CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

野々海高原キャンプ場 新潟の超穴場キャンプ場

070814_h.jpg


お盆時期に完全独占できる超穴場


先週より新潟方面での風来坊キャンプから帰宅しました。新潟方面とはいっても、新潟から日光へと気の向くままにジムニーを走らせて、ここ数年来、行きたくてもなかなか行けなかったキャンプ場、キャンプ可能サイトを廻ってきました。

中でも、長野のカヤの平高原キャンプ場同様、最も好きなのが新潟栄村の標高1000メートルの秘境ともいえる山奥の気持ちいい場所にひっそりと存在するキャンプ場です・・・


キャンプ場の名称は「野々海高原キャンプ場」。

ずいぶん前に利用して以来、行きたくても場所が場所だけになかなか願いがかないませんでした。すぐ近くには“無印良品津南キャンプ場”があります。が、近くとはいっても無印良品津南キャンプ場から、さらに林道を山奥に1時間ほど入ります。すると林道周囲が明るく開け、キャンプ場の緑の管理棟がぽかんと眼前に。

070814_1.jpg
こんな車一台分ほどの林道を延々と走り、どんどん高度をかせぎます。すると風がヒンヤリしてくるのでとても快適です♪

070814_3.jpg
人のいない管理棟。利用連絡したときだけ、観光課のスタッフが受付に訪れます。

そこは、ブナの原生林に抱かれた標高1000メートルの場所。陽射しは暑いですが、無印良品津南キャンプ場とは違い、風がひんやりと冷たくて、とても気持ちいい。車を駐車場に停めて、ひな壇状になったキャンプサイトから自由に好きな場所が選べます。なんたって、このお盆時期にも関わらず、誰一人利用者はいないのですから。

070814_4.jpg
これが水場とカマドのある炊事棟。なかなかいい感じです。たしか昔ここを利用したときは、屋根がついていたような記憶があります。が、今は屋根ナシの露天です

水場もトイレもしっかりと作られています。以前ここを利用した時も、僕らのほかには誰一人いませんでした。こんな涼しくて、静かで、見晴らしもいいキャンプ場を独占できる幸せ・・・

070814_7.jpg

サイトからは横に広がる湿原や竜神伝説の伝わる実に神秘的な野々海池が望めます。湿原にはミズバショウやモウセンゴケが群生し、春にはモリアオガエルの産卵が見られるという貴重な場所でもあります。で、サイトはといえば、思ったとおり・・・利用者が非常に少ないため雑草が生い茂っていました。

070814_5.jpg

070814_6.jpg

この野々海池は、実は水内地区の開田のために作られた、人造の池です。今ではすっかり自然に同化して、多くの命の揺りかごになっています。キャンプ場から西のブナの原生林の中にはものすごく素晴らしい湿原が誰に見られることもなく存在しています。

このもうひとつの幻の湿原に出会うためには、沢筋をたどりつつ密生する薮を分けて行かねばなりません。道はありませんから、頭に叩き込んだ地形概念を頼りにするわけです。上下雨具を着こんで背丈より高い笹薮で視界ゼロの中を倒木を越え、湿地を踏み分け進むと、突如風が通り始め、目の前が明るくなります。人の踏み込むのを拒む原生林の真ん中に存在する広々とした幻の湿原です。昔、野々海高原キャンプ場を訪れた時の目的は、この幻の湿原でした。人の目に触れることなく、まるで神が愛でるごとく隠された素晴らしい湿原です。

今回は、家族連れだったため、原生林の中の湿原へは行きませんでしたが、また機会があれば薮に分け入るつもりです。野々海の西側の地形は実に複雑です。太い幹の低い背丈のブナが盆栽のように奇妙な姿態を見せています。遠目に眺めると、それはまるで人の存在しない楽園で見せる木の踊り・・・

070814_2.jpg
以前、この駐車場に無料でテントを張らせてもらったことがありました。感謝です。

ここを見ようと多くの登山者が入りますが、薮に閉ざされた環境と複雑な地形のために、周囲の山を含めて多くの遭難者も出ています。今では地元の人でさえ入るのを恐れるほど。これでますます神秘性が高まるのでしょうか。

すぐ近くには深坂という峠がありますが、ここからは日本海が大きく眺望できます。キャンプ場から見える湿原や池、そして日本海・・・野々海高原キャンプ場は一部の登山者にしか知られていない、実に素晴らしき穴場キャンプ場です。

利用するには、事前に産業建設課商工観光係に電話します。すると現地の管理棟に人がやってきますから、そこで手続きをすることになります。別に利用料を惜しんだわけではなかったのですが、以前駐車場にテントを張って一晩を過ごしたこともありました。実に快適な、自然溢れるキャンプが堪能できた覚えがあります。

設備は炊事場とトイレのみ、売店も、風呂もありません。しかし、ここに至る長い林道を走っていても一台も車とすれ違わず、人の姿は一度も見ませんでした。こういう場所ですから、医薬品などセルフレスキューの備えは必要です。

野々海高原キャンプ場
場所:新潟県栄村下水内郡栄村大字豊栄中山峰国有林内
連絡:産業建設課商工観光係 0269(87)3333
期間:7月~10月末
サイト:草地、20サイト
料金:利用料1人500円、持込みテント料800円
施設:管理棟:炊事場・水道・トイレ
地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ユウさん、お帰りなさい!
またまたそそられるキャンプ場ですね。
ジムニーでのツーリング&キャンプの旅
うらやましいです。
風来坊キャンプレポの続報を楽しみに
しております。
  • 2007/08/14(火) 12:46:56 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


お盆時期にキャンプ場独り占めなんて、本当に贅沢ですねー。
カヤノ平キャンプ場、実はこの間あまりの静かさに、泊まらず帰ってきてしまいました。。。(>_<) 
  • 2007/08/14(火) 13:18:44 |
  • piyoママ|URL
  • [編集]


こりゃぁ行ってみたい所ですねぇ。
無印良品津南キャンプ場は何度か行きましたが、それをさらに1時間とは、
かなり山奥ですねぇ。
食料などの買出しは大変そうですね。(^^;)
  • 2007/08/14(火) 15:07:38 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


こんな良いcamp場を独占できるなんて
うらやましい~~
今の時期でも
十分涼しいのでしょうね~
山campしてみたいです~!!


ユウさん、いつもどうもです。
これはまたワイルドなところですねぇ…
僕もキャンプ場独占経験は何回かありますが、ここの比じゃないですね。
夜は零れる如くの星空だったんじゃないですか?
新潟は遠すぎて行けないでしょうが、次のレポ楽しみにしてます!
  • 2007/08/14(火) 22:00:17 |
  • HASSY|URL
  • [編集]


長野と新潟の県境ですね。
飯山線沿線は、手付かずの自然がたっぷりと残ってますね。
ぜひ訪れて見たいキャンプ場です♪
  • 2007/08/14(火) 22:06:48 |
  • kebin|URL
  • [編集]


こんばんは
実にワイルドな旅ですね、私もいつかユウさんの様なアウトドアライフが過ごしてみたいです。
先日トラバして頂いた三景園に来週行ってみます。残念ながらCサイトは取れませんでしたがDサイトの川沿いとのことでした。
  • 2007/08/14(火) 22:30:19 |
  • 野営番長(`・ω・´)|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
kimatsuさんの記事にあった、富士山から花火大会を見下ろす光景・・・夢に出そうです。
このほかに、細い未舗装路を数々走ったのですが、今までのSAABだったら細い上に行き止まりになるかもしれない、と絶対に入り込まないような場所でもジムニーだとワクワクしながら入れるのでとても楽しいです♪この近辺にはキャンプ可能な場所が山ほどありました。ジムニーに連れて行ってもらったようなかんじです(^^;;
  • 2007/08/14(火) 23:08:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★piyoママ さん★
カヤの平のレポート読ませていただきました!偶然ですね!あそこは好きなキャンプ場のひとつなんです(^^ 晴れていれば、最高なんですけど・・・山同様に天候がめまぐるしく変るのが難点です。
今回いくつかのキャンプ場を廻りましたが、やはりガイドブックに掲載されているところは、どこもものすごい状態でした。基本は予約なしスタイルなので、混雑がひどいところはパスしつつキャンプしてきました♪
  • 2007/08/14(火) 23:14:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★jun-boh さん★
そうなんですよ。かなり山奥です(笑)
食料などは登山同様に、事前に全て買出ししないと後が大変です。基本的に日持ちするドライ系が多くなりました。パスタ、ソウメンなどの麺類はじめ、水で戻す食材多用です。あとはインスタントラーメンとか、ドライカレーとか(笑)
  • 2007/08/14(火) 23:17:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
この時期でも日陰に入れば、ひんやり涼しいです。僕は逆にTakaponさんのような海キャンプしたいです(^^;
  • 2007/08/14(火) 23:18:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★HASSY さん★
こちらこそ、乗鞍のレポート楽しませていただきました♪あそこは天文台もあるほど、空気が澄んでいて星空がきれいなんですよね(^^
野々海の夜空もきれいでした。ちょっと見ているとあちこちに流れ星・・・天の川も久しぶりに見ることができました。
  • 2007/08/14(火) 23:22:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★kebin さん★
あまりにも自然が多すぎて奥さんにはやや不評でしたが、kebinさんのロースタイルSOLOだったら、きっと素敵な時間が過ごせること請け合いです♪
  • 2007/08/14(火) 23:29:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ 野営番長さん★
そんなに埋まってましたか?! でもDサイトも川沿いはとっても気分いいです。サイトの見た目は狭そうですが・・・奥へと広がっているので、スペースは余裕です。
温泉は「むかわの湯」が気持ちいいです。キャンプ場では歩いてもいける大藪温泉が案内されてますが、そのすぐ近くに源泉館があるので、僕はそちらが好きです。大藪温泉の湯船は三人入れば満杯です(^^;;
  • 2007/08/14(火) 23:33:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


おかえりなさ~い。
キャンプは楽しまれましたか~
秘境の様なキャンプ場ですね~
この時期に貸切とは・・・
魅力的だな~(笑)
  • 2007/08/15(水) 01:39:01 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


この野々海峠近辺はオフロードがけっこうあるんです。
ジムニーでそこに入れば楽しーですよー
このキャンプ場にツリーハウスでも作ればいいのになー、なーんて思っちゃったりしてます。
  • 2007/08/15(水) 03:54:29 |
  • クニアキ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
まさに、秘境と呼んでもいいかもしれないですね。秋田の栗駒山周囲の原生林に匹敵します。このエリアも、まだまだ誰にも知られていない湿地が隠されている可能性あると思います(^^;
  • 2007/08/15(水) 08:46:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★クニアキさま★
アンダーガード、活躍してくれるとうれしいです♪ そういえば野々海峠から細いダートが延々と伸びていました。他にもいくつかあって、ジムニーで走ってみました(^^; 結構たのしかったです!とにかく足回りを何とかしないと・・・と感じました。もっとストロークを大きく柔らかくして、とか。今、もう一台ジムニーを購入する計画をたてていて、2インチアップなどの改造はそっちに施して、それでダートを走ります♪
  • 2007/08/15(水) 08:50:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ジムニーだと道が険しければ険しいほど脳内麻薬がドクドクなんですよねー♪
  • 2007/08/15(水) 09:07:37 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


お帰りなさいませー♪
これまた気持ち良さそうなキャンプ場ですねー。
しかしお盆なのに貸切?というか人っ子一人いない状態ですか?
私なら夜に寂しさでちょっと半泣きになりながら思わず下山しそうですよ(笑)
以前、広いキャンプ場にうちの家だけポツンとテント張った貸切状態で寝た時はなんだか全然眠れなかったです(笑)軟弱です、、、
  • 2007/08/15(水) 23:50:17 |
  • norinori|URL
  • [編集]


新潟まではるばるようこそ~♪
って言っても県境ですねヾ(´▽`;)ゝ
こんな山の奥地にはやはりジムニーの様な走破性のイイ車じゃないと無理ですね…
僕の車ではとても( iдi )
最近、ホント走破性のイイ車にあこがれます。
荷物が沢山積めると考えると、ランクル辺り?
そんな車が手に入った時は、ユウさんの教えてくれたキャンプ場に足を運んで見たいと思います。
  • 2007/08/16(木) 10:48:05 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
たしかにアドレナリン出ますね~!走り終えたあと、車体をみると砂ほこりで真っ白け。ウインドウなんてウォッシャーかけたワイパーの部分だけしか見えません(笑)
オーディオなんかがついているので、壊れるんじゃないか、っていうぐらい上下左右の揺れがものすごかったです。
なので、ダート専用に余計なもの一切がついていないものを手に入れます(^^
  • 2007/08/16(木) 12:05:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★norinori さん★
たしかに怖い場所、ありますね。それを何回か体験すると、不思議となれちゃいます。これを麻痺するとも言うのかもしれません(笑)安陪総理の言う鈍感力??
  • 2007/08/16(木) 12:07:19 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
新潟はやっぱり素晴らしいですね!あこがれます。もしも新潟に住むなら、地震に強い平屋の家(^^
林道は細いので、ランクルの小さいやつ・・・たとえばランクル70あたりなんてどうでしょう??プラドの初期型の角ばってるやつとか・・僕はもう一台、ラフロード用に昔の幌型のジムニーを探してます(笑) これなら奥さんに文句も言われず改造に専念できそうなので(^^;;;
  • 2007/08/16(木) 12:10:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


そろそろこのキャンプ場は利用できる時期でしょうか?この記事があっぷされてからずーっとここを狙っています。夏まで待てそうにありません。
  • 2008/04/03(木) 08:55:32 |
  • fumi|URL
  • [編集]


★fumi さん★
いや・・・この時期はまだ雪がいっぱいあると思いますよ。特に今回は降雪量が多かったので、寒いし・・・っていうより、ここは夏からです(^^;;
  • 2008/04/09(水) 22:44:35 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示