CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

秘境 のよさの里・秋山郷キャンプ場

070819_h.jpg


林道の奥の穴場キャンプ場は数多くあります。そのひとつが越後のまさに近年まで秘境とされてきた場所にあるオートキャンプ場“のよさの里あるいは秋山郷キャンプ場”。

谷に沿ってくねくねと山肌を走る細い林道を奥へ奥へと分け入ります。ジムニストなら思わず笑顔になってしまいそうな道です。傾斜地には藁葺きまたは朱色に塗られた屋根を持つ古い民家が建ち並び、まるで日本昔話の世界に入り込んでしまったかのような不思議な気分。

道は集落の中をものすごい急勾配で登る細道へと変貌すると、秘境とされた秋山郷のキャンプ場はもう目前です・・・

赤い湯の温泉を過ぎて、急勾配を上がってゆくと、やがて“のよさの里”という施設が現れます。これがキャンプ場の表の顔。栄村が経営する施設です。この施設横を通りすぎ300メートルもひと気の全く無い道を進むと“秋山郷キャンプ場“という古びた看板が・・・そこがキャンプ場入り口です。

070819_1.jpg
秋山郷の入り口でジムニーをパチリ

070819_2.jpg
キャンプ場入り口。気をつけないと見落としてしまいそうです。

この林道をさらに上がってゆくと苗場山の三合目登山口です。ここには小さな水場があって、清冽な一筋の清水が多くの登山者の喉を潤しています。口に含むとさすが山の清水、甘露のような実に柔らかくて冷たい水です。

070819_3.jpg
向こうの緑のタープが僕のサイト。

キャンプ場に入ると、炊事棟を中心に円形にサイトが配置されています。サイト数は13とのことですが、3つが2サイト分を使用しているため、厳密には10サイト。トイレも炊事場も年季が入っていますが、清潔です。

キャンプ場の表の顔である“のよさの里”というのは、このブログの記事に度々登場願った江戸の文人“鈴木牧之”翁にちなんで作られたもの。越後在であった彼の代表作は以前の記事の繰り返しになってしまいますが“北越雪譜(ほくえつせっぷ)”。越後の暮らしをありのままに綴る素晴らしい著書です。この中で、日本で最初に秘境秋山郷の暮らしを世に出しました。

秋山郷のほかにも雪の中に住む“雪虫”はじめ、雪女の話雪の中に燃える怪火など、実に興味深い話が紹介されています。僕は、地図の他に、この北越雪譜と南方熊楠の著書さえあれば、まったく退屈しません。

さて、このキャンプ場の素晴らしさは、なんといっても温泉です。

のよさの里は江戸時代の暮らしをそのまま再現して作られたもので、本館である本家から長い回廊で七つの分家が設えられています。この七つの分家はそれぞれ離れになった宿泊施設。分家での宿泊も趣があり最高です。うれしいことに、値段もお手頃。

070819_5.jpg
サイトから回廊へ通じる小道。

070819_6.jpg
この回廊の先に本家と温泉があります。

キャンプ場から通じる細道の先が回廊に通じています。そして回廊の先には・・・本家の内湯と独立棟の露天風呂。露天風呂は24時間入浴可能で、無料です・・・入り放題ってことです。この露天の素晴らしさは景観。眼前に屏風のようにぐるり聳えるのは鳥兜山の威容。特に早朝の朝日に染まるそれは圧巻です。もちろん夕方は、山の背後に日が沈みます。朱の背景に青い山が朧に見えるなんて・・・実に風流。

070819_7.jpg
露天風呂からの眺めは圧巻。残念ながら山半分が雲に隠れてしまっています。

キャンプしながらちょこちょこと温泉に入るのは、ほんとうに気持ちいい。それに、ファミリーキャンプで嬉しい要素がほかにもあります。それは・・・夏であれば、子供が喜ぶクワガタカブトムシが蟻のようにごく普通にその辺にいるということ。

クワガタやカブトムシがブンブン飛び回っていて、テント周囲で10匹捕獲したこともあります。もちろん全て逃がしました。一歩、林に踏み込めば、そこいらじゅうの樹液まわりにはクワガタ、カブトなどが群がっています。何もせずに10匹ですので・・・たぶん、子供が半日も森を駆け回ればかなりの数を捕獲できるでしょう。

周囲の秋山郷の家々の軒下には、長く寒い冬に備えてすでに薪(たきぎ)がうずたかく積まれている。江戸の牧之の時代も今も、この地の冬の厳しさは変りません。今なお隠れ里の余韻が色濃く残る、魅力的で不思議な村です。

■秋山郷キャンプ場【★★★☆---3.5ポイント】
場所:栄村下水内郡栄村大字堺上野原
連絡1(予約):のよさの里「牧之の宿」0257-67-2345
連絡2(問い合わせ):(財)栄村振興公社0269-87-3115
期間:5月~10月(要問い合わせ)
サイト:区画10~13サイト(土、草地)
※3-4、6-7、11-12の3つが2サイト続きをひとつとして利用でき広々です。僕はここを予約するときは、必ず6-7を予約。ゆいつ南~西日があたらず、ものすごい涼しく気持ちのいいサイトです。
料金:1人500円(入湯料金含む)、車一台3000円、バイク1500円
施設:管理棟(のよさの里本家)、売店、炊事場、水洗トイレ、自販機(清涼飲料水、ビール、缶チューハイ)、炭焼き小屋、展望台、散策路など

地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


いやぁ、いいですねぇ…
秘境、秘湯の「秋山郷キャンプ場」直球strikeです (^^;)
ぜひぜひ、こういうところへ行ってみたいものです!
秋山郷入り口の道祖神、サイトから温泉へ繋がる回廊・・・
そして、朝日に染まる露天風呂に、沈む夕陽・・・
もう、たまりませんね!
ところで、僕は青山1丁目のプロデューサーではありませんが、
さすがユウさん鋭すぎます!タダでは外さないですね。
というのも、僕の職場は青山○丁目なんですよ。
(ただし、姫路の青山なんですが…)
  • 2007/08/19(日) 21:55:30 |
  • HASSY|URL
  • [編集]


これも画像が見たいが、さてパケ代も心配とあって文字だけ味わっとります(笑 いまから行けない場所でもなし、、、、が、これは次回にとっておくほうが懸命でしょうな(笑
  • 2007/08/19(日) 23:20:22 |
  • 風@携帯|URL
  • [編集]


雰囲気ある回廊付きの開放感抜群の温泉、めちゃ惹かれるところですね~^^
到着後、設営後、食前、就寝前、早朝と浸かりたいもんです♪
カブトムシ1匹300円で売っても・・・元とれたりして^^;
  • 2007/08/19(日) 23:22:59 |
  • simoji|URL
  • [編集]


すごい良さそうな所ですね~
雄大な景色を眺めながら温泉にも入れて非常に贅沢な気分になれそうですね。
しかもその露天風呂が無料で入り放題なんですか!?なーんと太っ腹!
何回も入りに行ったりもキャンプ+温泉旅館気分で楽しそうかも、、(笑)
  • 2007/08/19(日) 23:43:48 |
  • norinori|URL
  • [編集]


秋山郷にはこんなすてきなキャンプ場が
あったんですね。一歩手前までは行ったのですが、あまりの奥地で足を踏み入
れなかったことが悔やまれます。。
  • 2007/08/20(月) 08:52:21 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


良さげなキャンプ場ですね~・・・
露天風呂もイイ感じ!
近ければ、是非行って見たいけど・・・
  • 2007/08/20(月) 09:25:37 |
  • TOKU|URL
  • [編集]


★HASSY さん★
ホッとしました(笑)彼もこのブログを知っていて、ここを見つつ悪戯しそうなおちゃめな人なので(^^;;
この回廊が・・・夜中になるとなぜか怖いんですよ。周囲は原生林で、廊下を歩いているとそこでガサガサ・・・バサバサと音がしたり・・・怪談話がいくつも書けそうです(笑)
  • 2007/08/20(月) 09:39:32 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★風さん★
ツーリングキャンプ満喫なようですね!僕はNOKIA好きなのでSoftBankです。鹿沢はSoftBank圏外なんです。
お帰りも気を付けてくださいね。
  • 2007/08/20(月) 09:41:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★simojiさん★
ほんとうに売るほど・・・いや、あげるほどに捕獲できます(笑)
たぶんファミリーキャンプで温泉を堪能し尽せば、それだけで元とれちゃいますよね(^^;;
  • 2007/08/20(月) 09:43:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★norinori さん★
ここの温泉は朝夕は素晴らしいですが、なんといっても夜中が最高です♪
頭上に夜空を埋めるほどの満天の星!
  • 2007/08/20(月) 09:44:47 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kimatsu ささん★
あーーーあと一歩でしたね!残念!秋山郷入り口から先・・・道は細くなって曲がりくねり、ものすごい急勾配・・・ジムニーが喜びます♪ 直接最短路でキャンプ場に行かず、あちこちに出現する林道に入り込んで、人里離れた秘境が堪能できます(^^
  • 2007/08/20(月) 09:47:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★TOKU さん★
近ければ、最高なんですよね。関東の僕でさえ、新潟の津南からかなり遠く感じたほど・・・TOKUさんだとまさに遠征になっちゃいますね(^^;
  • 2007/08/20(月) 09:48:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


大昔の佇まいが残っていて
また山を一望できる露天風呂がある
camp場なんてあるんですね!!
私もほぼ毎週campしてますが
似たようなところが多く、
ユウさんのblogをみていると、自分もいろんなところに行けたような、錯覚を起こしてしまいます
いいですね!是非訪れてみたい


秋山郷キャンプ場…
新潟のキャンプ場紹介の本でも掲載されてますが、ホントちっちゃく紹介されてます。
(メジャー所が大きく掲載されますよね…)
ユウさんのレポを見てると、ホント行きたくなります☆
エルグランドやエスティマなどの大きい車も入ってるなら僕の車でも行けそうですね~
露天風呂…ホント入ってみたいヾ(´ー` )ノ
  • 2007/08/20(月) 16:49:26 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
僕もTakaponさんのレポート読んでて、いきたいなぁ・・・と思ってます。それも毎回(^^ 僕の場合、海は非常に少ないです・・・
  • 2007/08/20(月) 21:54:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
対向車に注意すれば、ぜんぜんOKです。なんせコルベットで入ってきた強者もいました(^^;; 彼は、5時より前の朝早く、対向車のいないうちに宿を発っていきました。
早朝、暗い温泉に入るときに、出て行くのを見ました(笑) あの床下クリアランスだと、何箇所か危険な場所もあったはず・・・
  • 2007/08/20(月) 21:57:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
(クリックで拡大)夏の盆時期であっても、空いていて、美しくて、非常に涼しいキャンプ場。それが信州のカヤノ平キャンプ場です。人に教えたくないキャンプ場ベストテンに入る、それほど大好きな場所です。場所は長野県の北部の奥志賀高原。野沢温泉や秋山郷キャンプ場(の
2008/08/19(火) 23:02:35 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示