CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ブナの実は青臭いカシューナッツだった【其の二】



古来の植生のままの秋の野山を散策すると、灰色がかった威風堂々たるブナがまるで森の王様のように聳え立っています。その聳え立つさまは、まさに孤高の存在。

日本の敗戦後の人々を、ブナの巨木は燃料となって救い、いま森で見られるのはこの時切り出されなかった幼木です。その幼木も現在では実に堂々たるものに成長しています。ブナは100歳までが幼年、200~300歳までが壮年、そして400が老年と見ることもできるようで、さながら今のブナの森は壮年でしょうか・・・

森から森へと渡る風に、生命最盛期のブナたちの歓喜の声が聞こえるようでもあります。

その下を見回せばそこらじゅうに落ちているのが栗のイガに似たものにくるまれた実です。このイガは栗のようにトゲトゲで痛くはなく、まるで太いひげのように柔らか。ブナのイガが弾けた中を見ると、やや角ばった木の実が入っています。見ようによっては潰れた栗の実・・・

ブナの実の成分はデンプンと脂肪分・・・多くの動物たちの命の源なんですね。

もちろん人も食べることができて、ちょっとかじってみれば、青臭いカシューナッツのような味が口にひろがります。

どちらかといえば、美味しい・・・ですが、飽食の現状の人間は珍味などといって食べてはいけないような気がします。森の動物たちはこの季節までじっとこの美味しい木の実が実るのを待ち続けていたのですから。


画像:(C)東北やまなび旅

できれば動物たちに、そっと手付かずで残しておいてあげたいものです。しかし中には枝ごとブナの実を採取する業者もいて、なんとも腹立たしい限り。

ブナは一本一反といわれるほどの保水力を持っています。そのうえブナの落葉の堆肥は水を浄化し、ブナの幹を伝う雨水は酸性が中和されもします。このブナが柔らかくて甘い水を生み出していたのです。

沢登りしていて、その途中のブナの森から沁み出す清水はとてもおいしいものです。この水の美味さの源はブナの木の魔法がかかっていたのですね。

そういえば縄文と呼ばれる時代から、人々はブナの実を食料として恩恵を受けていました。できればこれからもブナの森に元気でいてもらうためにもブナの実はそっとしておいてあげるのはもちろん、売っていても買わない、という選択が重要だと思います。

このブナの実、昔風にいえばブナクリまたはソバグリ栗とは、木の実のことなのでしょうか。ですからクヌギはクリニギ、トチのの実をウマグリなどとも言っていたようです。ソバの意味ですがこれは角のこと。ブナの実は角があるのでソバグリだったのでしょう。で、今の蕎麦ですが・・・これはソバムギ。角張った(ソバ)形の麦ということだったかもしれません。

そういえば“ブナの実一升、金一升”なんていうことわざもあるようです。

ムカゴなども、もちろんクリ。農民が堆肥とりのついでにこれを採取して薬屋に売って小遣いを稼いだことからムカゴなど尾のあるクリ(実)は“ヘソクリ”と呼ばれています。たぶんこれがヘソクリの語源かもしれません。
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ふわぁ~~ねむいですなぁ
この画像、どことなくトトロの森を思い出しますなあ
ブナの木ですか、、、ドイツではブナの森のことを確か森の母とかなんとか、そのように呼んでいたようですな
では行ってきます 今日も元気に働きましょう~ふわぁ~
  • 2007/09/02(日) 03:25:26 |
  • 風|URL
  • [編集]


はじめまして
ブナの巨木、すごく生命力を感じますね。
こんな木の下でHEX3を張って
一夜を過ごしたら、何か語りかけて
くれるような気がしますね。
関西ではこのような森が少ないようです。
秋には奈良の明神平にいきたいのですが、
ブナの林の中で火を起こして一夜を
過ごしたいと思っています
  • 2007/09/02(日) 09:44:18 |
  • emon|URL
  • [編集]


木は見ても殆ど「この~木何の木?」ってなもんでブナは見ても判らないと思いますがこの写真の実は覚えておきます、そして見上げればこれがブナなんだな・・・なんて日が来るのか来ないのか(笑)
  • 2007/09/02(日) 18:05:42 |
  • 横道|URL
  • [編集]


ユウさん、こんにちわ。
ブナの実たべたことないんですが
駄目といわれても読んでいたら食べてみたくなりました。
でも秋は忙しくて山の中に行けなさそうなので
来年にします。食べるの忘れそう。
  • 2007/09/02(日) 18:28:11 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


其の一、其の二と とても良い話を伺いました。ブナの実は売ってても買わないと。
北海道でもシャケは人間が下流でほとんどとっちゃうし。
カナダあたりで川のこっち岸では人間が魚つりをしていて、向こう岸では熊が魚をとってるなんて映像を見た事があります。
  • 2007/09/02(日) 20:52:17 |
  • SAMBAR|URL
  • [編集]


ブナの実自体見た事がないのですが、
売っていても買わない!了解しました。
動物達はずっと待ってるんですもんね~
僕ら人間なんて、食べるものに困ってないのに、平気でこういう貴重なモノを採取してしまう。
人間は無作為に生態系を破壊しすぎですよね…
自分もその一人なんだと思うと、自粛しなきゃなとか考えてしまいます。
といっても何を自粛すればいいか…あんまり考える事が出来ないのがなんとも恥かしい限りです。
前回の記事、回答ありがとう御座いました。
とりあえずは、食べ物を離しておくしかないのですね…とりあえず鈴でも買っておきます。
  • 2007/09/03(月) 10:51:33 |
  • lilt|URL
  • [編集]


ブナの実は
森の生命線なんですね~
そういう知識が在ると
いいことづくめのブナの木、実を
伐採するなんて、できなくなるんで
しょうけどね!
今からも、こういう必要な知識を
教えてくださいね!


ブナの実についてじっくりと拝見しました。
動物達の貴重な命の源。
売っていても買わないようにします!
  • 2007/09/09(日) 13:06:42 |
  • param|URL
  • [編集]


さては
どこか面白そうな場所に出かけておりますな!
  • 2007/09/10(月) 08:57:28 |
  • 風|URL
  • [編集]


★風さん★
ドイツは森を大切にしていますもんね。森の母・・・いい響きですね。
  • 2007/09/25(火) 02:18:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★emonさん★
明神平、いいですね~!
ブナの森の焚火・・・ブナがゆらゆらと動き出しそうですね(^^;;
  • 2007/09/25(火) 02:20:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★横道 さん★
たぶん秋になって実があたりに散乱しだせばすぐにわかるかもしれないです。でも落ちてる実って、たいてい中身は動物に食べられていてからっぽなんです(笑)
  • 2007/09/25(火) 02:22:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ なむたーんさん★
豊作の年以外はブナの実確保は至難の業かもです~(^^;; 木の枝の上で熊や小動物が食べ散らかしちゃうので・・・
  • 2007/09/25(火) 02:24:43 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★SAMBARさん★
カナダというとヒグマですね?! シャケも産卵するのに多くの難関が待ち構えてますね。獲られちゃうのに戻ってくる・・・本能は悲しいです(^^;;
  • 2007/09/25(火) 02:26:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
接近遭遇すると、熊の目ってオレンジ色に光ってるんですよ。鹿なんかは黄色っぽいですが・・・でも、光を受けて輝くというよりオレンジの光が発射されているような感じでした。
昔、修験者が錫杖を鳴らしながら歩いていましたが、あれは魔物避けのほかに、熊避けだったかもしれないですね。
  • 2007/09/25(火) 02:30:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
そろそろブナの実の争奪戦がはじまる季節に突入ですね。今年はどうなるのでしょう(^^;
  • 2007/09/25(火) 02:34:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★param さん★
でも・・・一度食べると病みつきになっちゃうので、かなり自制心が(笑)
  • 2007/09/25(火) 02:35:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


僕はツリーハウスも作ったりしておりますが、ブナのツリーハウスなど、さぞ壮観でしょう!
しかし、そんなことすると熊が訪問してきそうで少々こわいかな(笑
  • 2007/09/27(木) 13:17:20 |
  • クニアキ|URL
  • [編集]


どうも。ご無沙汰しています。
そういえば裏高尾にもツリーハウスがあるんですよ。なかなか立派です。あれは何の木だったかなぁ・・・気になる木・・・
  • 2007/09/29(土) 00:57:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


人間もブナの恩恵を受けているのですね
そして ヘソクリの語源っていうのも大変興味深いです
森に入る機会があったら大きなブナの木を探してみます
そこで昼寝なんていいかも(^^
  • 2007/10/12(金) 18:00:52 |
  • ボランチ|URL
  • [編集]


★ボランチ さん★
聴診器を持ていくと面白いですよ♪ ブナが水を吸い上げる音を聞くことができます(^^
  • 2007/10/13(土) 02:34:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示