CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

国が違えばColemanもいろいろ

070413_H.jpg


なんといってもオートキャンプはモータリゼーションの国アメリカが本場でしょうか。その昔、日本にオートキャンプの概念が稀薄だった頃に誕生した雑誌“ビーパル”では、そんなアメリカのオートキャンプをお手本にしたような内容でした。

オートキャンプを象徴するようなgoodsといえばツーバーナー。あんな大きなバーナー、バックパッキングでは持ち運ぶのはえらく骨折りです。コールマンは車に大小さまざまなキャンプ用品を積み込んでフィールドへ行くというアメリカ的スタイルそのもののようなブランドです。

このコールマンはかつてのロゴが象徴しているようにストーブやランタンなど火器用品のメーカーです。彼らが作り出すランタンストーブは、掛け値なしに優れています。しかし今や守備範囲を広げて、テントやタープ、チェアやテーブルなどあらゆるキャンプ用品をラインアップ。オートキャンプ場に出かければ、見慣れたグリーンカラーのテントやタープが必ず見られます。

実はもともと僕は、コールマンのテントやタープを全く欲しいとは思いませんでした。それまで使用していた山岳用に較べてあまりにもヤワで頼りないのがその理由です。ですがオートキャンプに求められる機能は、登山やクライミングのような極地性よりも汎用的な快適さということに気が付きました。

070413_1.jpgそれまで見向きもしなかったコールマンなどのキャンプメーカーの用品を検討しはじめたのもこの頃。冬キャンプでは、厳冬期の八ヶ岳や谷川岳で使用していたテント類を改めて、スクリーンタープを導入。ですが・・・どうしてもあのグリーンのカラーリングだけは好きになれませんでした。そこで探し回って手に入れたのがスポーツオーソリティがコールマンに委託生産している赤色の“Coleman3ポールスクリーンタープ”。

070413_2.jpg当時、僕はmossテントと赤い車だったため、これならカラーリングもぴったりですし(笑)。まあ性能的にはそれなりですが、オートキャンプでは充分。ただしこの形式のスクリーンタープは設営手順通りに組み立てていると、キャノピーポールに余計な負荷かがかかり、悪くすれば破損する恐れがあります。ポール自体の精度もかなりアバウトで、最初からゆがみがあるものや、合わせ目ががばがばでスキマだらけだったりもします。

ですから、購入する際はこうしたWebではなく、実際にショップで組みあがった実物を確かめて、可能であれば組み立てさせてもらってから納得して購入するのがベストです。個体差もかなりありますので、買う製品は中身(特にポールのゆがみなど)を確かめることをおすすめします。

事実、道志の森キャンプ場で、このスクリーンタープのポールが破損したグループを見たことがありました。失礼とは思いましたが近寄って破損箇所を見せてもらったら、ポールのつなぎ目が割れています。これは設営時に負荷がかかった証拠です。“割れそうだな・・・”と思いつつ組み立てている人も多いかもしれません。僕が感じるには、これはあきらかにポールの強度不足か構造的な欠陥ではないでしょうか。

現在、このモデルは姿を消しているようですし、新たな製品も登場しています。こうしたことが見直されたのかもしれませんね。僕はこの赤いスクリーンタープをもう5年以上使用していますし、いまさら壊れても“別にいいか”で済ませられますが・・・

これらはコールマンジャパンです。コールマンジャパンはコールマンとは別物製品展開で、日本で展開されているようなテントやタープはアメリカではお目にかかれません。かわりに、もっとアメリカらしいモデルがたくさんあります。これがめちゃくちゃかっこいい。

北米と日本とでは気候が違うので製品が違うのだと説明されましたが、だったら他社製品はどうなのか。もしくはアメリカコールマンのテントは雨天では使い物にならない代物ということか。あるいはコールマンジャパン製品の高い値付けの理由付けと平行輸入品撲滅対策なのか。いずれにしろ、もしもそれが本当なのであれば、コールマン製品などクソ喰らえだ。

Weathermaster.jpgたとえばこの“Elite Screened Tent”は、WeatherTec素材を利用し、テントスペースとリビングスペースがオールインワン。日本でも同じようなテントが各社に揃っていますが、問題は値段とサイズ。部屋が3つもあって、8人が余裕で過ごせる。それに安い!

Elite Screened Tent
・Exclusive WeatherTec System Keeps you dry -- Guaranteed
・Light system: long lasting, remote controlled with high/low switch
・Hinge door system: opens and closes easily or zips into place
・ 17 x 9 feet, 3 rooms
・Sleeps six to eight
・Center height: 76 inches
・Variflo® adjustable venting system
・Access gear or adjust ventilation with Cool-Air潤・port
・Dry line for hanging gear or clothes out of the way
・Shock-corded poles for easy and quick setup
・Heavy-duty welcome mat
・Easy-to-follow instructions sewn into carry bag
・Separate storage bags for tents, poles and stakes
・Zippered dividers to separate rooms
・Two doors, 2 windows
・Made in Sri Lanka

ClipScreen.jpgスクリーンタープだと、たとえばこの“Insta-Clip Screen”はデザイン的にも面白くて、そのうえ1万7000円程度・・・

Insta-Clip Screen
• 14’ x 12’ x 83”, 6 Sided
• INSTA-CLIP construction makes set-up fast & easy
• UVGUARD PROTECTION (50+ UPF)
• Patent Pending center hub strengthens shelter ability to stand up in windy conditions
• 6 Shock-corded poles strengthens shelter and makes set-up easier
• Air vent keeps shelter cool and helps reduce shelter lift forces
• 83” center height
• Polyester taffeta with 450 mm PU coating
• No-see-um polyester mesh
• CPAI-84 compliant
• 2 large D-Doors
• 6 sides for increased stability
• Hanging pocket organizer
• Non-wicking thread and zippers
• Guy lines, stakes, & storage bag included

Lantern.jpg最後にアメリカならではの製品を・・・このランタンです。まるで2006年~2007年のシーズンランタンのようなカラーリング。おまけに“multiple fuel choice”で、マントルも2つ!!これは買いですよ!値段は1万円しません!

いいなぁ、ほしーなぁ。僕は次のランタンを、もしかしたらUSAのコールマンで手に入れるかもしれません(^^ でも保証はどうしようか・・・いや、そんなことは後回しでもいいか(笑) パーツさえ入手できれば自分でメンテできるのがコールマンランタンのいいところ。

Select-E-Fuel™ 2-Mantle Lantern
• Select-E-Fuel™ means multiple fuel choice options (fuel sold separately)
Runs on Coleman fuel, unleaded fuel, or E10 Unleaded Fuel
• 2-mantle lantern
• Coleman liquid-fuel powered appliances provide reliable operations in all weather conditions
• Liquid fuel-powered appliances offer superior operational cost efficiency
• Made in the US of US and foreign components

買えるのはここ、USA ColemanのWeb Storeです。
http://www.coleman.com/coleman/colemancom/prodlist2.asp

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示