CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

マーラーはネイチャーだ

071214_h.jpg


クラシックといえば、なんとなく難しそうで、と敬遠されがちです。

しかし、あれもこれもJ-POPとひとくくりにされているのと同様に、クラシックとひとくくりにされてはいても、そこには実に千差万別の曲があふれています。

恋愛、不倫、苦悩、喜び、自由、戦いなど、あらゆる事柄に題材がとられていて、もちろん僕の大好きな自然を題材にした曲も少なからずあるっていうわけです・・・

スイスアルプスの登山を曲にしたリヒャルト・シュトラウスの“アルプス交響曲”。これは登山の開始から、途中の天候悪化、そして登頂までのストーリーを交響楽に仕上げたもので、本当に楽しく、気持ちよく、そしてある部分は緊張しながら映画を観るように聴くことができます。

映像技術などなかった時代。ある意味、絵画よりもこうした交響曲は、自然の情景や物語を人の心情に伝えるのに最適な手段だったのかもしれません。

日が沈み、あたりが静まる夜になると、どうしても聴きたくなるのがドビュッシーの「月の光」。ベートーベンの「月光」とは違います。「月の光」を聞いていると、そのあまりの美しさに時のたつのさえ忘れてしまうほど。

情景模写に気持ちが実に巧みに織り込まれているんですね。気持ちをそのまま音に託したようでもあります。さまざまな音階が織り成す音楽ってほんとうにすごいです。

この情景模写表現についての興味深い会話があります。

マーラーブルーノ・ワルターとの間で交わされた次のような言葉です。

You don't need to look.
I have composed to all this already.


071214_2.jpg夏休みにオーストリアの湖畔の避暑地で作曲をしていたマーラーがブルーノ・ワルターを招待。湖のあまりの素晴らしい景観に感動するワルターにマーラーが言った言葉です。意訳してしまうと、“この景観をそのまま曲にしてありますから、見なくてもいいですよ、むふふ”というわけです。すごい自信です(^^;

こうして生まれたのが交響曲第三番です。

しかし、この交響曲は美しいにも関わらず、あまりにも第一楽章が長すぎてどうも途中で飽きてしまうんです(^^;; 僕の聴き方が気分的なものなので、余計にそうなんでしょうね。で、いつも聞くリストには入ってきません。

いつも聞くのは「交響曲第四番」と「交響曲第五番」のふたつ。四番は冒頭から美しい旋律があふれ出し、飽きることはありません。まるで夢見る心地で聴くことができます。そして何と言っても大好きなのが交響曲第五番。

第五番の第四楽章のアダージョは、僕の中ではクラシックの数ある旋律の中で、ラフマニノフ作曲の“パガニーニの主題による狂詩曲”と同じくらい最も美しい旋律と思っています。ラフマニノフの前出の曲はフジコ・ヘミングのピアノで聴くと涙があふれるほどグッときちゃいますよ(^^; たしか昨年の冬季オリンピックで荒川静香選手が、この曲でスケーティングしたような記憶もあります。

話を戻して・・・交響曲第五番の第四楽章は類まれなる美しさを秘めていますが、ここだけを聴いてしまうと、最高の輝きを発揮してくれないんです。第一楽章から第三楽章まで、第四に続くこの部分があるから第四の感動が際立つんです。

これは登山と同じで、いきなり頂上に行けたら“ただキレイなだけ”というのと似ています。第一から第三までの楽章は、第四を表現するためにマーラーが仕組んだ、とーっても心憎いまでの演出です。雲のはるか上に聳える頂で下に雲海を見下ろす・・・見上げればそこには天体が運行し・・・

まさに、そんな、この世とは異なる別世界への誘いが、交響曲第五番の第四楽章には隠されています。

071214_3.jpg

自然の中でキャンプする悦楽。そして、その自然をドラマチックに音で表現してみせるマーラー。夏休み作曲家だった彼の交響曲には豊かな自然の息吹・ネイチャーがなみなみとあふれています。ぜひ、いちどマーラー体験を!キャンプや自然が大好きであれば、きっと感動を覚えるはずです。

P.S.そういえば、本日の14時からコールマンのシーズンランタン販売開始しましたね。僕はROCKということで、黒は魅力的だったのですが見送ることにしました。ケースのギターのデザインも(――;;ですので(笑)。 今年は、静かでシンプルなキャンプにふさわしく、オイルランタンを新調することにしました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

                                               
Comment


おひさしですm(__)m
マーラーに反応しちゃいました(^^)
確かに3番長いですよね(笑)コンサートでも休憩がなく一気に演奏されてトイレキツってなりました(笑)
私は5番も好きですが二番の復活が一番好きですね(^^)
キャンプ場へ向かう車で大自然を走行するときにはよく聞いてます♪
  • 2007/12/14(金) 16:31:06 |
  • piyosuKe-papa|URL
  • [編集]


★piyosuKe-papaさん★
ほんとーにご無沙汰です!ようやく先週あたりから落ち着きつつあります。
でも、マーラーにコメントだなんて、嬉しすぎです!papaさんも、マーラーを聞いていたなんて、これも嬉しいです! 二番は第二楽章が好きです。今度キャンプに向かうときに二番を聞いてみる事にします(^^♪
  • 2007/12/14(金) 22:16:50 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


マーラーの5番の第4楽章の華やかさ、いいですよね♪私も好きです。
ブルックナーの4番とともに私のiPodのクラシックカテゴリーのヘビーローテーションです。
  • 2007/12/17(月) 08:55:35 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


わたしも昔の赤いランタンを探すことにしました! でも高いです こうなったら少しぼろくてもいいかなあ
  • 2007/12/17(月) 08:58:15 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
ほんとうーにすみません! コメントにレスしていないの今気付きました!
kimatsu さんもマーラー聞かれるんですね。マーラーは夏休みのようにわくわくできますもんね(^^
  • 2008/05/28(水) 19:19:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumiさん★
fumiさん、ほんとーにごめんなさい!半年も気付きませんでした!
fumiさん、赤ランタン、手に入れたんですか!?
  • 2008/05/28(水) 19:21:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
=CLUB NATURE仮想調査室 №7=まさかこんな進化をとげるなんて・・・自転車がとうとう楽器になってしまった。このモデルはJosephKim氏がデザイン。ハンドルバーにジェット機の翼の下にあるような2つの空気取り入れ口を持ち、風を切って走ると後方に・・・つまりペダルを踏
2008/06/10(火) 11:14:15 | † ClubNature †
昔(1997年)フジテレビ系列で放送されたテレビドラマが”それが答えだ!”です。世界的な名声を持つ天才マエストロ(指揮者)鳴瀬を演じるのが三上博史。ほかに出演者は萩原聖人、羽田美智子、藤原竜也、深田恭子、藤原紀香など。ストーリーのプロローグは、天才鳴瀬の激し
2008/06/22(日) 21:45:37 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示