CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

巻機山 米子沢の天国に続くナメ滝

top.jpg
<クリックで拡大>

新潟・群馬の二県にまたがり、その頂き周辺には、遠い空を星空を映す天界の鏡のような池塘(ちとう)群が静かに広がる。そして、はからずも古より織姫伝説の神秘を抱えた山。

またあるいは、豊富な積雪を持ちながらも奇跡的にスキー場を持たない、いわゆる登山の「聖域」として知られる山。その頂きから谷川連峰や越後三山などのすばらしい展望が思う存分に堪能できる。

この神秘の山こそ巻機山(まきはたやま)だ。

標高は1961メートル。2千メートルには満たないけれど、苗場山や谷川連峰に負けず劣らず、四季それぞれに魅力的な顔を見せてくれる。山頂から南西に延びる井戸尾根の頂きに近い、ちょうど避難小屋の水場付近と山頂直下を水源とするのが今回旅した米子(こめこ)沢。聖域の山にふさわしく、ゴルジュあり、幾多の壁あり、そして天国に続くかのような壮大なナメ滝がフィナーレを飾る、実に素敵な場所。

学生時代にOBに連れて行かれた際には一日中ガスっていた。それが残念で10年ほど前に夏の晴天を狙ってリベンジを果たした。が、いかんせん使い捨てカメラ数枚分のプリントしかなく、年々プリントの色褪せとともに、またその記憶も年を追うごとに薄れてしまった。そして気まぐれに、ときどき思い出しては、ダイナミックな滝に飛沫をあげながらほとばしる水流や、両側から押し迫るゴルジュ、後半のナメ滝にウズウズしていた。

そんな矢先のこと。山仲間から「米子沢行こうよ」との誘いがかかり、天候不良で一度延期した結果、紅葉も楽しめる10月上旬、巻機山へ米子経由の山旅が実現した。

米子沢自体は、麓の桜坂駐車場から、どんなにのんびり登っても6~7時間もあれば、巻機山の稜線手前にある避難小屋まで詰め上げることができる。古(いにしえ)の登山ルートは藪の少ない沢筋だった・・・なんていう話は置いといて、原生林の中を黙々と歩き登る登山道よりはるかに爽快で、ちょっぴりスリリングなアドベンチャー気分が楽しめるのも沢登りの醍醐味。おまけに、米子沢の場合、始終にわたって最高の眺望を堪能できるのだからたまらない。

ところで米子沢は事故が相当に多い。そのため、嫌になるほどあちこちに「米子沢 遭難事故多発中」というような大きな看板が立てられている。そういえば以前所属していた山岳会で米子沢の計画を話していた時のこと。メンバーのひとりが米子沢に入ったとき、偶然にも事故者搬出の現場に遭遇したと話していた。
※今回も隣の沢で事故があったようで、ヘリがホバリングして救助する場面に出くわした。

米子沢には難易度の高い滝や壁、丹波川本流のような激流はないけれど、次々と連続する滝はそれなりのスケールがある。ホールドも豊富だから取り付けるけれど、微妙なバランスが要求されるポイントもあり、そんなところで万が一にも墜落すればただでは済まない。怖がりなボクは、ごくまれに無謀な突っ込みをすることも無くはないけれど、たいていの場合はロープを出す。

1_20121009212021.jpg

さて、桜坂駐車場で朝の6時半にJINさんと落ち合い、腹ごしらえと身支度を済ませて7時半に出発。米子沢左岸の林道を登り、途中で沢へと通じる小道へ入ると、堰堤群の一番上に飛び出した。アプローチシューズのまま、ゴーロの河原をどんどん登る。いいかげん、水はまだなの?と口々に出始めたころ、ようやくゴーロの河原にチョロリと水らしきものが突然出現した。

2_20121009212131.jpg
<クリックで拡大>

下流の駐車場横を流れる米子沢はけっこうな水流があるので、そこから下は伏流水となって、どこかで地上に湧き出してでもいるのだろう。とにかく、チョロリと水が見えたと思ったら、上流に向かうにつれて水量がどんどん増えてくるのだから面白い。適当な場所で沢装備を装着し遡行開始。進むに従い、しだいに大きくなる沢音にボクらはニヤニヤしっぱなしだ。

3_20121009212504.jpg
<クリックで拡大>

2段20メートルの、通称「くの時のナメ滝」を通過しながら沢靴のフリクションをチェック。すでに3シーズン目のため靴底のフェルトはカチカチでペナペナ。フリクション
は限りなく低く最悪だ。帰ったらアクアステルスのシューズの新調を決意した。

4_20121009212630.jpg
JINさん

5_20121009212828.jpg

フリクションをテストしながら小滝を楽しみ遡行していると左側からナメ滝が入ってくる。右側の本流の瀞横に重なるランペを越えつつ10mの樋状の滝を越え、そのまま右岸(左側)の巻道へ。眼下に3段40メートル大滝の悪相を見ながら、登りすぎに注意しつつ適当な場所から慎重に滝の落ち口へトラバースして降下。この巻道とて、滑落すれば昇天間違いなし。

6_20121009212945.jpg

上の写真の20メートルの滝は左右のどちらからでも容易に登れる。面白いのはやはり右壁だろう。ホールドをつないで登る。ボクらの前をガイドに引率された皆さんが先行する。この後、ナメや小滝を気持ちよく越え、1140メートル付近で右から栂の沢を合わせ、やがて両岸が狭くなった場所に樋状の滝がかかる。ここは釜に入らず、右岸のバンドをトラバースして滝上へ。

7_20121009213043.jpg 8_20121009213336.jpg
<クリックで拡大>

気持ちのいいナメをヒタヒタと、効きの悪いフェルトソールのフリクションを確かめながら乗り越えると、広々した陽だまりがあった。大きな一枚岩で作られた平らな滝の上でザックをおろし、たどってきた沢筋を見下ろしながらの休憩タイム。JINさんは、大きく伸びをすると、気持ちよさそうに大の字になった。

9_20121009213502.jpg
12mスダレ状の滝上で下界を眺め一息<クリックで拡大>

5メートルの滝は左壁から、その上は17メートルの滝の右岸(左側)から滝がかかり、実に美しい。その滝上には、先ほどのガイドツアーの先行グループが景色を眺めながら談笑していた。「今日は避難小屋ですか」と聞かれたので「はい、そのつもりです」と返すと、おっという顔をした後すぐに笑顔になった。きっと彼らも避難小屋なのだろう。賑やかな夜になりそうだな。

天気はあいにくの曇り空。ガスが下から流れ登り、あたりを幻想的に演出したと思えば、たちまちに流れ去り、ちらりと日が差すというような猫も驚くようなめまぐるしい天気。まあ谷川岳と似たり寄ったりということか。

10_20121009213653.jpg
JINさん

11_20121009213814.jpg
左壁を攀じる。残置ハーケンも豊富でプロテクションも余裕でとれる
<クリックで拡大>

多段の滝15メートルを越えると、いよいよゴルジュに突入する。ラストの大ナメ帯と甲乙つけがたい米子沢ならではの見ごたえあるゴルジュ帯だ。左岸・右岸と渡りながらますます狭まるゴルジュを堪能する。5メートルの滝は右壁を登り、上で左へトラバースして落ち口へ。チョックストーンの小滝は右岸のバンドを進み、その先をクライムダウン。目の前は円形劇場のような2段8メートルの滝。その威容を眺めながら水面ギリギリのバンドで滝の右側へ回り込み右壁から越えた。
12_20121009214113.jpg
先行する沢の実技講習らしきグループ

13_20121009214317.jpg
右壁を登るJINさん

14.jpg 15.jpg
ゴルジュを進むJINさん(クリックで拡大)


ゴルジュ最奥の2条20メートルの滝は威圧感はあるものの、右壁から越えれば暗いゴルジュから広い世界へぽんと飛び出すのだからたまらない。
17.jpg
2条20メートルの滝<クリックで拡大>

18.jpg
2条20メートルの滝は右のカンテを登った<クリックで拡大>

次の2段15メートルは左壁から残置シュリンゲを使わせてもらい、上部は左奥から滝上へ。ここまでいくつ滝を越えてきたろうか。これら数々の滝が次々と休む暇なく出てきて、「登る」楽しさを味わえるのが米子沢のいいところ。ナメ滝オンリーではない、なんというか・・・ミックスパフェのごときバラエティー感で、ほんとうに楽しめる。
19.jpg
フリクションを確かめながらナメをゆく<クリックで拡大>

そして、いよいよここからがクライマックス。はるか高みより清流が飛沫を上げながら、ナメ滝となってボクらのことを迎えてくれる。出だしこそ階段状で、かなり傾斜も急だけれど、滑落に注意しながら登ると、やがて斜度もゆるくなり、流れてくる先は草原と空だけという、まさに「天国へと続くナメ滝」という形容がピッタリの素晴らしい世界が広がっている。これを堪能するため、立ち止まり、休憩すること度々。

20.jpg
最初は急こう配のナメが続く<クリックで拡大>

しかし、ここで万が一スリップしようものなら、確実に下の滝まで滑落し、死のダイブをすることは容易に想像できる。平易に見えるけれど、実はとても危険な個所が斜度の大きい大ナメ帯の出だし部分だろう。

と同時に、言葉に形容できないほど美しいのもまた事実。

21.jpg
これぞ天国に続くナメ滝<クリックで拡大>

「星降る夜には神々の滑り台になるのだよ」と耳打ちされたなら、きっと信じてしまいそうなほど現実離れした美しき大ナメ帯。サワサワと乙女の柔肌のように流れる沢水に足を一歩一歩踏み出しながら、この幸せを噛みしめるように歩く。ゆいつ残念なのは、曇っていることだった。

22.jpg
<クリックで拡大>

さて、沢を登り詰めると、なんと稜線付近はすでに草紅葉まっさかり。いつしか言葉もなくなり、幸せ感に包まれたまま源頭の水場に至る。そこには地元山岳会の方々によって、しっかりと管理された美しき巻機山避難小屋がある。心から感謝。

23.jpg
源頭は燃えるような草紅葉に染まっていた<クリックで拡大>

小屋では先ほど先行していたグループのにぎやかな声が2階から聞こえていた。ボクらは迷わず1階にザックをおろしマットを敷くと、乾いた衣類に着替えた。さらさらの衣類のなんたる気持ちよさよ。すぐに湯を沸かすと、チョコレートをかじりコーヒーを飲みながら、小屋外の草紅葉を幸せな気持ちでいつまでも眺めていた。この夜、風雨が激しく小屋を叩き、夜半にぴたりと止んだ。

25.jpg
これぞシンプルキャンプの極致(クリックで拡大)

翌朝、早々に朝食を済ませたボクらは、冬の匂いの混じる冷ややかな秋風に吹かれながら、黙々と登山道を下った。流れゆく霧の切れ目から、はるか眼下に米子沢が遠望できる。それを眺めながら、昨日辿った山旅の景色を何度も思い返す。10月の米子沢は、今年最後のフィナーレにふさわしい沢登りになった。

24.jpg
紅葉に無口になるJINさん

駐車場 7:30出発
避難小屋 14:00着

【沢登り記事リンク】
・夏は沢登りで僕らはトムソーヤになる
・奥飛騨 高原川 沢上谷
・奥秩父 竜喰谷
・奥多摩 逆川
・奥多摩 川苔谷 逆川 2010沢初め
・水根沢 『第一回サワヤカ』終了
・沢登りの夏

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

米子沢でしたか


ここだったのですか。
なんどたどっても良い沢です。
私も行きたくなりました。
今週末あたり、考えます。
またぜひお誘いください。
まってます。
  • 2012/10/10(水) 08:59:28 |
  • 内田|URL
  • [編集]

Re: 米子沢でしたか


うっちゃん

ごめんなさい。そうなんですよ、米子でした。
谷川方面も行きたかったですけれど、それは次回ということで。
今週末は甲州の涸れ沢でささやかな岩登りハイクを楽もうと
おもっていますので、末あたりではいかがでしょう??
ではでは♪
  • 2012/10/11(木) 13:07:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


>星降る夜には神々の

やられました。完敗です。
いえ、遡行のご様子うんぬんではなくて
この言語感覚に。完敗です。

ついでに、この世の隣には極楽浄土がある、
そのことに気づかされました。
巻機山に埋葬してほしいです。
  • 2012/10/21(日) 11:01:26 |
  • いまるぷ@地下潜伏中|URL
  • [編集]

いまるぷさん


ナメ滝って、きっとそうなんです。
人が寝静まった頃、さわさわと騒がしくなって
そのはるか高みを滑るように流れる星々を、
きらきらと映し出しているに違いないんです。

上高地を見下ろす、極楽浄土の数張りのみのテン場、
ごいっしょいたしませう。星々を眺めながら、ぜひ一献!
  • 2012/10/22(月) 22:28:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示