CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ある日、田舎暮らしを思い立つ

071203_h.jpg



★country life:No.1★


今から7年ほど前の、ある暑い夏の午後のこと。

いつものように遅いランチをとり、食後のアイスコーヒーを大通りに面したカウンターでひとり飲みながら外の喧騒を眺めているときのこと。風に揺れる街路樹からこぼれる木漏れ日に、昔、山を下り登山口の木陰の下で一日に数本ほどのバスをのんびりと待っているときの光景がパッと蘇りました。

その一瞬、ものすごい懐かしさと憧憬が堰を切ったように一気にこみ上げてきて"田舎に住みたいなぁ"と思ったのです・・・

この日以来、排気ガスと人いきれで混み合い異常なほどのビジネス速度で動き続ける都心を離れ、緑豊かな田舎で暮らせたらどんなに素敵だろう、なんていうことを漠然と考え始めてしまいました。

この田舎暮らし志向のきざはしが僕のキャンプ熱上昇の原動力でもありました。この頃は休日を利用してクライミングにでかけるのがほとんどでしたが、徐々にオートキャンプで日本の地方を旅して回る、というスタイルになったのです。

まずはどんな田舎に住みたいのか。それを明確にするステップです。

会社を辞めた知人が白馬に中古ペンションを手に入れて移住したり、友人のカメラマンが北海道で林業に従事したり、コピーライターだった友人はイラストを描いて個展を開催し、徐々に人気が出た頃を見計らい田舎に引っ越しアトリエをはじめたり・・・みないちように自分の住みたい場所とスタイルを明確にしてから引越ししていきました。

僕は自分のスタイルを北アルプス方面に求めました。

長野や富山などをオートキャンプして回ると、どこの自然もものすごく素晴らしい。夏場、清冽な水や高原に吹く涼やかな風に"こんな場所に住めたらいいなぁ"と思い現地に住む友人知人をかたっぱしから訪ね歩きました。

多くのケースは「山はいいよ、涼しいし気持ちいいしね」という意見。しかし、富山が地元という大学時代の友人宅に行ったときのこと。彼は、もしも移住するなら、その土地が一番厳しい季節にひと月過ごしてみたほうがいい、と真顔でアドバイスしてくれました。

北アルプスのエリアでいちばん厳しい季節となると、やはり冬。このエリアは日頃から雪山のクライミングで訪れてはいますが、生活のベースにしたことはありません。

彼の言うように生活してみるのが一番ですが、ひと月なんて土台無理。そこで、冬になるのを待って、休みのたびに友人宅を訪れてみることにしました。すると今まで見えなかったものが次々と顕になったのです。

まずドカ雪が降ると除雪されるまで身動きがとれなくなります。雪かきは日課、屋根の雪下ろしもしょっちゅうです。融雪剤のために車の錆びや泥汚れなどあたりまえ。彼の居間にある暖炉の炎だけでは寒すぎるため、他の暖房とも併用。燃料費がものすごくかさむこと。地方によっては水道代が何倍もするし、下水は浄化槽。ガス代もLPだから都市ガスよりも高い、ネット環境が整わない・・・などなど

さらには学校などが遠いし、ただでさえ病院がない。そのうえ休日はどこもかしこも休み。病気をしないように暮らさないと・・・という彼のアドバイスが理解できました。おまけに必需品のガソリンが高い・・・これは物価も同様。店がないから競合しない。したがって値段が高いのはあたりまえなんですね。

しかし、冬であれば・・・家の外はしんしんと音もなく雪が降り、暖炉の炎を前に静かにドビュッシーを聴きながら読書する・・・なんてものすごく理想的です。あと二十年ほどして余裕があれば、そんな暮らしも悪くないと思っています。

さて、驚いたのは賞味期限切れの商品がとっても多い。ひどいのは期限が切れて一年以上が経過したドリンクや加工品なんかも平気で置いてあります。でも飲んでも異常はありませんでした(笑)

山で暮らすならファーストカーは軽トラがいい、というアドバイスもありました。そのときから漠然と"軽トラより小さな4WDがいい"というイメージを持っていたんです。しかしサーブが大好きでクラシックサーブ時代から乗り換えてきただけに、手放したくないなぁという気持ちが真実大きかったんですけど(^^;;

とまあ、田舎の不動産や仕事よりも、こうしたことをあちこちの地方で経験しはじめたのが、実は僕の田舎暮らしのファーストステップでした。オートキャンプはそうした活動の副産物だったんです。

※画像は大好きな奥日光の湯の湖。横の森からの風景です。奥日光も一度は住んでみたい場所です♪特に冬!

田舎暮らし記事カテゴリーへのリンク

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


オイラがユウさんのように感じる、考えるまでには沢山の経験が必要みたいです^^;
山、田舎での生活に憧れがある反面
都会の生活(たいして都会でもないですけど・・・^^;)浸かっている現代人なオイラがいます^^
  • 2007/12/04(火) 00:05:34 |
  • simoji|URL
  • [編集]


年をとったら田舎暮らしも、、と思ってしまいますが、実際は若いうちに田舎暮らし、、の方がいいのかもしれませんね。
軽トラの軽量コンパクトさはかなりの
走破性を期待できそうと常々注目してました。2シーターですし^^
  • 2007/12/04(火) 08:49:11 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


おはよう御座います。
ユウさんのファーストステップ☆
やはり都会に住んでいると色々思う節が有るんですね。
僕が結婚するまで住んでいた実家は、今まさにユウさんが住んでいる様な場所だったので、それが当たり前に感じました。
僕の場合は逆に都会に出たいという憧れがありましたね。
時間の流れがゆっくりで、皆がマイペース。
ここに居ても何も始らないと思ってしまったのです。
でも、今はそのゆっくりした時間が懐かしくそして再び戻っても良いかな??なんて考えたりします。
  • 2007/12/04(火) 10:54:34 |
  • lilt|URL
  • [編集]


おっしゃる通り日光はいいですね!湯湖はフライフィッシングしたことがあります。
静かでのどかでいいところでした。なにより硫黄の温泉がよかったです。
  • 2007/12/04(火) 18:37:02 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★simojiさん★
同じく僕もどっぷりでした(笑) 今の季節であれば仕事場の窓から見えるヒルズにわくわくして、夜はヒルズ下のブルーのクリスマスイルミネーションに染まったストリートを流したり・・・それなりに楽しかったですが、今は満天の星空がイルミネーションがわりになりました。でも、六本木や青山は大好きです♪
  • 2007/12/08(土) 00:26:01 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ kimatsuさん★
軽トラの車高を上げて大きなマッドタイヤで走破性に期待して、さらにバハのサーチライト装備して、フォグとカラーリングを変更すればかなり面白そうです(笑)
  • 2007/12/08(土) 00:28:30 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★ liltさん★
たしかに若い頃は、そう感じるでしょうね・・・僕も都心が大好きでしたし。都心でガシガシ活動し終えて、田舎に回帰・・・っていうのが理想的かもしれないですね。
  • 2007/12/08(土) 00:30:24 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]


★fumi さん★
この奥日光の雰囲気、極上さは何にも変えがたいものがありますよね♪ 僕は仕事しなくてもよくなったら、奥日光あたりに住み着きたいです。もちろん冬も乗り越える覚悟で(^^
  • 2007/12/08(土) 00:32:28 |
  • yu zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示