CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

冬キャンプシーズン到来を告げる紅葉

chijimi_20090210184053.jpg


今日はあいにくの天気ですが、ここしばらくは好天に恵まれていました。

こういうのをキャンプ日和というんでしょうね。ほんとうに気持ちのいいキャンプは紅葉の時期を解禁日とする!ってなもんで、11月から翌年5月のGWまでのおよそ半年間がオンシーズンです。

なぜ気持ちいいのか・・・まず俄(にわ)かキャンパーの姿が夏の終わりとともに潮がひくようにいなくなる。そのうえ虫の数も激減。針葉樹、照葉樹以外の森は葉が落ちて、夏とは様相が一変しものすごく陽射しが通るようになる・・・

冬本番で一面雪景色であれば、もういうことありません。

この季節のキャンプにオススメなのが、やっぱり上高地。トンネルは徒歩で越えなければなりませんが、トンネルを出ると上高地へと続く林道は真っ白に輝いています。ここからスキーをはいてアプローチ。

しかしこの季節でも人は居るもので、年末であれば涸沢のテント場で年越しする登山者が冬山装備で歩いています。登山者以外にも、スキーをはいて雪上散歩する人など様々です。

厳冬期の積雪のあるキャンプ場であれば、僕の場合はテントのみ。テントの近くに雪のブロックを組んで円形のリビングを設置。晴れていれば天井なしで。また雪が降ればタープで上を覆います。まるでモンゴルのパオのような感じです。足元は雪を掘り下げて掘りごたつのようにし、座面にはウレタンマットを敷きます。冬の風は頭上を吹きぬけ、さんさんと輝く太陽の日差しだけがテーブルに。じつに温かく、快適です。

先日、この冬のかけらを探しに房総の山へと向かいました。房総で雪山は無理ですが、キャンプシーズン到来を告げる紅葉を探しに行ってきました。

071211_1.jpg

養老渓谷はものすごい混雑だったためパス。そのまま大多喜城へと向かいます。大多喜は城下町で、昔の街並みが残っています。まるで埼玉県・川越のようです。川越と違うところは、山。大多喜は山里のため坂が多く、屋根の上には紅葉した山並みが望めます。

徳川家譜代の本多忠勝が築城したという大多喜城は、化粧直しされて真っ白。この城の中へは入らず、裏に回れば城下を眼下に望む気持ちよさ。

071211_3.jpg

彼方に続く山並みの向こうに僕の住む九十九里海岸があります。山がまだまだ青いのは杉の人工林のせいでしょう。これが手付かずの自然林であれば朱に染まっているはずです。森を守ろう、というキャッチフレーズでボオランティアを募集していますが、この「森」とは「人工の森」のことです。

自然林を切り倒し、そこに杉を植林した人工の森が後継者不足で荒れるから、それをなんとかしようという目論見が多くの「森を守ろう」キャンペーンなのでしょう(^^;;

そんなことを考えつつ、朱に染まる山を眺め、静かなキャンプが楽しめるシーズン到来に自然と笑顔になってしまいました。最後のほうの写真は昨年の今頃の道志の森キャンプ場です。モステントとコールマンの赤い色が印象的なスクリーンタープです。



http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:いいものグルッと房総半島 - ジャンル:地域情報

                                               
Comment


あろうことか八方尾根の最上部で雪中キャンプですか!!冬山経験のある登山家にのみ
許される楽しみなんでしょうねー。すごいです。。
  • 2007/12/11(火) 21:51:41 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


上高地・・・徳沢までですが・・・
来年行きたいです・・もちろん冬はむりですので・・
5月か6月に・・・素人ですので・・・
やっぱり・・ユウさんは凄いですね!経験豊富で・・


千葉もこんな山があるのですねー! 印象としては海ばかりですが、よく考えれば伊豆を大きくしたようなものですもんね。伊豆だって山はありますもんね(笑
赤いコールマンなんてはじめて見ました。こんなのがあるんですねー!
  • 2007/12/11(火) 23:16:40 |
  • fumi|URL
  • [編集]


こんにちはぁ~♪
僕の目指す所はユウさんです。
登山をして山頂でテントを張る。
このシーズンに登るのは初心者の僕にとっては無理ですが、来春は挑戦してみようかと思います。
通常のキャンプはこの時期はイイですよね。
ひと気が無くて本当静か。
音は風と雷位で…
この時期のキャンプの為に色んな道具を揃えたらお金がなくなりました( iдi )
  • 2007/12/12(水) 14:54:03 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★kimatsuさん★
登山家とは褒めすぎです(笑) 十代後半の山の駆け出しの頃、八方の黒菱リフトの最上部から歩いてすぐの場所に冬休みの間中テントを設営して、連日仲間とスキー三昧のキャンプしてました(^^;; 以来20代前半まで冬の恒例でした。ここで・・・いろいろ怖い経験も山ほど体験しました。そのうち・・・
  • 2007/12/12(水) 19:53:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
上高地、5月も朝夕はマイナス温度で結構寒いですよ(^^;; あたりは銀世界で雪も降ります。完全冬山の世界です。でも日中、晴れれば、朝夕とはまったくの別世界。雪景色ですが、ぽかぽか暖かいです♪
  • 2007/12/12(水) 19:57:32 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumi さん★
なるほど、伊豆ですか! 伊豆を大味にしたかんじでしょうかね(^^;; アクアラインもあるので、夏場のキャンプは信州方面。または成田を越えて下道走りで東北道へ入り秋田、田沢湖なんていいですね♪ とにかく、山は奥多摩のような雰囲気でいっぱいあります(^^
  • 2007/12/12(水) 20:00:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
目指していただけて、ものすごく光栄です♪山頂でテント・・・でしたら、7月初旬の西穂高なんていいかもしれないです。山頂間近までロープウェイ。そこから少し歩けば西穂山荘で、横がテント場。
でも新潟方面でしたら、剣や白馬、八海山などまだまだ素敵な山がたくさんありますし・・・うらやましーです(^^;
  • 2007/12/12(水) 20:07:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示