CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山の怪談 | 山梨一ノ瀬キャンプ場の管狐(くだぎつね)を知る見聞キャンプ

070823_h.jpg


= 怪談CLUB 第七話 =


江戸の銭湯の脱衣場には、多くの場合“稲荷”が祀られています。稲荷といえば、誰もが思い浮かべるのが“”でしょう。真っ赤な鳥居がトンネルのように連なる光景を夕闇に見ると、赤い鳥居の連なる先に異界がぽっかりと口をあけていそうな気になります。

このお稲荷さんは朝廷とは無縁で、古来よりの民間信仰で広まったもの。江戸を歩けば・・・いや、日本を歩けば、企業の屋上はじめ、もうそこいらじゅうにお稲荷さんを見ることができるほど・・・

お稲荷さんの本家といえば、京都伏見稲荷(秦氏創建)。全国の稲荷の総本社です。

ここから魂分けする際に、竹の筒に稲荷の霊を入れて持ち運ぶのですが、これは管狐とそっくりです。管狐は“くだ”とも云われ、人に憑く。憑物筋の一族が使役するのがコレです。

代表的な憑物筋には、犬神猿神蛇神などがあり、これは以前の西湖自由キャンプ場の記事で書いた記憶があります。(ヌエ)を退治際に、その頭が猿神、手足が犬神、尻尾が蛇神になったというもの。管狐は、この三大憑物筋とは縁を異にしています。

管狐とは竹の中に入れるほど小さい狐です。なんでも、これに憑かれると油揚げが欲しくなるのだとか。そして目つきが変わり狐のような異様な動作を始めると云います。

これは山梨の一ノ瀬でキャンプした際に、地元の人に聞いた話です。

昔、丹波山から一ノ瀬に管狐を持ち込んだ修験者があって、そのために村人が何人も命を落としたのだと。武田の隠し金山があった一ノ瀬付近は、かの“おいらん淵”でも有名です。近年になっても金(埋蔵金など)に魅せられた者たちが、ここに入り込もうとしていたような話を知るともできます。確かに登山者が大菩薩のどこかの洞窟で武田の金を発見して持ち帰った、というような話も耳にします。

事の真偽は不明ですが、管狐はそのような話が残るほど恐れられ、忌み嫌われていた、ということでしょう。人々に拝まれるお稲荷さんと忌み嫌われる管狐。方や多くの人に豊穣をもたらし、方や憑物筋の血筋に使役されその一族のために働く・・・同じ狐でも、ずいぶんと違うものです。

神を信仰する際に古来重要だったのは“いますがごとく”振舞う、ということ。神というものは元来見えないもの。隠れたる存在だったんですね。これを古代文字に探ってゆくとけっこう面白かったりします。

(さい)”という口に似た古代文字がありますが、これは祝詞の器。この中に神が降りる一種の呪具です。路、古、問・・とか、これらの“口”は“くち”ではなく、“さい”が口になってしまったというわけです。で、神が降りる記号は“夂”と書かれます。ですので呪具である口(さい)に神が降りるのが“各”で、いと高き鋒に降りるのを“曙゙”と表します。

これは独断ですが、路とは神に守られた経路のことなのではないのか。同じ読みの“道”は、これは首を携えて進むことを表現しています。この空間に満ちる邪霊を祓うために、死人の首を手に、その邪視によって祓いつつ未知なる世界へと路をつける行為。道ができた際に、その経路は路へとなるのではないのかな、と漠然と思ったのですが・・・

こうして広がった自分たちの領域を守るのが門。門は、結界です。この門に“口(さい)”を収めたのが問。訪問とは、もともとが、神霊に訪うということですから、驚きです。

神を尋ねる儀式があります。そのとき右手に神に降りていただく“口(さい)”を、左手に神を呼ぶ“工”を持ちます。それが、そのまま左右という文字に表現されてもいます。そして降ろした神の姿が見えるのか、といえば、まったく見えないし見ることもできない。

ただ、そこに居ますが如く振舞います。

余談が長くなりましたが、稲荷の魂分は竹筒によって行われます。竹の筒が“口(さい)”というわけです。神霊を発動させて願望を成就させるということが古来より行われていますが、こうした筒に入れた稲荷神を祈祷師が活用したことも多かったのだろうと推測できます。

稲荷は呪術に使役されるようになり、管狐という別の一面が備わる。さらに“おこじょ”の存在です。手の平に乗るほどの小さな狐ににた動物がオコジョですが、丹波山には数多く生息しています。これも推測なのですが、丹波山から管と称してこのオコジョを持ち込んだ修験者がかつて山梨にはいたのではなかったか・・・

070823_1.jpg


呪いとは、当人に呪われたという事実を知らしめることで、効果があります。呪われたと思った当人は、本当に具合が悪くなり、場合によっては命を落とすことさえあります。これはアフリカでの話ですが、呪われたと思い込んだ者はだんだんと衰弱し死んでしまうといいます。

そういえば病は気から、などといいますし。気のもちようで胃に穴をあけることもできます(胃潰瘍)。自分は病気だ、と思い込むと、本当に毎日が暗く憂鬱で・・・悪くない身体も本当に悪くなってしまいますから。ですので、竹筒を持った祈祷僧に睨まれただけでも、それこそ心底恐ろしかったに違いありません。

山梨の丹波山村や一ノ瀬には焚火ファンに愛される一ノ瀬キャンプ場など素晴らしいキャンプ場がいくつもあるばかりか、こうした古のこの国に脈々と流れ息づく様々なものに出会える絶好の場所でもあります。

伝承はその土地のDNAであり記憶です。様々な伝承や昔話をキャンプのアクティビティのひとつと考え見聞すれば、単なる行きずりキャンプとは違った奥深い経験が楽しめます。

その土地をまるごと味わい尽くす、見聞キャンプ・・・けっこうハマリます♪

怪談CLUBカテゴリーはこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ユウさん、先ほどはコメントありがとうございます。
見聞キャンプ、素晴らしいですね!!
余談の「左右」の成り立ちの話も感銘しました!
内容がひどく気に入りましたので応援ポチしときます。
これからもがんばってください。
また遊びにきますねw
  • 2007/08/23(木) 17:34:49 |
  • 提灯の匠屋|URL
  • [編集]


ふむぅ---奥が深すぎー
管狐の正体がおこじょだったとは
でも おこじょの前に管狐がいたので 管狐を装わせた?
一ノ瀬高原キャンプ場は人気ある場所だけど、こんなリサーチしながらキャンプするひとってまずいなさそうです( ▽|||)
  • 2007/08/23(木) 19:55:25 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★匠屋さん★
こちらこそ、狐の嫁入り記事にトラバいただきありがとうございます。
左右に関して「左右颯々として神を尋ねる・・・」などという興味深い言葉もあり、これも左右の語源を知れば納得できるので、非常に楽しいです♪
狐の嫁入り・・・なぜか思い出すたびに眩しいほどの少年時代が懐かしくなります。
  • 2007/08/23(木) 23:33:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


「左右」の話、ナルホドですね。
前々から思っていたのですが、京極夏彦氏の小説に登場する
”京極堂”こと中禅寺秋彦が現代でキャンプしているようですね。
ユウさんは・・・
  • 2007/08/23(木) 23:35:17 |
  • HASSY|URL
  • [編集]


★fumi さん★
オコジョって、実物を見るとものすごくかわいいんですよね。細長くてちっちゃくて・・・狐には見えないけれど、見たことない人に、「管狐じゃー」と凄めば、信じるかもしれません。本来竹筒はからっぽ。中には見えない神の霊が入っている、というのがふつうだったんでしょうけど(^^;;
ミヤシタヒルズとか、浅間園とか、一ノ瀬とか・・・そこを拠点にいろんな歴史を体験できるキャンプって楽しいですよ♪
  • 2007/08/23(木) 23:38:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★HASSYさん★
はは・・・中尊寺さんですか(^^;; 京極さんとは昔、デビュー前の彼が代々木のデザイン事務所でデザイナーをしていた頃に接点があります。
たしか当時、姑獲鳥の夏を毎晩書いていたように記憶しています。それがデビュー作ですね♪
  • 2007/08/23(木) 23:47:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]



中尊寺⇒中善寺 の誤植でした(^^;
  • 2007/08/24(金) 02:44:32 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


見聞キャンプ
その土地自体を
丸ごと味わいつくす・・・奥が深いです。
その土地の歴史などを
調べていくと、同じ場所でも
新たな発見があるんでしょうね。


★Takaponさん★
戦国時代よりももっともっと前の中世や古代の倭が制圧する以前の歴史などを調べて現地入りすると、同じ場所でも別世界になります。各地の鬼退治の昔話も、勝者側からの話で、ほんとうは・・・というぐあいに遺跡とか地名が実感を伴なって迫ってきます(^^
  • 2007/08/24(金) 12:40:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


確かに色々な事を信じてしまうと、人間って体になんらかの変化が起きますよね~
僕が一番びっくりしたのが
昔学生の頃40℃近い熱を出して寝込んでた仲間へお見舞いに行った時…
当時お金も無くて、リポビタンDの一番やすーいヤツを買っていき、それを持っていってコップに移し変えて飲ます際、
「今日は奮発して2500円もするロイヤルゼリーのドリンクを買ったから、これ飲んだら絶対すぐ治る!」とウソをついて飲ませました。
2時間後…仲間の顔色はみるみる良くなり…
熱も37.7℃の微熱まで下がりました。
仲間は「ありがとな!高いドリンクのお陰でなんか熱も下がってきたよ!体も楽になってきた。本当にありがとう」
と感謝され…
「実は130円のリボビタンDなんですけど…」とは言えずに居たものです。
まさに病は気から?ですね。
長くなっちゃいました…
オコジョってめちゃめちゃ可愛いんですね。
  • 2007/08/24(金) 15:58:52 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★ liltさん★
liltさんの話で思い出しましたが、臨床実験でただの水を薬として投与した際に、かなりの確率で治癒例が見られた、という報告を読んだことがあります。
いわしの頭も信心から、ですね(^^;;
しかし、liltもなかなかやりますね(笑) まるで精神科医なみです♪
  • 2007/08/26(日) 11:49:43 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示