CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山の怪談 | 山中の白い顔

= 怪談CLUB 其の九 =


学生時代に登山に入れ込んだ友人たちも、家庭を持つ今ではクライミングから足を洗い、室内壁で楽しむゲームクライミングや縦走、ハイキング、夏場の沢登り中心に活動しているようです。

そんな友人から聞いた話です。

釣りをしつつキャンプを楽しもうと丹沢湖の北北西に続く、とある林道に入っていたときのこと。

このエリアはキャンプ禁止になっていて、だからと言って日帰りするのももったいない。そんな中で捻出した苦肉の策がビバークでした。テントを設営せずにシェルターなら文句は言われないだろう、という魂胆だったのでしょう。

沢を釣りあがりますが、釣果は思わしくなく、彼ら二人は午後早めに林道にあがると奥へと奥へと歩いて行きました。この林道をどん詰まりまで行くと、やがて道は廃道となった登山道になります。そこはかつて城ヶ尾峠を経由して道志の森キャンプ場、道志村へと抜けることができる山道でした。


その道も、ずいぶん前に地図から消えて、今では歩く人などほとんどいません。彼らはここを歩いて道志の森へ抜けて道志の湯に入ってタクシーで相模湖駅に向かおうという計画だったようです。

夕刻。日がとっぷりと暮れて、あたりが闇に沈む前にどこかビバークに適した場所を探そうと、ずんずん林道を急ぎます。やがて、ヘッドランプを出さないと何も見えなくなる、という時刻、道の右側になにやら小さな祠らしきものが見えました。

よく見ると、そこには地蔵が祀られていました。地図を調べると、どうやら地蔵平という場所らしいと判断できます。さらに奥へ進むとどことなく不自然な気持ちになりました。

道の両側が広く平らに広がって、そこだけ草がまばらです。ヘッドランプで照らしてみると、朽ち果てた家の基礎らしきものがずーっと残っています。林道の両側に多くの家屋がはるか昔、建っていたらしき痕跡です。

なんだか気味悪いな。彼はそう思いました。思ってはみたものの、そんなことは口には出さず、昔の部落跡かな、とだけつぶやきました。広場のように平らで、草もない。その周囲は丈高い雑草で覆われて風もあたらない。まさにビバークには好都合でした。

それは、彼らがストーブで炊飯しているときのこと。

ふと視界の端を白い何かがよぎったのです。え、と思って横を向くと、そこには墨で塗りつぶしたような暗い森があるだけ。再びストーブの上の湯の中でぐらぐら煮えているレトルトのカレーを眺めつつ、明日向かうはずの城ヶ尾峠について二人で話しを始めました。

この峠は戦国時代、信玄の山城があったとされている場所です。西丹沢の尾根伝いに武田家が城や砦を支配していた場所。信玄がここを拠点に何度も秦野や小田原方面に進軍したんだろうな。もしかしたら、ここでも何度も合戦があったろうから、兜とか見つかるかもしれないぞ、なんてことを話していたようです。

そうしてカレーを食べながらバーボンをちびりちびりやっていると、友人がじっと最前の森のほうを見ていました。たずねると、灰色のような何かが走っていたように見えた、と首をひねるだけ。それから何度か、背後になにやら気配を感じたり、すぐ横に何かがうずくまっているような妙な気分になったりしましたが、それも気のせいだと、酒盛りは続きます。

そしていつしか友人はネイチャーストーブの炎を前に、地面に敷いたマットの上でシュラフにくるまり横になってしまいました。

さて、そろそろ寝るかな、と思ったそのとき。バキバキ・・・と音がして背後の木の枝が落ちました。なんだよ、危ないな・・・と彼が落ちた枝を見ようとしたら、焚き火の炎に照らされてゆらゆらとほの明るく浮き上がる木の中に真っ白な顔が見えました。

顔は煙のように形をとどめず、消えそうになったり、明確になったりを繰り返し・・・やがてはっきりと人の顔になりました。目鼻口の部分の凹凸が影を作ったさまは、まさにデスマスクが木の中に吊るされたようだった、と。彼が、そう話して聞かせてくれました。

彼はあわてて友人を起こすと、荷をザックに詰め込んで、暗い林道をよたよた走って丹沢湖の車止めゲートまで戻ると、そこで一夜を過しました。もちろん翌朝、峠を越えるなどということはせず、朝一番のバスで新松田に向かったとのこと。

その白い影や白い顔が何だったのか。知らず知らずのうちに彼の心が作り出した幻影か、何かの野生動物か。ちょっと興味はありますが、ひとりで同じ場所に向かい夜を過すのは気がひけます(^^;;

怪談クラブ記事カテゴリーへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

                                               
Comment


怖いんですけど・・・^^;
霊感強くはない(それ自体あるかどうかもわかりません)ですけど
流石にそんな場所だと見れるんでしょうか^^;
  • 2007/12/13(木) 15:54:31 |
  • simoji|URL
  • [編集]


うひぇー冬は怖い話しないって言ってたのにぃ。。。なんだか静かに怖いっですぅ
  • 2007/12/13(木) 22:29:47 |
  • fumi|URL
  • [編集]


木々の中に浮かぶ白い顔、、怖いですねー。丹沢で避難小屋泊まりを目論んでる気持ちが萎えそうです。。^^;
  • 2007/12/13(木) 22:42:02 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★ simojiさん★
どうなんでしょう?友人もたぶん霊感はないようですが、その彼が見えたのだから、見えるかもしれないですね(^^;;
  • 2007/12/14(金) 22:09:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ fumiさん★
あれ・・・そんなこと言いましたっけ(笑) ここのところ暖かいので・・・はっはっは(^^;;
  • 2007/12/14(金) 22:10:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
あれれ・・・ごめんなさい(^^;;
しかし避難小屋は別の意味で怖さがあります。僕が経験したのは、夜中におかしな行動の男が現れて、ずーっと無言で避難小屋の隅にうずくまっていました。声をかけても何も応えてくれませんでした。怖いので午前四時頃に身支度してさっさと退出。コワカッタです。
  • 2007/12/14(金) 22:13:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


>kimatsu様
丹沢の犬越路の避難小屋はやめておいたほうがいいですじゃ。他の非難小屋もいろいろうわさはござろうけれど、犬越路は怖すぎる話がたくさん。知人の体験も、かなーり怖いですじゃ あそこは昔何かがあった予感が
  • 2007/12/15(土) 16:33:35 |
  • 風|URL
  • [編集]


いやこれ寝る前じゃなく朝読んでよかった^^
私はUFOは信じますが幽霊は信じません、でも怖い雰囲気とか幻覚はあると思います、このお話も目に入る状況と歴史上の話が重なって心の中の創造図が形として見えてしまったのだと思います、想像豊かなひとほど見えちゃうんでしょうね~
  • 2007/12/16(日) 09:25:16 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


おはようございます 二度目のコメントです^^;;; もしさしさわりがなければ、場所おしえてもらうことできますか? すみましぇーん
  • 2007/12/17(月) 08:49:36 |
  • fumi|URL
  • [編集]


お早う御座います。
いやー本当身の毛もよだつようなお話で…
昨日、夜読ませて頂いて…
子供を驚かそうとふすまから顔だけニョキッとだしてたら、対面近くにあった鏡に自分のその姿が写って自分でギャー!!と驚いてしまいました。
まさに自業自得…デスマスクでした(・_・;)
この時期の山は、獣達に怯える事は無さそうですが、幽霊の恐怖は沢山有りそうですね。
  • 2007/12/18(火) 09:16:27 |
  • lilt|URL
  • [編集]


>ユウさん
それはリアルに怖いですね。
一番怖いのは人間とはよくいいますが、、
>風さん
犬越路の避難小屋は要注意ですか。
ご友人の体験というの気になります。
場所柄からして、落ち武者系でしょうか?
  • 2007/12/19(水) 20:07:10 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★fumi さん★
場所ですか。 丹沢湖の橋を渡って左方向。浅瀬の方向です。地図を探せばありますので、ぜひ(^^;
  • 2007/12/22(土) 09:53:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★横道さん★
そうなんですよね・・・見えちゃうんですよね(^^;;
  • 2007/12/22(土) 09:54:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
liltさんて・・・おちゃめさんですね(^^;; 暗い場所で鏡に映った自分を見てびっくりしたこと、僕もあります(笑) 古い旅館なんかだと、鏡台も怖いです・・・リングの貞子の鏡みたいです・・・
  • 2007/12/22(土) 09:57:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
そうなんですよね。風さんの書かれている犬越路の避難小屋のうわさは知らないのですが、地獄沢だったか、そっちの避難小屋では以前ちょっと怪しい気配の人が住み着いているようだったのを見たことあります。
あとは、自分の別荘のようにして使っている人もいて、毎週のように訪れる人も。そういう人と鉢合わせして、ちょっと気まずい雰囲気になったこともありました。避難小屋は誰でも使えるんですけどね・・・
  • 2007/12/22(土) 10:02:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示