CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

最強のアウトドアパッキング用小物“Ziploc”



10年ほど前から僕のアウトドア活動をがっちりサポートしてくれている心強い裏方的なグッズがあります。それがZiploc(ジップロック)。

アウトドアでZiplocが使えるなんて全く考えてもいなかった僕に、その有用性を見せ付けてくれたのは、オランダ&スコットランド系の複雑な祖先を持つひとりのアウトドア好きなアメリカ人でした・・・

彼はInternational Adventure Clubという、ここのブログでもリンクしているアウトドアクラブのメンバーで、時々ランチをいっしょに行く程度の付き合い。ひょんなことから僕がクライミングを趣味にしていることを何かの折に口にすると、彼は目を輝かせながら冬山にいっしょに行こう、と提案。

彼のランクル80で凍てつく早朝の中央高速を一路、八ヶ岳に。

僕は衣類、医薬品、食料・・・持ち物のほとんどを様々なサイズの防水バックに収納してザックにパッキングするのを常としています。もちろんカヌーツーリングの際にも大きな防水バックの中には小さく小分けした防水バック・・・水没でダメージを受けたことは皆無です。



僕がテントの中でごそごそと防水バックを取り出していると、彼は“コストパフォーマンスを考えれば、これが最善の選択だ”といいながら取り出したのは透明な防水ジッパー付きの袋にきれいにパックされ整理された荷物類。

その袋こそZiplocでした。

僕が小分け用に使用している防水バックは、大型のものは口をクルクルと巻いてベルクロでしっかりと留めるものですけれど、小さなものは口が巾着になっていて、ひもを引き絞って封印する方式です。つまり完全密封できません。

しかしZiplocであれば、大小さまざまなサイズがラインアップされているうえ、口はダブルジッパータイプやイージージッパーのものまで揃っています。さすが食品類を保存するために作られているだけあって、じつにカンタンな動作で密封できます。



このとき以来、僕はZiplocを愛用するようになりました。

衣類は開け閉めが非常にカンタンなイージージッパータイプに種類ごとに小分けして収納。中の空気を抜くことができるので、ものすごくコンパクトにすることができるのも大きなポイントです。

食料品類はメニューごとにフリーザーバックに。これ以外でも、医薬品やマッチ・ライター類、そしてエスビットなどの固形燃料もZiplocでパックしています。さらには、アウトドアに欠かせないドリップコーヒーのろ過紙などは小型のコンテナに一式を収納。それに保険証類やら財布などもサイズに見合ったZiploc。

これのすごいところは、口部分がダブルジッパーになっているということ。がっちりと水や湿気からガードしてくれます。シングルのタイプも別メーカーから発売されていますが、やはりダブルが安心です。バックパッキングではザックカバーは省略します。ザックにカバーしてしまうと中身の取り出しがしにくくなるし好きではありません。

沢登りの際でもザックはそのまま。カバーをつけていると逆に水が抜けなくなってしまいます。基本的にザックは濡れてもいいと考えています。でも中身は濡らさない。ですので、僕のアウトドアの道具棚には、大小さまざまなZiplocが常においてあります。もちろん持ち帰って何度も使用します。けっこう丈夫だし、重宝しますよ。

Ziplocって最強のアウトドアグッズでもあったんですね(^^
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ジップロック、気が付きませんでした
とっても便利そうですね!
これに入れとけば濡れませんよね
機会があったら試してみます。


ジップロックもいろんな大きさが在るんですね~
初めて知りました。即まねっこしま~~す!!


yuさんこんばんは。
私もZiploc使用暦長いです^^。
コンパクトカメラにも最適です。
  • 2007/08/15(水) 21:17:55 |
  • 鰯|URL
  • [編集]


こんばんは^^
Ziploc、キャンプでも愛用していますが、一番下の写真のような大きいサイズもあるのですね~びっくりです!
ビッグサイズ、日本でも手に入りますか?
  • 2007/08/15(水) 22:17:13 |
  • piyoママ|URL
  • [編集]


うゎーこれいいですね!
最近防水バック買った(抽選でゲット)とこなんですがこんな手もありましたかー。そしてこんな大きな物まであるとはほんと知りませんでしたよー。
防水バックの中に入れるものをジップロックで更に防水しておいたら完璧ですよね。
さっそく真似っこさせていただきます♪
  • 2007/08/15(水) 23:36:35 |
  • norinori|URL
  • [編集]


ジップロックか~なるほど~
たしかにコレは便利ですね~
大きいサイズもあるんですね~
コストコ辺りで売ってるかな~
  • 2007/08/16(木) 00:42:11 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


ウチも何気に愛用してましたヽ(´▽`)/~♪
ファミリーでキャンプする時は、家からあらかじめ下ごしらえをしたものを持っていく時とか…
逆に、キャンプで残った余りモノを持って帰る時とか…
ホント、優れた品物だと思います。
パッキングする時も便利ですね☆
数枚は常備して置いた方が良さそうですね!!
  • 2007/08/16(木) 10:51:48 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
僕も知人の活用を見るまでは思いつきませんでした(*^^*)
濡らしたくないものを入れたり、逆に濡れてしまったものを入れるのもいいかもしれません。けっこう重宝してます♪
  • 2007/08/16(木) 11:50:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
いつもTakaponさんのまねっこばかりさせてもらっているので、まねっこしてもらえるとうれしいです(笑)
  • 2007/08/16(木) 11:52:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★鰯 さん★
あ・・なーるほど、コンパクトカメラですか!そういえば僕もコンパクトデジカメ持参してますが、それは思いつきませんでした!盲点でした(^^;;
  • 2007/08/16(木) 11:53:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★piyoママ さん★
大きいサイズは海外の友人から送ってもらっているのですが、日本でもUSA系のマーケットやインターネット通販で手に入るということを聞いたことがあります。
  • 2007/08/16(木) 11:54:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★norinori さん★
防水バックの中にジップロック・・・かなりなアドベンチャー仕様ですね(^^;;
  • 2007/08/16(木) 11:55:38 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
コストコ・・・会員じゃないので行ったことないのですが、可能性はありますね。ウォルマートにはあったはずです。あとはネット通販でしょうか。
  • 2007/08/16(木) 11:56:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
おお、同じですね!
僕の場合は、食材を梱包からすべて出してしまい、この中に入れてます。ゴミ減らし目的もかねてたりして・・・(^^;;
でも、自宅で下ごしらえするなんて、liltさんさすがですね。
  • 2007/08/16(木) 11:58:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


いやー大変参考になりました。
いつも訪問している方からの情報で拝見しました。
↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroroue/21132859.html
どんなシチュエーションでも使えそうですね。
早速購入手続きをします。
  • 2007/09/20(木) 08:51:49 |
  • てっつなん|URL
  • [編集]


★てっつなん さん★
おそくなりました!
スーパーの袋と違って音がしないのがまたいいんですよね(^^
  • 2007/09/25(火) 02:05:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示