていて、ものすごく快適ですよね♪ですから、あんな雰囲気のリゾート的な田舎暮らしを脳裏に描いていました。

071215_patio1.jpg patio2.jpg


最終的には暖冬涼夏の海が望める緑いっぱいの高台に、広々した平屋建ての家。屋外にはパティオがあって、そこでは屋外で暖炉にあたり波音を聞きながら読書や食事ができる・・・ついでに石窯なんかも自作して、なんて・・・考えるだけなら自由です(^^;;

そして夏を中心に日本全国をキャンプして廻り、時々はハワイに・・・・ムフフフ~どこの大富豪じゃ!ですね。

こんなことを今でも考えながら、郷の寄り合いに参加しています。とにかく田舎暮らしは濃密な人間関係なくしては一歩も前に進みません。まず、都会より生活費の出費が格段にかさみます。安いのは土地代と旬の野菜ばかり。それ以外の光熱費、食料、燃料など諸々の生活必需品の出費は激しく大きいです。おまけに同じ郷の誰かが亡くなるなどすれば集金が・・・

071215_2.jpg


交通の便も非常に悪い。都会に近い僕の地域でさえバスは1日たしか6便程度。乗り遅れると数時間はやってきません。ですので車は1人1台。任意保険も車検も台数分必要です。買い物も車で遠くまで走り、病院はなおさら遠くまで。しかし土日などはどこもかしこも休院が当たり前。近所の方に聞いたら、休日は車で一時間ほどの場所にある病院が診療してくれる、と教えてくれました。

近場にあるのは三丁目の夕日に出てきそうなタバコ屋、同じく古い理容室に食料品も炭も置いてあるスーパーという名の雑貨屋、すし屋。野菜は直売所。海鮮は海岸通の先日ご紹介した“やまと水産”。

こんなように不便なので近所づきあいも濃密になります。誰かがどこかへ出かけるとなると、ついでに買い物を頼んだり頼まれたり・・・外房の白子近辺なのに、これがけっこう深い付き合いです。集会所や共同溝などの掃除、草取り、クリスチャンであろうが寺社祭礼参加は茶飯事で、日曜の集まりがあったり、この季節になると19時から23時まで当番で夜警の詰め所に詰めて交代で見回り。

大晦日の集まりに加えて元旦も朝から寄り合い(^^;; もちろん新参者の僕は全てに参加します・・・

こうした家族よりも濃い目の付き合いがあって、不便な田舎生活をお互いに助け会おうということなんでしょうね。ここで仲間ハズレになっちゃうと、いろんな情報が回ってこなくなっちゃいます。

とにかく、田舎暮らしをはじめた友人を訪ね歩いたり、自分で外房で暮らし始めてわかったのは、“田舎暮らしは東京より生活費がかさみ人付き合いも濃密、場合によってはプライベートがなくなる”ってことでした。安曇野で暮らす友人は、もっともっと人間関係濃密度がはるかに高かったです(笑) それに比べれば、ってことで。

まあしかし、こういう共同体って入り込んじゃえば快適ですし♪ ですが・・・貴族的なリゾート暮らしは、いつになることやらです・・・トホホ。でも楽しい毎日です(笑)

パティオ関連の豊富なリンクがあるサイトです。
Patio Design

田舎暮らしのカテゴリーへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


パティオ調べました。中庭っていう意味だったんですねー知りませんでした
屋外の屋根付きパティオにストーブを備えてテーブルとソファ、、、、、考えただけでも気持ちよさそうです
そんな環境になったら おそらくキャンプしなくなってしまいそうです(^^
  • 2007/12/21(金) 11:38:35 |
  • fumi|URL
  • [編集]


いやぁその感じだと夕飯時に隣の家の人がガラっと扉を開け漬物を持って上がりこむシーンが浮かびますよ^^
「くっけ~?まぃどー」みたいな感じで
  • 2007/12/21(金) 21:33:35 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


いやー本当そうなんですよね~(^▽^)
気持ち、すごく分かります。
僕も、昔はそんな感じでしたから(^_^;)
「あそこの娘さん、彼氏が出来たらしいよ」
「犬が逃げて大変みたい」
「小遣いが4000円になった」
どっからこんな情報が???(゜ロ゜)
って位、皆が色んな事を知ってます。
本当プライベートは無いかも知れません。
でもユウさんはすぐに溶け込んで行きそうですね(*^▽^*)
ちゃんと寄り合いに参加してますもん。
貴族的なリゾート暮らし♪
宝くじが当たったら★ですかね???
  • 2007/12/22(土) 16:04:57 |
  • lilt|URL
  • [編集]


これ~わかりますです
友達が田舎の山奥に住んでるですが、いろーんな集まりがしょっちゅうあるですよ。
大晦日や新年の神楽??の練習もずーっと毎晩参加してがんばってるです サボルと後が大変だから~って彼言ってたです(笑
人付きあい苦手だと田舎暮らしは成り立たないかもですね~
  • 2007/12/23(日) 18:31:34 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


★fumiさん★
日本でいえば東屋(あずまや)みたいなものでしょうね(^^; ここに気持ちのいいソファとテーブルを置いて、ランタンを灯して、そして暖炉に火を入れて・・・・考えただけでも気持ちよさそうです!
  • 2007/12/25(火) 09:56:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★横道さん★
まさに、そうなんです(笑) 近所のおばあちゃんがやってきて、袋いっぱいのカキを。40個以上あったので、食べるのたいへんでした(^^;;
  • 2007/12/25(火) 09:59:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
寄り合いに参加してますが・・・でも元旦の朝は自信ないです。大晦日を成田山で過して、そのまま初日の出を九十九里で・・・元旦の朝は寝ていたい・・・・宝くじは交通事故10回遭うより確率低いですよね(^^;;
  • 2007/12/25(火) 10:01:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
神楽はありませんが、隣の地区では消防団は1家族に1人、成人男子はことごとく参加ですね。父親が息子に譲って引退するって話もあります。深夜でも鐘がなれば駆けつけてます。僕の地区でもあるのかどうか・・・・
  • 2007/12/25(火) 10:05:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示