CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山の怪談 | 青いヤッケの男

怪談倶楽部 第十九話


回顧するほど古い時代の話ではない。メーカー系の広告代理店に勤務していた時代の出来事だ。

汗がジュッと音を立てて蒸発しそうな毎日が続いていた。暑気なんて言いざまは過去のことで、今となっては熱気、いやいやそんな生易しいものじゃない。灼熱の地獄といってもいいとさえ思えてしまうほどの下界の夏だった。

だから、お盆をはさんだ夏季休暇に計画していた登山は、ボクにとってパラダイス以外のなにものでもなかった。まだ一週間前だというのに、パッキングを済ませ、山のご馳走を想像しながら食糧計画を楽しんでいた。

この時の登山計画はベースキャンプ型。山から山へとハイキングしてテント場を変えるのではなく、一ヶ所に留まり、そこをベースキャンプにして、のんびりと滞在と周囲の登山を気ままに楽しもうという計画だった・・・



夜中に車を走らせ、登山口近くの駐車場についた。外に出ると、まだ暗い空には星々がしっかりと見えていた。ボクはフリースを羽織ると、駐車場で準備をすませると青暗い中を山に入った。今回はクライミングはやらない。重たい登攀ギアの類は一切担いでないのに、5日分の贅沢な食糧がずっしりと肩に喰いこんだ。

目的のテント場までのんびり歩くので1泊2日。翌日、念願の地に、ささやかなベースキャンプを確保すると、手近なピークを登った。午後早くテントに戻ると、サッと一雨きたのでテントの中で夕食のしたく。飯を炊き、匂いがこもらないようフライの下で豚肉の味噌漬けを焼いていると、小降りになった雨の中、ガサゴソとすぐ横でテント設営の気配がした。時刻は午後16時。かなり遅めの到着だ。

コッヘルに山盛りにしたごはんの上に、豚肉の味噌漬けをのせ食べていると、雨音がぴたりと止んだ。換気のためにフライを開け外を見ると、すぐ横にボクとまったく同じオレンジのフライをかけたエアライズ・テントが見えた。間違えないようにしなくちゃ、と思い、手を伸ばして入り口横に石を並べていると「こんにちは」と声がした。

見ると横のテントから年のころ60過ぎと思われる、よく日に焼けた初老の男性がニコニコと笑っている。ボクも思わずこんにちは、と応えると「おいしそうなにおいですね」と穏やかな顔で話しかけきた彼も、フライの下で何やら食事の準備をしている様子。

このお隣さんとは、2メートルほどの距離で夕食と雑談を楽しみ、その後軽くウイスキーで乾杯し、良い気持ちになって18時頃に寝袋にもぐりこんだ。

夜半のこと。うお・・・なんだよお前・・・という低く、くぐもった、言葉にならないような緊迫したような声とテントのファスナーの音にボクはすぐに目を覚ました。テントは薄い布地だから、2メートルの距離だとため息すらよく聞こえる。時計をみると午前1時半。そのまま息をひそめ、耳を凝らしていると、声はそれっきりだった。わざわざテントを出てみることもあるまいと、そのまま寝てしまった。

翌朝4時少し前。隣のガスストーブの音に目が覚めた。遠くの方でバサバサとテントを撤収し出発する音も聞こえた。しかしこちらは停滞だ。のんびり稜線散歩をしたら昼寝でもするかと幸せな気分だった。やがてお隣さんが登山靴を履いてテントを出る音がしたので、あいさつも兼ねてボクもテントを出た。

お互いに「おはようございます」とあいさつをした。彼は寒がりと見えて、テントを撤収する間中、ダウンジャケットを着た身体を縮めるように震えていた。その様子があまりにも大げさなので「寒いですか?」と訊ねてみた。

「体が底冷えして、まったく温まらなくて」と畳んだテントをザックにパッキングしながら、やつれたような表情で応えた。

「昨夜はそんなに寒くはなかったと思うんですが、もしかしたら熱があるのかもしれませんね。どうですか?」と言いながら、ボクは解熱剤を出した。

「いやいや、どこも悪くないです」と、彼はボクの差しだす解熱剤を固辞しながら、ほんとうに奇妙な、おかしなことなんだけれど、と次のようなことを話はじめた。

夜中、自然に目が覚めることは誰にでもある。
彼は昨夜、明るい月明かりに照らされたテントの中で、ふいに目が覚めてしまった。しかし音かしたわけではないし、体に何かが触ったわけでもなかった。理由がわからず、月光に明るく照らされたテントを眺めていると、入り口のある頭の方に何かがいるような気がしたのだという。それこそ理由もなく“何かがいる”と思った。彼が思い浮かべたのは、隣のボクのことだった。

シュラフのまま起き上がり、テントとフライのファスナーを開けた。するとテントの前にしゃがみ込んでじっとテント内を見ている男がいた。彼は不審に思い、入り口前にしゃがみ込み、じっとこちらを見ている男の顔を覗き込んだ。

そこにあったのは、普通の人のようで人でない、青っぽい影の実に奇妙な男だったという。声をかけても応えず、黒い眼は、こっちを向いているが、自分のずっと後ろの虚空に向けられている。ロウのようなつるんとしたなめらかそうな肌。しかし息をしている気配は感じられず、そのうちに背筋がぞくぞくとして、身体が芯から冷えてきた。

彼は、体温をすべて奪われてしまうと直感し、テントの入り口をしめて寝袋で丸まって朝まで過ごした。不思議だったのは、フライを閉めるときに男の体に手が触れたはずなのに、何も触れず空を切ったことだった。その瞬間、この世のものではないと感じた。あれほど恐ろしかったことはない。彼はそんなことを話すと、それじゃあ、と言ってテント場を後にした。

それからわずか1~2時間後のこと。彼は岩場で足を滑らせ、100メートルほど滑落した。しかし運が良かったため、歩くことはできないながらも命には別条なかった。その場所は、ほんとうなら滑落死してもおかしくない場所だった。

実は、ボクが彼の滑落を知ったのは、日差しの強い午前10時過ぎ頃だった。コーヒーを飲み、本のページをパラパラとめくり、時にウトウトとうたた寝などをしながら、テント場で過ごしているときだった。一歩、また一歩と、壊れた人形のような歩き方というか、動き方で山を下りてくる人が目に入った。その姿を見ながら、しばらくうたた寝し、またテントの外を見ると、その人物が先ほどよりは近づいた位置に居た。

ぎくりと動いては、動かなくなり、またしばらくして動き出す。おかしいなと思い、近寄ってみると、お隣さんだった。あそこの岩場で100メートルほど滑落したんですよ。いや、お恥ずかしい、と照れ笑いを見せたものの、その顔は苦しさにゆがんだ。

最初はちょっとずつ歩けたようだけれど、すでにほとんど歩くことはできないようだった。応急処置しようと、傷みの具合と、感覚麻痺の部位など調べると、足は骨折していなかったが、腰骨を損傷しているかもしれないと感じた。

できるだけはやく搬出しなければと判断したボクは、子供のように嫌がる彼に動かないように言うと、すぐに小屋に救助を要請。3時間ほどで下から救助スタッフが上がってきて、タンカに乗せられるところまで背負って下りて行った。彼は地元の山岳会のメンバーで、このことを仲間に知られるのを嫌がっていたのだ。後輩の手前、かっこわるい、ということかもしれない。

ひと騒動終わった後で、彼の言葉を思い返していた。滑落の原因がとても奇妙だったからだ。何度も歩いた岩場をいつものように歩いているときのこと。切り立った足元の下のほうに、ちらりと青い色が見えた。彼はそれを凝視した。青いヤッケを着た人だった。滑落したのか、岩の間で動いていないようだった。声をかけようとした瞬間、吸い込まれるようにして、落ちてしまった、ということだった。

ボクは、念のために岩場をたどって、その場所を確認したが、そんな青いヤッケの人影などどこにもなかった。その場所では滑落死亡事故が時々おきていることは知っていた。それと関係があるのかないのか。それはわからない。そして、なんだかものすごく憂鬱な気分になった。

この夜のこと。夕食を済ませると、トイレを借りるため小屋に入った。トイレに近づくとトイレの前の薄暗い影に佇んでいた人らしきものが、スッと横に滑るようにしてトイレに入ったように見えた。その時にちらりと、いやに鮮明に見えたのはヤッケの青い色だった。この瞬間、ボクはお隣さんの見た、岩場の下に見た青いヤッケの男を思い出した。

そのまま20分近くそこにたたずんでいたが、2人が入り、その2人が出たが、青いヤッケの男は出てこなかった。我慢できなくなり、勇気を出してトイレを使用したが、中には誰の気配もなかった。小屋を出ると、わけもなく背筋がゾクゾクとして、振り返ることなくテントに入ると、寝袋にくるまってウイスキーを舐めながら、酔いの力で強引に眠った。

酔いにまかせて眠った理由は、昨夜お隣さんのテントの前でじっとしゃがんでいたのは、あの青いヤッケの何かだと、直感したからだった。この夜、ボクのテントの前にしゃがまれた場合でも、目を覚ましたくなかった。だから、したたかにウイスキーを飲んだ。

おかげで翌日は二日酔いだった。ボクは、気分すぐれないまま、予定を早めに切り上げ、ずっしりと重い豪華な食糧を背に下山した。

【山の怪談 関連リンク】

・S岳避難小屋で聞いた叫び声
・キスリングを背負ったトンネル内の黄色い人影
・山中の白い顔
・奥秩父の幻の大滝で、友人に憑いた正体不明の何か。
・徳本峠に坐す、見えない修験者
・霊に呼ばれた、二人の男。
・ヤマビル 湿地に蠢(うごめ)く恐怖
・丹沢の林道で幽霊を轢いた話
・ウサギ姿の山の神


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ご無沙汰しています。
ここのところまったく休暇がとれず、
山にもキャンプにも行けないでいるので、
山気分を味わおうとやってきたら、怪談~!

うひゃひゃ、夏ですよね。
こういうことありそうなので、それがまた怖し(^^;;;;;
  • 2014/07/12(土) 10:32:25 |
  • fumi|URL
  • [編集]

Re: fumiさん


fumiさん>
自分の体験だけでなく、人に聞いた山の怪談もたくさんある
ため、そのうち徐々にアップしていきますww
怪談のサイトにならないように、ぬふふのふ
  • 2014/07/12(土) 19:49:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


沢登りも教えてほしいんですけど 土日お仕事なので
なかなか週末に休みもとれず なもので
夏の終わりまでになんとか とは思っています
ボルはじめました
  • 2014/08/29(金) 08:58:57 |
  • fumi|URL
  • [編集]

fumiさん


休みがなかなか調整つかないため、いつか夜ボルなら。
ボルはほとんど経験が無いので教えてくださいませ~
  • 2014/09/03(水) 11:48:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示