CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

フロントグリルの80%を封鎖しました。

071204_h.jpg



まだそんなに寒くないなぁ、などと言ってはいてもアバウトな僕に比べて機械は敏感です。

そうです、昭和の2ストジムニー、SJ30のことです。朝晩のひんやりした空気の中だと、ほんとうに赤ちゃんがグズルようにエンジンの機嫌が悪いのです。チョークをめいっぱい引きすぎても、すぐにボボッボボ・・・となってエンジンストップ。

このイエローマシンで習得した始動のコツは、チョークの微妙な調整。最初7分目まで引いて、始動後に半分程度に調整し、水温が上昇したらさらに半分まで戻す・・

いやぁ、なんともめちゃくちゃ面倒ですけど、この始動の儀式が妙にクセになるしろものです。他のSJ30はもっとちゃんとしていて、チョーク一発始動!かもしれませんが・・・いろいろ試した結果、この方法に行き着きました(^^;;

二週間前に、あまりにもカブリ気味だったためプラグをノーマルに交換。一週間後に焼け具合を確認したところいいかんじです♪ついでにキャブも絞って微調整。アイドリングも気持ち低くなって、走り出し直後は信号待ちでエンストしそうにもなりますが・・・

排ガスの濃度も半分になりました。以前は濃すぎて車検は通らないと言われていたので、これでひと安心。

もうひとつ気になることがあります。それは・・・エンジンがなかなか温まらないこと。水温が低すぎます・・・で、気づいたのがエアクリーナーについていたヘンなネジ。まさか、と思ってイジッて見ると「!」。案の定、夏場と冬場のエアクリダクトの切り替えネジでした。

冬場は取り入れ口を内側(運転席側)に切り替えることができる構造になっていました。僕はジムニーフリークではないうえ説明書もなにもない手探り状態のため、こんな初歩的なことを発見するのさえ手間がかかります。

ついでといってはなんですが・・・フロントグリルをほとんど塞いでみました。ジムニーはただでさえグリルが大きいです。おまけにこれは電動ファンと違って回りっぱなし・・・このままだとオーバークールでエンジンにダメージが・・・そのうえ気温の低下と比例して燃費がどんどん悪化します(^^;;

071204_1.jpg

こういうのをラジエターシャッターと誰かが言っていたような気もします。で、僕の材料はホームセンターで安く入手できるペット素材のプラ板。

071204_2.jpg

ダンボールでも問題ないのですが、やはりきっちりと仕上げないと気が済みません。最初にダンボールにいろいろなサイズの開口部を作り、それをガムテープで貼って、早朝寒い中、走りながら水温を計測。その結果グリルの70%~80%を塞ぐのがベストだったため、さっそくプラ板をカットし、グリル裏側に合体!最後に何箇所か結束バンドで固定して完成です。

071204_3.jpg

エンジン音も心なしか小さくなって、水温も水平・・・安定しました。この調整は外気温20度が境目のようです。おかげさまで、きょうも2ストエンジンは実に軽やかでいい音を響かせてくれています。日中ならアイドリングも絶好調。とうぜん雨の日も風の日も、普段の足として毎日乗っています。

071204_4.jpg

これはエンジンルームから見たところ。真ん中の一部分だけが開いてるのがおわかりでしょうか?

さて、次は足回りのリーフ。アピオあたりの社外品を装着して構造変更の申請・・・もしくは右下がり解消に左右のリーフを入れ替える、または増しリーフを検討してもいいかもしれないです。いずれにしろ、お金がかかるので、来年の春以降ですね(^^;;

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:スズキジムニー - ジャンル:車・バイク

                                               
Comment


エアー取り入れ口に夏用と冬用の設定変更が必要とはすごいですね。
さすがに2ストジムニーは現行とはまるで別物ですねー♪始動にこつがいる点なんか、昔のってた中古のバイクみたいです。ユウさんのように自分で何でもできないとおいそれと手を出せないですね。でも、手がかかるほどに愛情が深まりますね。
  • 2007/12/05(水) 08:56:36 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


こんにちは この季節になると苦労しますねえ 私も30です チョーク一発ですが途中で少し戻して様子見します 雨や濃霧だと絶不調ですしね クロカンではまだまだ30は元気です しかしどれもこれもボコボコですけれど(笑 それにしても いろいろ手を加えてますね? お互いこの冬 乗り切りましょう!
  • 2007/12/05(水) 08:57:18 |
  • ミスタークローラー|URL
  • [編集]


おはよう御座います。
ユウさんは本当こだわりますね~♪
ジムニーを知り尽くしてるからこそ出きる技なんでしょうね~。
僕は車が好きなのに車の内部については全然ワカリマセン。
愛着を持って接するって非常に大変な事なんですよね。
  • 2007/12/05(水) 11:05:31 |
  • lilt|URL
  • [編集]


昔EFIの車をわざわざキャブ仕様にしてしばらく乗っていましたがやはり冬の始動には苦労しました、でも楽しい車だったことを思い出します^^
最近こちら北総地域は朝一車のフロントガラスが凍結するようになりました、やっぱり冬は寒い方がいいですね。
  • 2007/12/05(水) 21:00:20 |
  • 横道(チバKX56)|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
おっしゃるとおりなんです! いじっているうちに、なんだかどんどん好きになってしまって。今では走行の騒音や振動が楽しさに変りました。もしかしてジムニー乗りってMッ毛あるのかも(^^;;
  • 2007/12/08(土) 00:34:45 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ミスタークローラーさん★
はじめまして? 先週の濃霧の夜は、もう最悪でした。フロントガラスは曇るし、窓開ければさらに湿度で内側まで曇る・・・デフロスターないので(エアコンなし)、冬は窓全開用に助手席に皮手袋とジャンパー。そして雨天時の雨漏り用に雨具を常備。車に乗るのに雨具を着るって自分でもおかしさに笑ってしまいます(笑)
  • 2007/12/08(土) 00:38:07 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ liltさん★
いえいえ、僕はジムニー歴浅いのでぜんぜんわからないです。でも、これやらないとちゃんと走ってくれないので(^^;;;;
  • 2007/12/08(土) 00:39:18 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ 横道さん★
同じ千葉ですが・・・もう凍結してますか?! こちらはぜんぜん凍結してません。この頃、息が白くなった程度・・・これから冬らしくなることを期待して(^^;;
  • 2007/12/08(土) 00:41:19 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示