CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

洪庵キャンプ場 本栖湖湖畔で富士山を真正面に堪能

070927_h.jpg


富士山を堪能するオトナなキャンプ場


富士五湖でもっとも美しくて静かといえば、やはり本栖湖でしょう。ここの水の透明度はピカイチです。そのため本栖湖はカヌーで水遊びする人にもけっこう人気があります。

本栖湖の西側で気になるのはジェットスキーやモーターボート。静かなひとときを楽しみたい人にとって、この音はかなり騒々しいものです。本栖湖で、こういった騒々しさや喧騒とはまったく無縁ともいえる場所があります。

それがこれからご紹介する洪庵(こうあん)キャンプ場です・・・

洪庵のある場所は小さな入り江になっていてジェットスキーは皆無。そのうえハイシーズンであってさえ、かなり静かなキャンプが楽しめる小さな穴場です。

カヤックを始めた頃、気軽に水遊びがしたい時にはここを訪れてはカヤックで湖面を縦断して遊んだものです。細かな入り江がそれこそ無数にあって、カヤックでしか上陸できないプライベートビーチになります。

そこに小さなタープを張って林道カフェならぬ湖畔カフェを設えて、マットに寝ころんでコーヒーを飲んだり、昼寝したり・・・ほぼ半日は、はるかな対岸を往復しつつこうしたカフェを楽しんでいられます。

もちろん二時間あればのんびりと湖上散歩感覚で対岸往復もできます。湖の半ばは日によっては三角波が無数に発生しているのでちょっと緊張します。個人的にはこうした湖のような静水域よりも川のほうが面白いし、安心できます。黒く見える水面の奥底に、湖の深さを感じて、そこになぜか得体の知れないものを感じてしまいます。

070927_1.jpg


さて、この写真は映像プロデューサーのYさんと二人でキャンプにでかけたときのもの。Yさんもオートキャンプが好きで、ご家族であちこちでかけていたという話を発端に「じゃあ、行きましょうか!」となりました。

方式はいつも通りのソロキャンプ仕様のいきあたりバッタリ方式。つまり予約ナシの気ままなシンプルキャンプです。時期は9月上旬まだまだキャンプのオンシーズンです。この時期、富士五湖の中で静かで空いている場所といえばここしかありません。洪庵キャンプ場です。

ほんとうは一ノ瀬高原キャンプ場に行こうと思っていたのですが、台風一過の当日の朝に電話を入れたら、なんと林道が崩落してしまい通行止めとのこと・・・急遽行先を富士五湖に変更したというわけです。

できるだけ道具はシンプルにするため、お互いソロテントとコッヘルをメイン装備として、これ以外に用意したのはテーブルとイスとランタン、BBQグリルのみ。調理は基本的にはBBQグリルで全てまかないます。

洪庵キャンプ場のサイトは林間湖畔があります。僕は今まで湖畔ばかり利用していましたが、今回はカヤックを持参しないため林間をチョイス。初めての林間ですが、実に素晴らしいロケーションです。林間サイトの一番先頭のまさにプライベートガーデンのようになった場所。

最初にテーブルとイスをセッティングして、そこでのんびりとコーヒータイム。木の枝が空間に四角い額縁となり、そこの真ん中に見えるのは眼下の湖面の上にそびえる富士の山。おまけに風も奇跡的に当たらないときますから、まさにこれ以上望むべくもないほど完璧なカフェです。

070927_2.jpg


話もひと段落した頃、自分のテントをサクサクと設営して終了なので、時間はたっぷりあります。このゆとりある時間がシンプルキャンプのいいところ。二人で景観を考えたセッティングをあれこれやっている時間を入れても設営に費やした時間はおそらく20分ほどでしょうか。

070927_3.jpg


眼下の湖畔サイトを見下ろせば、そこには少なくないテント。その中になんと僕と同じHEX3を発見しました。湖畔は風が強くて、あちこちのタープが風にはためいて、ペグが抜けたり、テントが歪んだりしていましたが、このHEX3は見事に何事もないように立っています。

070927_4.jpg


ですが、視覚的インパクトの強いテントだけに、同じものがあるとやはりどことなく複雑な気分になりますね(笑)

070927_5.jpg


さて、サイトにはマツボックリが豊富だったため、それを着火材に新聞紙と小枝を組んで上に木炭をセット。いっぱつ着火です。BBQは海鮮中心。サザエにホタテにタコ、イカ・・・それにイワナの塩焼き・・・最後に炭火焼ステーキ。

070927_6.jpg


これらを刻々と暮れなずむ富士山を眺めつつ、ビールと焼酎を傾けて楽しむのですから、これ以上の贅沢はありません。眼下を見なければ、富士山と自分たち以外の姿は視界に一切入りません。

070927_7.jpg


これはトウモロコシです。以前の記事でも書きましたが、トウモロコシは皮をむかずに調理するのがベストです。皮をむいてしまうと光でトウモロコシの成分が急激に変質して本来の旨みが逃げてしまいます。買うときに皮をむくのはNGです。ですので、皮のまま炭火で焼いて、食べるときに皮をむく。これが絶品です。

070927_8.jpg


午後四時頃に始まった食事は延々二時間以上。いろいろな楽しい話に笑いつつ、ゆっくりと焼きあがるのをお酒をちびちびやりながら富士を眺めて待つ。

070927_10.jpg

このサイトの雰囲気に酔いしれるかのようなYプロデューサー。無言で夕日に染まる富士に見入っていました(^^

今までカヤックばかりガンガン楽しんでいた洪庵キャンプ場ですが、こういったどことなくアダルトなキャンプも楽しめるんだってことがわかりました。

旧500円紙幣に描かれていた「逆さ富士」のポイントでもある洪庵。ここの林間の先端スポットは・・・男同士、カップル、夫婦ふたりのキャンプにおすすめです。もうすこしすれば富士山頂も冠雪します。その頃には周囲も紅葉に燃えることでしょう。最高のキャンプロケーションが用意されること請合います。

070927_11.jpg

こんかいご一緒したYさん。

洪庵キャンプ場
■セントラルロッジ洪庵で手続き
場所:山梨県西八代郡下部町中の倉2926
電話:0556-38-0117
期間:通年
サイト:湖畔(硬土)、林間(土、草地)
予約:不可
料金:A+B+C
・A利用料⇒大人(中学生含)1人 500円 (小学生以下300円)
・B設営料⇒テント1張 1000円
・C駐車料⇒車1台1000円、バイク1台300円、キャンピングカー1台2000円

設備:トイレ、炊事場、売店(場内の売店は閉鎖中。炊事場&トイレはかなり古く、快適さとは無縁)
レンタル:シュラフ、毛布、ナベ、カマ、鉄板、ハンゴウ、やかん、カヌー、カヤックなど
売店:薪、ホワイトガソリン、ガスボンベ、マントルほか
公式HP

地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


今夏、レークサイドキャンプ場へ行ったのですが
こちら洪庵キャンプ場の方が景色良さそうですね!
本栖湖は数年前からエンジン付の乗り物は全部不可になったそうですよ!
私が行った時もジェットスキー一台も走ってませんでした。


静かな大人のキャンプができたみたいですね~
最近私も釣りに夢中になるあまり
自然の風景を楽しむのを忘れがちです^^;
やっぱり自然の中に身をおいて
ゆっくりを大切にしていきたいですね!!


日頃の喧騒を忘れ、ゆっくりまったり・・・
男同士、酒を酌み交わしながら・・・
大人のキャンプ・・・シブ過ぎる・・・
若い頃一年間、富士吉田に住んでいました。
思い出すなァ~当時を・・・
  • 2007/09/27(木) 18:20:18 |
  • TOKU|URL
  • [編集]


さざえからこぼれおちそうなおつゆと、
つやつやのとうもろこしのどアップが
空きっ腹に刺激的すぎです!
エンジ色のBBQグリル珍しい形ですね。
  • 2007/09/27(木) 19:30:30 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


またまた行ければ行きたいキャンプ場^^
なんかキャンしてる~って感じが滲み出てますね^^
富士山やっぱいいなぁ~
この前行った時は殆ど見れませんでした(涙)
  • 2007/09/27(木) 22:22:54 |
  • simoji|URL
  • [編集]


いいな~、大人のキャンプですね~
装備をシンプルにするのがミソですかね~
  • 2007/09/27(木) 23:30:55 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


HEX3は結構使ってる人が居るんですね~
やはり、雑誌などで紹介されたりして、どんどん知名度が上がってきたのですね…
目立つだけに、同じだと複雑ですね~。。
HEX3をユウさん仕様に改造するしかないなo(^▽^)o
って改造方法を思いつきませんが…
林間から眺める富士は絶景ですね~☆
こういうプライベートな場所は大好きです♪
  • 2007/09/28(金) 10:28:56 |
  • lilt|URL
  • [編集]


ホームページなどではそんなに魅力に感じないキャンプ場でしたが、ユウさんが紹介すると、行ってみたくなるので困ります(笑)
そうそう、トウモロコシは朝摘みのものを皮付きのままで焼くのが最高ですよね!!
  • 2007/09/28(金) 17:38:45 |
  • ろんがあ|URL
  • [編集]


ん~いい~雰囲気です~
行ってみたいです~
500円紙幣は忘れましたけど~でも逆さ富士って良く聞くから、そんな絶景を堪能するキャンプって魅力的ぃ!
冠雪って雪が降ることでしたっけか~?紅葉に白い富士、、、、想像しただけでもイイ~!!
  • 2007/09/28(金) 20:21:54 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


"刻々と暮れなずむ富士山を眺めつつ…"とは最高ですねぇ。
関西にも富士山持ってきてください!(^^;)
トウモロコシはこうするんですね!
皮を剥かずに焼くのですか・・・、今度実践してみます。
  • 2007/09/28(金) 23:29:58 |
  • HASSY|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
そうなんですか・・・数年前に禁止されたの知りませんでした・・・
洪庵は、レークサイドよりも空いてていいですよ・・・って、こんなこと書いちゃうと、混んじゃいそうな気もしますけど(笑)
  • 2007/09/29(土) 00:59:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
いえいえ、釣りは忘我の境地。自然と向き合って我を忘れるなんて最高です(^^;;
  • 2007/09/29(土) 01:00:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★TOKU さん★
ほんとうはTOKU さんのように、酒びたりになりたいのですが、酒豪でないので、それができないのがちょっと残念です(^^;;
  • 2007/09/29(土) 01:01:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
サザエの壷焼、これウマイんですよね~!でも殻から身を取り出すのが、いまだにうまくできないのでした(^^;;
  • 2007/09/29(土) 01:02:43 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★simoji さん★
富士山・・・形がいいですよね。でも、岩手富士とか会津富士・・・まだまだ美しい山容の富士があちこちにあるので、全国の富士を制覇するキャンプ、なんてのも楽しいでしょうね♪
  • 2007/09/29(土) 01:04:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
そうなんです。ひたすら、どこまでも装備をシンプルに軽く・・・シンプルになった分だけ自然に近づけるような気がしちゃいます。でも豪華な装備のファミリーキャンプも好きです(^^
  • 2007/09/29(土) 01:05:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
やけに目立つテントなので、同じのがあると、どうも恥ずかしいような気分に・・・これが山岳だったら何とも思わないんですが・・・
モンベル、SP、コールマンだと、同じのがあっても気にならないのですが、不思議です。
さてどう改造しましょうかね??ネイティブアメリカンのティピ風にペイントしちゃうとか(笑)
  • 2007/09/29(土) 01:10:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ろんがあさん★
念をこめて記事を書いてるので(笑) これは念力です。 林間の湖側の数少ないエリアが最高のポイントです。
  • 2007/09/29(土) 01:11:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★たるたるさん★
運がよければ、これからの空気が澄み渡る季節、林間のまさにこの場所から、居ながらにして旧紙幣そのままの逆さ富士が見られるはずです。
そんな中で、できたら熱燗など飲んでみたい♪
  • 2007/09/29(土) 01:13:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★HASSYさん★ヾ( ̄∀ ̄;)
  • 2007/09/29(土) 01:16:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


お久しぶりです。
ユウさんの達人ぶり健在ですね。
シンプルキャンプ、手間いらずで気軽で最高ですね。
僕はどうしても、まだまだあれやこれやと積み込んで大荷物になってしまいます。
私事ですが、遅ればせながらブログを始めました。
ビックリしたことに、いきなり蒜山高原の記事が【今週の注目記事!!】に選ばれてしまいました。
ユウさんのブログをお気に入りに登録させて下さいね。
また、時間があれば僕のブログにもお立ち寄りください。
  • 2007/09/29(土) 01:31:11 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


★ゆっちゃんさん★
どうもお久しぶりです。ブログ始めていたんですね!さっそく遊びに行かせていただきました。
ロッジテント、キングオブテントですね。僕の古いロッジ型は、多分40キロ・・・いや、それ以上はある気がします・・・一箇所に定住して休暇を過ごすには最高ですし。ロッジ型にはケロシンのランタンがなぜが似合うような気がします。
これからは頻繁に遊びに行きます。よろしくです。
  • 2007/09/29(土) 01:45:50 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


最近めっきりファミキャン志向ですが、やっぱり大人なシンプルキャンプ憧れます。
景色が一番のご馳走ってところでしょうか。。。
そんな、まったりキャンプが嬉しい年齢になりつつあります。。。浩庵、一度行ってみたいと思っています、てか本栖湖。
                          
  • 2007/09/29(土) 16:18:46 |
  • もりりん|URL
  • [編集]


★もりりん さん★
僕もシンプルキャンプや山岳キャンプ、ファミリーキャンプなどいろいろケースにあわせて楽しんでますが、シンプルキャンプの良さって、もりりんさんのおっしゃるように、自然の中にできるだけ自然な状態で身を置く心地よさ、かもしれないですね(^^
  • 2007/09/30(日) 21:08:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


確か竜ヶ岳を登った時に見たことがあります。我家は夫婦二人なのでこうした静かなキャンプ場が嬉しいです^^。
BBQがとても豪華だ~。
サザエも良いけど、トウモロコシもとても
美味しそうです!
  • 2007/10/02(火) 19:02:31 |
  • param|URL
  • [編集]


★param さん★
ここの林間はほんとにご夫婦カップルにぴったりですよね。僕も、今度はこの林間で夫婦キャンプする予定です♪
  • 2007/10/02(火) 20:14:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示