CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

現代の”奥の細道”

071001_h.jpg


月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり・・・云々

で始まるのはかの芭蕉翁の著した“おくの細道”。奥州へと足を向けた元禄年間の紀行文です。

当時の奥州道は、気分的に、果てしなく遠くの国へと続く細い道という感覚だったのでしょう。今でも東北道に車を走らせて北東へと向かう道は旅心をかきたてて止みません。旅心の原点は未知なる世界への興味。そんな未知なる世界は、実は身近にも無数に存在します・・・

そのひとつが“廃道”といわれるもの。

071001_1.jpgかつては人々や物流が行きかったであろう道が、時代の流れとともに車が走るのに適した太くて平坦な新道へととって代わられたが故に、閉鎖され、地図から省かれてしまう。そしていつしか地元の人々の記憶からも静かに消えつつある、そんな道です。

僕は何を好き好んでか、そういう昔の記憶をたたえたまま深い眠りについている道に分け入ることが好きで、以前はオフロードバイクで・・・そして今はジムニーを相棒として薮に閉ざされた世界へとわくわくしながら入り込んでいます。

高度成長期に作られたトンネルとか山間部のバイパス周囲には、地図から消えたこんな廃道がごろごろしています。

入り口の多くは鉄柵で通行止めにされていますが、そういった通せんぼをしていない道もかなりあって、そんな場所が僕にとっての“おくの細道”です。未舗装の林道とはまた違った面白さがあります。


071001_2.jpg

入り口は覆い被さるような木の枝や雑草で半ば埋もれかけていますが、そんな中をジムニーでわさわさと入り込みます。

中には倒木や、おびただしい落石で通れなくなってしまっているケースも少なくありませんが、それでもそういった場所を斜面を利用して突破すると、自然に返りつつある道が姿をあらわしてくれます。

071001_3.jpg

アスファルトを割ってそこいらじゅうに雑草が生い茂り、中には鹿が餌を食んでいたりする光景に出会うこともあります。

道の奥には動物や虫の巣と化した廃屋があったり、おびただしい蝶が緑に覆われたアスファルトの上を気持ち良さそうに飛び回っています。

071001_4.jpg

自然の楽園に変貌を遂げたかつての道は、格好の林道カフェです。風に揺れる葉擦れの音だけを聞きながら、もう誰も通ることのない道にジムニーを停め、バイヤーのチェアを出しのんびりとコーヒーを飲んだり、ときにはミニタープの下、キャンプベットでまどろんだりもします。

廃道は、キャンプと同じくらいワクワクさせてくれる、身近な奥の細道です。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


廃道・・奥の細道・・・林道カフェ・・・
凄く興味あるんですけど・・・
独りで行くのは恐そうです・・臆病なもので(汗)


いやぁこれはホント勇気が必要なカフェですね~
走り去るだけならまだしも椅子を出すとか、まさかキャンプベットですか?
確かに貸切ですから気分は良さそうですけど私の場合「もし人が来たら」とか
心配しちゃいますね、その人が話しかけてくれたら良いけど見ないふりして
通過されたら気まずいです^^
  • 2007/10/01(月) 20:10:43 |
  • 横道|URL
  • [編集]


林道、廃道に憧れて80で突っこんでったことあったんですけど・・・・
全く進めなくなって、400m以上バックで戻ったことがありました^^;
ユウさんの記事でまた行ってみたくなったなぁ^^
  • 2007/10/01(月) 21:10:39 |
  • simoji|URL
  • [編集]


廃道カフェ、いいですねー。
2輪車なみとはいかないまでも、ジムニーだとちょいと気軽にこういうところ入れるのが楽しいですよね。
  • 2007/10/01(月) 22:40:06 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


おばんです 明日はOFF日で今夜は夜更かし しかし廃道とはまた、とてつもないものに興味をもたれたもので(笑
成田近辺にも使われていない道が無数にありまして、千葉に引っ越してこられたらユウさんの格好のターゲットになりそうですな(* ?∀ ?)
  • 2007/10/01(月) 23:58:57 |
  • 風|URL
  • [編集]


廃道・・・奥の細道よいですね~
夜はいやですけどお^^;
人にあらされてない場所で飲む
コーヒーは最高でしょうね!!
でも、ゆうさん、落石なんかは
気をつけてくださいよ~


忘れ去られた廃道‥‥つわものどもが夢の後、という感じですが、人工物が自然に飲み込まれていく風情、その「いとあはれ」を独り占めという感じですね(笑)
  • 2007/10/02(火) 18:47:58 |
  • ろんがあ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
中には暗くてジメっとしていて、背筋が寒くなるような気味の悪い廃道もあります(^^;; 誰でも怖くなると思います。僕もあまりの気味悪さにバックして戻っっちゃいました(笑)
  • 2007/10/02(火) 20:01:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★横道 さん★
いままで人に出会った事は皆無でした。でも・・・こんなところに誰かが通りかかったら・・・怖いです(^^;;
  • 2007/10/02(火) 20:02:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★simoji さん★
400メートル以上もバックで?! それこそ道がクネクネしてたら大汗ですね(笑)
僕はたかだか数十メートルの林道バックで疲れちゃいました(^^;;
  • 2007/10/02(火) 20:04:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
そうなんですよねー。入れちゃうから入っちゃうんですよね(笑) 入ってもなんとかなるだろう、って思ってるんですが、何とかならなかったらどうなるんでしょうね(^^;; 無線あったほうがいいですね・・・
  • 2007/10/02(火) 20:06:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★風さん★
成田ですか?! 千葉に引越しするんですが、そっち方面は全然詳しくないんです(笑) これからゆっくりと開拓させていただきます(^^♪
  • 2007/10/02(火) 20:07:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takapon さん★
たしかに夜は気味悪さが際立ちそうです。登山道や林道は夜でもへいきですが、廃道の夜は・・・ハロウィーンかもしれないです((^^;;;
  • 2007/10/02(火) 20:09:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ろんがあ さん★
あれれ・・・なんだか文壇チックな表現ですね。対抗しようと思ってちょっと頭を捻りましたが、だめでした(笑)
たしかに”夢の後”または”夢の跡”ってかんじですね。往来盛んだった昔が夢のようですね。
  • 2007/10/02(火) 20:11:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


何か、稲川じゅんじの超怖い話を思い出します。
廃道に捨てられたポンコツバス。
よくよく眺めると誰か乗っていて・・・・・・・・ゾォ~~
でも、昼間はなかなかよさそうですね。
  • 2007/10/02(火) 23:18:37 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


冬は怪談クラブ、お休みですかな??? あのコーナーに廃道話題で転がり込んでほしいものですな( ̄+▽ ̄)
  • 2007/10/03(水) 04:38:58 |
  • 風|URL
  • [編集]


まさにジャングルツアー並の怖さ(゜ロ゜)
何が出てくるかワカリマセンね~
でも冒険にはスリルがつき物ですから!!
ちょっと行ってみたい気もします。
夜は絶対無理ですけどね…( iдi )
やはりジムニーの走破性は素晴らしいですね。。
僕も最近、ランクルが欲しくてたまりません。
  • 2007/10/03(水) 18:04:05 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★ゆっちゃん さん★
そんなバスがあったなら、たぶん即座に引き返すことでしょう(^^;;
  • 2007/10/13(土) 01:51:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★風さん★
怪談的な話は体温を奪うので、やっぱり暑いときにしないと危険ですから・・・また来年の夏に(笑)
  • 2007/10/13(土) 01:52:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
やっぱりどこにでも連れて行ってくれる車っていいですよね~ランクルだったら大人数でも大荷物でもラクラクですね!
  • 2007/10/13(土) 01:54:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


この記事は見逃してたですよ
使われてない道、、よいかんじ~何が出るかわからないですからちょっと怖そうですけど~ん~~いってみたーい、です
こんな道、そのへんにあったりするですか?
  • 2007/11/15(木) 08:55:27 |
  • たるたる|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示